役員面接で落ちることはあるの?内定を勝ち取るポイントを徹底解説

一次面接や二次面接を何とか通過し、やっとの思いでたどり着いた役員面接(最終面接)。

ここまで来たら絶対内定が欲しいですよね。

しかし、面接の相手は重鎮の役員や社長ですから、今までの面接よりさらに手強そうだなと感じてしまいます。

この記事では、役員面接を切り抜け内定を獲得するためのポイントを徹底解説します。

最後まで読めば、内定をもらえる確率が高まるのでぜひご一読ください。

 

役員面接で落ちることってあるの?

「役員面接まで進めば、ほぼ内定は決まってるんでしょ?」

「役員面接なんて意思確認程度の意味しかないでしょ?」

上記のように考えている方は多いでしょう。

しかし、この認識は誤っています。

役員面接で落とされる可能性は十分あるのです。

 

半分は落ちる!入社前の意思確認だと思っている人は認識を改めよう

実際のところ、多くの企業において、役員面接の通過率は50%程度です。

役員面接は決して、内定承諾の意思確認の場ではないため、「最終面接に進んだから内定を出してくれるだろう」という甘い考えは改めてください。

面接官を担当する役員は、長年のキャリアの中でマネージャー經驗を積み、成長する社員を多く見てきました。

このため、面接を受ける学生を見れば「自社にマッチする人材なのか」「これまで自社で活躍してきたタイプと似ている人間か」など判断が下せます。

また、最終面接を担当する役員は企業にとっても重役なので、人事部も役員が下した決定に逆らうことは基本的にはできません。

このように、最終面接で役員のお眼鏡にかなわなければ落とされる可能性は高いのです。

そのため、一次面接や二次面接以上に心してかかる必要があります。

 

役員面接で落ちる人の共通点

何としても、役員面接を通過して内定を勝ち取りたいところ。

そのためには、どのような人が役員面接を通過できないのか知っておく必要がありますよね。

この章では、役員面接で落ちる人の共通点をご紹介します。

ぜひとも確認し、反面教師として役立ててください。

 

入社意欲が低い

入社意欲が低いと感じられる学生に対しては、いくら優秀でも企業は内定を出してくれません。

企業もコストを使って採用活動をしているわけですから、限りある内定通知は確実に入社してもらえそうな学生にしか出したくないのが本音です。

最終面接まで進んでいるのですから、能力や将来性などに関しては採用しても問題ないと思われている可能性が高いです。

しかし、入社を迷っている姿勢が見受けられると「内定出しても蹴られそうだな」と感じ、不採用を食らってしまいます。

つまり、最終面接では、今まで以上に入社意欲をアピールする必要があるのです。

 

企業の方向性や価値観とマッチしない

最終面接では、入社意欲とともに、企業理念や社風・企業の方向性とマッチするのかという点も見られます。

極端な事例かもしれませんが、これから国内市場の拡大を狙っている企業

なのに、面接で「グローバルに働きたい」と言われたら役員は困ってしまいます。

人間性やスキルに問題なくとも「目指す方向性がうちとは異なるから、他の会社に入ったほうがいい」と言いたくなるでしょう。

また、主体的に行動できる人材を求めているのに、短所の質問で「積極性が足りない」などと言われると、求める人材像と異なるため採用後の活躍を不安視されてしまいます。

このように、企業と同じ方向を向いているのかという点は重要です。

 

はじめてのエピソードを披露する

学生の中には、面接官に自分を印象付けるためか奇をてらってか、これまで話したことのないエピソードを最終面接で披露する人もいます。

最終面接の場合、それまでの選考過程で話した内容は人事などから役員に伝わっています。

それなのに急にはじめてのことを言い出すと面接官は混乱してしまいますよね。

ですから、最終面接ではこれまでの選考と話す内容は一貫性を保つ必要があります。

 

印象が薄い

企業が内定を出すには、決め手が必要です。

他の学生と比べ、その人しか持っていない点、その人が他の人より優れている点などがあったほうが望ましいです。

このため、そつなくこなし特に悪い点が見受けられないような人は一見問題なく思いますが、無難すぎて印象に残らず落とされる可能性があるのです。

理不尽に思われるかもしれませんが、就活の場ですから良いところを見せる必要があります。

 

役員面接で落ちないための対処法

役員面接で落ちないための特徴は、ご理解頂けたでしょうか?次は、上記の点を踏まえ、役員面接で落ちないための対処法をご紹介します。

ここに記載した行動を実践し、緊張する役員面接を乗り越えましょう。

 

面接前に社長の情報を確認

最終面接の相手は役員もしくは社長です。

そのため、必ず社長周りの情報は仕入れておきましょう。

名前はもちろんのこと、理念や長期的なビジョン、発言、最新の動向など隈なくチェックしてください。

特に重要なのは社長のポリシーや会社を作った経緯といった、考え方に関する点です。

自分の考えを勉強してくれたことが伝われば、社長は非常に喜びます。

ゴマをするわけではないですが、これから入社を検討する会社の社長のことですからきちんと学んでおきましょう。

 

逆質問の内容を考えておく

面接の最後などに、面接官から「何か質問はありますか?」と逆質問が飛んでくるケースがほとんどです。

ここでは「特にありません」と答えてしまうのはいけません。

入社意欲が低いのではと思われてしまうためです。

また、少し調べても分かるような簡単な質問はしないほうがベターです。

HPもきちんと見ていないのかと不満を抱く恐れがあるためです。

逆質問では、業務内容や活躍する人物像などに関する具体的な内容を考えておきましょう。

逆質問の例文をいくつかご紹介します。

 

■1人立ちするためには、何がどれくらいできれば良いでしょうか?

■入社までに勉強したほうがよいことがあれば教えてください。

 

■貴社で活躍する人物の共通点はありますか?

上記のように、仕事を進める上で役立つような具体的な質問を心掛けてください。

 

志望動機の練り直しを行う

最終面接でも、志望動機や自己PRなど基本的な質問はこれまでの面接と同様よく聞かれます。

「説明会→エントリーシート→一次面接→二次面接」と段階を踏む中で、企業や業務に対する理解は深まったでしょう。

新しく得た知見を志望動機にも反映したほうが好ましいです。

例えば、2次面接で現場のエンジニアの方の話を聞き、仕事のイメージが深まった話などを盛り込み、志望動機をブラッシュアップさせましょう。

 

凹まない

先に述べたように、役員面接では2人に1人が落とされます。

そのため、長い就職活動の間には何度も採用面接で落とされることもあるかもしれません。

特に、第一志望の企業で最終面接で残念な結果に終わるととても落胆するでしょう。

しかし、落ちるたびに凹んでいたら精神が持ちません。

たまたまその企業に自分がハマらなかっただけの可能性もあります。

落ちたことをいちいち気にしないように気を付けましょう。

落ち込んた状態で面接を受けると、声が小さくなったりおどおどした態度になってしまったりして相手に与える印象も悪くなります。

そのため、通過確率がさらに低くなってしまう可能性が高いです。

上手く気持ちを切り替え自分に自信を持ち、最終面接に臨んでください。

 

役員面接で落ちるときのフラグ

最後に役員面接で落ちるときのフラグをご紹介します。

ここでご紹介するのは、あくまで不合格の可能性が高いという意味です。

紹介する行動をされたからといって、落ちたことが確定するわけではありません。

基本的には、終わった面接のことは考えず、神に祈る気持ちで採用の連絡が来るのを待ちましょう。

 

面接時間が早く終了する

内定に値する人物か判断するために色々質問をするのが普通です。

面接時間が早く終了したら興味を持たれていない可能性が高いです。

また、採用するつもりの学生に対しては、役員はこれからの仕事のことなど面接官の方からも色々と話してきます。

そういったものがなく面接が事務的に終わるのなら黄信号です。

最初に述べたように、多くの企業にとって、最終面接は内定のための意思確認の場ではありません。

予定した面接時間より長くかかることも多く、時間は採用かどうかの判断の目安となるのです。

 

仕事とは関係ない話をされる

仕事とは関係ない雑談が交わされるようだと、落とされるリスクが高いです。

落とすことが決まった学生に対しては、場を繋ぐために仕事とは関係ない話をするのです。

天気の話や最近あったニュースの話など、あなたと関係ない話をされるようでは望みが薄いでしょう。

趣味に絡めて話を続けることも考えられます。

せっかく対策したのに世間話が続くと腹が立ちますが、大人ですから我慢し、面接が終了するまでは雑談を続けましょう。

 

ほめちぎる

「柔道で県大会に出場したんだ。

すごいね!」「趣味がバイオリンって上品だね!」など、ほめちぎられる場合も落ちる可能性が高いです。

褒めるのは合格フラグかと思いきや、実はそうではない場合も多いです。

企業側はクレームがくることを恐れ、学生に不満が残らないよう、敢えて丁寧な対応をするのです。

そのため、不自然なまでに褒めるところが見受けられたら、危険です。

残念ですが、もう社員としてではなくお客様として捉えられているのです。

 

まとめ

役員面接で落ちる可能性は十分あります。

その確率は2分の1という非常に高い確率なのです。

落とされないためには、その企業への強い入社意欲を見せる必要があります。

また、企業研究だけでなく社長に関する情報を集め、考え方や理念に共感していることを示さねばなりません。

役員や社長は独特のオーラがあり対峙するだけでもとてつもない緊張に襲われるでしょう。

しかし、内定を勝ち取るためには緊張に打ち勝ち、自分を最大限にアピールする必要があります。

逆質問などこの記事で学んだ内容を実践し、ぜひとも内定を獲得してください。

 

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ