マインドマップで簡単に自己分析ができちゃう!作り方を大公開!

はじめに

今回は自己分析にオススメなマインドマップを紹介します。

自己分析を文字でする人もいるでしょう。

マインドマップは自己分析を絵や図でする方法で、絵にすることによって、よりわかりやすい特徴を持っています。

また、お絵かきをする感覚で簡単に自己分析ができるので、煮詰まることなく、スムーズに分析を進めていけるでしょう。

かなりオススメの方法なので、ここで方法をマスターして、ぜひ実践してみてください。

自己分析とは?

就活前に自己分析をしているでしょうか。

自己分析は就活に成功率に大きく関係する事柄です。

就職して良い人生を送りたいと思っているなら、本気で自己分析に臨むべきです。

あまりピンとこない人もいるかと思われますので、自己分析の意味や自己分析が就活にどういった影響を及ぼすのかを考えてみましょう。

これを知れば、本気で自己分析をしようという気持ちになれるのではないでしょうか。

なぜ自己分析をするのか?

自己分析をする意味は、自分を知るためです。

自分を知ることができれば、就活の際にどこをアピールすれば良いかがわかります。

自己分析でとくに大事なのが、自分の長所や短所を知るということです。

自分の長所は、そのままアピールポイントになる部分なので、就活の前には絶対に把握しておきたい部分です。

また、面接の際には、自分だからこそできるオリジナリティも求められます。

オリジナリティを出すためには、自分を知る必要があり、どういった部分が人と違い、どんな部分が魅力なのかを自己分析で知るという意味もあるでしょう。

自己分析をしっかりとしておけば、面接はもちろん、エントリーシートを作成する際にも役立ってくれます。

自己分析をすると何が得られるか?

自己分析をして得られるものは、自分を知るというメリットです。

就活というのは自分という食材をどう料理するかにかかっています。

しかし、食材のことを何もしなければ、料理のしようがありません。

そこで自己分析が必要になり、自分を知るということは大きなメリットなのです。

また、自分を知ることによって、自信につながることもあります。

自分にはこんな長所があるので、こうアピールすれば、企業もわかってくれると思えるようになれば、前向きな姿勢で就活に臨めるのではないでしょうか。

また、自分の弱点を知れるという点も大きいでしょう。

事前に弱点を知れれば、就活の前にそれを補うことができます。

自己分析は就活とどんな関係があるのか?

自己分析は、就活の成功率にダイレクトに関係します。

自己分析をしないということは、自分のアピールポイントも知らない可能性もありますし、そもそも自分が就職したい会社が明らかにならないこともありあす。

自分が本当に就職したいと思える会社と、なんとなく選んだ会社とでは、就活における本気度が違い、結果は言うまでもないでしょう。

自己分析は自分を知ることができ、自分を知るということは、自分の進むべき道を示すということでもあるのです。

そのため、就活前の自己分析によっては、自分の人生が大きく変わってくる可能性すらあります。

このくらいの強い気持ちを持って、自己分析をすることによって、就活に良い意味で大きな影響がある自己分析ができるでしょう。

【人事目線】自己分析ができてるかできていないかはどこでバレる?

人事の目線から見て、自己分析ができていない就活生はどこでバレるのかを分析してみます。

人事の人たちは、就活の面接を何千とやってきた人たちです。

そのため、その人を見極めるポイントを知っています。

これを知っておくのも、就活を有利に進めるためには役立ってくれるのではないでしょうか。

自己紹介が魅力的でない

採用担当の人たちは、人を見極めるプロです。

そのため、自己紹介を聞いただけで、自己分析がしっかりとできているかどうかわかってしまいます。

自己分析が不十分だと指摘される場合は、自己紹介が魅力的ではないことが多いです。

自己紹介が魅力的ではないとは、オリジナリティに欠けるという意味もあるでしょう。

インターネットで簡単に調べたような内容を語っていると、すぐに見抜かれてしまうでしょう。

自己分析をしっかりと行っていると、自分の長所や魅力を理解できます。

その状態でする自己紹介と、自分のことをよく知らずにする自己紹介では、自己アピールの完成度に大きな差が出てしまうのです。

就活の目的や軸がブレブレ

自己分析がしっかりとできていない人に多いのが、目的や軸がブレブレという点です。

自己分析によって就活に軸を作っておかなければ、自己アピールをするにつれて、ブレてしまいます。

途中で目的や言っていることが違う、自己アピールの最中に本当はこの会社に就職したいわけではないということを見抜かれてしまうかもしれません。

自己分析をしっかりとしている人は、自分という軸から、派生させて、就職したい会社や人生の目的について把握しています。

しかし、自己分析のしていない人というのは、核や根本の部分が乏しく、話が飛び飛びになってしまうことが多いのです。

これは合否の基準にもなる可能性があるので、十分に注意する必要があるでしょう。

話に一貫性がない

自己分析によって自分の軸や就活の軸を作っていないので、話に一貫性がなくなってしまいます。

採用担当の人は、すぐにそこに気付き、本気度が足りないと指摘されてしまうかもしれません。

面接の際は、各質問に対して、統一感を持たせることが重要になってきますので、質問に答えるたびに別人のような回答をしていると面接官に不信感を持たれてしまうでしょう。

また、自己分析で軸ができていない人は、各質問に対して、できるだけ好印象を与えようと回答してしまう傾向があります。

その結果、余計に話に一貫性がなくなってしまいます。

話がブレてしまうと、面接官には信頼性に欠ける人間と思われてしまうかもしれません。

信頼性に欠けるので、入社してすぐ辞めてしまうのではないかと思われてしまうと、大きな減点につながります。

自己分析はマインドマップで簡単にやろう!

自己分析がなかなか思うように進まないという人は、マインドマップを作成してみてはいかがでしょうか。

マインドマップならお絵かきをする要領で簡単に作成することができますし、自己分析の質も文字だけでするよりもずっと高いです。

ここでは、マインドマップの詳細から、マインドマップを作成するメリットについても解説します。

また、マインドマップと自己分析の関連性についても考えていきますので、自己分析にどれだけマインドマップが役立つかがわかるはずです。

マインドマップって何?

マインドマップは、私たちが普段考えている思考を具現化した図です。

普段、自分が何を考え、どのような思考回路で生きているのかの行動原理がより明確になります。

思考を図にする手法なので、就活の際の自分探しや自己分析に役立ってくれます。

就活の自己分析で役立つマインドマップですが、チームビルディングの際の相互理解に役立ったり、創造性を高めたりする効果もあると言われているのです。

マインドマップの基本は、真ん中に主題を持ってきます。

そこから、それに関連した物事をどんどん派生していき、放射状に図をつなげていきます。

マインドマップが完成したときには、1つの絵画のようになるのが特徴的です。

マインドマップを作るメリット

マインドマップを作るメリットはたくさんあります。

就活におけるマインドマップという観点から考えてみると、1番は自己分析がしっかりとできる点でしょう。

マインドマップは普段、頭の中で考えていることを具現化するものなので、より自分に近づけます。

頭の中でなんとなく考えていることと、実際にそれを図にしてみることでは、自分への理解が違い、マインドマップなら、より自分を詳しく知ることができるでしょう。

また、マインドマップは、自分の長所や好み、考え方などを知ることができるので、自分がどんな会社に就職すべきなのかの目標が見つかる可能性も高いです。

自分の長所を知れるだけではなく、人生の指針づくりにも役立ってくれるのがマインドマップなのです。

文字ではなく絵で理解できる

マインドマップは、自分の長所を書き出すような自己分析方法とは違います。

マインドマップの大きな特徴は、思考を図にするということです。

文字と図にはある大きな違いがあり、それが脳の活性化の度合いです。

マインドマップのような図を作る際には、脳は全体が活性化すると言われています。

そのため、より入念で詳細な自己分析をできる可能性が高く、文字だけの自己分析に比べて、質が高まりやすいです。

また、文字ではなく、絵で理解することによって、自分について新たな発見をしやすいというメリットもあるでしょう。

さらに、図を作成することによって、創造性が高まるというメリットもあり、新たな発想を持って、就活に臨めるかもしれません。

論理的に考えられる

マインドマップの利点は、論理的に考えられる部分です。

自分自身の行動や環境を文字ではなく、絵で表せられるので、とても話しやすいです。

また、自分という絵の周囲にどんな絵が描かれているかによって、現在の自分はどういったものの影響によって完成しているのかを理解できます。

それと同じような環境の場所や会社を想像してみれば、自分と相性の良い可能性も高く、どんな会社に就職すれば満足できるのかも想像しやすくなります。

未来を考えやすくなる

マインドマップを作成すると、自分の行動原理が丸わかりです。

そのため、自分の好みや趣味、傾向などがより深く理解できます。

この部分を理解してしまえば、どんな企業が自分に向いているかが一目瞭然です。

自分の性格なども詳細にわかりますので、これをインターネットの職業診断などと照らし合わせることによって、向いている業界を導き出すことも可能です。

このようにマインドマップは、未来への道筋を照らしてくれる素敵な事柄なので、もしかすると、マインドマップの作製によって未来が変わるかもしれません。

マインドマップを作る前準備

さっそく、マインドマップを作成したいところですが、まずはマインドマップを作成する準備をしたいところです。

マインドマップは、最小限なら鉛筆とノートやチラシがあれば作成できます。

しかし、マインドマップの完成度を高めるためには、色付きのペンを用意したり、無地の用紙を用意したりしたいところです。

マインドマップは就活の軸や核になる部分なので、少し気合いを入れて作成してみてはいかがでしょうか。

良いマインドマップを作成するために必要なアイテムを紹介します。

無地の用紙を用意しましょう

マインドマップを作成するためには無地の用紙が必要です。

マインドマップは、中心から放射状に図や絵を描いていきます。

それぞれの絵からいろいろな物事を連想して、どんどん付け足していきますので、横長の用紙を用意するとスムーズです。

チラシの裏などに書く方法もありますが、就活における指針になる部分なので、しっかりとした画用紙を用意して、就活の間ずっと使えるようなものにしてみると良いでしょう。

色んな色のペンを用意

マインドマップを鉛筆だけで書くと、少し物足りないです。

そのため、色んな色のペンを用意しましょう。

色付きのペンを利用することによって、想像力がかき立てられて、新たな発想ができる可能性も高まるはずです。

また、色付きペンの方が、絵の理解力が高まりますので、鉛筆だけよりも、有用性の高いマインドマップが完成しやすいです。

気持ちとしては、1つの絵画を書き上げるような気持ちで作成すると良いでしょう。

マインドマップ の作り方

ここでは実際のマインドマップの作り方を紹介します。

マインドマップは、自由に描くことも重要ですが、基本的な作成方法もあります。

一番重要なのがメインテーマの設定でここからどんどん絵を派生させていきます。

また、マインドマップを確認してみると、ブランチと呼ばれる絵と絵をつなぐ線が特徴的であることがわかります。

さらに、マインドマップを作成する際は、掘り下げることも大切で、ちょっとした関連性のある事柄であっても、どんどん掘り下げることによって、壮大なマインドマップが完成してくれるでしょう。

メインテーマの設定

マインドマップは、メインテーマとなる題材を中心に、それに関連した物事をどんどん書き足していくものです。

そのため、まずはメインテーマを設定しましょう。

就活ということを念頭において、自己分析に役立つテーマを設定します。

自分というテーマでも自己分析には役立ちますし、過去というテーマも良いでしょう。

また、学生時代に頑張ったことから掘り下げていくことによっても、新たな自分が見つかったりするものです。

ここでは厳密に決める必要はなく、自分と関連する物事ならば、どのような事柄であっても自己分析につながってくれます。

趣味や部活のようなテーマであっても、最終的には自分の好みや行動指針に行き着くでしょう。

ブランチでつなげよう

マインドマップの書き方は、中心になるテーマから派生して、関連したテーマを次々に書いていくというものです。

そして、マインドマップにあるルールがあり、それが絵と絵を線でつなげるというものです。

この絵と絵をつなぐ線のことをマインドマップではブランチと呼び、直線ではなく、曲線で描くのがポイントです。

また、少し工夫して、テーマ間の関連性が深い物事については、ブランチを太くするといった使い方も良いでしょう。

基本的には、中心のテーマから外に行くたびにブランチの数は増えていくように、どんどん派生させていきます。

掘り下げる

マインドマップは、関連するテーマをどんどん掘り下げていきます。

ここにもポイントがあり、作成する際には徹底的にテーマを掘り下げるようにしましょう。

どんなに考えても、もう派生させることはできないというところまで派生させればさせるほど、そのマインドマップから得られるものは大きくなります。

とくに自己分析のような目的でマインドマップを作成する場合には、より徹底的に派生させた方が良いです。

そうすることによって、より深い部分まで自分を知ることができるでしょう。

少し大きめの用紙を使い、すべて使い切るくらいのマインドマップを作成してみるのも良いかもしれません。

また、マインドマップを派生させるコツは、少しでも関連性があれば、どんどん書き足していくというものです。

あまり関係ないか、などと考えずに、思いつくままにどんどん書き足してみましょう。

マインドマップを作るときのポイント

マインドマップを作るときのポイントを紹介します。

マインドマップは、几帳面な人ほど失敗してしまいやすいです。

それが綺麗に書こう、正確に書こうとかしこまってしまうからです。

しかし、マインドマップにそういった気持ちは必要ありません。

真ん中から、できるだけたくさんの絵を描けるようにスタートしたら、多少雑でもどんどん絵を描いていきましょう。

また、カラフルに豊かにすることによって、楽しくマインドマップを作成できます。

正確に綺麗に書こうとしない

マインドマップを作成するときに、とにかく綺麗に書こうとしてしまう人がいます。

しかし、これはマインドマップを作成する際の失敗と言えるでしょう。

マインドマップは、几帳面な人よりも、大雑把な人の方が、上手に作成できることが多く、几帳面な人も、あまり綺麗に書こうとしない方が良いです。

また、定規を使ったりして正確に書く必要もありません。

フリーハンドで書くこともマインドマップの味だったりしますので、多少の雑さは気にせずどんどん書いていきましょう。

綺麗に書こうと構えてしまうと、脳が委縮してしまい、思ったようにマインドマップが書けないことも多いです。

マインドマップは、綺麗さ正確さよりも、独創性や自由度の方が重要になってきます。

真ん中から書き出そう

マインドマップは自由度の高い絵ですが、最低限のルールとしては、真ん中から書き出すようにしましょう。

真ん中から書き出すことによって、たくさん派生させることができ、完成したときの見栄えも良いです。

また、横に長い用紙を利用すると、派生させやすくなります。

ブランチは曲線や多少蛇行しても良いので、たくさん書けるようにすることを大切にしましょう。

カラフルに豊かに

マインドマップは、就活のために仕方がなくやるという考えは持たない方が良いです。

マインドマップで重要なのが独創性なので、やらされている気分で書いてしまうと、どうしてもありきたりなマインドマップになってしまいがちです。

就活のためにマインドマップを作成する場合は、自己分析という目的があります。

そして、自己分析は何も就活だけで役立つものではありません。

自分の長所を知っていれば、プライベートで役立つこともあります。

恋愛の際に上手に立ち回ったり、友達づくりに役立ったりすることもあるかもしれません。

そう考えると、マインドマップを作成するということは、人生を豊かにするということでもあるのです。

このように柔軟な考え方を持てば、楽しくマインドマップを作成できるのではないでしょうか。

楽しいマインドマップづくりをするためには、カラフルに豊かにするのもオススメです。

カラフルにすることで心が豊かになり、どんどんテンポ良く作成できるでしょう。

まとめ

マインドマップの作成方法がわかったのではないでしょうか。

マインドマップは、就活にもかなり役立ちますので、ぜひ自己分析のためにトライしてみると良いです。

マインドマップで正確に自分の特徴を把握することによって、必ず就活は有利になるでしょう。

また、マインドマップで自分を知ることができれば、就職した後にもきっと役立ってくれるはずです。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ