転職面接のスーツは何を着ればいい?男女別相応しい格好を紹介

転職の面接ではスーツを着ていく必要があります。スーツなんてどんなものでも構わないだろうと軽く考えていませんか?実は面接時に相応しい格好ができているのかという点もチェック項目です。男女別に、理想の恰好をするために守るべきポイントをご紹介します。

転職面接のスーツで意識すべきポイント

転職面接のスーツでは、何が正解か分からない方も多いでしょう。実は、就職面接のリクルートスーツのように決まった形式があるわけではないのです。まずは、意識すべきポイントを2つ紹介します。

清潔感

清潔感ない服装が、相手に悪印象を与えるのは面接に限った話ではありません。一目で好印象を与える必要がある面接の場では、いっそう清潔感に気を遣うべきです。ワイシャツにシワや汚れがあったり、タバコの臭いがしたりするのは論外です。上記のような点は、普段スーツを着ない人が久しぶりに引っ張り出してきた時に、ありがちなポイントです。また、普段スーツを着ている人でも、自分では気づかない汚れがあるかもしれません。面接の前にきちんとクリーニングを出し、ワイシャツもアイロンをかけた上で臨みましょう。 

サイズのフィット感

どんなに高級で品質が良いスーツでもサイズが合っていなければ、ちぐはぐ感を抱いてしまいます。袖が長かったり肩幅がだるんとしているとだらしなく見えますし、サイズが小さすぎるスーツも見てて窮屈です。 働くなかで体型に変化が生じだと感じるなら、サイズを見直すことをおすすめします。

【男性版】転職面接で相応しいスーツ

男性の場合、紳士服専門店に並ぶビジネススーツを着ていけば、基本的には問題はありません。しかし、ビジネススーツにも色や柄やさまざまですし、靴やネクタイなど小物類もどう選ぶべきか悩みどころでしょう。その疑問にお答えします。

ネイビーがおすすめ

ビジネススーツの色は、黒やネイビー・グレーなど落ち着いた色彩がおすすめです。このような色合いなら、どのような業界・職種にも対応可能です。デザインは冒険せずに、オーソドックスなものを選びます。基本的には無地のシンプルなデザインをチョイスすべきですが、黒のスーツではリクルートスーツと同じ印象を与えてしまうので注意です。派手過ぎなければ柄物も問題ないので、黒ならば同系統のストライプなどを選んでみても良いでしょう。

シャツは白もしくはサックスブルー

ワイシャツは白がベストです。もしくは清潔感が伝わる色合いであるサックスブルーでも構いません。ボタンダウンはフォーマルな場にはそぐわないので、面接ではNGです。ワイシャツの下は、必ず白無地のアンダーシャツを着用しましょう。ワイシャツから肌が透けて見えたり、汗でベトついたりする姿は清潔感に欠ける印象を与えます。 

ネクタイは職種や与えたい印象で使い分ける

ネクタイは、基本的には無難な色を選び、真面目さをアピールしましょう。青や紺色は落ち着いた印象を与えるので、どのような業種にも対応できます。赤系であれば臙脂がやる気をアピールできるので良いでしょう。アパレル系企業やクリエイティブ系の業種など、相手によっては黄色や薄いピンクなどの色合いでも問題ない場合があります。柄もあまり派手すぎないものが好ましく、ストライプや小紋柄などシンプルなデザインがおすすめです。 

靴とベルトの色は揃える

全体的にまとまった印象にするために、ベルトと靴の色は揃えましょう。茶色のベルトで靴が黒だと、とても見栄えが悪くなってしまいます。また、バックルはシンプルピンタイプを選びましょう。 革の部分がひび割れていたり、バックルの穴が広がっているとだらしない印象を与えるので注意です。バックルの穴は通常5個あると思います、が真ん中に近い箇所を使用するようにしてください、一番手前で閉めるとベルトが余ってしまいスーツから飛び出して見えやすいですし、奥で締めるとベルトの端が出ずお腹が大きく見えてしまいがちです。 

髪色は必ず黒

面接時の髪色は必ず黒にして臨みましょう。茶髪だからといって減点対象とは限りませんが職種によっては好ましくないと考える面接官もいます。ただ、髪型で一番重要なのは清潔感です。髪がボサボサだったり寝癖があったりすると黒髪でも悪印象を与えるので清潔感にも細心の注意を払いましょう。 

【女性版】転職面接で相応しいスーツ

女性の場合、服装の自由度が高いですからいっそうどんな服装が正解かわからなくなるでしょう。女性でも清潔感とサイズのフィット感が重要事項なのは変わりありません。 

落ち着いた色味のセットアップスーツを

女性の場合、黒やグレー・ネイビーなど落ち着いた色合いのセットアップスーツがおすすめです。上下揃いのスーツ姿でないとまずいのではと思うかもしれませんが、上はジャケットを着ていけば問題はありません。柄は基本的には無地が好ましいですが、ピンストライプ程度の派手すぎない柄であれば問題ないです。女性のジャケットは種類が豊富にありますが、派手なものや奇抜なデザインは、シンプルなものを選びましょう。 

インナーは白やパステルカラーがおすすめ

インナーも清潔感を考えて、白やパステルカラーを選ぶべきでしょう。シャツ・カットソー・ブラウスどのタイプでも問題ありません。シンプルな方が清潔感が出るため、派手な色あいやフリルがついたインナーは避けるべきです。柄も無地がおすすめです。 

パンプスは黒のシンプルなデザイン

下のスーツは、パンツタイプでもスカートタイプでもどちらでも構いません。スカートタイプは女性らしい優しい印象、パンツタイプはスマートで活発な印象を与えることができます。 事務や受付などに応募するならスカートタイプを、営業ならズボンタイプというように、職種で使い分けると効果的です。パンプスは、黒のシンプルなデザインがおすすめですただ、スーツやスカートの色味を合わせるために茶色やベージュでも問題ありません。ヒールは高すぎないものを選び、ストッキングは必ず履きましょう。オフィシャルな場面で素足はマナー違反です。靴形は先が尖りすぎず、装飾や柄がついていないシンプルなデザインを選びましょう。 

アクセサリーはシンプルなものならOK

前提としてアクセサリーはつけない方が無難です。どうしても付けたいなら、ネックレスはシンプルなデザインの物を、ピアスやイヤリングは揺れないタイプを選びましょう。ブランドのロゴが目立ち過ぎていたり、キラキラ光りすぎはNGです。また、派手なネイルアートも好ましくありません。ネイルファッションを楽しみたいなら、ベージュや淡いピンクなど薄めの色を選びましょう。はげかかったネイルはだらしない印象を与えるので、できるならば自然な状態で臨みましょう。

メイクはナチュラルさを意識

面接でのメイクの目的は表情を際立たせたり顔色をよく見せたりするためです。ノーメイクだときちんとした恰好と不釣り合いなので、最低限のメイクはしておくべきです。ナチュラルメイクで清潔感を抱かせ、ビジネスの場に相応しい引用を与えましょう。 眉毛を整えたらり、ファンデーションやチークを塗る程度に留めておくのが好ましいです。目元がはっきりするためにアイラインをつけても良いですが、やりすぎたつけまつげやエクステはNGです。カラーコンタクトもいけません。 

【転職面接】スーツに関するFAQ

最後に、転職面接でのスーツに関するよくある質問をまとめました。

 リクルートスーツはOK?

転職面接ではリクルートスーツは可能な限り避けてください。転職面接はあなたの経験やスキルをアピールする場であり、新卒の面接で用いるリクルートスーツを着ていってしまうと頼りなさが感じられ、ふさわしくないと考えられています。基本的には普段仕事で着ているスーツ姿で臨めば、問題ありません。しかし転職が初めての方や普段仕事でスーツを着ない方は、リクルートスーツ以外のスーツを持っていないということもいるでしょう。新しく購入するのがベストですがもし予算面で不安があるなら、インナーを白から別の色に変えることで新卒感は無くせますよ。 

「クールビズでお越しください」と言われたら?

応募先企業から「クールビズでお越しください」と言われることもあります。この場合、クールビズで望んでいただいて構いません。ただ、クールビズの定義は企業によって異なるので、事前にドレスコードを確認しておくべきです。一般的にはノーネクタイ・ノージャケットですが、 ノーネクタイ・ノージャケットはだらしない印象を与える危険もあります。インナーの色・柄・素材にはいつも以上に気を配り、清潔感のある姿に仕上げましょう。 

冬のコートはどうする?

まずコートの種類としては、トレンチコートが好ましいです。P コートやファー付きのコートはカジュアルファッションの範疇なので、通勤ならまだしも面接では避けましょう。色は、黒やベージュ・濃紺などのベーシックなものであれば問題ありません。スーツを脱ぐタイミングは、玄関に入る前が正しいです。雨が降っていたり集合ビルなど事情がある場合、中に入りエントランスで脱いでも構いません。脱いだコートは移動時は腕にぶらさげ、面接の際はただんでカバンの上に置きましょう。 

「服装自由」の場合の正解は?

「服装自由」と指定された場合、どうするか困ってしまいます。企業がこのような指定をする目的は大きく分けて2つあります。まず、IT 系のベンチャー企業などでありがちですが、普段から私服で勤務しているパターンです。 この場合、面接でも私服でも構いませんが、あくまでもビジネスの場であることを忘れず、清潔感とビジネスマナーから外れないことを心がけましょう。ジャケットや襟付きのシャツなどフォーマルな場でも通用するものにしてください。また、アパレル系やクリエイティブ系の職種ではその人のセンスを見るためにあえて私服を求めるパターンもあります。この場合、 ホームページや求人情報で社員の服装チェックして、参考にするのがおすすめです。

まとめ

転職面接における、男女別のふさわしい服装を紹介してきました。男女ともに清潔感と TPOをわきまえることが大切です。また自分の体型にぴったし合ったサイズを身に着けましょう。スーツをはじめ着用するものは、基本的には、落ち着いた色合いでシンプルなデザインのを選ぶべきです。目立たせたいからと言って、派手な柄のものや奇抜な装飾品を付けていくと、悪目立ちしてしまい、採用確率が下がる可能性もあります。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ