インターンを自己成長に繋げよう! 内定後にインターンを始めた加藤さんにインタビュー!

就活市場をご覧の皆さん、こんにちは!

日本女子大学二年の菅原です!

自分で情報を発信していきたい!という将来の夢を叶えるために、マーケティングを学べるインターンに参加し、日々勉強中です!

今回も長期インターンに参加している方にインタビューしてきました!

なんと今回インタビューした方は、大学4年生で長期インターンを始めた方です。

こんな方にオススメ

  1. 長期インターンシップについて知りたい!
  2. いつ始めるべきか悩んでいる
  3. 就活についてまだ考えるのはまだ早い気がしている

今回インタビューさせて頂いたのは、早稲田大学に通う4年生の加藤さんです。

就活終了後に長期インターンに参加するという珍しい経験をされている方です!!

インタビュー開始

菅原

菅原

本日はよろしくお願いします!

菅原

菅原

まず、4年生でインターンを始めるって珍しいですよね、、?

加藤

加藤

はい、珍しいと思います。

菅原

菅原

その時期にインターンを始めた理由をぜひ聞かせてください。

加藤

加藤

新卒ではコンサルティング企業に就職するのですが、このままでは社会に出た時に周りの優秀な人たちに埋れてしまうのではないかと言う危機感から始めました。

菅原

菅原

なるほど、凄いです、、、

企業の選び方

菅原

菅原

次に、インターンシップ先の企業について教えてください!

加藤

加藤

香水の製造や卸を行っています。自分から主体的に行動できる人が重宝される会社です。

また、インターン生が約100人いるので非常に裁量を与えられて日々業務を行える環境だと感じます。

菅原

菅原

インターン生が多い職場ですね!勉強になりそうです、、

菅原

菅原

香水の製造や卸をされていると言っていたのですが、その企業は内定を貰った企業とは違う企業ですよね?

加藤

加藤

はい、違います。就職先がコンサルティング企業なので、これから事業会社を相手にビジネスを行うことになるため、一度相手側の視点に立って働いてみたいと考え、あえて違う企業でのインターンに参加しました。

菅原

菅原

なるほど!珍しいですね!

菅原

菅原

インターン先の企業はどうやって探しましたか?

加藤

加藤

自分は就活後にインターンを探したこともあり、あまり時間をかけたくなかったためgoodfindに紹介してもらう形で入りました。

ただインターン先ではインターン生によるリファラル採用もかなり行われていますよ。

菅原

菅原

インターン先の探し方は様々ですね!リファラルでも採用されていると、沢山のインターン生がいらっしゃるのも納得です!

用語説明

goodfind とは?

社会で活躍する専門家から自分に合った企業を提供してもらえるサービス

リファラル採用とは?

すでに働いている人から、紹介されたり推薦されたりした人を採用すること。

インターンの仕事について

菅原

菅原

ここから、インターンについて具体的に聞いていきたいのですが、実際にインターンではどんな仕事をしていますか?

加藤

加藤

管理部の財務を担当している社員の方と一緒に財務関連の仕事をしています。

ベンチマークしている他社の有価証券報告書を読み込んで分析したり、自社の財務情報の分析はもちろん、インターン先で取り扱っているブランド別のPL作成を行ったりしています。

菅原

菅原

凄い、専門用語が沢山ですね!専門的な仕事って感じがします!

用語説明

ベンチマークとは

「指標」「基準」という意味を持ち、一般的に、何かを評価する際の比較基準を表す。

有価証券報告書とは

上場企業が事業年度ごとに作成する書類。企業や事業についてや、働く人の情報も記載されており、投資判断の材料として用いられることが多い。

PL(損益計算書)とは

収益や費用、純利益などの情報が書かれている決算書。一定期間の経営成績が記載されており、企業の判断基準ともなる。

菅原

菅原

インターンの仕事の1日のスケジュールについて教えてください。

加藤

加藤

基本は9時~18時で勤務します。残業も基本的にはありませんし、どうしてもしたい時は上司の許可を得る必要があります。なので残業している人はあまり見ません。

また自分は内勤なので、お昼は同じ部署の人と一緒にご飯を食べに行くことが多いです。

菅原

菅原

社員さんと一緒にご飯とは楽しそうですね!

インターンってすべきタスクが多くて大変な印象ですが、楽しく働いているのが伝わってきます!

加藤

加藤

この時間があったから、社員と仲良くなれました!

インターンに参加するメリット

菅原

菅原

インターンシップで得たスキルについても教えて欲しいです!

加藤

加藤

元々簿記の勉強をしていたので財務に関する知識は少しありましたが、新たに分析の方法指標などを学びました。

それ以外にもExcelの技術や仕事の進め方など、基本的なことも身につきました。

菅原

菅原

就職してからの自分に繋がる(活かせる)と思った部分を聞きたいです!

加藤

加藤

自分の業務を行う上で用いられる財務ファイナンスの知識Excelパワーポイントなどの技術、コミュニケーションの取り方プロジェクトの進め方、、、

加藤

加藤

ほとんど全てですね!

菅原

菅原

沢山吸収してるんですね!確かに社会で使えそうです!

菅原

菅原

インターンをするメリット、意味もぜひ教えてください!

加藤

加藤

インターンをすることで、自分の経験や知識を深めて成長できるのはもちろんですが、新たに多くの人と出会うことで人脈が広がりました。

あとは自分がいかに何も分かっていないのか、まだまだなのかを痛感し、様々なことに対して努力する必要があると気づけました。

これは意外と大事なことです。インターンに参加するメリットは本当に沢山ありますよ。

いつからインターンを始めるべきか

菅原

菅原

4年生からでも、長期インターンに参加したほうがいいと感じますか?

加藤

加藤

機会があるなら絶対に参加すべきです。むしろ就活を終えてからインターンに参加したことで、社会人になってからする仕事が決まっているため、何を意識してインターンに望むべきかが明確になり、意味のあるインターンを経験できると思います。

菅原

菅原

インターンは目的を持って参加することが大切なのですね!

長期インターンと短期インターンの違い

菅原

菅原

加藤さんが考える長期インターンと短期インターンの違いはありますか?

加藤

加藤

短期インターンは案や企画、戦略を考えることで終わってしまう場合が多いですが、長期インターンでは自分が考えたことを実践し、結果を見ると言うところまでをリアルに経験できます。

これは長い時間をかけることができる長期インターンならではの魅力です。

菅原

菅原

インターンシップに参加する前と後での加藤さんの心境の変化はなにか有りましたか?

加藤

加藤

時間について考え方が変わりましたね。大切さとその大切な時間の使い方をとても考えるようになりました。

加藤

加藤

今までの学生生活で、新しいことに挑戦することはほとんどなかったんです。でもインターンに参加して、優秀な仲間、社員さんと関わった時、自分に残された時間の少なさを強く感じました。

大学生はお金や知識はないですが、自由に使える時間は誰よりも沢山ありますよね。その時間をどのように使えるかは自分に大きな影響を及ぼすと思います。

菅原

菅原

なるほど。確かに学生のうちに時間をどう使うかは大きな問題ですよね、、勉強になります!

菅原

菅原

もっと早い段階でインターンをやっていればよかったと思いますか?

加藤

加藤

思います!まだまだ学びたいこともやりたいことも沢山あります。

目的なくインターンに参加するのはどうなんだろう、と考える人も多いと思いますが、参加することで学べることは沢山ありますよ。

菅原

菅原

本日は貴重なお話をありがとうございました!

まとめ

内定を貰ってからインターンに挑戦すると言う本当に珍しい経験をされている加藤さんにお話をお伺いしました!

4年生ということもあり、先輩学生として、学生のタメになるお話を沢山してくださいました。
私自身も時間の使い方など、改めて考えようと思える機会になりました!

学生のうちに沢山のことを吸収して、貴重な時間を有意義に使えたら素敵ですよね!

ぜひこの記事を見てくださった方も、自分自身の成長のためにインターンに挑戦してみてはいかがでしょうか?

今からでは遅いと思っているあなたも、遅くありません!

是非インターンを通して、自己成長に繋げましょう!

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ