これで完璧!第二新卒で転職に失敗しないための5つのポイント

はじめに

「新卒で就職活動を頑張って、憧れの会社へ入れたのに、働きはじめてみたらこんなはずじゃなかった」と思う方もいらっしゃることでしょう。

実際に働いてみないと、職場環境や仕事内容が自分に合っているかどうかはわからないこともあったりします。

第二新卒など若いうちであれば、次の転職先も割と見つかりやすいので、どうしてもこの会社は合わないと思ったときには、思い切って転職を検討してみるのも良いでしょう。

第二新卒で次の仕事を探す際には、絶対に失敗しなくないと思い、あれこれと迷ったり、悩んだりしがちです。

本記事で、第二新卒で転職に失敗しないためにやっておくべきポイントをいくつかご紹介いたします。

第二新卒で転職に失敗する7つの理由

第二新卒で転職を成功させるためには、最初に、失敗してしまいやすい理由を把握しておくことが大事です。

失敗してしまう理由を先に知っておけば、成功への近道となりますし、効率よく転職活動が進めやすくなるからです。

退職理由が曖昧

第二新卒で転職に失敗してしまう理由として一番多いのが、退職理由が曖昧であることです。

前職をなぜ辞めたのかを、きちんと伝えられないと、採用する側も不安になってしまいます。

退職理由が曖昧だと、せっかく採用しても、また辞めてしまうのではと、面接官に思われてしまう可能性もあり、落とされてしまいやすくなります。

いじめやパワハラなどの退職理由は、あまり言いたくないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、曖昧にしてごまかしてしまうよりも、正直に伝えた方が印象が良くなる場合もあるのです。

転職理由がネガティブ

正直に退職理由を伝えることは大事ですが、内容があまりにネガティブすぎるのもよくありません。

前の職場の悪口や不満などネガティブなことをあれこれと話してしまうと、面接官への印象を悪くしてしまう可能性があるからです。

悪口や不満ばかりを言う人を、積極的に採用したいと考える会社は、まずないでしょう。

ネガティブな退職理由の場合には、前の職場の悪口はできるだけ言わないようにして、自分の印象も悪くしないようにすることが転職を成功させるためのポイントです。

他人と比較して判断する

他人と比較して判断してしまうのも、転職が失敗してしまう理由となりやすいです。

仲の良い友達が第二新卒で優良企業に転職できたのだから、自分も必ずうまくいくだろうと思いこんだり、反対になんで自分は他の人のようにスムーズに転職できないのだろうと悩んだりしてしまうのは、モチベーションを下げてしまうことにもなるので、あまりよくありません。

転職活動をする際には、他人を比較するのをやめて、冷静に自分の状況を判断して、冷静に行動することが大事なのです。

自分の実力に合っていない企業を選ぶ

自分の実力に合っていない企業を選んでしまうことも、転職の失敗理由となりやすいです。

次は絶対に失敗したくないという思いが強くなると、大手企業や高条件の求人ばかりを狙いたくなるものです。

ですが、好条件の求人は、実務経験も問われることが多いため、第二新卒の方にとっては実力不足となってしまい、採用されにくいこともあるのです。

自分の実力以上の企業ばかり狙っていると、いつまで経っても、転職先が見つかりません。

第二新卒で転職先を探す際には、自分の経験、資格、特技などをよく考慮して、実力にあった企業を選ぶことも大事なポイントなのです。

提出する書類がどの会社も同じ

エントリーシートや履歴書などの提出書類の内容がどの会社も同じにしてしまうのも、転職の失敗率を上げてしまう原因となります。

複数の会社にエントリーする場合には、書類もたくさん用意しなくてはなりませんから、会社ごとに内容を考えるのが面倒臭くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、どの会社も同じような内容で提出してしまうと、薄い内容となってしまい、自分のやる気が伝わらなくなってしまいます。

採用担当者は書類を細かいところまでチェックしていますので、手を抜かずに一社一社、丁寧に内容を考えるようにしてみてください。

その会社があなたを採用するメリットを伝えきれていな

応募する際に、自分を採用するメリットを応募先に伝えきれていない場合も、転職に失敗しやすくなります。

第二新卒は社会人経験が少ないので、どう自分をアピールしたら良いのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、少ない経験であっても、これまでの就業経験、所有資格、人脈などを活かして、会社にどう貢献できるのかを明確に伝えられないと、採用される可能性は低くなってしまいます。

もし自分が応募先の企業の面接官だったとしたら、自分を採用するメリットがあるだろうかと想像してみるのも良いでしょう。

今後のキャリアビジョンが不透明

今後のキャリアビジョンがはっきりしていないことも、転職失敗の理由となりやすいです。

まずは、これまでの経験などを棚卸しして、自分の実力をきちんと把握したり、企業が求める人物像を把握したりするようにしてみると良いでしょう。

第二新卒の転職活動を失敗させないための5つのポイント

次に、第二新卒での転職活動を失敗させないためには、将来のキャリアビジョンを明確にしておく、今までの経験を棚卸ししておくなど、いくつかのポイントがあります。

ポイントごとに、詳しく見ていきましょう。

ステップ1:将来のキャリアビジョンを明確にする

第二新卒の転職活動を失敗させないためには、最初に将来のキャリアビジョンを明確にしておくことが大事です。

なぜ、今の会社を辞めて、転職したいのか? 次はどんな会社に転職して、何がやりたいのか? どのようにキャリアを積んでいきたいのかなど、将来についていろいろと考えることで、次にどんな行動を取れば良いのかが見えてきやすくなります。

ステップ2:今までの経験を棚卸しし、あなたの実力を知る

将来のキャリアビジョンが明確になってきたら、次は、自分のこれまでの経験を棚卸ししてみると良いでしょう。

学校でどんなことを学んできたのか、持っている資格、就職先で何をしてきたのかなど、いろいろと棚卸ししてみて、自分の実力をよく知るようにしてみてください。

棚卸しする際には、ノートなどに書き出してみるのもオススメです。

文字にすることで、冷静に過去の自分を見つめられるようになるからです。

ステップ3:転職先に求める条件を今の実力とキャリアビジョンに則って考える

棚卸しが終わったら、自分が希望している転職先の条件と、自分の実力やキャリアビジョンをよく比較して、差がないかをあらためて考えてみるようにしてみてください。

今の実力では、転職先の条件に届かないと判断したら、スクールに通ったり、資格を取得したりなどして、実力をつけることも考えた方が良いでしょう。

ステップ4:選考で話す内容を考える

第二新卒の転職を成功させるためには、面接対策が一番重要なポイントとなります。

選考時にどんなことを話すのかを、事前によく考えておくことが大事なのです。

緊張しやすいという方は、話したい内容をメモ帳などに書いておき、練習しておくのもオススメです。

企業が求める人物像を把握する

企業がどんな人物を求めているのかを把握しておくことも、第二新卒の転職活動を失敗させないためのポイントです。

どんなにすばらしいキャリアや資格を持っていたとしても、企業が求めている人物像とマッチしていないと、採用される確率は低くなってしまいます。

仮に採用されたとしても、企業が求めていることと、自分がやりたいことに差が出てしまい、働きにくさを感じてしまうことにもなりかねません。

応募前に、企業のホームページをチェックしたり、OGやOBから話を聞いたりなどして、どんな人物像が求められているのかを分析してみることをオススメします。

志望動機は、キャリアビジョンに合わせて話す

面接の際に、必ず聞かれるのが志望動機です。

なぜ、その会社にエントリーしようと思ったのか、その会社で何がしたいのかをきちんと伝えることが、転職を成功させるためにはとても大事なポイントとなります。

とくに、若い第二新卒の場合は、今後のキャリアビジョンに合わせて、志望動機を話すことで、将来性を買われて採用されやすくなります。

ステップ5:転職理由をポジティブに言い換える

転職理由も、面接時に聞かれることが多いので、きちんと伝えられるようにしておいた方が良いでしょう。

その際には、できるだけポジティブに伝えることがポイントです。

仕事がつまらなかった、残業や休日出勤が多くて不満だった、人間関係が悪かったなど、転職理由は人それぞれですが、ネガティブな内容をそのまま伝えてしまうのは、印象が悪くなるのでオススメできません。

前職の悪口や不満ばかりを伝えるのではなくて、どんなことがやりたいのか、前職の経験をどう活かしたいと考えているのかなど、ポジティブな方向に転換して伝えることが大事なのです。

補足:退職届は、転職先が決まった後に出す

今の会社を辞めたいと思っても、すぐに退職届は出さないことも転職を成功させるポイントとなります。

すぐに退職届を出して辞めてしまうと、その後の生活が経済的に苦しくなってしまうこともあります。

そうなると焦りが出てしまい、早く仕事先を見つけるために、転職活動に妥協してしまいがちになります。

また、ブランクが長くなると、いくら転職に有利な第二新卒であっても、次の仕事が決まりにくくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

退職届は転職先が決まってから提出しても遅くはありませんので、焦らずに行動するようにしてください。

第二新卒の転職を成功させるために、転職エージェントに相談してみよう

第二新卒は転職しやすいと言われていますが、自力で転職活動するよりも、専門家たちの力を借りた方が、より成功させやすくなります。

第二新卒のサポートを行っている転職エージェントもいろいろとあり、無料で相談や研修などが受けられるところもありますので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

第二新卒の向けの非公開の優良求人を紹介してもらえることもあるので、今よりも良い企業に就職できる確率も高くなりますので、利用しておいて損はありません。

転職エージェントはたくさんありますが、その中でもとくに第二新卒向けにオススメなのは、オールジョブコミット、UZUZ、ジェイックの3社です。

オールジョブコミット

オールジョブコミットとは、第二新卒、フリーター、既卒など若者の転職をサポートする転職サービスです。

一人ひとりに合った転職活動の実施をサポートし、求人の紹介 や面接対策だけでなく、将来ビジョンをベースとした転職活動の実施を提供します。

さらに、面接に受かるまで何度でも面接対策、フィードバックの実施を行うため、あなたが転職成功する最後まで面倒をみます。

現在、オールジョブコミットの個別で今の悩みを相談できる悩み相談会を実施しております。

あなたの今の悩みをオールジョブコミットにぶつけてみませんか?

UZUZ

UZUZは、既卒や第二新卒専門の就活サポートカンパニーです。

一人ひとりに合ったオーダーメイド型のサポートを行っているのが特徴で、平均で20時間もの就活サポートが受けられるのが魅力です。

こちらの会社では、入社1年後の定着率が94.7%と高い確率となっていますので、働きやすい職場が見つかる可能性が高いです。

UZUZの社員自身も、元既卒や元第二新卒が多く、第二新卒ならではの転職の悩みも理解してもらえやすいので、気軽に相談できます。

登録することで、社会人としての基礎研修、Eラーニングツールなども利用でき、必要な知識なども身につけられますので、社会人経験が少ない第二新卒にはぴったりの転職エージェントです。

ジェイック

ジェイックは、就職支援サービスや採用支援などを行っている会社です。

既卒・第二新卒の就職支援にも力を入れて取り組んでいる会社なので、さまざまなサポートを受けられます。

就活のやり方、ビジネスマナーなど基本的なことも教えてもらえるので、社会人経験が少なくて心配な第二新卒の方でも、安心して利用できる転職エージェントです。

こちらの会社も、就職率が81.1%という高い数値となっています。

登録することで優良企業との集団面接に参加することも可能となり、費用もかかりません。

これから転職を考えている第二新卒の方はこちらの会社に登録して、相談することが、転職成功の近道となることでしょう。

まとめ

以上、第二新卒で、転職を成功させるためのポイントについて、いくつかご紹介しました。

まずは、自分のキャリアビジョンを明確にして、応募したい企業が求めている人物像などを把握することが大切です。

そして、会社を辞めたくなっても、すぐに退職届を出さないことも大事なポイントとなります。

自力での転職活動は大変なこともあるので、オールジョブコミット、UZUZ、ジェイックなど第二新卒のサポートを行っている転職エージェントに相談するのもオススメです。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ