新卒だけど仕事を辞めたい…仕事を辞める際の注意点や転職について解説

「大変な就職活動を勝ち抜いてやっとの思いで内定をもらったのは良いものの、いざ働き始めてみると仕事がつまらなくて辞めたくなってしまった……」、そんな新卒社会人も少なくないでしょう。

実際、新卒社会人の3年以内の離職率は30%を超えており、会社を辞めるという選択肢は珍しくはなくなっています。

ここでは新卒社会人が3年以内に仕事を辞めてしまうことのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

新卒は3年働けという真意とは?

仕事を辞めようかと上司に相談したところ、「とりあえず3年は頑張ってみろ」と励まされた経験のある人も多いのではないかと思います。

この「新卒は3年働け」という言葉にはどんな根拠があるのでしょうか。

「新卒は3年働け」の根拠として、仕事に必要な知識やスキルを身に着けるまでには最低3年の時間が必要であるという考え方があります。

新入社員1年目といえば、何をして良いのか分からず先輩の後について右往左往しているだけといった人が大半でしょう。

2年目になって少しずつ簡単な仕事を一人で任せてもらうようになり、3年目でやっとみんなと同じ仕事を任せられるようになるというのが一般的なキャリアの積み方です。

つまり、3年目以降でないと本当の仕事の楽しさやつらさというものが分からないので、その前に辞めてしまうのは良くないという考えが理由です。

また、会社側の都合という理由もあります。

何の経験もない新卒社会人を採用して、会社の戦力として育て上げるには長い時間と多額のコストが必要になります。

しかし、入社して3年以内に辞められてしまうと会社はこれまでに費やした時間とコストを回収できません。

これは大きな損失です。

会社側としては少なくとも3年間は勤めてもらって少しでも業績につなげてほしいと考えるのは当然のことかもしれません。

新卒で仕事を辞めた方が良いケース

新卒社会人が仕事を辞めたい理由が、必ずしも緊急性の高い理由ではありません。

仕事がつまらない、面倒になったなどの理由だけなら今すぐに仕事を辞めることはおすすめできません。

反対に、新卒の今だからこそ辞めた方がいい職場もあります。

以下、離職の緊急性が高いケースを説明します。

もし自身が仕事を辞めたい理由が下記に該当する場合は仕事を辞めた方が良いかもしれません。

仕事を続けるのが精神的にしんどい

仕事に精神的なしんどさを感じている場合、仕事を一度辞めた方が良いです。

精神的にしんどいと感じているとき、しんどさが増すと精神科に通う必要があるほどの疾患を抱えてしまうリスクを孕んでいるからです。

双極性障害や強迫性障害に陥ったまま仕事を続けると自分を追い詰めてしまいかねません。

人のキャパシティーは人によって異なります。

自分自身を見つめなおして無理をしていないか考えましょう。

しんどさの原因が解消できることであれば、一度解決を試みるのもいい方法です。

休暇をもらえる環境であるなら仕事を辞める前に休暇を申請して気持ちの整理を行ってみてください。

一番の優先事項は自身の心身です。

仕事は今務めている企業以外でもできます。

自分がどうすればしんどさから解消されるのか落ち着いて考える時間を設けましょう。

長時間労働・残業が多い

前述のとおり、精神的な疲労は仕事以外にも影響を及ぼします。

対して長時間労働や残業は身体的なしんどさに関することです。

労働時間や残業時間が多いとどうしても睡眠時間などの休息をとる余裕がなくなってしまいます。

自分がどの程度無理しているのか顧みましょう。

長時間の就業・残業の原因は何でしょうか?

与えられる仕事の量が原因かもしれません。

はたまた企業の教育が行き届いておらず業務の生産性が低いからかもしれません。

自身の置かれている環境を見つめなおして、他の企業にも目を向けてみましょう。

パワハラ・セクハラで苦しんでいる

近年、ハラスメント問題は非常に多くみられます。

パワハラやセクハラの他にもさまざまな強要行為が存在します。

しかも、ハラスメントを行っている側は悪気がない場合もあるのです。

会社に訴えかけることも可能ですが、これには労力も必要ですし、言ったからといって完全に解決しうる問題ではありません。

声を上げることは大事ですが、自身のことを大事にしてください。

辞めることは悪い事ではありません。

自分がどのような行動をとるといいかは人によって異なります。

一度ホットラインに相談してみると客観的なアドバイスをもらえます。

会社の経営不振

仕事自体に不満がない場合でも、経営状況が怪しいときは離職を考えた方が良いです。

会社の取り扱う分野がAIで代替できる場合や、もともと衰退傾向にある場合は、早めに見切りをつけるべきでしょう。

危険な予兆がある場合は自分なりに考えて動いてください。

明確な目標がある

今まではどちらかというとネガティブな理由を取り上げてきました。

しかし必ずしも皆がそのような理由で仕事を辞めるわけではありません。

明確な目標がある人は仕事を辞めても問題はないと言えます。

自分のキャリアアップのために時間をかけて勉強したい人や、興味の方向性が変わったため新しいフィールドで働いてみたい人は明確なビジョンが見えています。

したい事が明確で、さらにそれが将来の自分おためになる現実的なことである場合、仕事を辞めるという選択肢もとれます。

企業によってはそのような人を後押ししてくれる可能性もありますので一度勤め先に相談してみるのも良いでしょう。

熱意が伝われば柔軟な対応をとってくれるかもしれません。

新卒で仕事を辞めるメリット

新卒社会人が3年以内に仕事を辞めることのメリットには下記のようなことがあります。

新たな挑戦ができる

大学を卒業してから3年以内の転職は、いわゆる「第二新卒」として扱われます。

一般的な転職において企業は特定の業種や職種について豊富な経験を持つ即戦力を欲しがりますが、第二新卒の転職では20代前半の若者を対象としたものであり、将来性重視・ポテンシャル重視での採用となります。

「未経験者歓迎」の求人も豊富にあることから、前職と全く異なる社会に飛び出したいという人にとっては大きなチャンスです。

新しい挑戦をしたいならば早い段階で仕事を辞める選択はメリットになるでしょう。

心身の疲労から開放される

仕事を始めたばかりで会社を辞めてしまうのはあまり良くないことだと分かっていても、事情によっては致し方ないケースもあります。

その一つは、最近話題にのぼることも多い「ブラック企業」での勤務です。

ブラック企業では、厳しいノルマを達成させるために長時間労働を強いたり、サービス残業を強要したりするケースがよく見られます。

また、上司からのパワハラやセクハラが日常化している会社も少なくありません。

このような会社で働いていてもキャリアアップにつながるとは思えませんし、疲労やストレスから心身ともに健康を損なってしまうかもしれません。

もしも勤務先がブラック企業だと感じたときは、早期に退社することによって心身の疲労から開放されるメリットがあります。

新卒で仕事を辞める際の注意点

次に、新卒が3年以内に仕事を辞めることよるデメリットを紹介します。

転職のハードルが上がる

前職を離職して第二新卒として転職活動を始めるにあたって一番困るのは「この人はすぐに仕事を辞めてしまう人だ」というレッテルを貼られてしまうことです。

特に1年未満での離職や短期間で何度も離職してしまった場合はその傾向が強くなるので、書類選考を通過しづらくなるデメリットを覚悟しなければなりません。

同期よりもスキル面で出遅れる

新卒で就職してから3年後に別の業種や職種へ転職した場合、転職先の同期と比べると仕事のスキルや知識で3年分の後れをとることになります。

「同期はみんな活躍しているのに自分は簡単な仕事しか任せてもらえない」と悔しい思いをすることもあるでしょう。

もちろん給与など待遇面でも同期に比べて低くなることが考えられるので、劣等感を感じて人間関係がうまくいかなくなるといった不安もあります。

新卒で仕事を辞めても問題はない

ここまで、新卒で仕事を辞めて第二新卒として転職を目指すことのメリット・デメリットを紹介してきました。

確かに短期間で仕事を辞めてしまうことでキャリアに傷がついてしまい、転職が難しくなるのではないかという不安もあると思います。

その一方でこれまで抱えていた問題をリセットして、もう一度新しい社会でチャレンジできるメリットは非常に大きいものがあります。

新卒で仕事を辞めてしまうと人生を棒に振ってしまうといった心配は不要でしょう。

明確な理由をもって仕事を辞めよう

新卒で仕事を辞めることは、長い目で見れば何ら大きな問題ではありません。

しかし、辞めたい理由が漠然としている人は注意が必要です。

何となく向いていないと感じたから辞めた、などでは以降の転職活動がより厳しくなってしまいます。

自分が何故仕事を辞めたいと感じているのか、あと少し続けることはできないのかなどもう一度考えを整理してみてください。

新卒で仕事を辞める前に準備しておくべきこと

新卒で仕事を辞めた後は第二新卒として転職活動を始めることになります。

新卒時に就職活動をした経験があるので転職活動も大丈夫だろうと安易に考えてしまう人が多いですが、就職活動と転職活動は似て非なるものです。

十分な対策をしないと選考で落とされてしまいますので、しっかりとポイントを押さえた上で転職活動を行いましょう。

退職届を作成

仕事を辞める決心がついたら退職届を作成しましょう。

退職届は勤務先に提出する大切な書類です。

事前に準備して不備のないようにしてください。

仕事を継続しながら転職活動を行う

これから本格的に転職活動を始めようと思ったときに、仕事を続けながら転職活動するか、それとも転職活動に専念するために先に仕事を辞めるべきか迷ってしまう人もいるでしょう。

第二新卒で転職をする場合は、一般的に今の仕事を続けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

なぜ仕事と平行して転職活動をすすめる理由、リスクをできる限り減らすことができるからです。

現在は人手不足ということもあって第二新卒の転職市場も非常に好調ですが、だからといって全ての人が納得できる転職先を見つけられるかというと、そうではありません。

また、たとえ転職先が見つかったとしても、想定していた転職活動期間を大きく超えてしまう可能性もあります。

このような状況になったときに、先に仕事を辞めてしまっていると毎月の収入がなく不安な時期を過ごすことになってしまいます。

特に新卒から間もない第二新卒の場合は貯えが十分にある人のほうがレアケースですので、仕事を続けることで収入面のリスクを減らすことはとても大切です。

仕事を継続しながら転職活動を行うことによって、妥協して転職先を探すリスクも減らすことができます。

仕事を辞めてしまってからの転職では、なかなか条件に適う転職先が見つからない場合に焦って目の前の内定に飛びついてしまうことがあります。

理想の職場を見つけるために転職を決めたのにも関わらず妥協してしまっては意味がありません。

その点、仕事を辞めなければ現在の仕事も選択肢の中に入るわけですから、余裕を持って転職活動が行えます。

もう一つ、経歴に空白期間が生じないという点もメリットです。

第二新卒で転職を目指す人は、一般的にキャリアが浅く、業務に必要なスキルや知識も十分ではありません。

たとえ転職活動中の数ヶ月でも仕事を続けてキャリアの上積みをすることは決して無駄ではないでしょう。

また、経歴に空白期間があれば面接などでその理由を必ず尋ねられます。

そこで人事担当者を納得する回答ができないと、「仕事に対する熱意に乏しい」と思われてしまいます。

※転職にあたり転職サイトを活用したい方はこちらの記事を参考にしてみてください

転職エージェントに相談する

新卒の転職で失敗してしまうケースとして多く見られるのが、転職活動と新卒時の就職活動を同じように進めてしまうことです。

第二新卒の転職は、初めての転職活動となる人がほとんどですから正しい活動の仕方が分からないのは当然のことです。

もし不安を感じているのならば転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、転職を希望するあなたに変わって条件に合う求人を見つけて、選考で重要な職務経歴書の書き方や面接の受け方などについてサポートが受けられるサービスです。

新卒の就活と違って転職の求人は非公開の案件も非常に多く、転職エージェントを利用しなければ応募ができない求人もあります。

利用は原則的に無料となっているので、登録しておいて損をすることはないでしょう。

新卒で仕事を辞めるときにおすすめの転職エージェント

転職エージェントと呼ばれるサービスはたくさんありますが、それぞれに強みや特徴が異なります。

中には新卒の転職に強いと定評のあるサービスや、第二新卒の転職に特化したサービスというものもあります。

ここでは3つの転職エージェントを紹介しますので、転職活動で失敗したくない人は利用してみましょう。

オールジョブコミット

オールジョブコミットは2014年設立の株式会社リアステージが運営する早期退職者向けの転職エージェントです。

営業職、エンジニア職、事務職、コンサルティング職など様々な職種の求人を1000社以上をご紹介し、あなたに合った企業への転職をサポートしてます。

オールジョブコミットの特徴は、転職についてサポートするだけでなく転職後のキャリアビジョンの実現させるためのサポートをするところになります。

ただ転職するだけではなく、あなたのなりたい姿からどんなキャリアを積む必要があるのか、そのキャリアを積むために必要なスキルがなにか、どんな企業に転職すれば最短ルートでキャリアビジョンを実現できるかなど転職のプロがすべてお教えいたします。

現在、オールジョブコミットでは今の仕事の悩みを個別で相談できる個別相談会を開催しております。

大人気のため枠数が限られておりますので、あなたも転職を一度今の仕事について悩みをぶつけてみませんか?

UZUZ

UZUZは2012年設立の比較的新しい転職エージェントです。

20代の既卒・第二新卒に特化したサイトで、IT系や営業、事務などといった職種の求人に強みがあります。

UZUZの最大の特徴は、他社の10倍は時間をかけると言われる手厚いサポートです。

最初に2時間にも及ぶカウンセリングを行って利用者の希望や悩みなどを全てヒアリングした上で、一人ひとりに合わせた自己分析や面接対策を行います。

相談に乗ってくれる社員が全て既卒・第二新卒としての転職を経験しているのも心強い点で、同じ目線からのアドバイスはとても的確です。

その結果として、内定率は86%と高い数字を誇ります。

UZUZのもう一つの特徴として、入社1年後の定着率が94.7%と非常に高いことが挙げられます。

これは創業者である今村邦之氏自身が入社後1年もしないうちに退社した苦い経験によるもので、内定がゴールではなく入社後もフォローを続けることで利用者の不安や悩みを解消していることが大きな要因です。

またブラック企業からの求人を完全に排除するために、全ての企業へ社員が訪問調査を行っています。

安心して働ける転職先を見つけたいならばおすすめの転職エージェントといえます。

ジェイック

ジェイックも第二新卒・既卒・フリーターの就職に特化した転職エージェントです。

求人については全てが正社員の案件となっていて非正規雇用求人はありません。

業種に関しては営業関係の求人に強みがある一方で、離職率の高い飲食関係や金融関係の求人は少なくなっています。

ジェイックの最大の特徴は「就職カレッジ」というサービスです。

これは未経験者向けの就職サポートで、社会人に必須とされるビジネスマナー講座や、専任のアドバイザーが付いての企業選びや面接対策といったサポートが受けられるサービスになっています。

就職カレッジを利用することでジェイックの定める優良企業20社に対しては書類選考なしでいきなり面接を受けることができます。

入社後のサポートも手厚く、内定率81%、入社1年後の定着率は91%と優秀です。

今後のキャリアプランを考える

新卒で仕事を辞めて転職をする場合、今後のキャリアプランを考えることはとても大切なことです。

先ほども説明したように、新卒で就職したにも関わらず、3年以内に転職してしまう人は「仕事が長続きしない」というレッテルを貼られてしまいます。

転職で成功するためには「うちの会社で採用しても、またすぐに辞めてしまうのではないか」という企業側の不安を払拭することが必要です。

その場合には、キャリアプランを明確に提示することがとても有効になります。

キャリアプランを考えるときは、前職で得た経験の棚卸しから始めましょう。

仕事の中で学んだことや経験したことを転職先でどのように生かすことができるのか、この点をしっかりと述べることで、仕事に対する熱意をアピールすることができます。

入社後の将来の姿を具体的にイメージさせることも大切です。

5年後、10年後に自分が会社の中でどのようなポジションにいて、どのような貢献ができるのか、そのために現在どのような努力をしているのかといったことを説明できれば、自分がこの会社に必要な人材であることを納得させやすくなり、転職の成功に近づけることでしょう。

まとめ

新卒で仕事を辞めて転職するのは世間一般のイメージからするとあまり良いことではありません。

実際のところデメリットもいくつかあります。

しかしながら、若いうちに転職することのメリットもたくさんあります。

特にこれまでとは違った社会に飛び出そうとしたときには、決して悪い選択とはいえないでしょう。

もちろん、理想の転職先を見つけることは簡単ではありません。

保険のためにも、現在の仕事を続けながら転職先を探していくことがおすすめです。

もし初めて転職で自信がないときは、転職エージェントを利用してプロのアドバイスのもとで転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ