新卒も転職希望者もやっぱり気になるIT業界の年収をチェック!

IT業界といえば、新卒・中途共に人気も高く、年収も高めなイメージがありますよね。皆さんの中にも就職を希望されている人が多いはず。とはいえ、ITと一口に言っても、業種や仕事内容は様々ですし、当然ですがそれぞれの年収は大きく異なります。そこで本記事ではIT業界の仕事内容を紹介していくと共に、それぞれの平均的な年収についてご紹介していきます。

さらにはIT業界でも年収の高い3つの業種や、ライフワークバランスのとりやすい業種についても特集しています。それらも併せて参考にしてみてください。

やっぱり気になるIT業界の年収

新卒採用にしても、中途採用にしても、仕事を探すうえで「年収」は気になりますよね。せっかく仕事をするのであれば、年収は高いにこしたことはありません。IT業界の年収は他業界に比べてやや高い傾向にあります。

一口にIT業界といっても規模や仕事内容は様々

IT業界と一口に言っても、その仕事内容は様々で、年収も様々です。どんな仕事があり、どれくらいの年収なのか、それぞれ見ていきましょう。

IT業界らしい仕事:SE

IT業界の仕事といえばSE(システムエンジニア)を想像される方も多いはず。SEというとプログラムを書く人と思われることもありますが、SEがプログラムを書くことはそれほど多くありません。それよりもむしろ、プログラムの設計図を書くイメージです。どういったサービスを提供すべきか、どうすれば使いやすくなるのかを考えます。

そしてその考えをもとに「ココにボタンを配置する」「このボタンを押すとこの画面に遷移して、データベースにアクセスして〇〇のデータを取得する」といったことを設計書という形でドキュメントにまとめます。いわばプログラムの設計図です。

このようにIT業界の中でも上流の行程を担当するのがSEです。そのためSEの平均的な年収はIT業界の中でも比較的高めで、500万円ほどとなっています。

設計図を形にする:プログラマー

SEが作った設計図をもとに、実際の形にしていくのがプログラマーの仕事です。日本語で書かれたものを機械の言葉に翻訳していくような仕事と言えます。IT業界に就職した人はこのプログラマーからスタートすることが一般的です。

そんなプログラマーの平均的な年収は400万円ほど。IT業界のエントリー的な仕事ということもあり、IT業界の中では比較的年収が安めです。とはいえプログラマーとしての経験を重ねて行けば、SEなどに転身できます。

IT業界を陰で支える:運用・保守

アマゾンやメルカリなどを利用されている人も多いかと思いますが、それらサービスは24時間、365日使えますよね。当たり前のようですが、これは実はけっこう大変なこと。サーバーが正常に稼働しているのかなどを24時間・365日間チェックして、何かあればすぐに対応しているからこそ実現できることです。

それを支えているのが運用・保守に関するエンジニアたちです。年収にはバラツキがあり400万円から500万円ほどとなっています。ばらつきの原因はしごとの幅広さにあります。日常的なチェックはマニュアルが整備されており、それに従って動くのみ。そのため年収はそれほど高くありません。

一方で、いざという時に対応するエンジニアには知識と経験が必要です。そういったスキルを持つエンジニアは自ずと年収が高くなるというワケです。

IT業界で平均年収が高い3つの業種

続いては平均年収が高い業種についてご紹介していきたいと思います。同じような仕事内容であっても、年収が高い企業・そこまでない企業はあるものです。ここでご紹介している3つはいずれも年収1,000万円オーバーを狙えるものばかりです。

ITコンサル

IT業界で平均的な給与が最も高いのがITコンサルです。特に外資系のコンサルティングファームですと30代で1,000万円オーバーという人も少なくありません。平均的な年収を見ても、700万円ほどとかなり高めの設定となっています。

なぜコンサルの給与がそれほど良いのか、その理由はコンサルの仕事がそれだけハードだからです。コンサルティングファームには「Up or Out」という言葉があります。これは「昇進するか、さもなくば去れ」ということ。コンサルタントとして能力を発揮した人だけが残っているのですから、自ずと平均的な給与は高くなります。

またコンサルタントの仕事は心身ともにハードになりがちです。長時間労働を余儀なくされることもありますし、新しいシステムを導入しようとすると、たいていは現場の人に嫌われます。そんな中で仕事を続けていくのですから、年収が高くなくては割にあいません。

大手SIer

IT業界は多重構造になっています。大手企業が仕事を請け負い、基本的なことを決めたら後の作業は1次請けにまわします。1次請けはプログラムの設計図だけを作成し、2次請けにまわすといった具合です。当然ですが、上流に行けば行くほど儲けは多く、下流に行けば行くほど納期はハードな割に旨味は少ないということになります。

ここで最上流にいるのが大手SIerと呼ばれる企業です。NTTデータや日本オラクルなどがその代表的な企業と言えます。給与は高めで、日本オラクルの平均年収は1,000万円ほど。かなり高めです。

ただし給与が良いということは仕事がハードということの裏返しでもあります。クライアントの無茶ぶりにも応じなくてはなりませんし、納品したシステムに問題があれば徹夜でカバーしなくてはなりません。そういったことも含めての高給取りということはお忘れなく。

外資系WEBサービス

FacebookやGoogleなど、不特定多数の人に向けネットワーク経由でサービスを提供する企業をWEB系と言います。WEB系も平均的な給与は高めで、特に外資系の誰もが知る企業ですと、驚くほどの年収を手にできます。正確な数字は公表されていませんが、転職サイトなどをチェックしてみますとGoogle合同会社の平均年収は1,500万ほど。驚くほどの数字ですよね。

彼らの給与がそれだけ高いのは、超がつくほど狭き門で、超がつくほど優秀な人のみが働いているという点にあります。そう簡単に就職することはできませんが、我こそはという人はぜひチャレンジしてみてください。

なお、外資系WEBサービス系では、英語はできて当たり前ですしITについてもかなり詳しくて当たり前です。その上で何ができるのかが重要なポイントになってきます。

ライフワークバランスがとりやすい社内SEとは

IT系の仕事は得てしてハードワークになりがちです。「IT系の仕事に興味はあるけど、ハードな仕事はちょっと…」という人もいるかと思います。そんな人におすすめなのが社内SEという仕事です。

今やどんな企業であれホームページを持っていますし、ある程度の事業規模であれば社内のシステムがあるものです。それらの面倒を見るのが社内SEというワケです。

社内で大規模なシステムを導入しようということになると、社内SEだけでは手が回りません。そのためSIerなどに外注することになります。その時に社内の窓口となるのも社内SEの仕事の一つです。

社内SEは仕事内容こそIT系ですが、言わば普通のサラリーマンです。そのため普通に仕事をして、普通に定時に帰ります。何か問題があれば残業することもありますが、それは普通のサラリーマンでも同じことです。このように社内SEはライフワークバランスがとりやすく、IT業界でも人気の仕事の一つです。

年齢ごとにみるSEの平均年収とは?

さて、ここまではIT業界の平均的な年収を見てきましたが、そこには若手からベテランまですべてが含まれています。もっと細かく知りたいという人も多いですよね。そこでIT業界で最も一般的な仕事の一つであるSEを参考に年齢別の年収をチェックしていきましょう。

20~24歳SEの平均的な年収は300万円ほど。大学卒業したての新人ばかりですから、それほど多くはもらえません。これが25~30歳になると450万円ほどといっきに給与はアップします。それぞれスキルが身につき、それなりに仕事がこなせるようになるからです。30~35歳になりますとさらにアップして550万円ほど。35歳以上では600万円ほどになります。

技術があればフリーでも高年収

IT業界である程度の技術を身に着けると「独立」ということも可能となります。フリーのエンジニアとして案件を担当。忙しくするのも、ライフワークバランスを取るのも自分次第です。

フリーのエンジニアであれば仕事の単価はスキルと経験次第です。有名外資系出身といった肩書があれば1,000万円越えも珍しくはありません。

まとめ:IT業界への就職を考えるなら年収よりも方向性が重要

IT業界に興味がある皆様に向け、IT業界の職種とそれぞれの平均的な年収を見てきましたが如何でしたか?外資系コンサルティングファームや大手SIerなど驚くほどの給与が得られる職場もあれば、プログラマーなど日本の平均的な給与と同程度という仕事もあります。

年収はもちろん多いほど生活は安定します。けれど興味が持てない仕事を続けるということはそれなりに大変ですし、ある意味では時間の無駄ともいえます。年収だけをチェックするのでは無く、自分がどんな仕事に興味があるのか、どんな分野のスキルを身に着けたいのかといったことをしっかりと見据え、自分なりの方向性を見つけ出してください。それがなにより大切なことです。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ