【就活】マーケティングを学べるインターンに強い求人サイト5選!

「マーケティングを学ぶためにもインターンシップの情報を知りたい!」

「就活に活かせるインターンシップが知りたい!」

この記事をご覧いただいているあなたは、このような思いをお持ちでしょうか?

就活において、マーケティングスキルをアピールすることは非常に効果的です。

どの企業も、集客面の事業領域で困ることが多いからですね。

その点学生によるSNS運用や、流行を察知した独創的な施策は、多くの企業からの注目度が高いです。

なので、マーケティングはインターンシップと相性がよく、定期的に開催されているんですね。

今回はマーケティングに強いインターンシップの紹介や、インターンに応募する際に気をつけるべきポイントなどを解説していきます。

そもそもマーケティングとは?

そもそもマーケティングとは何かご存知でしょうか?

マーケティングというのは、「お客様に商品を認知してもらい、購入のキッカケを作りだすまで」の活動のことを言います。

学生のうちはあまり実感がないかもしれませんが、商品を売るためにはまず、お客様に商品のことを知ってもらわなくてはいけません。

また、知ってもらった後には興味を持っていただく必要もあります。

こういったプロセスに直接関わるのが、マーケティングです。

具体的には、SNSやTV番組を活用してCMなどの広告を掲載することによって、お客様に商品の価値を認知してもらうケースが多いです。

マーケティングとは、このように世の中に商品の価値を知ってもらう活動のことだと覚えましょう。

マーケティングを学べるインターンに強い求人サイト5選

ここからは、マーケティングを学べるインターンを申し込む際に活用すると良い、おすすめの求人サイトを紹介していきます。

マーケティングは学生の柔軟な発想力によって思いがけない宣伝効果を発揮する分野なので、インターン人材によって新しい風を吹かせようとする企業も多いです。

就活でアピールできるようなスキルを身に付けたい方は是非、参考にしてみてください。

Infraインターン

https://www.in-fra.jp/long-internship

Infraインターンは、メディア系のインターン求人が非常に多いサイトです。

Web関連のメディアやSNS運用などのマーケティングスキルを学ぶことができます。

またマーケティングを学ぶためには、ある程度の期間が必要になってくるのですが、Infraインターンは3ヶ月以上の長期インターンしか求人がないため、適した企業を探しやすいです。

求人のある業界もIT業界が中心で、インターネットを活用したマーケティングを効果的に学ぶことができるでしょう。

jeek

https://jeek.jp/a/job_type_3

JEEKはマーケティング人材にとても力を入れた求人サイトです。

公式サイトを読むだけで、マーケティングの仕事内容から一般的なWebマーケティング施策まで、順序立てて学ぶことができます。

実際に掲載されている求人も長期でかつ質の良い案件ばかりなので、マーケティングについて一から学びたい!という方は登録しておくと良いでしょう。

インターンシップガイド

https://internshipguide.jp/interns/internTag/6/0407

インターンシップガイドは大学1年生や2年生など、早い時期から就職活動を始めたい!という学生にぴったりな求人サイトです。

対象学年が幅広い求人が多く、長期インターンだけでなく1DAYインターンの数も豊富なので幅広い方におすすめできます。

市場分析からニーズの把握など、マーケティングの基礎から学べるようなインターンも多いので、これからビジネスの全体像を学びたいという方は是非登録してみると良いでしょう。

ゼロワンインターン

https://01intern.com/

ゼロワンインターンは、就活に直結する実績を作ることができる求人サイトです。

というのも、ゼロワンインターンから申し込んで3ヶ月以上インターンを経験すると、そのインターン先の社長から直々の推薦状を作成していただけるのです。

「インターンに参加した」という実績だけでなく、「どういった態度でインターンに取り組み、どのような経験をしたのか」といった点が就活では重視されます。

なので3ヶ月以上の経験をし、前向きに取り組んだということを企業側から明記してもらえるのは、志望先の企業にとっても実績がわかりやすいので印象が良いです。

身のある実績でアピールしたいという方は、是非登録してみると良いでしょう。

キャリアバイト

https://careerbaito.com/

キャリアバイトはスカウト機能が充実している求人サイトです。

キャリアバイトのスカウト機能は、学歴・性格・価値観など幅広い情報から独自のツールで分析し、学生に適したインターン先にスカウトをしてくれるというサービスがあります。

なので、自分にはどういった強みがあって、どのような職業が向いているのかわからないといった方でも気軽に申し込むことができます。

そして、キャリアバイトにある求人は社会人生活に役立つスキルを身につけることができるものばかりです。

実際に働くという経験を通じて、就活の軸を定めたいという方は特に登録しておくと良いでしょう。

マーケティングをインターンで学ぶことによるメリット

ここからはマーケティングをインターンで学ぶことによるメリットについて解説していきたいと思います。

マーケティングはお客様に商品を知ってもらうといった意味も込められているので、どの企業に入社するとしても必要不可欠なプロセスです。

実際マーケティング次第で企業の売上が大きく左右するので、学ぶことによるメリットは大きいですよ。

人前で話したりディスカッションの練習になる

マーケティングに限らずインターンシップに参加することによるメリットになりますが、人前で話したりディスカッションの練習になるといったものがあります。

インターンシップはただ働くだけでなく、インターン生による中間報告やグループディスカッションなどのワークを取り入れている企業が多いです。

なので、インターンを進めていくことで、考えをアウトプットする力やコミュニケーション能力が上がっていきます。

実際の就職活動の場でも、採用にプレゼンテーションやグループディスカッションを取り入れている企業は多いです。

なので早いうちからスキルを学べるといった意味でも参加しておくと良いでしょう。

面接で話す際のアピールになる

インターンシップに参加して学んだという経験は、実績として企業側にアピールすることができます。

そして面接などの際に企業側からかなり好印象を持たれるのは、やはりインターンシップでの経験です。

企業に勤めて働くという経験にもっとも近い形でアピールできるのがインターンシップでの経験だからです。

なので、学生時代にサークルやアルバイトをあまり打ち込まなかったという就活生は、早めにインターンに参加しておくと遅れを取ることがなくなるでしょう。

入社後にもいかせるスキルが身につく

インターンシップでの経験は、企業の内定を手に入れて入社した後にも生かすことができます。

やはりインターンでの経験というのは、実際に現社会人が行なっている業務と近い形で任されるケースが多いからです。

新卒で入社したときに、「初めて仕事に触れる」という新入社員と「一度インターンで経験していた」という新入社員ではスキルに明らかな差がつくことでしょう。

早い段階で同期と差をつけたい!という就活生は早めに申し込んでおくと良いでしょう。

マーケティングをインターンで学ぶときに気をつけたいこと

ここからはマーケティングをインターンで学ぶ際に気をつけるべきポイントについて解説していきます。

インターンへの参加はアルバイトと違って、「学生にしっかり学ばせてあげたい」という意思のもと行われるケースが多いです。

なのでなんとなく参加するのではなく、ある程度の気合いや意気込みとともに申し込むことをおすすめします。

長期インターンは結果が出るまでに時間がかかる

長期のインターンは特にですが、応募の結果が出るまでに時間がかかります。

通常は面接から一週間ほどで結果が出ると言われていますが、長期の場合は他の学生との兼ね合いや社内の都合が大きく絡んでくるため、二週間程度は見込んでおいた方が良いでしょう。

やはり企業側も大きな採用コストを払って応募しているため、精査に時間がかかるんですね。

なので申し込んで結果が来なくても焦らずに、気長に待つことを心がけましょう。

初めはうまくいかない

マーケティング のインターンにありがちなのですが、初めのうちから結果がでなくて嫌になってしまうという学生が多いです。

実際マーケティングというのは、結果が出るまでに最低でも半年は必要だと言われており、インターンで学べる期間のうちに大きな成果を出すというのは相当難易度が高いです。

なのでマーケティングのスキルを身につけることが目的だと思って、結果に固執しないのがポイントです。

ですが地道な継続と改善を繰り返せば着実に力はついてくるので、気負いせずに挑んでみてください。

マーケティングのインターンに参加するための対策

マーケティングのインターンは、数ある職種の中でも非常に人気が高いです。

なのでただ応募するのではなく、適した対策法とともに戦略を考えて参加していくのが良いでしょう。

ここでは、インターン後の就活で失敗しないためにも、効果的にマーケティングのインターンに参加するためにできる対策について解説していきます。

早い時期から動き始める

マーケティングのインターンに参加する際は、早い時期から動き始めることがおすすめです。

繰り返しになりますが、マーケティングは学生から人気度の高い職種で、倍率も高いです。

なので本格的に就活対策が始まる1月〜3月に動き始めても、なかなか良質なインターンにこぎつくことが難しいでしょう。

なので、大学4年生の7月や9月といった夏の時期からインターンに参加しておくことをおすすめします。

もちろん大学1年〜3年の段階でインターンに参加しておくと他の就活生と差をつけることができるので、可能な限り早い準備をおすすめします。

インターンのESは本選考の予行練習だと思って本気で書く!

インターンに申し込む際には多くの企業でES(エントリーシート)の提出を求められます。

このES(エントリーシート)は本選考の予行練習だと思って本気で書くことをおすすめします。

実際に就職活動をしていくと、一つの企業に対して400~500字程度の文量をいくつも提出しなくてはいけません。

この時点で文章制作が慣れていないと、他の学生に落ち目を感じてしまうことになるでしょう。

なのでインターンの段階からES(エントリーシート)をしっかり書いていくことをおすすめします。

まとめ:マーケティングをインターンで学ぶと他の就活生と差をつけられる!

マーケティングをインターンで学ぶことは、就活だけでなく実際に社会人として働いていく中でも大きなスキルになります。

早い段階でインターンを申し込み、他の学生と差をつけましょう。

今回紹介した求人サイトはどこもマーケティングに強い長期インターンが掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事が、多くの就活生のインターンシップ参加に貢献できていたら幸いです。

ここまでみていただき、ありがとうございました。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ