転職面接の志望動機はどうすればいい?作成のポイントや答え方を伝授

転職面接で必ず聞かれる質問の一つが志望動機です。しかし、初めての転職の場合、どのように志望動機を作成すれば良いのか困ってしまいますよね。正直に「給料が良さそうで残業も少なそうだったので!」と伝えて、面接官の顔がくもしまったというケースもよくあります。実は、転職面接での志望動機には、良い伝え方とNGな伝え方が存在します。 効果的な伝え方ができれば、志望度の高さや自身の能力を最大限アピールできるでしょう。作成のポイントや伝え方を伝授するので、ぜひ参考にしてください。

 転職面接で企業が志望動機を聞く理由は?

転職面接では、志望動機からあなたが「すぐに辞めず、自社に貢献できる人材かどうか」確認しています。志望動機から企業への熱意が伝われば、短期離職の心配はないだろうと期待されるでしょう。また、志望の業界や職種には面接左記以外にも、様々な競合他社が存在します。にもかかわらず、なぜこの会社を選んだのかという部分が志望動機から明らかでないと、「別にどこでも良かったのではないか?」と邪推されてしまいます。このため、志望動機には会社の特徴や強みを含める必要があります。さらにどんなに強い熱意があったとしても、会社のビジョンや目指す方向性と合致していないと採用は難しくなりま。同じ方向を向いて働いてくれる人材でなければ、会社に付加価値を与えるのは難しいためです。以上の点を意識して志望動機を作成すると、効果的なアピールが可能です。 

転職面接で志望動機を答える際のポイント

転職面接で志望動機を答える際のポイントを、5つ紹介します。 

その企業でなくてはダメな理由を明確にする

同じような事業展開する企業が他に多数あるといえども、どこかしらその企業独自の特徴があるはずです。例えば、業界シェアのことやサービス提供の考え方といった部分に注目して考えるち、その企業独自の部分が浮かび上がってくる可能性があります。 特に、理念や社風などの部分を軸に据えて志望動機を作成するのがおすすめです。企業ホームページや求人 広告などをチェックすれば、理念や社風に関しては記載してあるケースが多いです。これらの事項はその企業独自の部分なので、独自性の高い志望動機が作成できるでしょう。 

事業内容や製品への共感を示す

自社サービスならではの特徴や強みがあれば、そこにフォーカスして志望動機を作り上げるのもおすすめです。 例えば、システム開発を中心に行う企業の場合、「人事業界向けのシステムに強い」「システムだけでなくサイト制作も行なっている」「企画から保守にいたるまで全て自社で担っている」「 ニッチ市場向けにサービスを展開中」など、その企業ならではの特徴があるはずです。事業内容や製品への共感を示せば、企業研究の深さも印象付けられます。可能であれば、商品・サービスを実際に使ってみた感想も添えるとさらに好印象を与えられます。

経験やスキルを活かしどう貢献できるか伝える

自分の保有する経験やスキルを、どのように企業に活かせるのかという点も伝えましょう。経験やスキルを具体的に伝えることで、面接官にあなたの働く姿をイメージしてもらうことができます。また、仕事に対するモチベーションの高さも印象付けられます。転職の面接では経験やスキルをアピールするのが大切、自己PRだけでなく、志望動機でも自分の能力をアピールし、採用に足りる人材であると伝えましょう。 

入社後の仕事内容にも触れる

入社後に担当してみたい仕事内容についても触れましょう。意欲の高さ・志望度の高さなどがアピールできます。その企業が注目している事業に絡めて伝えると、さらに効果的です。企業が目指す方向性と応募者が目指すキャリアプランの合致していれば、「この人は将来的にも長く活躍してくれそうだな」と思ってもらえますよ。

結論ファーストで分かりやすい構成にする

志望動機は、結論ファーストでわかりやすい構成にしましょう。結論を最初に伝えることで 、伝えたいことが明確に相手に伝わる増す。 結論を先に伝えず、だらだらと回りくどい表現を続けてしまうと、面接官に何が言いたいのか伝わらず、コミュニケーション力が低い人材だと捉えられてしまいます。「志望動機を教えてください」と言われたら「〇〇のため志望しましたとはじめに伝えましょう。結論の後にそう考えるに至った根拠や具体的な経緯を伝え論理を補強してください。 

転職面接の志望動機のNG例

転職面接の志望動機の NG 例を5つ紹介します。

企業理念に共感した

「御社の企業理念に共感しました」とだけ伝えるのはよくありません。事業理念に共感を示すのは悪いことではないですが、どの部分に共感したのか具体的に伝えないと、他の企業でも同じことを言っているのではないかと疑われてしまいます。 このため企業理念へ共感を示すなら、事前に徹底的な情報収集を行い、どの部分に共感したのか具体的に述べられるように注意してください。そもそも、志望動機ではどのよう会社に貢献できるのかという部分も合わせて伝える必要があるので、企業理念に共感するだけでは不十分です。

いろいろ学び成長できると感じた

謙虚さや熱意をアピールしようとして「御社で色々と学ばせていただきたい」との言葉は使ってしまいがちです。しかし、この表現は自分本位な印象を与えてしまうので、できれば避けるべきです。繰り返しになりますが、人事は応募者に対して「自社でどのように貢献できるのか」という点が気になっています。できれば即戦力の人材を採用したいと考えているのです。すぐに活躍できる人材だと印象できるために、前職での経験やスキルをどのように活かしていくのかという点も伝える必要があります。 

事業内容に興味をもった

「事業内容に興味を持った」という志望動機も内容としては不十分です。事業内容への興味を示すのは悪くないのですが、具体的にどの部分に興味を持ったのかという点まで踏み込まないと、この企業でなければダメな部分が伝わりません。企業研究の際は競合他社との違いを意識し、その企業独自の部分を見つけることに注力しましょう。 

年収が高い

給与をはじめ、休暇の取得しやすさなど待遇面に触れるのは避けましょう。転職先で選ぶにあたり、年収や福利厚生の充実度が大切なのは確かです。しかしそこにフォーカスして志望動機を作成してしまうと、仕事内容には興味がないのではと捉えられてしまいます。 また、もっと条件が良い企業であればすぐに転職してしまうのでは?との懸念も抱かれるでしょう。志望動機はあくまでも仕事内容に関するものを軸に据えてください。

将来性が高そう

「将来性が高そう」という志望理由も、自分本位で受動的な印象を与えるため NGです。将来性が高い業界を選ぶのが良いのは事実ですが、それをそのまま伝えてはいけません。例えば、御社は〇〇という理由で将来性が高いので自身のキャリアプランを実現させやすい環境だと感じた」と言うように、自身のキャリアと絡めて伝えられると、自分の将来像もよく考えているなと好印象を与えられる可能性はあります。 

転職面接での志望動機の伝え方

転職面接で志望動機を伝える際は、内容だけでなく話し方も重要です。好印象を与える話し方をすることで、採用確率もグッと上がるでしょう。志望動機を伝える際は以下の3点を意識してみてください。 

早口にならずゆっくり話す

志望動機を伝える際は、自分の意欲をアピールしようと気持ちがはやり、他の質問に答える時以上に、早口になりやすいです。志望動機を伝える際に限った話ではないですが、面接で話す時はゆっくりと話すことを心がけましょう。早口になってしまうと落ち着きがない印象を与えますし、話す内容も聞き取りづらくなってしまいます。1分巻に300程度の発音が理想的な速さだと言われます。実際に口に出し練習し、話すスピードと語数の調整をして臨みましょう。

簡潔に話す

志望動機はできる限りシンプルに話すと良い印象を与えられます。具体的には、「結論→理由→具体例→もう一度結論」の順序で構成を立てると伝えたいことが明快に伝わります。この伝え方は「 PREP法」と呼ばれ、ビジネスシーンではよく用いられる伝え方です。より詳細に内容を伝えたいからといって、話しすぎてしまうと相手に良い印象を与えません。事前に伝えたいことを必要最低限に絞るのが大切です。長くても3分以内で説明できるような長さとなるよう、内容を精査してみてください。 

相手の目を見て話す

同じ内容でも相手の目を見て話しているかどうかで、与える印象は全く異なります。相手の目を見ず話してしまうと、自信のない印象を与えてしまいます。面接官とずっと目を合わせるのが辛い場合、3秒程度我慢したら目を離しても構いません。目線を合わせると話の内容だけでなく熱意も聞き手に伝わります。また、面接官が話をしている時もできる限り、面接官の目を見ましょう。真剣に話を聞いているんだなと印象付けられ、高評価につながります。 

まとめ

転職面接の志望動機の伝え方を紹介してきました。志望動機では入社意欲の高さや入社後活躍してくれる人材かどうかという点を主に見極めています。その点を意識して、その企業ではないと駄目な理由や入社後活かせる経験・スキルといった項目を、実際の仕事内容と絡めて伝えると効果的です。また志望動機は話す内容ではなく伝え方も大切です。相手の目を見て話すことで入社意欲の高さや熱意をアピールできます。また、結論を先に伝えることで言いたいことが明確に伝わります。面接では緊張して焦ってしまいがちですが、話すスピードはゆっくり目をを心がけると良い印象を与えられますよ。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ