リクルートライフスタイルの面接対策はなにをすればいい?出題傾向から対策を伝授

はじめに

リクルートライフスタイルに興味のある方は、どのような会社なのか、また収入や社風など、就活を行う上で多くの疑問があるのではないでしょうか。

そこで今回は、リクルートライフスタイルに興味があるという就活生のために、会社の特徴ややっておきたい面接対策について詳しく解説します。

リクルートライフスタイルの特徴

リクルートライフスタイルは、メディアでもよく見聞きするサービスを数多く提供している今注目の企業です。

世界が求めるサービスをスピーディに事業展開しており、「ホットペッパーグルメ」や「じゃらん」、「ホットペッパービューティー」など一度は目にしたことのあるサービスを手がけています。

新しい価値の創造、社会への貢献、個の尊重を経営理念とし、充実したライフスタイルを実現できるようグルメや旅行、美容など日常生活で欠かせないサービスを提供しているのも特徴です。

2012年に創立され、現在、株式会社リクルートキャリアや株式会社リクルートジョブズといったグループ会社を多数構えています。

代表はどんな人

リクルートライフスタイルの代表を務める淺野健氏は、1992年に株式会社リクルートに入社しました。

その後、2015年からリクルートライフスタイルの代表取締社長に就任しています。

現在は、株式会社リクルート住まいカンパニーの代表取締役社長を兼任しており、多くの場で高いスキルを活かし活躍している人物です。

どんな事業内容なのか

消費者のニーズに合わせてグルメや旅行、美容など日常生活を豊かにするサービスを提供しています。

国内外問わず宿やホテルの予約をネット上で行える「じゃらんnet」や全国のレストランや居酒屋のネット予約が行える「ホットペッパーグルメ」、美容室の検索予約サイト「ホットペッパービューティー」などリクルートジャパンが手がけている事業は豊富にあります。

また近年では、習い事事業にも携わっており、「ケイコとマナブ.net」などジャンルを問わずサービスを提供しているのも特徴です。

現在、リクルートライフスタイルと利用者をつなぐマッチングビジネスに力を入れており、月間数千万人もの総利用ユーザーを達成するなど多くの利用者を獲得しています。

ヘルスケアや通販事業にも進出し、Webマーケティングにおいて他社に負けない強みを持っています。

消費者のニーズに合ったサービスを多数展開していることから高い評価を得ており、今後もリクルートライフスタイルは大きく活躍することでしょう。

社風はどうか

リクルートライフスタイルは、年齢や学歴に関係なく伸び伸びと自身のスキルを活かせる企業です。

上下関係がなく、自発的に仕事に取り組める環境が整っています。

さまざまなことに積極的にチャレンジし、自身のスキルを高めていけるでしょう。

また、仕事への意欲やその結果によって評価され、年齢やキャリアよりもやる気が認められる企業です。

女性も活躍できる企業としても知られており、現在女性社員は約58%と高い数字を実現しています。

半数以上が女性社員で占め、結婚や出産を経ても働きやすい環境が用意されているのもうれしい点です。

20代・30代と若手社員が活躍する場も多く、やりがいを感じながらキャリアアップしたい方にとっても満足度が高い企業と言えます。

リクルートライフスタイルの求める人物像

リクルートライフスタイルでは、人々のライフスタイルを充実させ、さらに人を動かす情報を多く発信しています。

そのため、消費者が今何を求めているのかに目を向け、積極的にアイデアを発信し、それを生み出す力を持っていなければいけません。

自らチャレンジできる行動力のある人物や受け身ではなく周囲を巻き込みながら自ら突っ走っていけるような精神力の強い人もリクルートライフスタイルで活躍できる人物と言えるでしょう。

リクルートライフスタイルは、強い意思を持って仕事に取り組めるのはもちろんのこと、自ら進化し何事も諦めることなく目標を達成できる人物を社員に求めています。

リクルートライフスタイルの選考でよく聞かれる質問例

リクルートライフスタイルは、今後ますます活躍の場が広がる企業の1つとして高い評価を得ており、内定を希望する就活生が増えています。

そのため、ライバルと差をつけて内定を勝ち取るには、事前に面接対策をしっかりと行うことが重要です。

ここでは、リクルートライフスタイルの選考でよく聞かれる質問例についてご紹介します。

ぜひ参考にし、自分をしっかりと採用担当者にアピールできるよう、質問に対しての回答をまとめておきましょう。

志望動機

志望動機に関する質問は、リクルートライフスタイルをはじめ、多くの企業で聞かれるものです。

志望動機に関する質問は高い確率で聞かれると予想されるため、必ず事前に自分の気持ちをきちんとアピールできるような回答をまとめておくことが大切です。

志望動機を選考で述べる際には、なぜリクルートライフスタイルでなくてはダメなのかを伝えなければいけません。

そのため、まずはリクルートライフスタイルだけでなく、他社においても企業研究をしっかりと行うことが必要です。

事前に十分に企業研究を行わないとその企業を選んだ明確な理由を採用担当者に理解してもらうことはできません。

企業研究を行わずに志望動機を回答してしまうと、他社との差別化を行えず、自社でなくても良いのではないかと判断されてしまうこともあります。

また、自社の強みや特徴をつかんでいないと思われたり、業務内容を理解していないと判断されたりしてしまう可能性も高く、志望動機を通して自身をアピールできなくなってしまいます。

志望動機を回答する際には、ただ自分の思い伝えるのではなく、リクルートライフスタイルが求める人物像や業務内容を理解した上で、これまでの経験や入社後にどんな活躍ができるのかを結びつけながら伝えていくといいでしょう。

学生時代頑張ったこと

学生時代に頑張ったことを質問する企業が増えています。

リクルートライフスタイルもその1つです。

学生時代に頑張ったことを聞く理由はどうしてかというと人物像を知るほかにもその人の能力や意欲を見ることができるからです。

企業ではさまざまな質問が用意されていますが、学生時代に頑張ったことに関する質問は多くの企業で聞かれるので、事前に対策しておくと安心です。

この質問の回答は、自身が学生時代に頑張ったことを話せば良いですが、就活生の中には人にアピールできるエピソードがないという方もいるかもしれません。

しかし、学生時代に頑張ったことに関する質問の回答を考える際には、採用担当者に仕事で活躍できる人物であることや物事に対して真面目に取り組み成長できる人物であることを伝えられればいいので、難しく考えることはありません。

また、社会人として活躍するには、コミュニケーション能力が高く、話す力や伝える力を持っていることも大切です。

これらのことを踏まえて回答を考えていくとスムーズに自身を上手にアピールできます。

学生時代に頑張ったことに関する質問は、ただ結果を伝えるのではなく過程を重視することもポイントです。

また、どうして頑張れたのか、さらにその経験から何を得られるのかも述べて、より自分の魅力を知ってもらえるように伝えてみるといいでしょう。

入社後どんな仕事をしたいか

リクルートライフスタイルでは、志望動機や学生時代に経験した質問だけでなく、入社後に関する質問が投げかけられることも多くあります。

憧れの企業に入社するという目標があっても、その後どのように仕事に携わり活躍していきたいのかを自分の言葉でわかりやすく伝えなければ、採用担当者の心をつかむことはできません。

入社後にどんな仕事がしたいのかといった質問は、企業についてきちんと正しく理解できているのかを判断するために聞くと考えられます。

選考前にしっかりと企業研究を行っている就活生であれば、明確な仕事の目標を持った話ができるでしょう。

就活生の中には、時間がなくて企業研究を行わずに選考に足を運んでしまったという方もいますが、このような場合、企業理念や仕事内容とはマッチしない回答をしてしまい、マイナス評価を得てしまうこともあるため注意しなければいけません。

リクルートライフスタイルの選考で入社後にどんな仕事がしたいのかといった質問が投げかけられたときに企業に合った的確な回答を伝えられるよう、事前にしっかりと企業研究をしておきましょう。

リクルートライフスタイルの面接で回答する際のポイント

ここでは、リクルートライフスタイルの面接で投げかけられる質問に対する回答について、どのように答えることが正解なのか基本的なポイントを解説していきます。

面接対策を行う上で多くの就活生がよく聞かれる質問に対して回答を用意し、何度も答える練習をするという方が多いかもしれません。

しかし、採用担当者の心をつかむ回答方法を知らずに面接対策を行っても的を射た伝え方ができていない可能性もあります。

貴重な時間を無駄にすることなく面接対策を行うために、まずは知っておきたい面接で回答する際の3つのポイントをチェックしてみましょう。

求める人物像を把握する

面接を受ける際に重視したいのは、リクルートライフスタイルが求める人物像を把握するということです。

企業が求める人物像を把握することなく面接の質問に答えてもまったく的を射ておらず、賢い自己アピールをしているとは言えません。

採用担当者は、面接前にどれくらい就活生が自社の企業研究を行い、熱い思いを抱いているのかをすぐに見抜けます。

そのため、面接の質問に答える際には、面接対策本に載っているようなマニュアル通りの回答では、採用担当者の心をつかみ理解を得ることは難しいと言えます。

まずは、企業が求めている人物像を把握することからスタートし、それにマッチした回答ができるよう準備してみるといいでしょう。

短く簡潔に結論から話す

面接の質問を回答する際に短く簡潔に結論から話すのは、リクルートライフスタイルはもちろんのこと、すべての企業で行われる面接選考の基本的なルールです。

志望動機や学生時代に頑張ったことなど、どんな質問においても簡潔に短く結論から述べることは重要なポイントです。

結論を先に述べることなくダラダラと理由や自分の思いを伝えてしまうと、なかなか結論にまでたどり着かず何を伝えたいのかがわかりづらくなってしまいます。

結論を述べるまでの時間が長すぎると採用担当者も理解しにくく、決して好印象ではありません。

面接の質問に回答する際に、短く簡潔に結論から話すメリットは数多くあります。

たとえば、採用担当者に自分が伝えたいことをしっかりと理解してもらえたり、話す力や伝える力がある人物だということを判断したりしてもらえます。

また、自分自身も言いたいことがわかりやすくなり、回答をまとめやすくなるといったメリットもあるでしょう。

話す内容をあらかじめ書き出して整理する

面接は、就活の中でも一番緊張するという方も多いのではないでしょうか。

そのため、どんなに面接対策をしても不安が解消されず緊張が収まらないという方も少なくありません。

面接の緊張を和らげたり、面接時に自分の気持ちを上手に伝えたりするには、話す内容をあらかじめ書き出して整理することもオススメの方法です。

紙に書き出すと自分の気持ちを明確にすることが可能になるだけでなく、正しく話の構成を組み立てられます。

自分の頭の中で考えていることを咄嗟に言葉にすることは意外と難しいものです。

そこで紙に話す内容を書き出して整理してみると理解しやすい回答をまとめられます。

話の組み立て方のポイントは、結論や要点を述べ、その理由やエピソードを具体的に説明します。

最後に自分が最も伝えたいことを強くアピールできるように結論をもう一度述べることもポイントです。

ぜひ一度、話す内容をあらかじめ書き出し、正しい構成に合わせてまとめてみてください。

まとめ

今回は、リクルートライフスタイルの面接対策についてご紹介しました。

事前にポイントをつかんだ面接対策を行うことで、どんな質問を投げかけられても、慌てることなく的確に回答できます。

事前に企業研究を行うのはもちろんのこと、回答のポイントを踏まえて面接対策を行い、リクルートライフスタイルの面接に備えましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ