loTエンジニアの将来性は?30年後を見据えたIT業界の未来を知っておこう

【IoTエンジニアの重要性とは】現在の日本のIT市場

IT化が加速する中、ニュースなどではビッグデータの活用やAIを使った取り組みなどが紹介されるようになってきました。

しかし、このほかにも日本のIT市場においてトレンドとなっているのが、IoTです。

IoTとは、Internet of Thingsの略称で、モノとインターネットがつながることを意味します。

普及が進む中、ビジネスモデルとして導入する企業が増えてきており、技術者の需要も高まっています。

経済産業省は、将来のIT人材不足の対応策として、先端技術のエンジニア育成を推進する制度を定めています。

その中には、IoTのスキル習得講座も含まれており、要件を満たした場合は教育訓練給付金を支給しています。

日本のIT市場において、新たなビジネスチャンスの開拓など、IoTは大きな可能性を秘めた技術と言えるでしょう。

国内IT市場規模

ITを専門に調査する会社が行ったデータでは、国内のIT市場は2020年以降も成長が見込まれており、パソコンの更新や既存システムのアップデータなどの影響により、プラスで推移すると言われています。

サービス単体ではなく、一定期間の利用に対して料金が発生するサブスクリプション型など、新しいビジネスモデルが浸透し始めていることもIT市場規模の拡大につながっています。

総務省の発表によると、IT市場は全産業中で約10%となっており、商業、建設、福祉などのほかの産業と比較すると最大規模の市場となっています。

IT市場の伸び率

総務省の「ICTの経済分析に関する調査」(平成30年)によると、日本のIT市場は2008年~2009年にかけてリーマンショックによる影響を受け、2012年までに約91兆円まで下降しました。

しかし、2013年以降は上昇し、2015年には約98兆円、2000年から2016年の年平均成長率はプラスで推移しています。

2019年度の市場規模は前年比3.4%の伸び率となっており、2023年までこのままプラスで推移されていくことが予想されます。

 30年後のIT市場

IT業界は最新技術の登場により、常に変化しています。

30年後は今とはまったく違うサービスやシステムが使われているかもしれません。

このままプラスの推移をたどれば、全産業に占める市場規模も拡大するでしょう。

IT業界の課題として挙げられるのが、業界全体としては成長する可能性があるものの、それに伴う個人のスキルが求められることです。

最新情報をキャッチし、最先端の技術を駆使しながら、課題を改善していく必要があります。

IT市場に大きな影響を及ぼすと言われているのが、AIです。

AI開発に注力する企業が増えているため、発展とともにエンジニアは必要なくなる可能性があります。

しかし、仕組み作りは人間の手によるものですので、IT業界で働くためにはIT市場が求める人材を目指す必要があります。

【IoTエンジニアの重要性とは】loTエンジニアとは?

IoTという言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

よく知らないという人も、普段の生活で利用しているケースもあることでしょう。

たとえば、テレビからインターネットへ接続したり、家に設置されているエアコンをスマートフォンを使って遠隔操作したりするなど、このような場合にはIoTが使われています。

今後ますます需要が高まると言われているIoTの意味や、エンジニアの仕事内容について紹介します。

loTとは?

モノとインターネットをつなげるloTとは、前述したとおりInternet of Things、直訳するとモノのインターネットという意味を持っています。

テレビやエアコン、電化製品など、私たちが普段使うモノがインターネットにつながることで、利便性の向上につながります。

インターネットに接続する機器と言えば、従来はパソコンや携帯電話が主流でした。

しかし、インターネットとは直接つながりがないテレビやエアコンがインターネットにつながることにより、相互通信によって遠隔操作が可能です。

人が操作してインターネットにアクセスするだけでなく、モノ自体がインターネットにアクセスすることがIoTの大きな特徴です。

家電、医療機器、自動車、防犯機器など、近年は数百億を超えるモノとインターネットのつながりが形成されています。

主な仕事内容

さまざまな機器をインターネットに接続し、便利に使えるようにする技術が、IoTエンジニアに求められます。

主な仕事内容としては、デバイスの制作、システムの組み込み作業、セキュリティ対策、アプリケーション開発、AI開発などになります。

これらの作業は、すべて一人でこなすことは不可能です。

そのため、複数のエンジニアが協力しながらIoTを活用した製品を製作します。

求められる分野はハードウェアからソフトウェアまで、幅広く存在します。

もし自分が開発スキルを持っていない場合は、関連知識を持つほかのエンジニアと連携して作業を行います。

loTエンジニアになるためには、IT業界などの開発を行う会社に就職し、専門知識を学んでいくというケースが多いでしょう。

日本で働くloTエンジニア人口

近年は少子化やIT教育の遅れなどの影響で、外国人のITエンジニアを雇用する動きが広がっています。

また、多くの業界でloTの開発や導入が進められている中、loTそのものが新しい技術であるため、loTエンジニアの人口は少ないのが現状です。

今後成長すると言われているloTエンジニアは、急速な需要の増加に対応できず、技術者の供給が追い付いていません。

まずはシステムやソフトウェアの開発を整備しなければいけないという課題もあるため、企業はエンジニアの争奪戦を繰り広げています。

loTエンジニア人口の正式なデータはないものの、今後需要が高まることは間違いないでしょう。

【IoTエンジニアの重要性とは】loTエンジニアになるために役立つスキル

IT業界で活躍するために、loTエンジニアを目指すという人もいるかもしれません。

まずは、IoTと関わりのある技術を習得する必要があります。

大量のデータを収集して高速処理を行う場合はネットワークやセキュリティの知識が必要になり、そのほかにも機器に組み込むための知識やAIの知識、データ分析力なども求められます。

また、エンジニアと言っても常に機械と接しているわけではなく、時にはコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

ここでは、loTエンジニアになるために役立つスキルについて紹介します。

組み込みシステム系の知識

冷蔵庫、電子ポット、お風呂など、多くの家電にコンピューターが搭載されています。

温度調整やタイマー機能などの必要な機能が搭載されており、基本的には操作をしてもエラーにならない作りになっています。

組み込むシステム系の知識とは、家電などの機器に搭載されているコンピューターのシステムを開発する知識のことで、インターネットに接続するためのネットワークやクラウドコンピューティングの知識も求められます。

組み込み操作を行うためには、ユーザーがどのように利用するか想定しながら、デバイス動作をシミュレーションしなければいけません。

また、機器によってセンサーの種類や仕組み、接続方法が異なります。

GPS、光センサー、温度センサー、加速センサーなど、システムを組み込む機器に必要なセンサーの情報や反映方法も熟知する必要があるでしょう。

ネットワークの知識

モノをインターネットに接続するためには、ネットワークの知識が欠かせません。

IoTの場合は、WifiやBluetoothなど、さまざまな通信方法があります。

製品の特性について理解し、近い距離で行う機器との通信にはBluetoothなどのBLE通信、長距離の場合は無線LANであるWi-fiを使うなど、ネットワークの規格や通信方法は熟知している必要があるでしょう。

ネットワークスペシャリストの資格は、勉強して取得することでIoTエンジニアの仕事に役立てられます。

近年は、Beaconなどの新しいネットワークもあるため、最新情報を常にキャッチすることも大切です。

セキュリティの知識

パソコンや携帯からインターネットに接続する際には、ウィルス対策が必要です。

IoTもインターネットに接続するため、セキュリティの知識は必須です。

IoT分野は比較的新しい技術であることから、セキュリティ対策が弱い機器が多いという課題があります。

IoT機器はサイバー攻撃の対象となるため、直接攻撃されるだけでなく、大規模な損害も過去に引き起こされています。

アメリカではデジタルビデオレコーダーが乗っ取られる事件が発生し、大手サイトが一時的に利用できなくなる事態にまで発展しました。

不正アクセスの検出件数は年々増加傾向にあることから、セキュリティ対策ソフトの開発はとくに重要なスキルとなるでしょう。

AI(人工知能)の知識

IoTによってモノのデータを収集することができますが、そのデータを解析し、有益な情報にしてくれるのがAIです。

そのため、AIの知識はエンジニアにとって必要と言えるでしょう。

AIと言うと理解するのに難しいイメージがありますが、人工知能を自分で開発するのではなく、どのような仕組みで動くのか理解するだけでもOKです。

機械学習のほかにも、画像や音声による認識、自然言語処理などのAI技術が機器に使われています。

デバイスに向かって質問を投げかけるだけで問題を解決してくれたり、声を分析したりすることで満足度を測定する技術を搭載した機器などもあるようです。

IoTデバイスのことをAIと呼ぶケースも多いことから、AIとIoTは密接に関わり合っていることがわかります。

データ分析力

データの分析についてはAIが利用されるケースがほとんどですが、分析結果をもとに新しい製品の開発を進めるのは人の手によって行われます。

従来は専門家の知識や経験に依存してデータ分析を行っていたものの、AIの進化に伴い、活用するデータを可視化し、課題を発見することが効率的に行われるようになりました。

エンジニアに求められるスキルとして、ロジカルシンキングがあります。

これは、物事を論理的思考によって考えるスキルのことを指します。

顧客の要望を聞き、論理的な筋道を立てて整理する能力は、大事な要素です。

冷静な分析力と判断力のためにも、普段から論理的思考力を磨く必要があるでしょう。

コミュニケーション能力

IoTエンジニアは、分野ごとに複数のエンジニアが携わるため、コミュニケーション能力も必須です。

ハードウェアとソフトウェアなど、異なる分野にまたがる知識が求められるため、エンジニア同士の連携が大切で、高度なコミュニケーション能力が求められます。

表現力や提案力、時には交渉するためのスキルも必要になるでしょう。

顧客の打ち合わせではわかりやすく言葉を選び、説明する必要があります。

調査結果を資料にまとめたりすることもあるかもしれません。

業務を円滑に行うためにも、対立した意見を調整したり、解決策について説明したりするための言葉選びが大切です。

専門知識と同様に、コミュニケーション能力の高さは重要なスキルの1つです。

【IoTエンジニアの重要性とは】loTエンジニアの将来性

IoT技術を使うことで、離れたモノや現場で起こっていることをデジタル化できます。

機器を管理することでデータから状況を把握でき、システム全体を最適化することが可能です。

物流や生産工程などでも利用されており、これまでは知ることができなかった情報を可視化し、新しい製品の開発につなげられます。

今後もますます発展していくことが予想されますが、loTエンジニアの将来性について気になるという人もいるのではないでしょうか。

現在の日本のloTエンジニア市場

loTエンジニア市場は、需要価値は高まっているものの、まだまだ人材が少ないという課題があります。

IoTエンジニアの求人が多い業界は、自動車メーカーや医療系精密機器メーカー、IoTやAIの導入に積極的な開発企業などになります。

しかし、今後は金融業界や食品業界などにも拡大していくことが予想されます。

また、IT業界ではIoTやAIに注目する企業が多く、先進技術を売り出すサービスを立ち上げる動きも見られます。

このような背景から、IoT関連システムの開発に欠かせないIoTエンジニアの需要は、さらに高まっていくことでしょう。

それでは次に、現在のIoTエンジニア市場における良い点や課題について紹介します。

良い点

IoTに関する知識はスキルは、需要の拡大に伴って今後もますます必須です。

最先端の知識が身につくだけでなく、スキルアップにもつながることもメリットの1つでしょう。

人口減少による人手不足の解消のためにも、IoTによる業務の効率化が避けて通れない道となっています。

IT業界で働くためには、最新の技術を持つことで強みとなります。

将来的にはIoTに関する知識や技術が必須となるケースも増えてくるでしょう。

課題点

IoTエンジニアになるためには、専門性の高い知識や能力が求められます、AIと掛け合わせて利用されることから、AIの仕組みについても最低限理解する必要があります。

また、課題として挙げられているのが、セキュリティです。

情報セキュリティ人材は、IoT化に伴い、ますます求められています。

個人情報や顧客情報の流出といったケースが継続的に起こっていることから、セキュリティや情報通信に関する課題は今後も増えていく可能性があるでしょう。

知識だけでなく、柔軟な対応力や判断力といった個人に求められるスキルは、今後さらに高くなることが予想されます。

30年後loTエンジニア市場

90年代にインターネットに接続することで多くの人がパソコンを使用するようになり、200年代にはモバイル端末の普及によりさらに多くの人がインターネット上でつながるようになりました。

そして、第三の波としてIoT技術の導入が進み、モノとインターネットがつながる時代へと変わってきています。

今後は一連のプロセスを経たうえで、IoTも進化を遂げていくことになるでしょう。

また、それに伴ってIoTエンジニアの需要が高まり、30年後には今とはまったく違う技術と組み合わせてIoT技術を発展させている可能性があります。

世界中のネットワークがつながり、モノの位置情報が特定され、モノを制御する動きが進むように進化していきます。

落とした鍵や盗まれた車は、モノ自らがユーザーに教えてくれるような時代になるかもしれません。

モノ同士が会話し、成業し合う時代が来ることが予想されます。

そしてそんな中で活躍できるのが、IoTエンジニアです。

まとめ

IoTの普及に伴い、IoTを専門に扱うエンジニアの需要が高まっています。

2020年現在では人材が不足しており、今後も需要に対する人材の確保が課題となっています。

将来性が見込める分野であるため、これからIT業界で活躍したいと考えている人は、今から知識や技術を習得することで、将来も長く社会で活躍できるでしょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ