人事職に就職したい! 実際の仕事内容はどんなことがあるのか

はじめに

いろいろな仕事がある中でも、企業経営に携わる側面が強い業務に人事職という仕事があります。

この仕事は総務や事務が持つ仕事の1つともされている一方で、企業経営に大きな影響を与える業務でもあります。

人事職の仕事内容

まず、そもそも人事職とはどのような仕事なのでしょうか。

あまりイメージできないかもしれませんが、いろいろな仕事の範囲を行います。

ここではいくつかの仕事を紹介しましょう。

人事企画

まず、人事計画というものを立てます。

人事計画とは、企業の経営計画に基づいてどういう人を配置するか、仕事のボリュームに適した必要な人員をそろえるといった計画です。

もし人が足りない場合は採用活動を行ったり、時に派遣や業務委託などで外部の人を呼び寄せたりする場合もあるでしょう。

採用

次に採用活動です。

新卒の人を採用するためには基本的なルールがあり、また転職希望者を採用するためには継続的な採用活動が必要になります。

また、優秀な社外の人をヘッドハンティングしたり、必要な技能を持った人に声をかけたりすることも採用活動の一環となっています。

なお、近年では新卒向けと中途採用向けでは違ったり、障がい者採用やアルバイト採用なども違ったりする場合があります。

また、時に派遣や業務委託の人を募集する場合もあり、いろいろな採用活動を行います。

セミナーやイベント参加なども人事の仕事となっています。

研修・教育

採用した人への評価や企業内で働く人のための教育も大事な仕事です。

この仕事は、新しく採用した人が一定のビジネスマナーやビジネススキルを得るために必要な知識を提供することや、実際にあるさまざまな仕事を行うための教育を施します。

時に社外の知見のある人を呼ぶ場合もありますし、社内の人間を社外に送り出して教育してもらう場合もあります。

これらの計画の策定も業務に含まれます。

また、資格を取った人のための評価や特定の技能をつけたい人に対するサポートも行います。

このため、一見すると会社に関係のないことについても知っておく必要があり、時には何がどう影響するのか読めない場合もあるでしょう。

それらを適切に判断し、適切に対処することも仕事の1つとなっています。

社内評価

社内の人の評価も人事職の仕事の一環です。

これは社内で実際に働く人への評判を知ったり、その人の仕事の内容や能力の適性を見極めたりする仕事です。

今いる人をより活用したり、それぞれの従業員の需要を適切に企業運営に反映させたりするために行います。

とくにデリケートな部分なので、人によって違う側面を配慮し、その上でどのような人材が欲しいのか、どういう人がいるのかといったことに留意しなければなりません。

社内評価の基準はどこでも明確なわけではありませんし、次第によっては人の定着率にも影響します。

労務

最後に、労務全般を行う場合もあります。

労務とは何かというと、単純に言えば総務の仕事の一環であり、給料計算や社会保険、雇用保険や年金などの手続きを行ったり、労働基準法に基づいて適切に働いているかの確認、健康診断、労務管理などを行ったりします。

総務部と兼任する場合もあれば、総務部所内に人事に対応する部署が設置されている場合もあります。

基本的にミスがあると会社で働く人の信頼を著しく損ねるため、そもそもあまりミスが許されません。

また、制度が複雑で難しい場合もあるため、きちんと制度や手続きを理解する必要があります。

人事職に向いている人、向いていない人の特徴

この人事職は権限がある一方で、かなり人と交流することになります。

向き不向きがありますが、必ずしも体力や筋力勝負というわけではありません。

人事職に向いている人の特徴

まず、人事職に向いている人というのがいます。

事務職でも権限がある仕事となり、向き不向きも大きく出やすくなっています。

この特徴は以下のとおりです。

コミュニケーション能力が高い

最も大事なのが、コミュニケーション能力が高いことです。

人事の仕事はそもそも人と人の間に関わる仕事で、人と一緒に過ごす仕事となります。

時にその従業員にとって意外な配属を示したり、意図しない異動を伝えたりする必要もあるかもしれません。

その場合、その人の説得や、時に拒否する人を上手に引き止める必要もあります。

伝え方次第で快適に働いてくれるかもしれませんし、伝え方次第で貴重な人材が流出することにもなりかねません。

逆に言えば、こうした能力や人に伝える能力が高ければ、社員が快適に働ける、いろいろな理想を提供できるかもしれません。

新しいメリットの提供や、転勤に伴ういろいろな楽しみを発掘して教えられるのも人事ならではの特徴と言えるでしょう。

人と関わるからこそ、コミュニケーション能力はとても大事なものです。

また、外部の人と関わる機会も多く、とくに「その会社で働きたい」「その会社の従業員として働くことに興味がある」といった人と関わることが多くなります。

このときにそういう人に好感を与えながら、すぐの採用にはならなくても、将来の選択肢に入れてもらえる可能性にも影響を及ぼします。

人の人生に携わっていきたい

次に、人の人生に関わっていきたい人に向いています。

というのも人事はその人の職業人生を左右することになり、時には大きな影響を与えることになります。

人の運命を左右したり、大きな影響を与えたりすることもあるでしょう。

また、従業員からさまざまな影響を受けたり、いろいろなフィードバックを得たりすることで新たな気づきがあるかもしれません。

人の人生に携わっていくことに興味がある、人から影響を受けることが嫌いではない人に向いている職種です。

また会社によっては、従業員の成功や何らかのお祝い事があれば共に喜べます。

従業員の結婚や出産などの幸せを共に喜び、訃報を悲しむこともあります。

また、会社の制度によって人を助けたり、人に影響を与えたりもできます。

さまざまなプラスやメリットをもたらしたり、逆に従業員からプラスやメリットをもらえたりするかもしれません。

縁の下の力持ち

最後に、縁の下の力持ちを志望する人に向いています。

この仕事は基本的に特段に注目を集めることはなく、その企業で働く人が快適に楽しく働けることや、その企業の経営活動に影響を与えます。

この企業の活動に影響を与えることや、人の配置については特段華やかな注目を受けることはありません。

その一方で、企業に与える影響は大きく、人に対してさまざまな影響を及ぼします。

企業やその会社の従業員にとって、縁の下の力持ちとしてさまざまなサポートができることを望まれます。

注目を浴びることや、ありがとうといった言葉を聞くことはありません。

人によっては、こうした言葉や態度が仕事の原動力となるのでしょうが、そういった言葉をかけてもらえる機会はほかの仕事よりも少ない可能性があります。

このため、人によっては華やかではなくても大きな影響を与えて、何年もその人をサポートしたり、逆にサポートしてもらったりすることもあり得ます。

企業活動に大きな影響を与えたり、プラスになるような工夫ができたりすることも人事ならではのメリットと言えるのです。

人事職に向いていない人の特徴

人事職に向いていない人の特徴について、残念ながらあります。

当てはまる人はあまり人事職には関わらない方がいいかもしれません。

決められたことをこなすのが得意

マニュアル人間、特定の仕事に特化して働きたい人は、人事職の適性に欠けると言えます。

人は千差万別ですから、必ずこのときはこの対応とか、このときはこういう風にするというように決めている人、決まったことしかできない人は好まれません。

というのも、人事の場合はそもそも特定の形や決まりきったマニュアルというのはありません。

このときはこうする、というのはあくまでも社内規約やビジネスマナーだけの範囲であって、それだけでは収まらない場合がとても多いのです。

人事の仕事は柔軟な対応が必要になるときもあれば、素早い応対が必要になる場合もあります。

まさにケースバイケースです。

たとえば、「Aさんのときはこのやり方でうまくいったけれど、Bさんは別のやり方でうまくいった」というパターンもあります。

柔軟な対応が必要になるため、決められたことだけやればいいという割り切りよりも細やかな気遣いが必要とされるでしょう。

承認欲求が高い

誰かに認めてほしかったり、注目を受けたりしたい人には人事職は向きません。

人事の仕事は裏方の仕事であり、裏方から企業や人に影響を及ぼすような仕事です。

人事職の場合はあまり注目を集めることがなく、何らかの形で褒められたい、人に認めてもらいたい人には向かない場合が多いのです。

そもそも人に影響を与えるとはいえ、基本的に誰かに認めてもらったり、注目を集めたりする仕事ではありません。

逆に社内の人に無遠慮に侮辱されたり、納得できないことをしなければならなかったりする場合も多いです。

誰かに認めてもらうのではなく、あくまで誰かを認める立場となります。

いつも適切にフィードバックが欲しいという人には向きません。

また、人事に関する仕事は、そもそも、できて当たり前と思われる場合が多く、時には煩雑になってしまう給料計算や社会保険業務といった業務は、適切にできて当然です。

仕事の中でとくにミスや間違いによって、大きな悪い影響を及ぼすこともありますから、褒められる機会は少ない上にクレームを聞く機会は多いというのがこの仕事ではよくあります。

人と関わるのが苦手

最後に、人と関わるのが苦手な人にも向きません。

というのも、人事職はとにかく人に関わる仕事なので、人と関わるのが苦手な人はそもそもストレスにしかならないでしょう。

人と一緒にいるのが苦手な人や人間嫌いにはとても務まりません。

人事職のやりがいとは

この人事職にはいろいろなやりがいがあります。

ただ人の配置をしたり人のサポートをしたりするだけと思うかもしれませんが、いろいろなやりがいを感じる側面があります。

採用した人が活躍したとき

まず、採用した人が活躍することや、現場からの評判がよい場合は、やはりうれしくなるものでしょう。

というのも、採用活動や社員の活動に影響を与えますから、よい人や高いスキルを持つ人が採用できた場合はうれしいものです。

現場の評判がよい人を採用して、会社の生産性が高くなり、仕事の効率が格段にアップすれば、会社の経営活動にとって大きなプラスになります。

また、現場の雰囲気がよくなれば、その会社の雰囲気にプラスの影響を与えます。

採用した人の質やその待遇はとても大きな影響を与える部分なので、とにかく大事なのはやはりその人の活躍に尽きます。

とくにいい人を採用できればできるほど、人事としては喜びを感じ、採用活動に力を入れてよかったと思うようです。

経営に携われる

もう1つは経営に携われることです。

実は誰をどこに配置するかは経営活動において重要なことで、いろいろな人に大きな影響を与えることが少なくありません。

たとえば、特定の人に大きな影響を与え、特定の人を出世させる、肩書きや権限を高めることは、その人の仕事のやりやすさや企業の雰囲気を左右することになります。

経営に携わることで大きな影響を与えるポジションで、会社の仕事についてはとくに権限があります。

これは人事そのものに権限が発生しやすい側面もありますし、その人個人にも影響を与えるものです。

また、上層部やさまざまな人にも影響を与えるため、時に経営に対しても権限や影響力を持つことも多いでしょう。

人事については、とくにデリケートさが求められますので、細かい配慮ができて権限を持ちたい人にはやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

まとめ

いろいろな人と関わったり、会社で働く人のサポートをしたりしたい人にとって、人事職はオススメです。

総務とは異なり、人の配置や企業経営に影響を与えるため権限もあり、なおかつ人への影響も大きい仕事となります。

体力よりもコミュニケーション力や人と関わる側面が強いため、女性でも活躍できる仕事の1つとなっています。

決まりきったマニュアルなどがないからこそ、企業活動のためにたくさん活動できるかもしれません。

人に興味がある人にとってはよい仕事となることでしょう。

どんな企業を受ければいいのかわからない?
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ