自己分析結果の具体例と、うまく活用する方法

はじめに

就職活動をスムーズに行い成功させるには、自己分析が欠かせないとよく言われます。

それゆえに、過去の経験を振り返るなどの方法で自己分析に挑む就活生も増えています。

けれども自己分析をしただけで終わってしまっては、意味がありません。

大切なことは、せっかく行った自己分析をしっかりと就活に活かすことです。

そもそも自己分析をする目的はなんなのでしょうか。

まずは目的を知り、面接に役立てる方法を考えていきましょう。

自己分析をしただけで満足していませんか?

せっかく自己分析をしたならば、次につなげていかなければなりません。

自己分析とは言うなれば自分自身と向き合うことであり、隠れている能力や自分の本性を知ることができます。

「こんな面があったのだ」と気付いて驚き、納得して終わってしまってはもったいないです。

自己分析しただけで満足するのではなく、どんどん就活に活用することが重要なのです。

意味のある自己分析にするためには、目的を把握して面接の回答にどんどん使っていきましょう。

自己分析の目的

就活においての自己分析の目的として、自分の価値観の自覚や未知の自分の気付きが挙げられます。

そしてそれにより、就活の軸が生まれます。

就活の軸とは、ブレない志望動機です。

ブレない軸を持つことで、自分にマッチした企業選びができますし面接でも自信を持って自分の意志を使えることができます。

本当の自分、そして生き方を把握して、就活の意思決定の軸を作ることこそが、自己分析の目的です。

自分の生き方や価値観を把握する

就活で成功するためには、将来のビジョンを持つことが大切です。

結局のところ口先でいろいろとカッコいいことを言っても、入社後に活かすことができなければ意味がないからです。

自分がその会社で何をしたいのか、どのような目標を持ってどう活躍したいのか、それがはっきりしている就活生を企業側は求めています。

将来のビジョンを定かにするためには、自分の生き方や仕事に対する価値観を自身で把握していかなければなりません。

人は自身の価値観に基づいて行動しますが、自分の価値観についてわかっていない人も意外と多いのです。

将来の目的が明確になれば、企業選びもうまくいきます。

自己分析をすることは、自身の価値観や生き方を改めて知るために重要な作業といえるでしょう。

意思決定の軸になる

就活をしていく上で、いろいろと自分の判断で決めなければならないシーンが出てきます。

どのように意思決定するかが、成功の鍵を握っているともいえます。

長期戦になって思うようにいかないときにも、しっかりとした軸があればへこたれずにブレずに進み続けることができるはずです。

自己分析をすると、自分がどのように働きたいのか、何をしたいのかが定まってきます。

曖昧な気持ちで就活をするよりも、ずっと堅実で成功への道が開けることでしょう。

そして意思がはっきりしていることで、面接でも堂々と胸を張って回答できるのです。

就活でありがちな失敗は、面接をクリアできない状態が続いて思うように活動が進まず、気持ちばかりが焦って適当な気持ちで数打ちゃ当たるで入社してしまうことです。

その結果、思っていた会社とは違うと感じて退職してしまうケースも少なくありません。

そういう失敗の原因は、自分の中での就活の軸ができていないことにあります。

自己分析をして意思決定の軸が持てていれば、就活で壁にぶつかっても焦らず地道に活動できます。

そして苦労したとしても、最終的に自分に合う企業に入社して活躍することができるのです。

自分も知らない自分を知る

人は自分のことを知っているようで、実はわかっていない部分もあります。

日頃、じっくりと自分を見つめて自分と向き合う機会もあまりないのではないでしょうか。

就活では面接で、長所短所を聞かれることも多いです。

自己PRやガクチカの回答も、企業側は就活生の人間性を知る判断材料としています。

企業が求める人材とマッチした部分をアピールすることで、内定を貰える可能性が高くなるのです。

しかしながら自分の性格をきちんと把握していなければ、企業にマッチする部分があるのにアピールし損ねるかもしれません。

優秀な性格を自分では気付いていないのはもったいない限りです。

自己分析をすることで、未知の自分と出会えます。

この際奥深くまで自分を探り、就活では積極的に強みを売り込んでいきたいものです。

自己分析の具体例

自己分析のやり方として、過去の経験を書き出していく作業が欠かせません。

いろいろな経験がある中で、結果が出たことや継続できたこと、挫折した経験やチームで頑張った経験などは自己分析につながりやすいです。

それぞれの経験について、事例を挙げていきます。

自己分析のための過去の振り返りは、物心がついた年齢からスタートしてみると良いでしょう。

結果が出た経験

何かの成果や結果がはっきりと表れた経験は、自分の能力や強みが表れやすいです。

結果を出すための取り組み方や努力の仕方なども、見えてくるでしょう。

結果が出た経験について書き出すときは、何をどんなふうに頑張ったおかげでその結果につながったのかを具体的に掘り起こしていくようにします。

また良い結果に限らず、残念ながら失敗に終わった経験も書き出します。

その場合は、失敗の原因となった行動や考え方についても今一度見直したいものです。

「高校時代に吹奏楽部で部長を務めており、チーム一団となって演奏レベルを上げる練習をしたりお互いに意見を出し合ったりしたことで、市で優勝できた」

「苦手だった数学を集中的に勉強した。毎朝5時起きでドリル問題をこなした結果、数学の偏差値も上がり無事に希望校に受かることができた」

継続した経験

一つのことをコツコツと継続した経験は、集中力や継続力を持っていることの証拠です。

また一つの目標に向かって努力するモチベーション維持やメンタルの強さなども見えてきます。

企業によっては、単調な作業を長時間ミスなく続けて行える能力を求めているところも少なくはありません。

ちょっとしたことでも、続けることはなかなか難しいものです。

継続できた経験を思いおこすことで、自分では気付かなかった力を知ることができる可能性があります。

「毎日欠かさず、トイレ掃除をした」

「小学校5年生から大学生まで、毎日欠かさず日記を書き続けている」

「高校時代、陸上部でもっと速くなりたかったので、毎朝学校に行く前に近所の神社の階段をダッシュした」

挫折した経験

自己分析では、良い経験ばかりを書き出すのではありません。

思い出したくないような苦い経験や挫折についても、自分と向き合って掘り起こしていくことが大切です。

挫折した経験から学んだこと、繰り返さないための教訓なども書き出します。

壁にぶつかったときの乗り越え方などが見えてくるはずです。

「飲食店のアルバイトで、お客様にコーヒーをかけてしまった。とてもショックで自信もなくなり辞めようと思ったが、他のお客様にあなたの笑顔が本当に素敵だと褒められて立ち直り、もっと接客力を高める努力をした」

「高校時代陸上部で頑張っていたが、駅伝のメンバーから外された。やる気がなくなり退部も考えたが、ここで負けては男がすたると思い特訓をして自分を追い込んだ。在学中には駅伝に出ることはできなかったが、タイムは伸びて長距離で優勝できた」

チームで何かを作り上げた経験

仲間や部員など、大勢で何かをやり遂げたような経験が多い人は、チームワークや協調性があります。

リーダーシップを取れたり、世話好きで気遣いのできる性格だったりと、長所が隠れている場合が多いです。

「高校3年間、コーラスコンクールで指揮者をした。入賞したくて、クラスのみんなで朝練も放課後も必死で練習した。指揮者として率いるとともにみんなを盛り上げようと頑張った結果、3年のときに優勝できた」

挑戦した経験

挑戦する姿勢は、新しいプロジェクト開発をしている企業などにとっては非常にほしい人材です。

いろいろなことにトライした経験が多い人は、勇気があり積極的で行動力も備わっています。

「中学生のときに、富士山に登ることに挑戦した。そのためにトレーニングをして、父と一緒に頂上に登ることができた」

「英語のスキルを磨きたくて、自分でお金を貯めて大学の夏休みにヨーロッパに1人旅行をした」

自己分析をした後のステップ

自己分析をして経験を書き出したならば、それらをさらに深く解析して整理していく作業に入ります。

ただ過去の経験を書き並べて長所短所を知っただけでは、就活に有効活用できません。

企業選びから面接に至るまで、しっかりと活用するための方法について説明します。

ステップを踏んで、さらなる自己分析へと深めていきましょう。

STEP1:経験に対する熱量と行動を書き出し、整理する

それぞれの経験は、それに対するモチベーションの強さが異なるはずです。

非常に高いモチベーションを持って臨んだ経験もあれば、忘れてしまうくらいの小さな出来事もあるでしょう。

この作業により、自分のモチベーションの源泉が見えてきます。

それがわかれば、仕事のやりがいを感じるポイントもわかってきます。

これは自分に合う仕事を探す際に、とても役に立つはずです。

STEP2:その中でも1番アピールしたい事柄をランキング付けしておく

過去を振り返って書き出した経験の中で、特に自身がアピールしたい事項やインパクトのあるものをランキングしておきましょう。

いろいろな長所の中でも、特に自分を象徴する性格はなんなのかがわかります。

また共通するキーワードなどもピックアップすれば、自分の特徴が明確になってきます。

いざ面接の際にも、自己PRはいろいろ長所を言うのではなく1つに絞ることがポイントです。

そのためにも、自己分析した結果を整理しておくことが大切です。

STEP3:自分のアピールポイントが会社でどう活きるか考える

就活での成功とは、どこでも良いので内定を貰うことではありません。

自分にマッチした会社に入社できることです。

そのためには企業研究をして、企業が求める能力を知る必要があります。

そして自分の強みの中で、企業にマッチするものをアピールすることで選考を通りやすくなるのです。

自己分析して知った長所は、受けたい企業でどう活かせるかを考える必要があります。

逆に言えば、アピールポイントを活かせる企業を選ぶことが重要ということです。

自己分析をうまく活用するための方法

自己分析の結果は、面接での質疑応答にまずはしっかりと活かしたいものです。

アピールしたい強みをうまく伝えるためには、SWOT分析でさらに自分を知り、PREP法を用いて理論的で説得力のある回答をしましょう。

企業分析に使われるSWOT分析や文章構成の際に役立つPREP法について詳しく説明します。

SWOT分析は企業探しで悩んでいる人にもおすすめの分析法です。

企業分析だけでない!自己分析にも使えるSWOT分析

SWOT分析はビジネス戦略において欠かせないとされている分析法です。

外部環境や内部環境を要因分析していき、経営戦略を練るやり方としてビジネスにおいて活用されています。

このSWOT分析を、ぜひとも就活にも使いましょう。

SWOT分析で内面を自己分析することで、今よりももっと自分が持つ可能性が広がります。

何の仕事がしたいか曖昧な人も、SWOT分析によりやりたい仕事が見えてくることがあります。

また自分の短所を長所に変える方法が見つかり、面接でアピールできる長所が増えるのです。

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、Strengths(強み)・Weaknesses(弱み)・Opportunities(機会)・Threats(脅威)の頭文字からなる分析手法です。

通常は、企業のマーケティングや事業計画の際に使われることが多いです。

そして就活における自己分析の方法としても、活用できます。

自分の好きなこと、嫌いで苦手なことを書き出し、そして有利な「機会」について考えます。

反対にリスクや負担に感じる「脅威」においても書き出すことで、自分を客観的に見つめることができるのです。

実際に自己分析に当てはめてみよう!

SWOT分析による自己分析のやり方を具体的に見ていきましょう。

まず自身の性格において、Strengths(強み)とWeaknesses(弱み)を書き出します。

Strengths(強み)は好きなことや得意なこと、Weaknesses(弱み)は嫌いなことや苦手なことと言い換えることもできます。

Strengths(強み)

・仲間と交流すること

・コツコツとものづくりに集中する時間

・1人でするスポーツ(筋トレやランニングなど)

・人の相談に乗ること

Weaknesses(弱み)

・あまり体力には自信がない

・時間に追われることが嫌い

・人に合わせるのが疲れるので、1人で過ごしたい

次に、自分にとって安全で有利なOpportunities(機会)と、リスクや負担と感じるThreats(脅威)についても書き出します。

Opportunities(機会)

・関東に転勤していた親友が地元に戻ってきた

・ペットを飼い出して和む

・ヨガの面白さに出会ってリフレッシュできている

Threats(脅威)

・血圧の数値がさらに上がってきた

・主人の会社が不安定

・今の家は駅までが遠くて交通アクセスが不便

こうした作業により、今よりも自分をもっと知ることができます。

もう一歩踏み込もう!SWOTクロス分析

SWOTにより自己分析をしたならば、次に行うのがSWOTクロス分析です。

上記で書き出したそれぞれの事項の中から、特に優先的なものをピックアップします。

優先順位を付けることで、自分に最も必要な課題やできそうな解決方法などが見えてくるのです。

SWOTクロス分析を行うことで、「興味はあるけれども私には無理だろうな」と諦めていたことも実現するアイデアや方法が見つかりやすくなります。

自分の弱みを克服する方法の発見につながる可能性もあるでしょう。

就活においても、意外な分野に自分の能力が発揮できることに気付くかもしれません。

文章で、自分自身をうまく表現する方法-PREP法-

就職活動においても、質疑応答の回答でぜひとも活用したいのがPREP法です。

文章構成をする際に、PREP法を知っていれば大いに役に立ちます。

面接官はたくさんの就活生を相手にするわけで、そんな中でいかに内容が濃くわかりやすい回答をするかは重要です。

せっかく自己分析をして頭の中では志望動機も定まり意欲もあるのに、うまく話せないせいで面接官に言いたいことが伝わらないのは残念です。

自分自身をきちんと表現してしっかりアピールするために、PREP法を取り入れましょう。

PREP法とは一体どういう文章構成なのか、わかりやすく説明します。

あらゆる場面で活用できるので、覚えておいてください。

PREP法とは?

PREP法とは、POINT(結論)・REASON(理由)・EXAMPLE(具体例)・POINT(結論)のそれぞれ頭文字を取った言い方です。

何かを説明する際に、POINT→REASON→EXAMPLE→POINTの順番に話すことで、相手に伝わりやすくなります。

つまり、結論から述べてその理由について話し、さらにエピソードや事例で証拠付けて再度結論を述べてまとめます。

就活の面接でも、質問された答えはまずは簡潔に結論から述べましょう。

だらだらと長い前置きはいりません。

そして簡単に「なぜそう思うのか」理由を話し、さらに深く体験やエピソードを語ります。

そしてまとめとして、言いたいことを再度繰り返すことで面接官にインパクトを与えることができます。

PREP法で伝えることのメリット

PREP法を用いて回答することで、様々なメリットが生まれます。

面接では誰しも多かれ少なかれ緊張します。

そのために言いたいことが言えなくなる人も多いのではないでしょうか。

しかしながらPREP法を用いた文章構成にすれば、緊張していても頭の中が整理しやすくなります。

まず自分自身が言いたいことを整理できるのが、一つのメリットです。

次に面接官にとっても、わかりやすい内容になります。

言いたいことがありすぎてあれもこれもごちゃごちゃに混じった話し方では、聞いているほうも結局何が言いたいのかわかりづらいものです。

さらに前置きの長い話も疲れてしまいます。

PREP法で組み立てられた話は、聞いている相手にとっても理解しやすいのです。

またPREP法では、結論をまず述べることで言いたいことがはっきり伝わります。

相手にインパクトを与えることができるでしょう。

最後に、短く簡潔にまとめることができるのもPREP法を取り入れることのメリットです。

面接の質疑応答では、3分スピーチのように回答時間を指示されることもあります。

限られた時間で言いたいことを話すときにも、PREP法を用いればうまくいきます。

PREP法で文章を作ろう

具体的に、PREP法を用いた簡単な文章例を紹介します。

「私は、納豆が好きです。

なぜなら食物繊維が豊富で便秘解消にもなりますし、免疫力が向上するからです。

とても好きなので、毎朝欠かさずに食べており旅行先や出張のときも持参するくらいです。

私はそれほど納豆が好きなのです」

こうした文章構成にすると、話し手の意思がとてもスムーズに聞き手に伝わるでしょう。

短い内容でありながら、話し手の言いたいことが十分にわかるはずです。

面接では様々な質疑応答がなされます。

聞かれそうな質問に対する答えを、事前にPREP法を用いて制作しておけば安心です。

ノートにまとめて、声に出して読んでおけば面接時の緊張も緩和できて回答しやすいです。

まとめ

自己分析とは何をどうすれば良いのか、どうやって就活に取り入れていけば良いのかわからなかった人も、これを読んで納得できたのではないでしょうか。

就活を始めたばかりの人はもちろん、活動途中で疲れてしまった人にも、しっかりとした自己分析は必ず自分を救ってくれるはずです。

イキイキと活躍できる企業に入社できるように、自己分析の結果を賢く有効活用しましょう。

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ