【例文付き】UUUMの内定者はどんな志望動機を書いた?アピールポイントから傾向を伝授

はじめに

近年、Youtuberという職業が新たに注目を集めています。

Youtubeに動画をアップロードし、多くの視聴者に見てもらうことで収入を得ている彼らは、新しい仕事像を生み出す存在と言えるでしょう。

もっとも、一人だけではYoutuberを続けるのは難しいのも事実です。

機材やスケジューリング、動画のアイデアなどなど、長くYoutuberとしてやっていくにはさまざまな困難が付きまといます。

そこで、近年ではYoutuber専門の事務所なるものが発足されるようになりました。

Youtuberの事務所は近年でいくつか出来上がりつつありますが、その中でも最も有名と言えるのがUUUMでしょう。

日本のYoutuberの先駆者とも言えるヒカキンさん、日本で最も登録者数がいるはじめしゃちょーさんなど、多くの有名Youtuberがここに所属しています。

近年では上場して株式会社となり、近年で最も成長した企業であることは疑いようがありません。

現にUUUMに就職したいという就活生も多くいます。

今回はUUUMを志望するにあたって心がけておくべきポイントを紹介していきましょう。

UUUMの仕事内容

UUUMに所属しているタレントの動画はYoutubeでいつでも見られます。

これを見てUUUMに入りたいと思った就活生も多くいるでしょう。

一方で、彼らの裏方を務めるUUUM自体の仕事内容はなかなか取り上げられません。

そもそもそのあたりのことを明確にしておかなければ、就職したところで思うような仕事はできないでしょう。

UUUMとはいったいどのようなビジネスモデルで成り立っている会社なのでしょうか?

また、UUUMの主な仕事は所属タレントのマネジメントが中心になっていますが、それは一般的な芸能事務所と違いがあるのでしょうか?

まずは多角的な角度からUUUMの仕事内容を明らかにしていきます。

ビジネスモデル

Youtubeの動画を見ようとすると、まずCMが流れたという経験をしたことがある人は多くいるでしょう。

Youtubeは広告収入で成り立っている動画サイトです。

CMを流してもらっている企業は、Youtubeが多くの利用者に閲覧されているサイトであることに目を付けて広告を出稿しています。

とはいえ、すべての収入はYoutubeを運営しているGoogleがもらっているわけではありません。

そもそも動画が再生されるためにはクオリティの高い動画をアップロードできるクリエイターがいなくてはならないのです。

よって、Googleは多くの再生数を獲得できるクリエイターに広告収入を分配しています。

もっとも、クリエイターが安定してクオリティの高い動画を作るのは大変です。

それをサポートするためにUUUMは存在します。

UUUMはクリエイターが稼ぎ出す広告収入の何%かを分け与えてもらうことによって収入を得ています。

しかし、それだけでは収入は少ないままです。

そこでUUUMでは企業から広告を募集し、人気のあるYoutuberに商品を宣伝してもらうことで収入を得るというビジネスモデルも生み出しています。

このようにUUUMはYoutuberを支える一方で、企業との交渉を行いつつ収入を得るというビジネスモデルによって成り立っているのです。

他社との違い

ではこうしたUUUMのビジネスモデルは、テレビを主戦場とする芸能事務所とどう違うのでしょうか?

まずYoutuberが得た収入の一部をもらうことで会社を経営しているという点は芸能事務所と変わりないでしょう。

もっとも、その収入を得るプロセスには若干の違いがあります。

テレビに出るようなタレントは、基本的にテレビ局が主体となって作る番組に出演し収入を得ています。

一方、Youtuberは自分で企画を作り、さらに自分で撮影機材なども用意しなければいけません。

当然ながら彼らをマネジメントする会社の役割もそれにあわせて変化していくでしょう。

テレビに出るタレントのマネージャーはスケジュールを調整することが主な仕事です。

一方でYoutuberのマネージャーは、ときYoutuberの企画や撮影の手助けもしなくてはいけません。

その点で、テレビに出るタレントをマネジメントするときに比べて多種多様な能力を要求されると言えるでしょう。

その他、所属するYoutuberの動画の品質をチェックする業務もあわせて行わなくてはいけません。

テレビに比べるとネットでタレント活動を行うためには、いわゆる「炎上」を気を付ける必要があります。

この動画のこの言葉は視聴者の反感を買わないだろうか、この動画のBGMは著作権法に引っ掛からないだろうか、といったことを逐一チェックしなくてはいけません。

ただ単にタレントに付き添うだけでなく、タレントとともに仕事をするという意識を持たなければいけないのです。

UUUMの求める人物像

先ほど取り上げた仕事内容を踏まえた上で、UUUMに入社しやすい人物像はどんなものが考えられるでしょうか?

まずUUUMが取り扱っているYoutuberという仕事について注目する必要があるでしょう。

Youtuberというのはここ数年でできたばかりの仕事です。

その上Youtubeを見るような年代は若年層にかたよっています。

それゆえ、常に新しいビジョンを打ち出し続けていかなくてはいけません。

これはYoutuberだけでなく、UUUMの社員にもあてはまることでしょう。

どれだけ新しいビジネスモデルを打ち出せるか、どれだけ新しい労働の在り方を生み出せるかが課題として突き付けられていると言えます。

現在UUUMはYoutubeを軸に経営を成り立たせていますが、その状態をどうとらえるのかも考えなくてはいけません。

このままYoutubeを中心に事業を行っていくのか、それとも新たに事業を立ち上げた上でYoutubeだけではない事務所を作り上げていくのかというアイデアを出す必要もあるのです。

そのため、UUUMが求めているのはクリエイティビティに長けた人材と言えるでしょう。

UUUMの志望動機を書く際のポイント

UUUMがどんな企業であるかの概観をとらえたところで、ここからは実践的な話に移っていきましょう。

面接の際にどのような志望動機を伝えればUUUMに入りやすくなるかを考えていきます。

それにあたっては、まずはどんな企業を受けるにあたっても欠かせない面接のコツを伝授していきましょう。

結論を最初に伝える

まず面接で志望動機を伝えるのは、口頭であることに注意すべきです。

志望動機を伝えるためには大体1分から2分程度時間が設けられるでしょう。

いかに相手の話を聞くことに慣れた面接担当者と言えど、1分以上の話を集中して聞くのはなかなか難しいことです。

文章の上ではしっかりと起承転結を作って志望動機を書いたつもりでも、実際にしゃべってみると思いのほかまとまりのない話になってしまったことは少なくありません。

それゆえ、口頭で話す際には書くときとは違った作法で文章を作り上げる必要があります。

では、どうすれば面接担当者に話をスムーズに伝えられるのでしょうか?

まずはUUUMを志望した理由を最初に伝えたほうがいいでしょう。

たとえば、Youtubeに出ているUUUMに所属するタレントの動画を見て志望したなら、それをハッキリと伝えるべきです。

話の最初に結論を持ってくると、後に続く話はそれに関連付けて聞きやすくなります。

最後に結論を繰り返すと、より効果的に同期を伝えやすくなるでしょう。

今までの経験と志望動機をマッチさせる

企業は基本的にオンリーワンの人材を求めています。

その人にしかない能力を持っている人材を集めたほうが、会社の利益につながりやすくなることは言うまでもありません。

それゆえ、志望動機を話す際にも自分にしかない経験をアピールしたほうがいいでしょう。

こうした経験をしたからこそUUUMに入りたいと思ったことをアピールできれば、面接担当者の印象もよくなります。

入社後、どんな仕事をして何を企業に提供できるかを書く

企業に勤める以上、まず社員は企業に何らかの点で貢献しなくてはいけません。

企業はただ給料を払うだけのものではないのです。

代償として社員が何かを企業に向けて返していく必要があります。

自分が企業に勤めたらどんなことができるかを、志望動機の段階でアピールしていきましょう。

自分にはこんな仕事ができるとアピールするのも十分に有効です。

UUUMの志望動機で何をアピールすればいい?

続いてはいかにUUUMに就職するかというポイントに絞って話を進めていきましょう。

自分が所属する会社のことをほめられて悪い気になる人間はいません。

UUUMのどこに魅力を感じたのか、UUUMのどこが自分とピッタリだと思ったのかといったことをアピールしていけば、ポイントを稼ぎやすくなるでしょう。

ここからはUUUMならではの特徴をピックアップしていきながら、対策を考えていきます。

人・社風

UUUMの魅力と言えばなんと言ってもYoutuberです。

Youtuberが活躍する姿を見せられてUUUMを知った人も少なくないでしょう。

そこを素直にアピールしていくのも1つの手です。

その他、何よりUUUMの魅力と言えばアットホームな社風です。

UUUMでは年に1回、Youtuberも含めた所属する社員が全員参加する運動会が開かれることがあります。

その様子はYoutube上に動画となってアップロードされたりしていますが、それを見れば楽しく働ける会社であることがよく伝わってきます。

そこを志望動機に盛り込むのもよいでしょう。

経営理念への共感

UUUMはそもそもYoutuberが抱える問題を解決するために設立された会社です。

UUUM設立以前はYoutuberはすべての作業を引き受けるのが基本でした。

それは自由に作業ができるという意味でもありますが、一方で相当な負担を強いられる仕事でもあります。

そうした負担を少しでも軽くし、Youtuberが動画作成を集中して取り組めるようにとの思いでUUUMは立ち上げられたのです。

人を楽しくさせられる人を助ける仕事という経営理念のもとに、成り立っている企業に共感を覚えたという点をアピールすれば、面接担当者の評価も上がりやすくなるでしょう。

UUUMの志望動機の例文

ここからは具体的な志望動機の例文を掲載していきます。

ぜひ参考にしてあなたの志望動機のライティングに活かしてみてください。

"私が御社を志望した理由は、UUUMに所属して活躍するYoutuberの負担を少しでも軽くしたいと思ったからです。

元々私は誰かの補佐をすることが得意な人間でした。

中学生の頃は生徒会の副会長に就いており、高校でもサッカー部の副部長を務めています。

そうした経験から、誰かの先頭に立って働く人を影からサポートすることを学びました。

こうした経験が必ずや御社の利益につながると思っています。"

"私はクリエイティブな仕事をしたいと思ったので御社を志望いたしました。

元々私は絵を描くことが好きで、中学生の頃には地元の絵画展で入選した経験もあります。

私の絵を見た人が、ほっこりとした笑顔を浮かべたのは今でも忘れられません。

UUUMはただ単にYoutuberのマネジメントをするだけでなく、Youtuberの動画作成のアシスタントを行うことも聞いています。

そうした仕事を通して、視聴者を笑顔にしたいと思ったのです。"

"私は御社の新しいビジネスモデルに共感を覚えたので志望いたしました。

Youtubeは間違いなくこれからのビジネスを担っていく第一人者的存在です。

Youtubeをもとにした革新的なビジネスモデルは数えきれません。

私もさまざまなプロジェクトに携わりつつ、これまでにないビジネスモデルを作り上げたいと思ったので、御社を志望いたしました。"

まとめ

UUUMは2013年にできたばかりの新しい企業です。

社員も若く、すぐにビッグプロジェクトを任される可能性もある企業と言えるでしょう。

他の会社に比べてチャンスに恵まれている企業なので、ぜひあなたの才能を活かしてみてください。

ベンチャー企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ