人事に印象がよい就活メイクとは?パーツ別に徹底解説!

はじめに

就活においては、言葉や文章で企業への熱意を伝えることや自己PRするだけではなく、自分の第一印象をメイクという手段を使って、明るく印象づけるのも一つの手段です。

メイクの方法によって、女性は大きく雰囲気が変わってしまいます。

今回は、就活メイクの必要性や普段のメイクとの違い、さらには印象をよく魅せる就活メイクのパーツ別ポイントを押さえ、細かく解説していきます。

そもそも就活でメイクはすべき?

1546761

就活では、派手なメイクは好まれるものではないので、それならばメイクをしなくても問題ないのではないかという疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。

ただ、社会人の女性にとってメイクは基本中の基本です。

ビジネスシーンでは必ずメイクは行われ、いわゆるマナーの一つとなっていますにで、いくらまだ学生であっても企業へ採用試験に向かう際は、身だしなみとして必ずメイクをしましょう。

そもそもノーメイクの状態では肌の状態や肌色によっては、暗い印象を与えてしまうケースもあります。

たとえば普段からノーメイク派の方でも、いくら肌がきれいな方であっても、明るい印象を少しでも与えられるようにポイントメイクも施したほうがよいです。

就活メイクと普段メイクの違い

pixta_53843115_M

就活メイクと普段メイクは、その目的が異なります。

普段のメイクは自分を表現するための手段でもあるため、多少派手である場合やしっかりと濃い目の化粧でも華やかさを演出することができます。

しかし、就活メイクには華やかさは必要ありません。

就活メイクには、相手に清潔感と信頼感、知性を感じるメイクこそが好印象となるからです。

大変シンプルなメイクが好まれますので、ラメを入れることやつけまつげやふさふさになるマスカラを付ける必要は一切ありません。

就活メイクには、色の選び方が大きなポイントとなってきます。

ファンデーション、アイシャドウ、チーク、口紅は特に清潔感、知性などを感じられるものを選びましょう。

普段のメイクのように、美しく、可愛く見せたいという意識を変え、身だしなみとしてメイクを心掛けて行うとよいです。

普段メイクをしない方であれば、メイクの方法がいまいちわからないという方もいらっしゃいます。

就活メイクのポイント

pixta_47669359_M

では具体的にどのようにどのような化粧をすればよいのでしょうか。

それぞれポイントがありますのでしっかり押さえていきましょう。

ベースメイク

ベースメイクに使うファンデーションは、リキッド、クリームファンデーション、パウダーいずれを選んでも構いません。

肌質によって使い分けましょう。

乾燥がちな方は、リキッドやクリームファンデーションがオススメですし、厚塗りにせずより軽い印象を出したい方は、パウダーファンデーションがぴったりです。

リキッドやクリームファンデーションを使う場合は、最後にフェイスパウダーでしっかり定着させましょう。

ファンデーションの色は、デコルテに近い色を選ぶことで自然な肌を作り出すことができます。

ファンデーションはシミやそばかすなど気になりやすい頬の部分は、コンシーラーなどを使ってしっかりカバーをします。

そして頬の高い位置からだんだん外側に向けて伸ばしてフェイスラインにおいては薄めに乗せることで、メリハリを付けることができます。

Tゾーンや額は汗でメイクが崩れやすいのであまりファンデーションを乗せすぎないのがベストです。

眉は髪の毛の色に合わせがちですが、基本は髪の毛と瞳の色の中間の色がより自然に感じられます。

眉は知性を強く表現できるパーツです。

眉を書く場合、眉山の位置を最初に決めます。

眉山は白目の終わり付近にして、眉頭と眉尻は水平の位置に揃えます。

さらに眉頭は目頭の真上から書き始め、眉尻は小鼻と目じりを結んだ延長線上に来るように意識して描きましょう。

アイメイク

アイメイクの際はアイシャドウとアイラインも使用してみましょう。

就活ではベージュやブラウンなどの肌馴染みのよいカラーを選択します。

明るめのベースカラーを瞼の全体に乗せて、瞼を明るくします。

その後、中間カラーを乗せ、目じりから目頭に向かって薄くなるように乗せます。

最後に締めとして濃いカラーを目じりに乗せましょう。

アイラインは、リキッドでも問題はありませんが、はっきり描いた状態では目元がきつい印象を与えてしまうため、ぼかしたほうがよいです。

そのため、できればペンシルタイプのアイライナーを使用するとよいでしょう。

アイラインは太くならないようにまつ毛の間を埋めるような形で描いていくと自然です。

マスカラは特に付ける必要もありませんが、少量であれば付けても問題ありません。

あまりにたくさん付けるのは就活にはふさわしくありません。

ただ、採用試験の前にマスカラが滲んだりしていないかなどメイク直しは適度に行っておいたほうが、パンダ目にならずに済みます。

チーク

チークは、メイクの中でも乗せる位置が変わるだけで大きく印象が異なってしまいます。

就活メイクでは幼く見えすぎない位置にする必要があります。

鼻の頭から、耳の穴辺りを結ぶ線のちょうど真ん中辺りにチークを入れて楕円形を描くようにぼかしていくと知的な印象を与えられます。

チークの色は、濃い色は避けます。

自然な血色に近い色を選ぶとナチュラルでありながら、明るい印象を与えることができます。

リップ

リップは、チークの色に近めの色を選ぶなど、自然な血色に近く、できれば血色がよく見えるような色を見つけましょう。

口は口角が上がっていることで明るく好印象を与えることができます。

口角が下がっているようにどうしても見えてしまう方は、コンシーラーなどを駆使して口角の影になる部位をカバーしておくといつもより明るい印象を与えることができます。

リップはスティックタイプを選ぶのがベストです。

スティックは唇が乾燥して苦手という方も、下地を付け、リップクリームをあらかじめ塗っておいてからリップを付けると乾燥を防ぐことができますし、色素沈着などの唇のトラブルも避けられるためオススメです。

ツヤがあるものやラメの入ったようなグロスは使用しないようにしましょう。

髪型

ヘアスタイルも、メイク同様に清潔感や知性などを与えやすいパーツの一つです。

髪の毛がセミロングやロングの方は必ず髪の毛を黒いゴムなどで一つに結ってまとめましょう。

顔周りに髪がかからないようにしましょう。

たとえば前髪でもそうです。

お辞儀をして前髪が落ちてきたからといってそのたびに髪を触って整えなければならないような髪型ではみっともありません。

髪の毛の色は、絶対に黒でなければならないわけではありませんが、あまりに明るい茶色はリクルートスーツにも不似合いですし、あまりよい印象を与えないためオススメできません。

ナチュラルブラウンもしくは黒に染めた方がよいでしょう。

就活メイクに関するQ&A

ではここからは実際に挙がっている就活メイクの質問と答えを紹介します。

現在疑問に思っていることもあると思いますので、ここで解決しましょう。

就活メイクって本当にする意味あるの?

あります。

これは前述の通り、社会人として最低限のマナー、身だしなみかつ一般常識です。

基本的にどの企業や団体であっても、メイク自体がビジネスにおけるマナーの一つとして考えられていることもあり、ノーメイクで臨めば非常識人として判断されても仕方ありません。

また、好印象を与えるチャンスでもあります。

自分の魅力を引き出すチャンスともいえるでしょう。

就活に見た目は関係あるの?

正直いって関係があります。

たとえば、仕事をしていてとてもメイクが濃くて金髪の日本女性が来たら、自分であればどんな印象を受けますか。

相手を信頼できるようなよい印象を受けるでしょうか。

これは少々極端な話ですが、第一印象は大いに関係あるものです。

実際に見た目を気にする企業は9割ともいわれている日本です。

これは顔がイケメン、美人というわけではありません。

前述の清潔感・知性・信頼感の見た目をクリアした人は好印象を与えることができます。

もちろん見た目だけで採用が決まるわけではありませんが、素晴らしい才能を持っていながらも見た目だけで落とされるのは大変残念な話です。

身だしなみを整えて、ビジネスにふさわしい好印象な自分を演出してみましょう。

見た目でカバー、演出できる手段こそが、メイクなのです。

就活中に化粧道具を持ち歩きたいときはどうすればいいの?

就活の際は1日中移動して採用試験に臨むことも多いです。

その中で季節によってはメイクがどうしても崩れやすくなってしまいます。

朝は完璧な就活メイクができていても、移動中にメイクがよれたり崩れたりして、せっかくのメイクが台無しになってしまいます。

やはり化粧道具を持ち歩くのは、当然のマナーでメイク道具は最低限のものを持ち歩くとよいです。

あまりたくさんの化粧道具を持ち歩くのは、荷物が嵩張ってしまうので、必要なものだけ用意しましょう。

特にアイメイクは必須です。

アイメイクは汗などで崩れやすく、うっかり目をこすったりなどして目の下がくすんでクマができたようになってしまうこともあります。

クレンジング液が付いた綿棒とアイシャドウとアイラインも兼ねることができるアイシャドウパレットなどを持参するとよいです。

また、アイブロウペンシルやフェイスパウダー、飲食で取れやすいリップも持参しておくと安心でしょう。

これらを小さ目かつマチのないポーチに入れておくとコンパクトにまとめられるのでかさ張ることがなく、大変便利です。

パウダーを乗せる場合は、一度ティッシュで皮脂をオフしてから使うとよいでしょう。

まとめ

就活メイクは、自分の第一印象をよりよくするための機会だと思って、研究しながら行ってみるとよいでしょう。

ただこのときに自分一人で納得するのではなく、メイクをした自分を家族や先生などビジネス経験のある目上の方に確認してもらって、直に意見を聞くのもオススメです。

「この人とぜひ一緒に働いてみたいな」、「こんな人にぜひ来てもらいたい」と思ってもらえるようなメイクを採用試験までに探ってみてください。

きっとそれが自分への自信にもつながります。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ