仕事のストレスがやばい!ストレス解消法から放置した結果まで徹底解説!

仕事のストレスがやばい!ストレス解消法から放置した結果まで徹底解説!

【仕事のストレスを解消しよう】はじめに

仕事をしていて毎日が順調で悩みはまったくないという方は、まずほとんどいないといって良いのではないでしょうか。

そういった瞬間が一時的にあっても、新しい悩みが出てきてストレスになってしまうものです。

上手に解消できなくなってしまうと、食事もドカ食いをしてしまったりタバコを吸う量が異常に増えてしまったりと悪循環になってしまいます。

仕事のストレスの原因に気付き、上手に発散するようにしましょう。

【仕事のストレスを解消しよう】今すぐできるストレス解消法5選

ストレスを感じたときに放っておくのも1つので手ではありますが、もしそれでさらに大きくなっていくようであれば問題です。

できれば小さいストレスのうちに、今すぐできる方法で解消しておきましょう。

事が大きくなる前に前向きな気持ちにもなれますし、小まめな心のメンテナンスでストレスを気にしない自分にもなれます。

仕事を考えない時間を確保する

意識的に仕事のことを考えないようにしようと思っていても、ふと考えてしまいストレスになってしまうケースは多いです。

特に毎日のお風呂へ入る、トイレへ行くなどの何でもない行動のときに、頭の中に浮かんできてしまいます。

ストレスになる原因がある場合は特に、どうにかして解決したいと考え頭の中に出てきてます。

仕事のことを考える隙がないくらいの、もっと夢中になれる趣味を持つと良いでしょう。

オススメなのはドラマやマンガを見てその中の主人公などになりきり、のめり込んで見たり読んだりするのもオススメです。

他にはゲームや雑誌、昔から夢中になれる趣味があれば行うのも良いでしょう。

別のことに意識を向けて楽しむだけで、脳からもドーパミンが出てストレス解消にもなります。

適度な運動をする

学生の体育の授業などで、思いっきり身体を動かした後に心もスッキリし達成感を味わった経験はないでしょうか。

実はストレスでイライラするときには、寝っ転がって横になっているよりも運動をしたほうがスッキリとします。

身体を動かすことで血液の巡りも良くなり、心も気持ちが良くなってきます。

激しい運動をする必要もないですし、1人で好きなときにできる運動でかまいません。

中でも始めやすいのはヨガやストレッチ、誰でもできる初心者向けの筋トレなどがあります。

日頃電車で通勤している方や車で買物に行く方は、歩いてウォーキングしても良いでしょう。

外のきれいな空気を吸って街並みや空を見ながら歩くだけでも、悩みの解決策が急に閃いたり気持ちが晴れたりします。

美味しいご飯を食べる

好きな美味しいご飯を食べるだけでも、ストレスが解消されます。

現在の自分の身体も普段食べているご飯でできていますので、可能であれば質の良いものを食べましょう。

ジャンクフードがどうしても食べたいというときは我慢する必要はありませんが、質の良いものを食べるとさらに後から身体も心も元気が出ます。

特に素材を活かした、少し値段が高いランチやディナーを楽しんでも良いでしょう。

たとえば国産の黒毛和牛や採れたてで活きの良いお刺身などを食べても、気分も上がり満足できます。

お酒が好きな方は美味しいご飯と一緒に適量楽しむのもオススメです。

寝溜めせずに、毎日適切な時間の睡眠を取る

仕事がある日は遅刻しないようにと、朝の目覚ましを気にしながら寝ている方も多いかもしれません。

少し緊張感とともに眠りについているため、休みの日は気持ちが緩んで遅く起きてしまう場合もあるでしょう。

ただストレスを解消し心を整えるという観点から見ると、実はこの遅く起きるというのはあまりよくありません。

普段よりも遅く起きだらしない生活がストレス解消につながりそうですが、逆に寝すぎて疲れてしまいます。

そして普段との生活リズムが狂うため、いつも通りにお通じが出ないなど身体にも負担をかけています。

だいたい毎日7時間前後の睡眠を、仕事の日だけでなく休みの日も意識してみましょう。

誰かに悩みを打ち明ける

ストレスを溜めているときには、思いっきり誰かに話を聞いてもらいましょう。

そのためにも、日頃から話しやすい友人や家族を大切にしておくことも重要です。

1人で悶々と考えても答えが見つからないこともあり、苦しい気持ちになってしまいます。

解決策が出なくても、今の悩みを思いっきり話すだけでスッキリするものです。

悩みを打ち明けるときにはまず自分の話を真剣に共感しながら聞いてくれる方を選んで、打ち明けていくと良いでしょう。

あまり上手に聞いてくれない方に話てしまうと、さらにストレスを溜めてしまう場合もあります。

中には友人や家族など信頼できる人が少なく、話し相手が見つけられない方もいるかもしれません。

その際には電話で悩みを聞いてくれる愚痴聞きの業者もあり、しっかりと話を聞いてくれますので利用してみるのも一つの手です。

【仕事のストレスを解消しよう】4つの性格別!ストレス解消方法

人それぞれ性格も違うため、同じ事象が起きてもストレスにならない方もいれば、なりやすい方もいます。

どちらかというと、良い意味であまり人の空気を読まない方はストレスになりにくいです。

逆に相手はどのような気持ちなのかを常に考え、期待されればそれに応えていこうと真面目な方はストレスを感じやすくなります。

主にどのような性格の方がストレスを受けやすいか、ここで紹介していきます。

責任感が強い

会社側としては大切な人材と扱われますが、ストレスを溜めやすい代表として責任感が強い方が挙げられます。

・上司に何かを頼まれたら嫌とは言えず、しっかりと最後までやらなければと思ってしまう方

・多少熱が出た場合や頭が痛くても、休まずしっかりと出社して仕事をしなければならないと思っている方

・いい加減な仕事をしている人も見るとイライラしてしまう方

これらに当てはまる方は責任感が強い方でしょう。

仕事はほとんど責任を問われるものばかりですし、ないよりはあるほうが断然に良いです。

ただ強すぎてしまうと毎日がイライラとプレッシャーになり、ストレスが大きいものとなります。

自分だけですべてを解決しようとせずに、上手にストレス解消していくのがコツです。

人へ頼れるようにする

特に重要な仕事は、誰かに任せるよりも自分で行った方が安心です。

何か間違いに気が付いても自分で直せますし、トラブルが起きても誰かにせいにする必要もありません。

ただすべてを責任感から自分でやってしまおうとすると、やることばかり増えてしまいストレスとなります。

特に新人や部下など信頼できないと思っていても、まずはわかりやすいように説明をしてやらせてみましょう。

自分で思っている以上に実は力を持っていて、仕事を効率よく行うパートナーになってくれるケースも多いです。

初めは複雑な仕事は教えるのも面倒なものですが、教えてしまえば後は任せられます。

他にも頼まれたことはすぐに受けるのではなく、他の人に回してもらうようにする勇気も必要です。

上手に人へ頼れるようになれば、仕事の効率も上がり心にも余裕が出てきます。

人の目を気にする

特にある程度人数のいる職場で働くと、一緒に働いている人の目があります。

本当は自分が好きなように仕事がしたいのに、意見も言えず人の目を気にしてしまう方も多いのではないでしょうか。

・上司が普段自分をどう見ているか気になり様子窺いをしながら仕事している

・失敗をしたときの会社の人の自分の見る目が怖い

・あまり目立ったことをして標的にされたくないから無難なことばかりしている

など人からどう思われているかを気にしている方は、毎日ストレスが増えていきがちです。

誰でも人から悪く思われるよりも良い印象に感じてもらいたいものですのですが、気持ちが大きくなるとストレスになります。

人から嫌われることは悪いことではない

世の中を見渡せば、自分とは違う考えの人も多く様々な人がいます。

性格が合わない人もいますし、誰からも愛されていて嫌われた経験がない方はほとんどいません。

芸能人で人気のある方でも、人気ランキングに入っていると同時に嫌われている人ランキングにも入っている場合もあります。

全員から良く思われるというのは難しいものですので、気にする必要ないのです。

たとえばある政策を国で行う際にも、賛成意見の人と反対意見の人がいて100%皆一致することはまずありません。

それが当たり前なので、会社の誰かから嫌われることが悪いことでも何でもないのです。

自分を嫌いという人がいるということは、好きと思ってくれている人も必ずいます。

完璧主義

すべてを完璧にこなして、一切ミスをなくしたいと考えている完璧主義の方も、知らないうちに大きいストレスが溜まります。

・少しのミスも許せず、すぐにイライラしてしまう

・何時間かけてでもいいから完璧な仕事をしたい

・決まったスケジュールや納期があったら、その通りにできないことがストレスになる

これらに当てはまる方は、完璧主義な部分がストレスを増やしている可能性があります。

自分が考えていたように仕事が進めば気持ちの良いものですし、完璧にいけばなんとも言えぬ達成感もあるのは事実です。

ただあまりにもこだわりすぎてしまうと、少しでもミスが出てしまったときにナーバスになってしまいます。

仕事は満点ではなく合格点を心掛ける必要がある

毎回仕事で満点を取るというのは難しいもので、誰でもミスをしたり失敗したりしています。

思い通りにいかない日もあり、ずっと思い悩んでしまう日もあるかもしれませんが、それは誰にでも起こりうることです。

仕事では、最低限のラインを決めそれ以上達成されたときには良いことにしましょう。

完璧主義の方は合格点も高く設定しがちですので、自分で考えているよりももっと低い点を設定しておきましょう。

合格点を決めておくと多少抜けてしまったときや思う通りに進まないときにも、大きいストレスを溜める必要がありません。

マイナス思考

一つの物事が合ったときに、こうなってしまったらどうしようと考えてしまうマイナス思考もストレスになります。

・今は仕事が順調に進んでるけれど、もし何かあったらどうしよう

・上司は笑顔で僕のミスを許してくれているけど、影では悪口を言っているのかもしれない

・一生懸命働いているはずなのに、皆ばかり評価されていて自分だけ評価が低い気がする

特に人と比べてしまったときや先が見えないことだと、マイナス思考に陥りがちです。

まずはあまり深く物事を考えすぎずに、なんとかなるの気持ちでプラス思考に持っていく努力も必要になります。

心配な点ばかり探すのではなく、未来に向けて期待できる点を見つけるクセを付けてみましょう。

現実とのギャップを認識する

頭の中ではもっと順調に昇進していき、部下にも慕われ上司にも好かれるなどと想像しているとします。

ここで現実は上司にいつもフィードバックを受け、ほとんど昇進もしないとなるとこれがストレスになります。

そしてもし周りが順調に見えると、仕事をするのも嫌になってしまうかもしれません。

理想が高く素敵なものであれば、現実とのギャップに落胆してしまいます。

マイナス思考にならないためにも、現実は大変なこともあり思い通りにいくことばかりではないと認識する力は大切です。

今は順調に見える同僚でも、この先どうなるかはわかりません。

僕はダメなのだとマイナス思考になるよりも、現実を見つめ絶えず努力をし物事をプラスに考えることで理想も叶います。

【仕事のストレスを解消しよう】仕事のストレスが溜まる3つの原因

職場の中には様々な人がいて仕事を行う上での課題もあるため、ストレスが溜まりやすい原因が眠っている場所といえます。

何かが原因でストレスになっているかをはっきりさせ、解消させていくのも大切です。

会社の人間関係

自分と気が合う人ばかりと仕事ができれば良いのですが、そうはいかないのが職場です。

様々な部署があったり転勤などの人事異動があったりする職場は、人間関係も定期的に変わります。

せっかく合う人たちと仕事をしていたのに、あまり合わない人ばかりの部署に配属になるケースもあります。

合わない人、新しい人と協力しなければならないのも、心に負担を大きくかけます。

上司が合わない

関わりのある上司が自分と合わないと感じると、多大なストレスになります。

上司だからといってどこまでも気を遣う必要はないので、距離を上手に保つのがオススメです。

仕事で必要な話をし、どうしてもダメなときには同僚や他の人にも相談をしてみましょう。

実は自分だけでなく、そういった人は他の人からも煙たい存在に思われてる場合もあります。

同じように思っていて共感し合えるだけでも、ストレスの度合いが変わってくるかもしれません。

他には逆に話ができそうなときにプライベートなことを相談してみる方法や距離を縮めてみる方法もあります。

仕事の話だけでなく相談することで、お互いの距離が縮まり苦手意識が薄れる場合もあります。

社風が合わない

会社の始まりの時間が9時開始のはずなのに、8時にはすでに皆が集まっているなど、会社の見えない決まりのようなものも存在します。

お給料に反映されず、1時間前に出社するのが当たり前になっている社風に違和感を感じてしまうのです。

逆に残業は当たり前で、定時に上がれそうでも切り出しにくい雰囲気が当たり前になっている場合もあります。

何か上手に言い訳を使い、定時までに自分の仕事が終わったら退社しても良いでしょう。

ストレスがフルになってしまい社風に耐えられないときには、自分の考えに合う会社へ転職するというのも一つの方法です。

長時間労働

締め切りが迫っているときなど、サービス残業をしてでも終わらせなければならない雰囲気も多いものです。

決められた仕事を終わらせるためには、長時間労働が当たり前の風潮もあります。

長時間になればなる程ストレスは溜まっていきますし、投げ出したい気持ちになってしまうでしょう。

休日返上の出勤

様々な企業とやり取りをしている会社に勤めていると、無理なお願いも出てきて対応しなければいけなくなります。

せっかくの休みも返上し、出勤しなければならないこともあるでしょう。

それでも休日出勤と認められてお給料が出ればまだ良いのですが、勤務先によってはごまかすところもあります。

ほとんど休みなく出勤させられているとすれば、それ自体が違法になります。

休みが仕事になり困っている場合は勇気を出して相談し、それでもダメな場合は労働基準監督署に相談してみましょう。

何をしてもダメな会社の場合は、転職も視野に入れておくのがオススメです。

休日がないというのは、身体も心も休ませてあげるときがないということです。

これでは当たり前にストレスが溜まりますし、いつか気持ちが爆発してしまうか倒れてしまうときがきてしまいます。

残業が多い

会社によっては社員のことをしっかりと考えていて、1分単位でしっかりと残業代を出してくれるところもあります。

通常の業務の他に、何時間も残業してしまうと疲れも溜まってきます。

月の中で数日間だけであれば頑張れても、毎日のように残業があればいつの間にかストレスも大きくなってしまうでしょう。

もし自分の仕事を早めることでなんとかなりそうであれば、通常業務内で終わるよう工夫しながら働いてみましょう。

どんなに頑張っても残業が多く身体も心もストレスを感じてしまったときには、定時で帰りやすい会社を探してみるのもオススメです。

最近は残業が多い会社ばかりではないですし、今後の働き方を考えてみても良いでしょう。

残業をすればその分お給料が付きますが、もし明細を確認しても付いていない場合は違法です。

大きい企業であれば電話で社員の方が相談できる窓口もある場合もありますし、解決しないときは弁護士さんに相談しましょう。

ノルマ

会社としても存続していくために、売上が必要となります。

そこで社員一人ひとりにノルマや個人目標を掲げている会社も多数あり、毎日プレッシャーになっているケースがほとんどです。

休んでいる日もノルマのことを考えてしまうと、まったく気持ちが休まりません。

人手不足

会社によってはノルマがキツく、新人が入ってきても研修などの段階ですぐに辞めてしまうところもあります。

するといつになっても人が増えず、働いている方のノルマも増えてしまいます。

ある程度の人数がいれば少し減らせるノルマも、人手不足によって苦しいものとなってしまうのです。

そもそも新人がすぐに辞めていく会社というのは、何か問題があるケースがほとんどです。

ずっと働いていても新人だけでなく、何ヶ月か続けている方も辞めることを考えている可能性があります。

さらに苦しいノルマが課せられる場合もありますので、ストレスになり解決しない場合は転職がオススメです。

実力以上のノルマ

特に営業職を選んでしまうと、考えられないような目標額を提示されるケースがあります。

どうやったら達成するのか疑問に感じてしまう程の金額で、どんなに残業や休日出勤しても難しい場合もあります。

家に帰ってきてからも寝る前までお客様とやり取りが必要である場合も多く、気持ちも休まらないでしょう。

そしてノルマが達成されないときには、厳しく怒られる場合もあります。

また次の月もノルマを達成できなかったらどうなるのだろうと、不安を感じながら働くこととなるのです。

逆にせっかくその月のノルマが達成できても、また増やされエンドレスに数字を追わなければいけないこともあります。

ストレスでおかしくなりそうなときには、次は営業などのノルマを重視する会社ではないところを選び転職しましょう。

【仕事のストレスを解消しよう】仕事のストレスを放置してはいけない

学生時代の頃などもそれなりに苦労した経験があると、多少の仕事のストレスは仕方がないこと感じてしまうでしょう。

しかし、放置してしまうと、知らず知らずのうちに無理をしてしまいさまざまな形で不調が出てきてしまいます。

上手に解消ができればできない時は、見て見ぬフリをして放っておいてはいけません。

こちらではそのままにしているとどんな症状が出やすくなってしまうのか、いくつか紹介していきます。

うつになってしまう

そのままにしてしまうと、最初は小さいことだと感じていても心が上手に解消できないうちにうつになってしまうかもしれません。

大きなストレスを感じるとうつになるのではないかと感じてしまいがちですが、うつの治療薬が手放せなくなってしまう方は最初ほんの小さな悩みやストレスがほとんどです。

さまざまなものが増え膨れ上がった時に、おかしくなってしまうという方が多いです。

不調をそのまま放っておくと、後からうつになりいざ転職をしようとしてもできなくなってしまいます。

精神的にも頑張れなくなり通院と薬が手放せなくなってしまう生活になってしまうため、その前に休みを取り心を整える必要があります。

うつになって精神をボロボロにする程、頑張る必要はありません。

プライベートにまで影響が出る

営業などの仕事をしていると、休日でも関係なく取引先や顧客から電話がかかってきます。

休みでもその後の仕事を円滑に進めるために、対応しなければならないことも多々あります。

仕事の内容や業界などによっても変わりますが、プライベートの時間を上手に持てない働き方をせざる得ない方もいるのです。

そうしているうちに休日も仕事のことを考えなければいけなくなり、ストレスも大きくなってしまうとプライベートが楽しめません。

せっかく悩みがなければ楽しい時間なはずでも、頭の中には会社のことばかりがありまったくリラックスもできない状態になります。

イライラしてしまいプライベートでも八つ当たりをして、人間関係を壊してしまう危険も出てきます。

体を壊してしまう

本当はストレスを感じているのに、会社の雰囲気や自分の生活を考えると辞められないと思ってしまうこともあります。

騙して心はなんとかやっていても、体にはダイレクトにその気持ちが伝わっていてストレスで倒れてしまう場合もあります。

特にブラックな企業などは残業代を支払わずに長時間労働させるなどして、働いている人に無理をさせるようなところもあるのです。

ある日限界が来て、体に不調をきたし倒れてからでは遅いと思っていたほうが良いでしょう。

今している仕事のほかにもよく見てみればいくらでもあり、働き方もさまざまです。

自分にとって最適な生き方をして、前向きに取り組める仕事を選びましょう。

【仕事のストレスを解消しよう】まとめ

どの会社で働いてもストレスは多少あるものですが、趣味も楽しめず没頭できない程心が苦しいときには転職が一番です。

お金の心配があってすぐに転職できない場合でも、働きながら隙間時間を見つけて次の働く会社を選んでも良いでしょう。

今は次の職場の相談に乗ってくれる会社もありますし、もっと自分に合うところが見つかる可能性は十分にあります。

大きい会社であれば部署や勤務地の移動願いを出すのも良いですし、今の環境を変えるのもオススメです。

同じ職場にいて、うつ病になり毎日が辛くなってしまったら人生がもったいないです。

夢中になれる何かを見つけストレス解消し、それでもダメなときには別の職場も検討してみてましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ