【就活生必見】将来なくなる仕事ランキング

AIの発達によって今ある仕事が無くなってゆくというニュースをよく耳にするようになりました。

就活生の皆様はで、きれば無くならない仕事に就きたいですよね。

そこで将来的になくなる仕事についてランキング形式でご紹介してゆきたいと思います。

さらには「どんな仕事が無くなるのか」と「どんな仕事は無くならない」のかについてもご紹介。

就職先を考えるうえで必ず役立つ情報ですので、ぜひ本文をチェックしてみてください。

 

さらには来るべきAI時代に向け、身に着けておきたいスキルについても解説しています。

そちらも併せて参考にしてみてください。

スキルがしっかりと磨いておけば、就職活動だった有利に進められますよ。

 

将来的にどんな仕事がなくなるの?

AIが発達すると、どんな仕事が無くなるのでしょう?端的に言えば「人手を介す必要が無い仕事」です。

例えば牛丼チェーン店で食事をする時、店員さんとの間で人とのつながりを求めている人は少ないはず。

 

それよりもむしろ、安価でおなかを満たすという事に重点が置かれているはずです。

という事は、牛丼チェーン店には本質的に人の手は不要という事になります。

現状では調理・接客に人手が必要だから、人が働いているにすぎません。

 

タクシーを利用する際も、移動手段としてタクシーを選択しているだけであって、運転手さんとのコミュニケーションを目的としている人は少ないでしょう(運転手さんとの話は楽しいものではありますが)。

これも本質的に人の手は不要という事になります。

 

あるいは経理などの事務作業はどうでしょう。

これら仕事も現状では人手を使わざるを得ないため、人が処理していますが、人がやらなくてはならない仕事という訳ではありません。

領収書の束を渡せば勝手に処理してくれるのか、あるいは領収書は全て電子化され、領収書の束という存在が無くなるのか、未来の姿はわかりませんが、今とは全く違う姿があるはずです。

 

「本質的に人手を介する必要があるのか否か」これこそがこれから就職先を考えるうえで非常に重要な視点です。

将来的に無くなる仕事かを考える際には、この視点をベースに考えてみてください。

 

将来的に安泰な仕事はある?

AI時代ではどんな仕事も無くなってしまうのでしょうか?もちろんそんな事は無いはずです。

人と人とのコミュニケーションが求めらる仕事であったり、クリエイティブな仕事はおそらく無くならず、人間の手によって行われると考えられます。

 

例えば高級なレストラン。

AIに勧められたメニューを楽しみたいと思うでしょうか?おそらく多くの人は思わないはずです。

ワインの銘柄だけを選ぶというのであれば、過去のデータにすぐにアクセスできるAIは有利です。

けれど、ワインを楽しむという事はワインを選ぶだけにとどまりません。

選ばれたワインのコルクを慎重に抜き、現物の味わいを確かめ、厳かな雰囲気でサーブされるからこそ、美味しいワインがより美味しく楽しめます。

料理に関しても同様です。

大量生産のメニューであればAIでも可能でしょうが、特別なタイミングで特別な逸品を作り上げるという事にかんしては、人間に分があるはずです。

 

あるいは葬儀関連も人の手が無くなる事は無いでしょう。

機械的に処理をするという事だけを見ればAIで十分にできる仕事のはずですが、誰がそんな事を望むでしょうか。

AIによる安めのプランと、人の手による普通のプランがあれば、多くの人は後者を選択するはずです。

 

小説や音楽といったアーティスト性が重要になる仕事もAIに奪われる事はないでしょう。

AIが作った音楽も一度や二度はヒットするかと思いますが、すべての音楽をAIが作り出すという事は考えにくいものです。

 

このように「AIに任せる事は出来ても、なんとなく人手を選択したい」という仕事は数多くあるものです。

将来的に安泰な仕事を見つけたいという場合、そういった分野を考えてみるのもおすすめです。

 

将来無なくなる仕事ランキング:Top5

続いては将来的に無くなるであろう仕事をランキング形式でご紹介してゆきます。

ランキングの基準は「AIへの仕事の置き換えやすさ」と「社会的な需要」です。

 

5位:レジ係

レジ係はおそらく近い未来に無くなってしまうでしょう。

すでにセルフレジを配したスーパーマーケットは当たり前になりつつありますし、AMAZONはそもそもレジのないコンビニAMAZON GOのサービスをスタートさせています(2019年12月現在、米国店舗のみ)。

事前にアプリを登録しておけば、お店に入り、商品を選び、お店を出た時点でシステム的に決算が終了します。

そもそもレジが無くなってしまえば、レジ係という仕事自体が過去のものです。

 

4位:プログラマー

以外に思われるかもしれませんが、プログラマーの仕事もAIに奪われる可能性があるとされています。

もちろんコアな部分で働く最先端のエンジニアという仕事は無くならないはずですが、ただひたすらにプログラミングを打ち込むだけという仕事はAIでも対応可能です。

むしろAIであれば各種スペルミスも防げますし、バグの可能性を事前に察知できるはずで、人間よりも有利と言えます。

ITの分野はAIと親和性が高いだけに、意外に早くプログラマー不要の時代が来るかもしれません。

 

3位:各種受付業務

受付業務も無くなってゆくはずです。

かつて、それなりの規模を誇る会社であれば必ず受付があり、そこを訪ねると然るべき人に繋いでくれるものでした。

けれど現状でも受け付けにタブレット端末が置いてあり、それを使って然るべき人を呼び出すという会社は少なくありません。

簡易的なホテルの受付や各種教室の受付など定型文的な仕事で済む仕事はどんどんと減ってゆくものと思われます。

 

2位:事務員

事務作業は正確さが求められます。

人手にはミスがつきものですが、計算というジャンルに於いてAIにミスはありません。

また事務作業がすべてAIに置き換えられた場合、人件費削減という会社にとってもメリットはかなり大きなものです。

そのため事務作業をこなすAIの開発は積極的に進むはずです。

 

1位:各種運転手

最近では毎日のように自動運転技術のニュースを見るようになりました。

すでに実証実験が行われているフェーズですから、普及が進むのも遠からぬ未来のはずです。

そこでは各種運転手は必要なくなるでしょう。

趣味としての車の運転は残るかと思いますが、そもそも乗り物を運転するという習慣すらなくなってしまうかもしれません。

そこでは運転手という概念すらなくなっているはずです。

 

悲観的なニュースだけではない:新たな仕事が生まれる可能性

「将来無くなる仕事」という事だけを考えていますとどうしても悲観的な話題ばかりに目が行きますが、必ずしもそうとばかりは言い切れません。

かつて工場の機械化が進んだ際、機械に仕事が奪われると思われましたが、結局は新しい仕事が生まれ、絶望的な失業状態にはなっていません。

 

パソコンが普及しだしたときも仕事が奪われるかと思われましたが、仕事のやり方が変わっただけで、失業者で街が溢れかえるという事はありませんでした。

 

AIの発達・普及という社会の大きな変化は避けようがありませんが、3Dプリンターをはじめとしたこれまでには無かった新しい技術も生まれています。

いくつかの仕事はAIにとってかわられるのでしょうが、これまで想像もしていなかった全く新しい仕事が生まれるはずです。

 

AIに仕事を奪われないようにスキルを身に着けるべし

AIが普及する事はおそらく避けようのない未来です。

そこで人間ならではのパフォーマンスを発揮して、バリバリと仕事をこなすためには人間ならではのスキルを高めるに越した事は無いはずです。

 

では人間ならではのスキルとはなんでしょう?大きく分ければ「コミュニケーション力」と「クリエイティブ性」が考えられます。

 

AIが雑用を担ってくれる中で、結局は人と人とのつながりによって社会は成り立つはずです。

そして人と人とをつなげるのはコミュニケーション力に他なりません。

きちんとした文章を作れる能力・きちんと文章を理解する能力など、当たり前の部分を見直し、ブラッシュアップする必要があるのかもしれません。

 

またクリエイティブ性も磨いておきたいスキルの一つです。

美術館やライブ会場へ足を運んでみる、映画や小説など素敵な物語を堪能するなど、クリエイティブ性を磨く方法は様々です。

 

未経験の分野にも積極的に挑戦してみてください。

そういった経験の積み重ねによって、新たな発見が生まれ、それが次の感動やクリエイティブ力の強化へと繋がってゆきます。

 

まとめ:仕事選びは長期的な視点も大切です

将来的に無くなる可能性がある仕事について見てきましたが、いかがでしたか?AIに限らず、技術が発展してゆきますと、その影響によってある種の仕事は確実に無くなってゆきます。

 

過去の事例を考えてみますと、車の普及前には馬車がありましたが、現状、街中で馬車を見かける事は皆無です。

あるいは書物の作成には活版印刷という技術がもちいられていましたが、パソコンとプリンターさえあれば誰でも作れるようになりました。

音楽を聴くためにはCDを購入していましたが、ストリーミングにその座を奪われつつあります。

 

このように時代の変化によって、仕事そのもののあり方は大きく変化してゆきます。

これから就職先を選ぶという皆様は、現状での業績といった短期的な視点にとらわれる事なく、20年後、30年後といった長い視点で仕事を選ぶようにしてください。

それができてこそ、素敵な未来と巡り合えるはずです。

 

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ