【年代別の対策を紹介】転職がうまくいかない!転職を成功させるための10つのポイント

はじめに

転職活動を続けているけれどうまくいかないという場合、そのままの状態で闇雲に進めていても、本来の方向を見失ってしまう可能性があります。

焦る気持ちもあるかもしれませんが、ここはいったん落ち着いて、これまでの活動内容を全体的にチェックし直してみましょう。

なぜ決まらないのか、立ち止まって自分の状況を見直す時間が必要です。

ここでは、冷静に自己分析することで、転職活動を成功に終わらせるポイントを解説します。

 転職活動がうまく行かない人の特徴

転職活動がうまく行かない人には、共通するいくつかの特徴があります。

まず、違う職種に就くことだけを目的として、興味本位に職種を選ぶケースが挙げられます。

また、新しい職場に高い理想を求め、現実から逃避しているケースもあるでしょう。

そして最後は、自分の能力を相手に適切にアピールできていないケースがあります。

ただしこれはテクニックの問題ですので、訓練次第ではクリアできる項目と言えるでしょう。

多くの場合、転職の目的が曖昧になると、これらの失敗パターンに陥りやすくなり、負のスパイラルに飲み込まれてしまう危険性が高くなります。

自分の今までの転職活動を振り返ってみて、こうした特徴が出ていないかどうかチェックしてみることが大切です。

 企業が求めるスキルを持っていない

企業が中途採用者に対して求めるものは、即戦力です。

採用したその日のうちからバリバリ現場で活躍してくれるような、現実にはあり得ないくらい高い理想を求めてしまう企業も多いです。

さすがにそこまでのスーパービジネスパーソンはほぼいませんが、少なくとも応募者は企業が求めるスキルを持っていることが大前提です。

新卒採用ならまだしも、企業が中途採用者をわざわざ教育するつもりは基本的にありませんし、その余裕もありません。

そのため、先に触れたように、単に今の職種とは違う職種に就きたいというだけで応募すると、多くの場合スキルを有さない人物として書類選考だけで落とされてしまう確率が高いのです。

わざわざ転職をするのですから目的があるはずですが、その目的に近づくためのスキルが皆無だとすれば、主張との整合性が取れないと判断されても致し方ないでしょう。

ただし畑の違うスキルであっても流用できる場合はありますので、自分の能力が他でいかに生かせるかを考えることも大切です。

 求人を厳選しすぎている

今の職場から離れられるならと手当たり次第に応募するのも問題ですが、だからと言って高い理想を掲げ、求める条件に一致しない限り見向きもしないというのも問題です。

良い職場に巡り合うためにはそれなりに数をあたらなければならないのもまた事実ですので、求人を選びすぎるのも転職が成功しない原因になります。

企業名や規模だけでふるいにかけたり、憧れだけで転職したりしようとすると失敗する可能性があります。

また、最初から理想どおりの職場などは現実にはほぼありませんので、たとえ採用されても、そのあとで理想とのギャップにショックを受け、また転職活動を始めることにもなりかねません。

 面接で適切な回答ができていない

先ほども述べましたが企業は即戦力を求めますので、中途採用面接の場ではその場で信頼を勝ち取るくらいの受け答えが要求されます。

質問に対して適切な回答ができていなかったり、相手の意図がつかめていなかったりすると、残念ながら縁がなかったということになってしまうでしょう。

ただこの場合、テクニック面に関しては訓練で克服が可能です。

面接でいかに自分をアピールするかは覚えればクリアできる課題ですので、そこは努力次第でしょう。

問題は、アピールすべき自分の強みがきちんとあることです。

企業にとって魅力に感じられるものがなければ、いくら技術を磨いても適切な回答にはなり得ません。

まずなぜ転職をするのか?

求人に次々に応募しても一向に書類選考が通らない、面接はしてもらえるのに断られてばかり、うまくいかない転職活動の原因はどこにあるのでしょうか。

自分の能力や経験に合った求人を選んでいるはずなのに受からない、自分の理想に合った求人を見つけたのにあっけなく振られてしまった、転職活動がうまくいなかい理由を知るためには、今一度、自分のことをしっかり振り返って、自分がなぜ転職しようとしているのか、その理由と目的を把握し直すことが大切です。

企業はこれまでに多くの人を面接し、採用し、人材育成を行い活躍してくれる人、活躍できない人、すぐに辞めてしまう人などを見てきました。

あなたが気づいていないことも企業側はしっかりと見ているので、転職がうまくいかない理由はあなたが自分を理解していないことにあるかもしれません。

辞めた理由

あなたが前の職場を辞めることにした理由は何だったでしょうか。

辞めた理由としては大きく分けて、ネガティブな理由とポジティブな理由に分けられます。

ネガティブな理由としては仕事が合わなかった、失敗ばかりで成果が出せなかった、人間関係で悩んだ、パワハラやセクハラに遭った、残業が多い、休みが取れなかった、給料が低いなどいろいろ考えられます。

一方、ポジティブな理由としては自分の能力や磨いてきたスキルをより大きな世界やグローバルな環境でチャレンジしたい、資格取得支援制度がある、自己裁量が高い企業で自分のキャリアをもっと高めたいなどが考えられます。

転職がうまくいかない人はネガティブな理由ばかり挙げる人が少なくありません。

ポジティブな理由がないかも、よく考えてみましょう。

転職理由

では、転職理由はどんな理由でしょうか。

転職理由は辞めた理由と同じではないのか、と思われるかもしれません。

営業成績が悪く契約がまったく取れなかったから仕事が合わないと感じた、顧客や取引先からのクレームが嫌になったから他の会社に転職したくなったのだとネガティブな理由を挙げる方もいることでしょう。

ですが、それでは、いつまで経っても内定獲得にはつながりません。

企業では職種を問わず、成果が求められ、企業の業績や収益に貢献することが求められます。

営業成績が悪いから他の職種に転職したいとアピールしても、自社に利益をもたらしてくれる人材だと評価できず採用は難しくなります。

クレーム対応も業種や職種を問わずあり得る話で、何か問題に直面した際、逃げてしまう人と評価され、採用には至りません。

転職理由は過去の仕事や職場からの現実逃避ではなく、転職先でいかに活躍し、その企業に貢献していくかを考えることが大切です。

前職で身に付けたスキル

辞めた理由をはじめ、転職理由がネガティブになってしまう方は、前職でどんなスキルを身に付けられたかを棚卸ししてみましょう。

経験の長さや業種、職種にも寄りますが、専門的なスキルでなくても、幅広く通用するスキルを少なからず身に付けているはずです。

コミュニケーション力やプレゼンスキルをはじめ、業種によってはモノづくりの技術や機械や工具のオペレーション技術なども挙げられます。

仮に数ヶ月程度で辞めたとしても、最低限のビジネスマナーが身に付いている、電話対応なら自信があるなど、何らかのスキルを身に付けているはずです。

それを箇条書きで書き出すなどして、棚卸ししていきましょう。

転職でどう活かすか?

身に付けたスキルを転職先でどう活かせるかを考えましょう。

まったく異業種への転職を希望している場合でも、自分の持っているスキルをどう活用できるかをアピールできるかどうかで、内定が得られるかどうかにも影響を与えます。

企業が中途採用をする場合、すぐにでも活躍してくれる人材が欲しいので、畑違いであっても、何らかの経験やスキルを活用できるとの意気込みを持ち、実際に活かせそうな人を望んでいるためです。

今持ち合わせているスキルが、転職を希望している企業でどう活かすことができるか、じっくり考えてみましょう。

希望の企業であなたは何ができますか?

スキルや経験を活かして頑張りたいとアピールするだけでは、本当に活躍できるのかが見えてきません。

具体的にどう活かせるかを示せないと、企業としては納得できないからです。

そのためには希望の企業の業務内容や方針、将来目指しているところなどを、しっかりとリサーチして理解することが必要です。

そのうえで、自分のスキルや経験がどこでどう活かせそうかを考えましょう。

転職先の企業は、人間関係に苦しんだあなたや、仕事が嫌になったあなたに同情して救ってくれる場所ではありません。

どの企業であっても、自社の業績に貢献できる人材を求めています。

だからこそ、希望する企業にあなたは何ができるのか、どう貢献できるかをアピールすることが大切です。

未経験で飛び込む場合

業種を問わず、人材不足が深刻化している時代にあっては、未経験可といった企業も増えてきました。

とはいえ、誰でもいいから採用するわけではありません。

早期に一人前へと成長してくれそうな人を、面接で見極めます。

そのためには今ある能力やスキルを活かせることをアピールすること、もう1つは将来のキャリアプランを示すことが大切です。

未経験でも転職したいのは、こんなキャリアプランを描いているからだと、その企業での将来像をしっかり持っていることをアピールしましょう。

より具体的なキャリアビジョンを持っている人は、未経験であっても意欲があり、育成のしがいがあり、将来的に企業に貢献してくれる人物だとの評価を得やすいためです。

 年代別!転職活動がうまくいかないときの対策

一口に転職活動と言っても、応募者の年代によって求められる要素は大きく変わります。

それはひとえに、企業が中途採用者に求める要素が年代によって変わるからです。

一般的に若いほうが有利だと捉えられがちですが、現実にはそうとも限りません。

企業がどのような職場にどのようなポストの人材を求めるかによって要項はガラリと変わりますので、重要なのは募集人材と応募者のマッチングの一言に尽きます。

実際には募集一つひとつが千差万別ですので一概に言えませんが、ここでは一般的に求められやすい年代別の傾向と対策を解説します。

 20代の転職活動

20代は体力も気力もあり、まだまだ伸びしろが期待できるため、転職市場でも有利なのは事実です。

特に昨今は若い人材不足のため売り手市場とよく言われますが、それでも転職がうまくいかない20代が多いのはなぜでしょうか。

 転職がうまくいかない理由

20代はすでに社会に出て仕事を経験し、一通り仕事のルールやビジネスマナーも身に付いているので、新卒よりもありがたい人材です。

これから期待できる成長株のはずですが、20代で転職活動がうまくいかない人は、いくら応募しても書類選考すら通過しないという厳しい現実を味わっています。

もちろん求める職場へ転職し、希望どおりの働き方を実現した人もたくさんいますが、どうして希望どおりいく人といかない人に分かれるのでしょうか。

年齢に過信している

「20代ならどこでも採用してもらえる…。」そんな風に考えているなら大きな誤りです。

履歴書と職務経歴書を正しく作成し、身だしなみも立ち居振る舞いも社会人のクオリティを見せなければなりません。

会社で働く覚悟が足りないと判断されれば、たとえ20代でも書類の時点で落とされてしまいます。

 自分の能力以上の企業を求めている

20代は自分が社会で通用するという自信に満ちている時期ですが、根拠のない自信は過信になります。

もちろん、確かな職務経験や実績があれば、相手を説得することは可能でしょう。

でもそれらがない状態で、意気込みだけで第三者を納得させることはほぼ不可能です。

 転職理由がネガティブ

実際には、今の職場が嫌だから転職したいのかもしれませんが、それを言ったところで採用する企業はまずありません。

企業はポジティブな人材を求めていますし、どんな環境でもネガティブ要素はゼロにはなりませんので、採用してもまた同じような理由で辞めてしまいそうな人物は採用しません。

仕事に対する考えが甘い

会社で働くということは、組織のために働き、労力を使って成果を出すことで対価を得ることです。

仕事には辛い面もありますし、我慢しなければならないこともたくさんありますが、それを理解していないと捉えられるとマイナスです。

本人にそのつもりがなくても、理想ばかり並べることで甘えがあると思われると、仕事に就く意欲がないと判断されてしまいます。

対策方法

これらを踏まえ、20代がマイナス要素をなくすためにはどのような対策が考えられるでしょうか。

 自分のスキルや能力を見直す

企業が求めるスキルがあることが前提ですので、もし希望する先が求めるものが身に付いていないなら、まずそこから見直しましょう。

今から勉強をはじめることもできますし、今のスキルが生かせる先に絞ることもできます。

求められる人材像に自分から近づいていく方法です。

 自分が本当にやりたいことが何かを考える

興味本位で職種を選ぶのではなく、自分は何がやりたいのかもう一度深く考えてみることが重要です。

この転職は今だけの話ではなく、これからも続く人生の分岐点であることを認識しましょう。

 転職エージェントに相談する

どうしても考えがまとまらない場合、転職のプロフェッショナルのアドバイスを受けることも大切です。

もう一度客観的に自分を見直すためにも、エージェントの意見に耳を傾けてみることです。

あわせて読みたい

30代の転職活動

転職希望者で30代は実はとても増えている年代です。

そしてその実態は、活動を始めてあっという間に転職を決める人と、何社応募してもまったく内定がもらえない人とに完全に分かれる傾向にあります。

その差はどこにあるのでしょうか。

転職がうまくいかない理由

30代で転職がうまくいかない人に共通するのは、大きな「ズレ」です。

自分で考える社会人としての自分と第三者から見たときのズレ、希望する職種と実力のズレ、理想と現実とのズレなどが大きな問題になっているケースが大半です。

新卒のときの就活と同じことをしていても、すでに許される年齢ではありません。

具体的にはどのような点に問題があるのでしょうか。

 仕事に対する熱意が足りない

企業の採用担当者の多くが30代の応募者に対して、「熱意が足りない」と感じて落選している現実をご存じでしょうか。

応募者の中には、仕事さえできればいいのだからただの精神論だという人もいますが、会社の仕事は一人でできるものではありません。

組織で協力できる仲間となり得るか、同じ方向を見て進める人物か、人である以上、意欲や熱意は欠かせない要素です。

30代にしては経験が少ない

企業が求めるのは即戦力ですので、職務経験は非常に重視されます。

また、30代には組織の中堅として現場を支えてくれる役割を期待する企業も多いので、「経験が浅い」「ごく限られた仕事しかして来なかった」という場合は厳しい判断になるでしょう。

 現状を素直に受け入れられない

30代は自負がありますので、今まで自分がやってきたことを否定するのがだんだん難しくなります。

変化に対応できないと転職は成功しにくいのですが、現状を受け入れること、物事や人の意見を素直に受け取ることはとても重要な要素です。

面接などで、「頑固そうだ」「プライドが高そうだ」と捉えられると、多少スキルがあっても敬遠されてしまう可能性があります。

 対策方法

それでは30代が転職を成功させるためには、どのような対策が考えられるでしょうか。

新卒の頃の熱意を思い出す

知らないうちに失ってしまった熱意を取り戻すためには、新卒の頃を思い出してみるのも一つの手段です。

何を求めてどんなことを考えて社会に出たのか、その頃どんなことに頑張っていたか、転職を機会に初心に返る時間を取ってみましょう。

現状を潔く認める

30代が転職した場合、新しい職場では上司がずっと年下になる可能性も十分にあります。

今まで自分がやってきた仕事も、価値観も、技術も、もしかしたら否定されることもあるでしょう。

それらを時代の変化として柔軟に受け止め、潔く認める覚悟を持つことが重要です。

これはこれから先の人生においても、必須のステップと言えます。

 年収の高望みを辞める

年収は年齢や就業年月で決まるものではありません。

これまで築いてきた地位の延長上にない以上、待遇も一から考え直す必要があります。

高い年収を押し通したいなら、自分がそれだけの成果を出して企業に利益をもたらすだけの根拠を示す必要があります。

ただこれも未経験の分野であれば不可能なことですので、自分の都合だけを通すことはできません。

 今後のキャリアビジョンを明確化する

自分がこの先どういった仕事をするためにこの転職を希望しているのか、明確なビジョンが示せるようにすることは重要です。

面接では志望動機や成し遂げたいことなどを聞かれることも多いですが、そこで具体性のある説明ができないと考えが浅いと判断される恐れがあります。

転職できればどこでもいいのだろうなどと思われないよう、論理的なプレゼンができるようにしましょう。

 40代の転職活動

40代の転職は、キャリアアップを目指す人と自分のペースで仕事をしたい人に2分される傾向にあります。

転職自体が当たり前と受け止められるようになり、昔は難しいと言われていた40代の転職も活発になってきています。

ただその成果に対しては、ほかの年代とは少し異なる判断基準があるのも事実でしょう。

 転職がうまくいかない理由

40代の転職はほかの年代とは異なり、他人が見て失敗だと言っても、本人にとっては大成功というケースが多いです。

たとえば、自己実現をするために大企業から個人事業に転向したとして、「キャリアアップを目指す組から失敗だ」と言われてもそれは的外れな意見です。

要は40代の転職は本人の目的を果たすことが成否の条件であり、現代はそこに多様性が生まれています。

問題は本人が自分で失敗したと捉えている場合であり、そこにはやはり共通項があります。

自分の能力に過信している

しかるべき職務経歴があり、一定の地位を築いた人はプライドがあるのは当然ですが、新しい職場でも同じ待遇が得られるわけではありません。

時代はスピード変化していますので、過信するとキャリアが足かせになり、給与が合わないとして敬遠される可能性があります。

役職を求めすぎている

役がほしくて転職するキャリアアップ組も多いですが、現実問題、かなり優秀な人材でなければ企業とマッチする人はそういません。

たとえ給与が大幅に下がっても役職に就きたいという場合は別な可能性もありますが、高給取りの管理職は転職市場でもニーズはありませんので、期待はできません。

企業よりも自分を上に見ている

若い企業や中小企業に対して、「自分が力になってやる」と言わんばかりの上から目線で乗り込んで来る40代が多いです。

プライドがあるのでしょうが、高圧的な態度の応募者を採用する企業はありませんので、自分の立ち居振る舞いや言動を客観的に見て反省する必要があります。

対策方法

40代は年齢がネックではないとは言えませんが、年齢以外にも転職を妨げる要素はたくさんあります。

失敗が続いているなら、素直に自分を見直す必要があるでしょう。

なぜ40代で転職を考えたのかを見つめ直す

キャリアを積んだ今の職場を離れ、新しい職場を目指した理由は何でしょうか。

煮詰まってくるととにかく転職しなければと執着し、そもそもの理由が置き去りになってしまう場合があります。

よりよい条件を探すためか、やりたい仕事に就くためか、何を一番優先すべきかを明確にすることが大切です。

妥協できる役職や年収を見極める

高い給与や求める役職、望む待遇は理想を挙げればきりがありません。

でも時代は変わり、現実社会はスピーディに変化しています。

もちろん、すべてを妥協する必要はありませんが、自分の現在の市場価値と妥当な待遇をリアルに見極め、落としどころを見つけることも重要です。

転職をあきらめ、フリーランスを視野に入れる

転職と言っても企業から企業へ移るだけがすべてではありません。

フリーランスという選択肢でも、会社員時代より高い年収を実現したり、自分に合うペースの仕事を得たりして満足を得ている人はたくさんいます。

自分にとって何が成功なのかをよく考え、本当に満足できる状況とはどんな状況なのか、よく考えて選択することも大切です。

まとめ

転職活動がうまくいかない場合、さまざまな要因が考えられます。

20代、30代、40代など年代によっても企業から求められる資質が変わるため、それぞれの対策も変わってくるでしょう。

ただ総じて言えることは、転職がうまくいかない人の大半が、自分のことを客観視できていないということです。

いつの時代も自己分析は就職の肝ですので、あきらめずに初心に返って自分を見つめ直してみてください。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ