ソニーの面接対策はなにをすればいい?出題傾向から対策を伝授

はじめに

ソニーは、就活生からも人気のある企業となっており、技術系および事務系においても競争倍率が非常に高いです。

そのため、採用を勝ち取ることは難関と言えます。

これまでにウォークマンやプレイステーションなど、数多くの製品を世に送り出してきたソニーは、今後も事業領域を広げていくと見込まれている優良企業です。

今回は、知っておくと安心なソニーの面接対策をご紹介しますので、ぜひ参考にし、ライバルと差をつけて内定を勝ち取りましょう。

ソニーの特徴

家電や電子部品などのエレクトロニクスの他にも、音楽や映画といったエンターテインメントなど、さまざまな事業を手がけている企業です。

大ヒット商品を数多く生み出しており、日本で最も成功した企業と言っても過言ではありません。

現在、携帯電話やインターネット関連サービス事業をはじめ、ゲーム機やソフトウェア、コンパクトデジタルカメラなど、数多くの事業や製品を手がけ、さらに豊富なサービスも提供しています。

社員の多くがエンジニア業に携わっており、まさにモノづくりのプロが集まっている企業と言えるでしょう。

ウォークマンのなどヒット商品を生み出し、現在においても電気機器製品のみならず、金融系やエンタメ系の事業も展開しているのもソニーの特徴です。

代表はどんな人

ソニー株式会社代表執行役社長兼CEOを務める吉田憲一郎は、東京大学経済学部を卒業後、1983年にソニーに入社しました。

その後、2014年にソニー代表執行役CFOに就任し、2018年に代表執行役社長兼CEOに就任しています。

ソニーは、「健全な事業活動」を軸に社員一人ひとりが企業価値の向上に努めている企業です。

創業者である井深大が掲げた「国民生活に応用価値を有する優秀なるものの迅速なる製品、商品化」という思いは吉田憲一郎にも受け継がれており、ソニーの原点をなすものとして考えられています。

どんな事業内容なのか

現在、ソニーは、さまざまな事業を展開しています。

まさに日本を代表するグローバル会社と言えるでしょう。

1946年の創業以来、コンシューマ製品やサービスを取り扱い、その代表としてテレビ&ビデオ事業では、時代に先駆けた技術やデザインを実現した製品を数多く開発し販売しています。

また、この他にもオーディオやカメラ、業務機器、メディカル、半導体など、ソニーが手がける事業はとどまることを知りません。

さらに子会社を通じて銀行業や芸能マネジメント事業、飲食店なども手がけている世界トップクラスの企業です。

日本の家電業界における売上高もトップを誇っており、今後も家電やゲーム事業の他にも多岐にわたり製品の開発と製造が進められると予想されています。

社風はどうか

ソニーは、大企業でありながら自由に自分の意見を言える企業です。

自身のスキルに合わせて業務を進めることができ、結果だけでなく、その過程や行動力も評価されるため、充実感を得ながら働けます。

会社のために成果を上げたいといった強い意志を持ちながら働く社員も多く、会社への愛情があふれた真面目な人物が多い企業としても知られています。

また、等級制度や報酬制度を設け、高い専門能力を持った人物が活躍できる環境が用意されているのも特徴です。

社員の平均勤続年数も約18年と長く、離職する人が少ない企業です。

新卒者の3年以内定着率も90%を超えていることから、すべての社員が自身の能力を発揮できる働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

ソニーの求める人物像

ソニーは、努力すればした分だけ能力をしっかりと認めてくれるのも魅力と言える企業です。

ソニーでは、お客様の要望にきちんと応えられるよう行動力のある人物が求められます。

現在の流行に目を向けるだけでなく、多くのことに興味を持ち、常に学ぶ姿勢を持ち続けなければいけません。

また、たとえ失敗してしまったとしても、そこであきらめるのではなくその失敗から学び改善に結び付けられる人物は、ソニーに欠かせない信頼関係を築ける人であると言えるでしょう。

常に最先端の技術を要しさまざまな開発や製造に取り組んでいるため、難易度の高い事業にも興味を持ち理解することが大切です。

チャレンジ精神が豊富な人物は、これまでの事業にとどまるのではなく新たな発案をし、自分だったらこうするだろうという強い意志を持っています。

ソニーでは、どんなことにもチャレンジし熱意のある人物を求めています。

企業価値の向上に力を注ぎ、よりよい社会の建設に貢献する人物はソニーにとって重要な人材です。

ソニーの選考でよく聞かれる質問例

ソニーの選考には、30分程度の面接が含まれています。

志望動機の他にも学生時代に頑張ったことや入社後にやりたいことなどを聞かれることが多くあります。

また、逆質問の時間も設けられているので、事前に質問事項をピックアップしておくといいでしょう。

ソニーを志望する理由

就職面接で必ず聞かれる質問事項として挙げられるのが志望動機です。

なぜソニーを志望したのか、その理由を聞かれることは必須だと考えた方がいいでしょう。

ソニーの面接で志望動機を聞かれた際には、採用担当者の気持ちをしっかりとつかめるよう、自身の思いを伝えなければいけません。

ソニーが求めている人物は、ただ高い能力を持っているだけでなく、仕事への意欲がある人です。

企業に対しての思いが強いのはもちろんのこと、志望動機を通して入社後もそのモチベーションを持ち続けている人物であることを採用担当者が感じることができれば、高い評価を得ることも実現するでしょう。

志望動機を伝える際には、ソニーならではのエピソードを盛り込んで自分の気持ちを伝えてみることも大切です。

どこの企業でも使えてしまうようなマニュアルどおりの志望動機では、採用担当者の気持ちをつかめません。

必ず事前に企業研究を行い、ソニーの事業や製品などのエピソードを盛り込んで志望した理由を伝えてみましょう。

学生時代頑張ったこと

「学生時代に頑張ったことは何ですか」という質問は、ソニーの定番となっている質問事項です。

このような質問を投げかけられた場合、どのように答えることがベストなのだろうかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

企業が就活生に学生時代に頑張ったことを聞くのは、その人の人柄を把握するためです。

就活生が学生時代にどのような経験をし、そこで何を得られたのかを知るために質問しています。

学生時代に頑張ったことを知ることで、その課題に対してどのように対策し改善したのか、またその結果はどうかったのかを聞くことで、効率よく仕事への姿勢や意識を確認できるのです。

また、面接で投げかけられる質問に対する回答は、わかりやすく採用担当者に伝えていかなければいけないため、就活生に説明能力があるかどうかを判断する基準にもなります。

就活生の中には、学生時代に頑張ったことは何もないという方もいるかもしれません。

しかし、たとえカッコいいエピソードがなかったとしても心配する必要はありません。

採用担当者が知りたいのは、どのような経験をしたかではなく何を頑張ったかという点です。

そのため、勉強をする上で困難を乗り越えながら成果を出したというものやアルバイト経験で得たものなど、どんなエピソードでもいいので、まずは自分の経験から得たことを伝えてみてください。

志望領域で注目しているサービスとその理由

ソニーの面接では、興味を持っているサービスや製品について質問されることが多くあります。

これは、ソニーへ入社後にどのような仕事に携わりたいのかを知るために聞かれると考えられます。

ソニーに入社したいという強い思いがあっても、その理由を具体的に伝えられなければ採用担当者から高評価を得られません。

ソニーならではのサービスや製品に目を向け、他社や他業種ではダメな理由を述べることが大切です。

志望動機と一貫性を持たせるために企業研究をしっかりと行い、ソニーに関連したサービスや製品を調べておくといいでしょう。

ソニーの面接で回答する際のポイント

ライバルの多いソニーの内定を勝ち取るためには、採用担当者にプラスのイメージを与え、一緒に働きたいと思ってもらえるように、面接で投げかけられる質問に適切な方法で回答しなければいけません。

就活の中でも最も緊張すると言われる面接ですが、身だしなみを整えるのはもちろんのこと、明るく笑顔でハキハキと回答することも大切です。

また、どんな質問を投げかけられても堂々と答えられるように、事前にしっかりと対策しておきましょう。

ここでは、ソニーの面接で回答する際の重要ポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

求める人物像を把握する

ソニーの面接で重視したいのは、企業がどのような人物を求めているのかを把握することです。

できるだけ自分のことを面接でアピールしようと意気込み過ぎてしまう方もいますが、企業がどのような人物を求めているのかを知った上で自身の気持ちを伝えることが欠かせません。

ダラダラと長く自身の気持ちや企業に対する熱い思いを伝えても、採用担当者にプラスのイメージを与えられません。

まずは、ソニーが求める人物像を把握することからはじめてみましょう。

ソニーでは、チャレンジ精神があり行動力を持ち合わせている人物が求められています。

そのことを踏まえ、面接の質問に対して上手に回答できるように、事前に自身の気持ちをまとめておくといいでしょう。

短く簡潔に結論から話す

ソニーに限らず就職面接で上手に回答するコツがあることをご存じでしょうか。

「自身の気持ちや企業への熱い思いをできるだけ詳しく話した方が高評価なのではないか」と思っている方も多いかもしれませんが、話があまりにも長いと、採用担当者からは話の要点がまったくつかめていない人物だと判断されてしまうこともあるため、注意しなければいけません。

就職面接を受ける上で大切なことは、できるだけ短く簡潔に話すことです。

競争倍率の高いソニーは、多くの就活生の面接を行わなければいけないため、1人の就活生に時間を大幅に割くことはできません。

そのため、できるだけ短く話した方が好印象です。

たとえば、結論から話すと、質問したことに対する回答をすぐに理解できます。

長々と話してしまうと採用担当者が知りたいことを明確に伝えられないだけでなく、自分自身も何を話しているのかわからなくなってしまうことも考えられます。

就職面接は、採用担当者と意思疎通を図る場でもあるため、お互いにテンポよく会話ができるように意識しながら回答してみることが重要です。

話す内容をあらかじめ書き出して整理する

就職面接に足を運び、聞かれたことをそのまま思いつきで回答するという方はほとんどいないでしょう。

もし、何も考えずに面接の質問に回答してしまうと、自分自身も何を伝えたいのかわからなくなってしまう可能性があります。

就職面接は、とても緊張するという方が多く、事前に話す内容をまとめておかなければ頭が真っ白になってしまうこともあるため、注意しなければいけません。

採用担当者に面接でどのような質問を投げかけられたとしても、迷うことなくスムーズに答えられるように、話す内容をあらかじめ書き出してみることをオススメします。

面接の質問に回答する流れとしてベストなのは、まず結論を述べ、それに対して具体的なエピソードやそこから得られた結果を話すことです。

この際には、説得力があるエピソードにしなければいけません。

一見、面接の質問にスムーズに答えることは難しいと思ってしまいがちですが、事前に話したいことを書き出してまとめておくと、自身が伝えたいことを明確にできます。

ソニーの採用担当者の心をつかめるように、話す内容を書き出してまとめておき、さらに高評価を得られるよう話し方にも注意しながら練習してみましょう。

まとめ

今回は、ソニーの面接対策について解説しました。

ライバルが多く競争率の高いソニーの面接を突破するには、事前に入念な面接対策を行うことが欠かせません。

まずは、ソニーの特徴や社風をチェックするだけでなく、求める人物像を把握し、それに見合った回答を考えてみましょう。

大手企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ