【OB訪問とは?OB訪問のメリットやオススメの方法

はじめに

就職活動ではOB訪問をする学生が多いと言われていますが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

就職を希望する業界の情報や、実際に企業で働く社員の生の声を聞くことができるOB訪問ですが、事前の準備はもちろん、メリットだけでなくデメリットについても理解することが大切です。

今回は、OB訪問の意味や参加するメリットとデメリット、さらにどのような方法で訪問先を探したらいいのか詳しく紹介します。

OB訪問とは

OB訪問とは、大学の卒業生であるOBが勤めている会社に訪問し、質問などを行うことです。

就職活動の一環として多くの学生が行っており、貴重な企業研究の機会として役立てられています。

しかし、初対面の人と話をすることに抵抗があったり、そもそもOB訪問が本当に就職活動に役立つのか疑問に思ったりする人もいるかもしれません。

いきなり職場に訪れて質問をするのではなく、OB訪問の目的についてあらかじめ理解する必要があるでしょう。

まずはOB訪問で何を得たいか考えよう

OB訪問をすることで、実際に就職活動で有利になるケースもあると言います。

OBに話を聞く前に、まずはOB訪問の目的について理解するようにしましょう。

OB訪問で何を得たいか考えることで、目標が明確になり、自分が今どんな情報がほしいのか整理できます。

ここでは、OB訪問で得られる主にな情報について紹介します。

業界や企業について知りたい

OB訪問では業界や企業の情報を得られます。

経済状況は常に変化していることから、自分が就職を希望する業界が今後どのように成長していくのか、見極めることが難しくなっています。

たとえば、食品業界では今どのような傾向があるのかや、新しいビジネスは可能かどうかなど、業界が抱える課題についてOBから話を聞くことで疑問を解消し、最新状況を理解できます。

インターネットの情報だけではわからないことが多く、実際に企業で働いたことがなければ推測しかできません。

OBは毎日会社で働き、企業や業界の動向について把握しています。

自分が働きたい業界や企業を深く理解するためにも、OB訪問は有効的だと言えるでしょう。

実際の働き方や以後と内容を聞きたい

新卒採用されたものの、数年以内に離職する人は近年増加傾向にあると言います。

その原因の1つが、実際に働いてから気付く仕事内容のギャップだと言います。

こういう仕事だとは思わなかった、とやりがいを感じなくなり、退職を決意する新卒者は年々増加傾向にあります。

OB訪問では、実際の働き方や仕事内容について知ることができ、疑問に思うことがあれば質問できます。

そのため、自分が働くイメージがしやすく、仕事との相性を見極められるでしょう。

職場で働いている人たちの様子や雰囲気などは、実際に現場を訪れなければ理解できません。

自分の性格や将来やりたいことを踏まえながら、その業界や会社で働くことが可能かどうか、判断できます。

説明会では聞けない会社の実態

OB訪問以外にも企業研究の一環として会社の説明会に参加するという方法があります。

しかし、説明会では一方的に話を聞くだけで、内容も会社が自社のアピールをするだけで終わってしまう可能性があります。

本当に聞きたいことは説明会だけではわからないことが多く、質問ができても会社の重役など、管理責任者のみとなることがほとんどでしょう。

一方でOB訪問では、説明会などでは聞くことができない、会社の実態や本音についての情報を得られます。

実際に働いていて難しいと感じることや、会社に抱いている危機感や課題など、OBのリアルな声を聞くことは就職活動において大切なことです。

プライベートや飲み会の情報

近年は長時間労働などが社会問題となっており、内定前に実態を把握することはなかなか難しいのが現状です。

しかし、OBにあらかじめ勤務時間や残業などについて質問することで、プライベートと仕事のバランスが取れるかどうか知ることができます。

会社の飲み会はどれくらいの頻度で行われているのか、プライベートではどんなことを楽しんでいるのか、仕事以外の情報も知りたいという学生は多いのではないでしょうか。

定期的に同僚と飲みにいく会社であれば、人間関係が良好な会社といえるでしょう。

企業研究や業界研究だけでなく、実際に働く人のプライベートについて聞くことで、ワークライフバランスを取りやすい会社かどうか知ることができます。

OB訪問をするメリットとは

OB訪問では、紙やWeb上の情報以外にもさまざまな情報を得られます。

志望動機の材料が見つかったり、企業とのコネクションを得られたりすることもメリットの1つでしょう。

OB訪問は選考において必須条件ではありませんが、自分が納得できる就職をするために必要なプロセスと言えます。

ここでは、OB訪問ならではのメリットについて紹介します。

先輩なので気軽に聞ける

OBとは、Old Boyの略語から成る和製英語で、自分が所属している大学の卒業生のことを指します。

自分と同じ大学に通っていたことで親近感を持つことができ、OBにとっては大学の後輩となる学生に親しみを覚える人もいるでしょう。

先輩後輩という関係上、はじめて会う人でも気軽に質問をすることが可能です。

OBも学生時代は同じように就職活動を行い、OB訪問をしたことがあるかもしれません。

また、共通の知人などがいる場合は、会話も弾むことでしょう。

緊張することなく、業界や会社について気軽に話を聞くことができることが、OB訪問の大きなメリットの1つです。

人事の人と会う前に関係が作れる

内定をもらいたい企業や就職を希望する業界が決まっている場合は、OBに話を聞くことで人事の人と会う前に企業とのコネクションを作れます。

書類選考や面接などについて、選考における具体的な対策を聞けるかもしれません。

また、人気の企業の場合は複数の学生からOB訪問を申し込まれる可能性があるため、早期にコンタクトを取る必要があります。

OB訪問のピーク時はなかなか約束ができない可能性がありますが、知りたい内容について詳しい人を紹介されるなど、他部署の社員を紹介されるケースもあると言います。

OB訪問がきっかけで企業とつながりを持つことができれば、就職活動を有利に進められるでしょう。

OB訪問をするデメリット

OB訪問はメリットだけでなく、デメリットもあります。

就職活動をこれからスタートするという学生は、OB訪問をする前に必要な準備や企業研究ができていない可能性があります。

OBがいくら同じ大学の出身者だからといって、企業研究はOB訪問ですればいいと考えるのは賢明ではありません。

あらかじめ企業のホームページで事前の情報収集を行い、質問したい内容について整理してからOB訪問に行くのがいいでしょう。

ここでは、その他のOB訪問のデメリットについて紹介します。

対応してくれる人がどんな人かわからない

OB訪問を受け入れてくれる人は、初対面であることがほとんどです。

対応してくれる人がどんな人かわからないため、社会人として必要な最低限のマナーはあらかじめ理解しておくようにしましょう。

また、近年はOB訪問を利用した悪質なセクハラ行為などもニュースなどで報じられています。

OBと約束を取る際には、話を聞く場所や時間帯などにも注意しましょう。

OBだからといってまるで友達のように話してしまっては、印象も悪くなります。

時間を割いてもらうことに感謝の気持ちを述べつつ、失礼のない態度で臨むようにしましょう。

もしOBが話を聞きづらいタイプの人であった場合は、別の方法で企業研究をすることも検討する必要があります。

印象が悪いと選考に響く可能性もある

OB訪問の目的は企業の情報を知ることにありますが、選考にまったく影響がないというわけではありません。

もし失礼な態度を取ってしまった場合などは、人事にも話が伝わり、選考に響く可能性もあるでしょう。

企業が学生に対して求めている能力の1つに、コミュニケーション能力があります。

OB訪問では社会人として働くOBと会話することになるため、相手の様子を見ながら質問をしたり、会話を進めたりしていくことになります。

足を組んで話をしたり、丁寧な言葉遣いができたりしていないと、相手からはこの会社で本当に働きたいのかと疑問に思われる可能性があります。

面接の練習という気持ちを忘れずに、失礼のない態度を心がけましょう。

OB訪問の探し方

OB訪問の探し方には、さまざまな方法があります。

知り合いに訪問を希望する企業のOBがいないという人でも、大学のキャリアセンターや就活サイトなどで探せます。

しかし、方法によってはなかなか連絡がこなかったり、情報が少なかったりと注意点もあります。

ここでは、学校での探し方やインターネットサイト、SNSを使って訪問先を探す方法について紹介します。

学校

学生がOB訪問を探す際に最も多く利用しているのが、大学です。

大学にはOBに関する情報が揃っていることから、就職課やキャリアセンターなどで訪問先を探すことが可能です。

信頼できる情報源であるため、利用しやすいでしょう。

OBとは直接面識がなくても、大学からの紹介といえば約束もしやすいという特徴があります。

OB訪問は書類選考が本格的にスタートする5月よりも前に行う必要があるため、4月中には済ませておくのがベストといわれています。

OB訪問を希望する学生が集中する時期は、予約が取りづらい可能性があるため、あらかじめ相談した上で早めに行動するのがいいでしょう。

それでは、大学での探し方として多いキャリアセンターでの探し方の大まかな流れ、ゼミやサークルの友人を通して探す2つの方法について紹介します。

キャリアセンター

大学の就職課もしくはキャリアセンターでは、名簿などからOBの連絡先を調べられます。

まずは希望する企業や業界で働いている先輩がいるかどうか、確認してみましょう。

人脈が少ない人でも、OBと連絡を取れる可能性があるため、気軽に利用する学生が多いと言います。

しかし、OBと言っても直接関係があるわけではないため、連絡をしても返信率が低い傾向があるようです。

さらに、キャリアセンターに登録されている勤務地とは別の会社で働いている可能性もあるため、注意が必要です。

名簿を頼りにメールなどをし、条件が合えばOB訪問の約束を取り付けられます。

ゼミ・サークルの先輩

ゼミやサークルなどで親しくなった先輩で、就職を希望する会社で働いている人がいる場合は、連絡を取りやすいでしょう。

知り合いであれば快く引き受けてくれる可能性が高く、よりリアルな情報を聞けます。

大学の卒業とともに疎遠になるケースも多いですが、あらかじめOB訪問の可能性を考慮して連絡先を交換するのも1つの方法です。

また、先輩で該当する人がいない場合は、友達に紹介してもらうという方法もあります。

友達の知り合いや兄弟などが、希望する企業で働いている場合は、連絡を取ることが可能かどうか聞いてみるといいでしょう。

しかし、仲介役をすべて友達に任せるのではなく、できる限り自分でOB訪問を進めるようにしましょう。

サイト

大学のキャリアセンターや知り合いの紹介などを利用して探したものの、訪問先が決まらないという人もいることでしょう。

その場合は、インターネットサイトを利用して訪問先を探すことが可能です。

大学に行って連絡先を手に入れる必要がなく、無料登録をすれば簡単に探せると言います。

有名企業を取り扱っているサイトもあれば、取り扱い人数が多くて決まりやすいというサイトもあります。

この方法は初対面でのOB訪問となるため、あらかじめ礼儀やマナーについてわきまえておく必要がありますが、空いた時間を使って気軽に探せるという特徴があります。

ここでは、ビズリーチ、マッチャー、HELLO,VISITSの3つのサイトについて紹介します。

ビズリーチ

OB訪問のマッチングサービスであるビズリーチ・キャンパスは、就活生と社会人をつなげてくれるサービスです。

転職サイトで有名なビズリーチが運営していることから、信頼がおけるサイトと言えるでしょう。

すべてのサービスを無料で受けることができ、はじめてOB訪問をする人向けにイベントを通したデモンストレーションなども行っています。

オンラインでOB訪問をすることも可能で、さまざまな業種の人が登録しています。

登録されている大学の数は限られていますが、社会人が自主的に登録していることから、断られる可能性が少ないというメリットがあります。

まずは無料登録を行い、職種や業界などの項目別に社会人を検索し、メッセージ画面から連絡をします。

相手から承認されれば日程調整などを行うことができ、実際にOB訪問をすることが可能です。

マッチャー

マッチャー(Matcher)は、学生と社会人をつなぐだけでなく、OB訪問の代わりに食事をしたりスポーツをしたりするなど、社会人の要望を聞くスタイルのマッチングサイトです。

お互いの希望を叶えることができ、学生はOB訪問を気兼ねなく依頼できるメリットがあります。

また、大学の先輩以外にも、気になる業界の社会人にOB訪問を依頼することが可能です。

社会人の所属企業が多く、ワンクリックのタッチ操作で利用しやすいという特徴があります。

大手企業やベンチャー企業以外にも、個人事業主として独立した社会人も登録しています。

登録している社会人の紹介画面には、本人確認の有無が表示されているため、心配な人はチェックマークがついている社会人を選ぶようにしましょう。

国内最大級のOB訪問アプリとして、多くの人が利用しています。

HELLO,VISITS

HELLO,VISITSは、OB訪問を効率的に進めるだけでなく、学生同士の交流の機会や学生が無料で利用できるカフェなども展開しています。

このサイトの大きな特徴は、企業から公認された社会人と連絡を取れることです。

実際に採用につながるイベントや情報を得ることができ、企業側から学生に向けたイベントを開催することも可能です。

アプリを通してイベントを確認することができ、難関企業への就職を目指す学生にも利用されています。

まずは公式ホームページから新規登録を行い、プロフィールを登録してOB検索を行います。

プロフィールなどの情報をもとに、相互フォローをすることができれば、日程調整などを行い、OB訪問を行えます。

企業公認の社会人が登録することから、OB訪問の内容は会社に報告されている可能性があります。

緊張感を持って臨むようにしましょう。

SNS

大学のキャリアセンターや知り合いの紹介、さらにインターネットのマッチングサービスを利用すれば、OB訪問を実現できる可能性は高いでしょう。

しかし、これ以外の方法として、SNSを利用する人もいるといいます。

利用方法は、SNSを通してダイレクトメッセージを送ることです。

中には会社名や業種などを公開している人もいますので、メッセージを送るのも1つの方法です。

企業の人事部に直接連絡をしてOB訪問を依頼する学生もいるようですが、どちらの場合も断られる可能性が高く、SNSやHPなど、不特定多数からの申し込みを受け付けていないことがあるため、注意が必要です。

熱意をアピールしたいという人は連絡を取ることも1つの方法ですが、連絡を取る際のマナーはわきまえるようにしましょう。

まとめ

はじめてOB訪問を行う学生は、不安を感じることもあるかもしれません。

しかし、業界や企業の情報収集は、実際に働いているOBから直接聞くことで、今後の就職活動に活かせます。

社会人と話す機会が少ないという人は、OB訪問を通して面接の練習をするのもいいでしょう。

自分に合った探し方で、OB訪問を成功させましょう。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ