就活で性格を聞かれた時うまく答えるためのポイントを伝授します

就活では、エントリーシートや面接で性格について聞かれます。

そんな時、自分の性格をありのままに伝えてもいいものなのか、困ってしまいますよね。

就活では自分をアピールする必要がありますから、伝える性格のチョイスや伝え方をきちんと考えなくてはなりません。

この記事では就活で性格を聞かれた時、うまく答えるためのポイントを解説します。

最後まで読めば、自分の性格を企業にうまくアピールできるようになりますよ。

なぜ就活で性格が聞かれるの?

「仕事ができれば性格なんて関係無いだろ」

なぜ、就活で性格が聞かれるのか疑問を抱く方もいるでしょう。

しかし、企業にとっては応募者の性格は、採用の判断に当たって非常に重要な要素の1つなのです。

まずは、就活で性格が聞かれる理由を解説します。

企業にマッチする人柄か確認している

選考の際は、企業は能力だけでなく人柄もチェックしています。

むしろ、能力よりも人柄を重視する企業も少なくありません。

社会人として問題が無い人格を備えているかということももちろんですが、その企業にマッチする人柄か確認するという意味あいも強いです。

企業によって組織風土は異なりますから、その企業に向いている性格とそうでない性格が存在します。

例えば、チームで問題解決を図る文化が根付いている会社では、協調性やコミュニケーション力を備えている人が向いています。

性格が社風に合わない企業に入社してしまうと、成長スピードが遅くなったり周りと上手くいかなくなったししやすく、短期離職の原因となってしまうのです。

また、単純に一緒に働きたい人材なのかという点も確認されます。

ネガティブな性格を持った人よりポジティブな性格を持っている人と、一緒に働きたいと思いますよね。

このように、性格を通して企業は求職者の人となりを確認しているのです。

自分を客観的に把握できているのか知りたい

自己分析がきちんとできているのか確認する意味もあります。

就活では、性格を直接質問するだけでなく、性格適性検査も実施します。

両者の回答に一貫性があるのかチェックし、客観的に自分を把握できているか確認しているのです。

ここで回答に矛盾が生じると、「自分のことをきちんと把握できていないのでは?」と疑われてしまいます。

それはすなわち就活を適当に行っていたことを意味し、仕事に対する姿勢を問題視されます。

例えば、性格で粘り強さをアピールしているのに、適性検査の結果からはストレス耐性の弱さが透けて見えると「ウソをついているのでは?」という話になりますよね。

自分が持っていない性格をアピールすると、高確率で矛盾が生じやすいため、ウソは厳禁です。

就活で性格に関して答える際の構成

就活で、「あなたはどんな性格ですか。」、「どんな特徴の人ですか。」と尋ねられた場合、どのように答えればいいのでしょうか。

基本の構成を知らないと、「こんな性格です。」の一言で終わってしまう質問です。

ですが、それでは、あなたの特徴を伝えられません。

面接は、企業に採用してもらうための自己PRの場であり、自分を売り込むための営業活動の場です。

ただ一言で自分の性格を伝えて終わりではなく、以下の構成にもとづいて、自分がどんな人間であるのかをアピールしましょう。

構成を通じて伝えたい目標は、企業に採用したいと思わせる人材であることを理解してもらうことです。

結論(アピールポイント)

最初に、あなたの性格を一言で述べます。

結論から述べることで、あなたの特徴を理解してもらえ、印象づけることができます。

重要なのは、どんな性格をチョイスして、どんな表現で伝えるかです。

性格といっても、人にはいろいろな側面があり、ひとつでまとまる人はそう多くありません。

さらにひとつの性格を伝えるにも、表現の仕方で印象も変わります。

自己分析をしっかり行って、自分の性格について、よく把握しましょう。

そのうえで、自分のどの面をアピールするかは、志望している企業が求める人物像や、志望している職種の適性に合わせて選ぶのがおすすめです。

接客業であれば、「明るい性格です」「温和な性格です」など、サービスマンとして望ましい性格をアピールします。

表現の仕方も、企業や職種で求められる人物像に合わせるのがベストです。

真面目な性格を伝える際も、「何事も最後まで成し遂げる性格です」「誠実な性格です」「努力家です」など、表現の仕方で印象も変わります。

エピソードの概要

性格を一言で伝えたら、その性格を特徴づけるエピソードを用意して伝えなくてはなりません。

明るい性格や真面目な性格も言葉で述べるだけなら、誰でもできます。

本当にそういう性格の持ち主なのかを印象づけ、納得させるエピソードを用意しましょう。

エピソードを選ぶ際に、重要になるポイントがあります。

それは、あなたの性格が印象づけられる、なんらかの課題があったエピソードを探す必要があることです。

エピソードの内容は、学生時代の部活動でもゼミでもサークルでもいいですし、ボランティア活動やアルバイトでの出来事など、何でもかまいません。

エピソードで出た課題

エピソードのシチュエーションはどんなことでもかまいませんが、その場においてなんらかの課題があり、それをあなたの性格を発揮して解決したり、うまく運ぶようになったり、成果が出せたエピソードを選ばなくてはなりません。

選んだエピソードの概要を説明したら、次にそこで生じた課題について、わかりやすく伝えましょう。

面接官は、あなたのエピソードをはじめて聞くので、どんな状況なのかがイメージしやすいように伝えることが大切です。

長々と話すのではなく、簡潔にまとめて、状況をしっかりと理解してもらいましょう。

実際に行動したこと

課題を説明したら、その課題を解決するために、あなたがどのような行動をとったのかを説明します。

その行動は、あなたが最初にアピールした性格だからこその行動や、性格を活かしてできる行動である必要があります。

行動した結果どうなったか

課題解決に向けて行動に出ただけでは、単なる美談で終わってしまい、やる気を示すにすぎません。

企業が採用したいと人物だと思わせるためには、課題解決に向けて行動をし、実際に解決ができたなどの成果を伴う必要があります。

あなたの行動によってどう変わったのか、抱えていた課題と行動後のビフォーアフターがわかりやすいように伝えましょう。

また、行動したことで学んだこと、自分が新しく体得したこと、身に付けたスキルやノウハウなども、行動の結果としてアピールできます。

締め(会社への貢献)

具体的なエピソードとともに、あなたがアピールしたい性格を発揮して課題解決という成果をもたらしたと伝えることで、あなたの性格やどんな人物なのかは伝わりました。

ですが、そこで終わってしまっては、あなたを売り込む営業活動としては足りません。

最後の締めとして、あなたの性格や、課題解決の結果、得た能力やノウハウ、学んだことなどを活かして、どのように会社に貢献できるかをアピールしましょう。

こんな風に課題を解決できるだけの性格を持っているので、エントリーした会社や職種で役立たせられます、と具体性を持った話でまとめるのがベストです。

自分の性格が会社への貢献や仕事に役立つことを伝えることで、入社意欲の高さをアピールできます。

性格まで踏まえてエントリーした会社や職種をしっかりと分析し、自分の性格に合う、自分の性格が役立つと考えたということは、それだけ自社への思い入れがあると理解してもらえるためです。

就活で性格を答える際の7つのポイント

性格の質問は、就活では重要な意味を持つことがご理解頂けたでしょう。

そのため、性格の質問はしっかりと対策して臨まなくてはいけません。

この章では、就活で性格を答える際の7つのポイントをご紹介します。

前向きな性格をチョイスする

当たり前のことですが、その企業で働くことを望んでいるのですから、アピールする性格は前向きのものでなくてはなりません。

例えば、「明るい」「元気がある」などの性格であれば良い印象を与えられますよね。

逆に、「めんどうくさがり」「物事を途中で投げ出しやすい」などネガティブな一面は、本当にそうだったとしても伝えるのは避けたほうが無難です。

ただ、性格の中でも短所を聞かれた際は、ネガティブな性格を伝えるのはOKです。

ただ、その場合でも「どのようにその短所を克服しようと努力しているのか」という点を合わせて伝えましょう。

人に聞く

中には「自分の性格が自分では分からない」という人もいるでしょう。

自分の性格が分からなければ、人に聞くのがおすすめです。

他者からの評価であれば、そのまま客観的な性格として取り入れられます。

人から言われた性格がが自分にとっては思い当らなくても、一意見として受け入れましょう。

信頼できる人何人かに聞けば、信頼性も担保できます。

職場では上司から評価を受けることになるのですから、他人から自分がどう見えているか意識するのは大切です。

性格診断ツールを使う

「自分の性格を他人に聞くなんて恥ずかしくてできない」という人は、性格診断ツールを使って自分の性格を分析してみるのが良いでしょう。

ネットで無料で利用できる性格診断ツールには、「16Personalities性格診断テスト」や「エニアグラム診断」などがあります。

方法は、様々な設問に対し当てはまる回答を選択していくだけです。

どちらも10分程度で完了し、結果の正確性に定評があります。

アピールしたい性格は1つに絞る

自分のいいところを知ってほしくて多くの性格を挙げる人もいますが、アピールのしすぎは却って逆効果になります。

採用担当者からすると、長所がたくさんあっても、結局何をアピールしたいのか分からなくなってしまいます。

また一つ一つの性格のアピールが薄っぺらくなるでしょう。

アピールしたいポイントは1つ、もしくは多くても2つまでに絞り、一番伝えたい性格のみを伝えてください。

企業が求める人物像を意識する

自分がアピールしたい性格を伝えるのではなく、企業が求める人物像を意識して作成してください。

行動力がある人材を求めている企業であれば、積極性やコミュニケーション力がある等の性格をアピールした方が良いです。

自分の一番の長所が「真面目で責任感が強い」ところだと思っていても、より採用担当者に響くアピールがしたければ伝える性格を変更したほうが良いかもしれません。

このように、場合によっては企業ごとにアピールする性格を変えた方が良いのです。

具体的なエピソードも交えて説明する

伝え方として、アピールする性格の根拠となる具体的なエピソードも交えて説明するようにしてください。

「私の性格は~~です。」と言われても、採用担当者からは本当にそうなのか分かりません。

具体的なエピソードがあるからこそ、本当のことを言っているのだなと安心できるのです。

他人からの評価や具体的な数字など、客観的な基準を用いて伝えると分かりやすいです。

その性格を会社でどう活かせるか伝える

一緒に仕事をするイメージを抱いてもらうためにも、その性格を会社でどう活かせるかという点に関しても言及してください。

仕事への活かし方を伝えることで、入社後のイメージもできているという好印象を与えられます。

伝え方の順番としては、まず結論としてアピールする性格を伝え、次にその根拠となるエピソード、最後に会社での活かし方という構成にすると分かりやすく伝えられます。

就活でアピールできる性格の例

自分の性格が、就活でアピールできるものなのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

下記に、就活でアピールできる長所を列挙しました。

・謙虚

・協調性がある

・真面目

・誠実

・集中力がある

・懐が深い

・思慮深い

・努力家

・最後までやり遂げることができる

・フットワークが軽い

・友達が多い

・初対面でも堂々と話せる

・リーダーシップがある

・好奇心が強い

・自分に厳しい

・思いやりがある

・器用

・感情表現が豊か

・気が利く

・コミュニケーション力がある

・記憶力が良い

・切り替えが早い

・責任感がある

・忍耐力がある

・明るく活発

・社交的

・向上心がある

・趣味が多い

・すぐに他人と打ち解けられる

・計画的

・臨機応変に動ける

・前向き

・観察力がある

・ひらめきがある

・想像力がある

・正確である

・主体性がある

・地道に努力できる

・愛嬌がある

・行動力がある

思っている以上に、たくさんの長所がありますね。

自分には大したことないように思えても、アピールできる長所はけっこう多いものです。

次は就活で伝えても問題ない短所の一覧を紹介します。

・頑固

・人見知り

・優柔不断

・おっちょこちょい

・ものぐさ

・自己主張が強い

・不器用

・メンタルが弱い

・フットワークが重い

・人の話を聞かない

・話下手

・滑舌が悪い

・思いやりに欠ける

・他人に厳しい

・遠慮がち

・気が弱い

・八方美人

・軽率

・人の頼みを断れない

・ネガティブ

・冷めやすい

・お人よし

・考えすぎる

どれも短所ではありますが、別の見方をすれば長所とも捉えられるものばかりです。

例えば、「冷めやすい」は言い換えれば「冷静である」と言えますよね。

次は長所ごとの例文をいくつかご紹介します。

エントリーシートに性格を記載する際の参考にして頂ければと思います。

誠実

私は誠実な性格です。

私は飲食店のホール担当としてアルバイトしていた際、お客様からの些細な意見も必ず店長に報告するようにしていました。

少し手間はかかったのですが、頂いた意見を今後に活かしていくことがお客様との信頼関係構築につながると考えていました。

意見を取り入れ店舗を改善した結果、私がアルバイトリーダーに着任してから売上が前年比10%伸びました。

この誠実さを御社でも活かし、どんな小さな意見でも今後の成長に役に立つはずだと胸に刻み、業務に取り組んでいければと考えています。

努力家

私は努力家な性格です。

大学時代は未経験でラクロス部に入部しました。

当然最初の頃は経験者に見劣りし試合に出れず悔しい思いをしました。

その悔しさをばねに放課後の練習だけでなく自主的に朝練を行うなど誰よりも努力し、2年生ではレギュラーとして活躍することができました。

その努力が顧問や仲間に認められ、3年次ではキャプテンも務めました。

この性格を活かし、社会人になったら様々な困難に出くわすと思いますが、負けずに乗り越えていきたいです。

ひらめきがある

私の長所はひらめきがあることです。

学生時代の居酒屋のアルバイトでは、売上改善プロジェクトのメンバーに選ばれました。

元々周りをアッと驚かせるようなアイディアを出すことが好きだったので、絶対に採用されるアイディアを作ろうと決意しました。

良いアイディアを出すためには数が必要だと思い、四六時中考え続け、より多くのアイディアを出すことを徹底しました。

その結果、私の提案した「学生限定で閉店まで飲み放題1,000円」というプランが採用されました。

このアイディア力を活かし、御社でも新しい風を吹かせていきたいです。

観察力がある

私は周囲の状況をよく観察し、得た情報を行動に活かすことを得意としています。

サークルでは部長として、サークルのメンバーの表情や様子に常に観察するよう心がけていました。

様子を見ればサークルへの関心度が分かりますし、辞めようとしている部員にも気付けます。

辞めようとしている部員に対しては、周囲にも働きかけ、フォローするよう努めました。

その結果、私が部長でいる間は、退部者が1人も出ませんでした。

この観察力を活かし、御社でも自分に求められている役割をいち早く理解できればと思います。

行動力がある

行動力があるとよく人に言われます。

思い立ったことはすぐ行動に移さないと気が済まない性格で、旅行に行きたいと思ったら人を誘ったり計画を立てたりと率先して行動に移します。

この行動力のおかげで、様々な経験を積むことができたし友達の数も増えました。

この行動力を御社でも活かし、積極的に業務に取り組んでいきたいと思います。

まとめ

就活で必ず聞かれることになる性格に関する質問。

何を答えたらいいか困ってしまう人は多いですが、この記事で紹介したポイントを守って、説得力あるアピールができるよう心掛けてください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ