受験生必見|おすすめの理系大学と選びのポイントをチェック!

理系大学への進学を検討している受験生の皆様、志望大学や学部・学科は決まりましたか?「考えているけどだんだんわからなくなってきた…」なんて人はいませんか?高校までであれば、どこを選んでも習う教科は同じです。レベルに違いはあるにせよ、大きな違いではありません。

一方で大学は学部・学科によって習うことはまったく違います。そのため自分が興味を持てる進学先を選ばないと講義内容にまったく興味を持てないままに4年間を過ごすことになってしまいます。それでは大学というせっかくの時間がもったいないですよね。

そんなことにならないよう、本記事では理系大学の選び方についてそのポイントを解説していきます。後悔しない理系大学選びをするためにも、ポイントをしっかりと抑えて進学先を決めてください。

理系大学選びはどの大学かではなく、何がしたいかが重要

大学を選ぶ際、東大・京大をはじめとした有名大学に目が行きがちです。確かにそれら大学は魅力的ですが、大学名だけで大学を選ぶのはNGです。それよりもむしろ「大学で何がしたいか」が重要です。とはいえ、何がしたいのか考えるのも難しいもの。まずは自分が何をしたいのか考えるためのポイントについてご紹介していきたいと思います。

自分なりの将来ビジョン

何がしたいのかを考える際、長い目で考えることも大切です。大学は人生の中で通過点にすぎません。4年経てば大学を卒業し、新たな生活が始まります。そして一般的には大学を卒業してからの人生の方が圧倒的に長いものです。

大学で学んだことはその後の人生に少なからず影響を与えます。後悔の無い大学選びをするためには自分なりの将来ビジョンが必要です。大学選びで迷っているのであれば、将来どんな仕事に就きたいかという視点で考えてみてください。周りの大人に仕事について聞いてみるのもおすすめです。

そのために何が必要か?

自分なりの将来のビジョンを考えたのなら、それに対して何が必要かを考えてみましょう。例えば最新のIT技術に関連するエンジニアになりたいという場合、何が必要でしょうか?情報工学を学ぶ必要もあるでしょうし、場合によってはロボット工学などが役に立つかもしれません。

その上で理系の大学では何が得られるのか?

将来に必要な知識を考えますと、どの大学ならそれを学べるのかということも明確になってきます。例えば宇宙工学を学びたいと思ったら、それを学べる大学はかなり限定されてくるものです。また同じ宇宙工学といっても、大学によって研究内容は微妙に異なるものです。そこまで調べた上で志望大学を決めれば完璧です。

偏差値だけで決めるのはNG

受験をする際、できれば偏差値の高い大学を目指したいと思うものです。青山学院大学よりも慶応大学の方が偏差値も高く、合格することに価値がありそうに思えるものです。同じ大学でもより偏差値の高い学部・学科を目指したくなります。けれど、偏差値が高いことと、自分がやりたいことの間には何の関係もありません。

大学も学部・学科も偏差値で選んではNGです。あくまでも何を学びたいのか、将来はどんな仕事がしたいのか、そういったことを基準に選ぶことが大切です。

なお、学びたいことを学べる大学にいくつか受かったのであれば、その中で最も偏差値が高い大学に進むことをおすすめします。理由は偏差値が高い大学の方が面白い人に出会える可能性が高いからです。

おすすめの理系大学とは

つづいては具体的に理系大学選びのポイントについてご紹介していきたいと思います。これから大学を選ぶという皆様は以下のポイントについても考えてみてください。

基本的には国立がおすすめ

理系大学を選ぶ際、基本的には国立大学がおすすめです。なぜ国立大学がおすすめなのか?その理由は「国立大学の方が優秀な教授に出会える可能性が高いから」です。

理系では大学4年生以降、研究室に配属されます。そしてその研究室の教授や助教授を指導教官として研究を進めることになります。文系と比較しますと、教授や助教授と接する時間が段違いに長いものです。せっかく研究をするのであれば、名のある教授のもとでやりたいですよね。そして名のある教授は基本的に国立大学に集まっています。

理想的には旧帝大か東工大

国立大学の中でも旧帝大と東工大は段違い。予算(科学研究費助成事業、通称は科研費)も圧倒的に多いですし、発表している論文の量もやはり圧倒的です。予算が多いということはそれだけ研究にお金をかけられますし、論文数が多いということはそれだけ最新の研究に関わっているということを意味します。

最新鋭の研究機材、優秀な教授陣に優秀な先輩たち。研究をする場所としてはやはり優れています。理想を言えば旧帝大、もしくは東工大をおすすめします。

私立だからダメというワケではない

国立がおすすめとは言っても、私立がダメというワケではありません。早稲田の理工や東京理科大など、優れた成果を出している私立大学も沢山あります。最初にご紹介した通り、大学選びは「何がしたいか」が最も重要なことです。やりたいことができる大学であれば、そこが理想の進路です。

就活を考えると東京の理系大学が有利

最後にちょっと違った視点での大学選びについて。皆様のほとんどは大学(あるいは大学院)卒業後に就職をされると思います。就職活動ということを考えた場合、東京都内の大学が圧倒的に有利です。というのも理系の4年生は研究がスタートし、それなりに忙しくなります。それはちょうど就職活動が忙しくなる時期です。内定を得るまでは研究の合間をぬって就職活動をしなくてはりません。実験に時間がかかるなんて場合には、かなりハードな日々になります。

都内ですと電車に乗ってサッと面接に迎えるものも、地方ですと飛行機や新幹線で移動しなくてはなりません。そのため研究も就職活動も中途半端…なんて事になってしまいがちです。大学院に残って研究者の道を歩みたいと考えているのであれば、どこの大学でもOKなのですが、就職ということを考えた場合、東京都内が圧倒的に有利です。

大学院進学時に訪れるもう一度のチャンスとは?

理系大学のおすすめは旧帝大、もしくは東工大という話は前章でお伝えした通りですが、大学入試の時点ではそのレベルに到達しそうにない…という人も多いはず。そんな皆様にももう一度チャンスが訪れます。それは大学院進学時です。

理系大学の学生は修士へ進学することも多いもの。そこで出身大学の大学院にそのまま進学する人も多いのですが、別の大学に進学する人も多くいます。そこで旧帝大や東工大を狙うことも可能です。大学でしっかりと勉強していれば東大や京大を狙うことも十分に可能です。

キャンパスライフを楽しむためには総合大学がベター

大学は基本的に勉強をしに行くところですが、勉強以外にも学ぶことは多くあります。アルバイトをして得たお金で友人と旅行に出かけたり、サークル活動に参加したり、高校生までとは大きく違う世界です。そういった経験は世界を大きく広げてくれます。そして学業以外の大学生活を満喫するためには総合大学がおすすめです。その理由について見ていきましょう。

理系大学の男女比問題

理系の単科大学ですと、大学全体の男女比が圧倒的に男子側に傾いています。理系に向いている女性も多いはずなのに、理系大学はなぜか男性ばかりです。海外に目を向けてみますと、例えば理系大学世界最高峰の一つであるMITの女性の割合は45%を越えています。日本の状況がいかに不思議なことがお分かりいただけるかと思いますが、今それを嘆いていても仕方ありません。

現状では理系には女性が少なく、それは今後もしばらく続くはずです。男女比のバランスがおかしいと、やはり不思議な世界が生まれます。それはそれで面白い部分もあるのですが、長い目で見ると男女比は近い方が楽しいものです。

総合大学ですと大学全体で見た場合、男女比は同じような状況になります。クラスメートの男女比はバランスが悪くても、トータルの男女比が同じくらいであれば、雰囲気はずいぶん異なるものです。サークルなどの男女比は同じくらいになるという点も見逃せません。

理系学生だけだと視野が狭くなりがち

総合大学がおすすめな理由として、様々な学部・学科の人と触れ合えるということも挙げられます。理系学生ばかりですと、どうしても視野が狭くなりがちです。集中できるという意味では良いのですが、広い世界を意識することも大切です。せっかくであれば文系学生とも話がしやすい環境をおすすめします。世界は理系だけで出来ているワケではありません。

まとめ:大学名や偏差値ではなく、やりたいことで考える

理系大学について、大学の選び方から、おすすめの理系大学についてご紹介してきましたが気になる情報は見つかりましたか?高校までと違い、大学では学部学科によって学べることが全く違います。だからこそ「やりたいこと」が大切です。

大学名や偏差値だけで大学を選んでしまいますと、「なんか面白くない…」なんてことになる可能性が大です。あまりにひどい場合には留年してしまったり、退学に繋がるケースもあるもの。ネームバリューに縛られることなく「自分が何をやりたいのか」をしっかりと考えて志望校を選びましょう。

そうやってしっかりと目標を立てて進路を選びますと、自ずと勉強にも力が入ります。そしてそれは素敵な結果をもたらしてくれるものです!

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ