【就活生】飲食業界売上高ランキング!変化に強い人材が求められる!

「有名な飲食業界企業を知りたい!」

「飲食業界興味あるけど、ランキング上位の企業をしりたい!」

この記事をご覧いただいている方は、このような思いをお持ちではないですか?

飲食業界は学生時代から頻繁に利用することが多く、アルバイト等の経験がしやすい為馴染み深い業界です。

中でもそういったはランキング上位の飲食業界に勤めてみたいと感じるものです。

ですが実際に飲食業界に勤めるとなると、業務内容などよくわからない点が多いですよね。

なので今回ランキング上位の飲食業界企業の紹介だけでなく、ランキング上位の飲食業界それぞれのビジネスモデルについても触れていきます。

是非、最後まで見て参考にしてみてください。

ランキング上位の飲食業界の特徴

ランキング上位の飲食業界にはある一定の特徴があります。

ここでは飲食業界全体の概要や、飲食業界の就活事情、労働環境についても触れていきます。

飲食業界について詳しく解説していくので、ここで解説した内容を元に実際に働くイメージをしてみてください。

飲食業界とは

そもそも飲食業界とは何かご存知でしょうか?

一般的にイメージされるのは、店舗を構えて自社の商品を食べていただく形態をもつ外食産業です。

例えば業界大手の「サイゼリア」や「吉野家」はチェーン店といって日本全国に多くの店舗を構えています。

ここで大きな勘違いとして多いのが、「飲食業界に働く=店舗で働く」だけだと思っていることです。

やはりアルバイトのイメージが強いせいか、店舗で働く従業員やオーナーこそが飲食業界の労働者だと思いがちなんですね。

ですが実際は、商品企画や販売促進、広報担当など多くの部署があります。

そういった点も視野に入れながら、飲食業界について詳しくみていきましょう。

参入障壁が低く競争が激しい

飲食業界の特徴として大きいのが、参入障壁が低いということです。

他業界に比べて比較的誰でも簡単に開業することができます。

というのも、原価率が他業界に比べて安く済むケースが多く、食品衛生に基づいて保健所に申請すればすぐに手を出すことができるため、多くの方が開業に踏み出します。

しかし、その分飲食業界の競争は激しいです。

特に都内などの人通りが多い地域は競争が激化するケースが多く、開業してすぐに廃業といったケースも稀ではありません。

なので他業界に比べて契機に左右されやすく、流動的であるということを覚えておきましょう。

労働環境が厳しい傾向が強い

飲食業界の労働環境は厳しいケースが多いです。

というのも多くの飲食系企業は夜遅くまで営業し、仕事終わりのお客様を囲い込む必要があります。

また外食産業のように個人を相手にする業態は、平日よりも土日の方が稼ぎ安くなってくるんですね。

なので世間一般的に休日とされているような時間帯が飲食業界の稼ぎどきなのです。

さらにいうと、一般的に飲食業界は人手不足と言われており、一人一人の労働時間も相対的に高くなってきます。

その結果労働時間がシフト制になることが多く、なかなか決まった時間に帰ることができないといった状況が生まれてしまうんですね。

飲食業界の売上高ランキング上位10社を紹介!

それではここからは飲食業界の売上高ランキング上位10社をご紹介していきます。

10位から順番に1位まで紹介していくので、是非最後までご覧ください。

それぞれの企業がどのようにして収益を出しているのかについても触れていくんで、業界研究の参考にしてみてください。

10位:ドトール・日レスHD【売上高】1,311億円

ドトール・日レスHDの売上高は1,311億円です。

ドトールといえば全国展開しており、合計で1,327店舗(2019年3月末時点)を構えている点が特徴です。

ビジネスモデルはフランチャイズを活用しており、ドトールコーヒー以外にもエクセルシオールカフェなどを加盟店として構えて、店舗展開の範囲を広げているといった構造です。

またコーヒー豆の調達から焙煎までをドトールのノウハウを生かして一貫して行なっているため、他社に比べて品質が圧倒的に良いです。

全国的に展開して多様な収益源を確保していることが、ランキング上位の大きな要因でしょう。

9位:ロイヤルHD【売上高】1,355億円

ロイヤルHDの売上高は1,355億円です。

ロイヤルホストで有名なロイヤルHDですが、最大の強みは高水準な品質、サービスです。

チェーン展開によって規模感ばかりを追うのではなく、既存顧客に高い満足感を与えるための高品質ブランドを構築している点がランキング上位の要因でしょう。

外食産業はフランチャイズ等によって多角的に展開する企業が多い中、ロイヤルホストは拡大しつつも食材の安全性や地域に密着したサービスを掲げている点が特徴です。

またホテル事業や機内食事業など、シニア向けのサービスにも着手しており、シニアファンからの支持が熱いです。

8位:プレナス【売上高】1,457億円

プレナスの売上高は1,457億円です。

プレナスは「やよい軒」「ほっともっと」などのブランドをもつ外食産業です。

プレナスといえば調達から販売まで一貫したサプライチェーンが特徴的です。

外食産業は通常、原材料の調達や物流の過程を他社にお願いして、卸売された食品をまとめて購入するといったモデルが一般的です。

しかしプレナスは、お米に対するこだわりや、高品質を保つビジネスモデルから、調達〜加工〜物流〜販売を一貫して行なっています。

なので、それぞれの工程にかかる時間が短縮でき、高い品質を保つことができるというわけです。

むやめに拡大しようとするのではなく、顧客が美味しいと感じる高い品質を提供し続けたことが、売上高上位の要因でしょう。

7位:サイゼリヤ【売上高】1,483億円

サイゼリヤの売上高は1,483億円です。

サイゼリアといえば多くの学生がコスパを重視して、学校終わりなどに寄ることが多いでしょう。

そしてサイゼリアの強みは、その安い価格帯です。

「注文したくなる価格」をコンセプトに掲げ、お店に来た人にとってちょうど良い価格帯を設定することで、毎回注文してもらうといった点が強みです。

またそれだけでなく、リーズナブルな価格で美味しい料理を提供するという精神のもと、イタリアで加工された食品がお店にやってきます。

こういったコスパ重視で作り上げられた収益モデルが、サイゼリアの売上高を支えている裏付けとなるものでしょう。

6位:スシローグローバルHD【売上高】1,564億円

スシローグローバルHDの売上高は1,564億円です。

回転寿司のチェーン店で人気のスシローですが、学生から社会人まで幅広い層に愛されています。

スシローの強みは、「すし」という商品にとことんこだわってリーズナブルな価格で提供できた点であると言えるでしょう。

日本由来のすし文化は世界各国からも注目されるもので、今後もさらなる拡大が期待される食品の一つです。

ネタや米の品質にこだわりつつも、多角的な展開を遂げたからこそできたビジネスモデルと言えるでしょう。

5位:吉野家HD【売上高】1,985億円

吉野家HDの売上高は1,985億円です。

就活生なら、説明会終わりや学校の授業終わりなどに一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか?

吉野家は日本全国に展開しながらも、世界に進出している牛丼チェーンです。

牛丼以外にもはなまるうどんなどのセルフ式うどん店を展開し、多くのファンに親しまれています。

吉野家の最大の特徴は、テクノロジーを活用した先進的な事業モデルです。

近年実装しつつあるものとして、音声認識レジシステムや、自動食器洗浄ラインなどを試みていきます。

人員を削減しながら効率的に商品を提供しているモデルが、収益性向上の大きな理由となっているでしょう。

4位:コロワイド【売上高】2,459億円

コロワイドの売上高は2,459億円です。

コロワイドといえば、「やきとりセンター」や「甘太郎」などの居酒屋チェーンが人気です。

コロワイドの収益モデルとして最も特徴的なのはマーチャンダイジング戦略です。

マーチャンダイジングというのは「適切な価格やタイミングで、適切なお客様に商品を提供するモデル」のことを言います。

つまり無駄のない在庫や、顧客と売り手のミスマッチが起こりずらくする戦略のことをいいます。

コロワイドの展開する店舗はどれもターゲットが明確で、コンセプトも他社が真似しにくいものとなっています。

例えば大衆居酒屋として人気を誇るやきとりセンターは、やきとりというニッチな商品に特化して、低価格ながらも質の良い商品を提供し続けています。

こういった狭い分野で適切に攻める戦略がコロワイドの売上高を支えている要因でしょう。

3位:日本マクドナルドHD【売上高】2,536億円

日本マクドナルドHDの売上高は2,536億円です。

マクドナルドといえば、アメリカ合衆国に本社をおくファーストフードチェーンで知らない人はいないといっても過言ではないでしょう。

マクドナルドの特徴といえば、その徹底した効率化から生み出されるコスパの良い商品です。

どの店舗も独自のシステムにとって作られたオペレーションシステムが導入されており、注文が入ってから約3分以内には提供できるように仕組み化されています。

またそれだけではなく、お客様の声を大事にしながら改善を重ねていく点もファンを囲い込む大きな施策の一つです。

「あなたの声が明日のマクドナルドをつくります。 」というキャッチフレーズの元、商品購入後に気軽にアンケートに答えることができるようなシステムがあり、お客様本位で設計されていることがわかります。

こういったマメな行動もマクドナルドを支えている大きな要因でしょう。

2位:すかいらーく【売上高】3,594億円

すかいらーくの売上高は3,594億円です。

すかいらーくといえば、「ガスト」や「バーミヤン」、「ジョナサン」などのレストランチェーンを大きく構えていることで有名です。

そしてすかいらーくの特徴は、圧倒的な先進性や拡大力です。

ファミリーレストランに足を運ぶと当たり前のようにある、席からボタンを押して店員を呼び出すシステムや、POSシステムなどの効率化の仕組みを早い段階で取り入れた点からは先進性を見ることができます。

加えて「ガスト」「バーミヤン」「夢庵」「藍屋」「ジョナサン」などのファミリーレストランをターゲットに合わせてどんどん拡大していった点が、大きな成功を納めた要因でしょう。

1位:ゼンショーHD【売上高】5,791億円

堂々の1位に輝いたのは、ゼンショーHDです。

ゼンショーHDの売上高は5,791億円です。

ゼンショーといえば、「すき家」で有名な外食産業ですが、そのビジネスモデルは世界各国を巻き込んだ拡大戦略です。

すき家は「世界から飢餓と貧困を撲滅する」というコンセプトのもと、調達〜製造・加工〜物流〜販売までを海外企業を巻き込みながら展開しています。

世界各国にゼンショーの協業展開されており、それぞれが協力しあって社会貢献をしているといった構造になっているんですね。

「食」という切り口から社会貢献している点や、フェアトレードなどの貢献活動にも精力的なてんから多くの株主に支持されているのです。

まとめ:ランキング上位に入る飲食業界はどこも独自のビジネスモデルがある

いかがだったでしょうか?

ランキング上位に入る飲食業界の企業には、それぞれのビジネスモデルがあり、それを強みにしながら高い収益性を確保していることがわかると思います。

就活をしていく中で業界研究をする機会があると思いますが、その中でこういったビジネスモデルにも着手すると、その企業の全体像や強みが掴みやすいと思います。

また、ビジネスモデルを理解して面接に挑むと、採用官からの印象がよくなるといった点もありますよ。

なので、ランキング上位の企業をみて満足するだけでなく、それぞれの収益構造まで理解できると良いですね。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ