自己PRの基本から実践まで企業目線でご紹介!

はじめに

自己PRに悩む学生は多いですが、自己PRこそ企業に自分を売り込む絶好のチャンスと捉えましょう。

ライバルたちに勝つためには、どこかで聞いたことのあるような内容の薄いアピールでは不十分です。

大切なのは、自分が学生時代に何をやってきたのか、それによって何ができるのかということ、企業にどう貢献できるかという点をしっかり伝えることです。

ここでは企業目線で、好印象を与える自己PRの作り方を解説します。

自己PRの前に

pixta_49397697_M

それでは早速書き始めたいところですが、いきなり自己PRを書き出して、適切な内容にまとめられる人はほぼいません。

ここで一旦、企業側の目線になって考えてみましょう。

その企業意図を明確に理解することで、企業側が求める答えが見えてきます。

どうして数多くの企業が、必ずといってよいほどESや面接にこの項目を設けているのでしょうか。

それは、自分たちが求める人材であるかどうかを探るためです。

企業側は、自社で活躍してくれる能力や長所を持っている人材を探しています。

どんなことが長所となるかは企業によって千差万別なので、そこが難しいところではあります。

ただ、相手企業が求める長所を持っていることをアピールできれば、入社して活躍できる期待のある人材とみなされるでしょう。

先進性が重要視されるのか、確実性が求められるのか、それとも社交性が何より大事なのか、それは受ける企業ごとに違います。

中途採用者であれば、それまでの職歴や職務実績を見ることで活躍度合いを計ることができますが、学生の場合は仕事をした経験がないわけですから、それを自己PRで掴もうとしているわけです。

つまり企業側は自己PRを通じて、自社で活躍できる見込みがあるか知りたいと意図していますので、その点を踏まえたうえで作成に取り組みましょう。

そして自分の中から企業が求める要素を引き出すためには、自己分析が必要になってきます。

自己分析

就活で自己分析は必須のステップですが、自分にはどのような長所・短所があり、どのような価値観を持っているかを整理することで、強みを引き出すのが目的です。

また、単なるイメージや抽象的な表現ではなく具体的な内容にするためやライバルと差をつけるオリジナリティを生み出すために必要なのが、具体的なエピソードです。

よくある発言が「明るく元気があります」「何事も積極的に取り組みます」といった内容ですが、これは抽象的な表現であり、面接官の心には響きません。

綿密な自己分析に基づく言葉であれば、なぜ積極的に取り組むようになったかその体験が語られるはずですし、それが仕事にどう活かされるかもイメージできるはずです。

より具体的な内容に掘り下げること、伝わりやすいエピソードを引き出すことが自己分析の目的と捉えましょう。

強み・弱み

強も・弱みは自己分析の基本ですが、自分自身で見つけるのはなかなか難しい作業です。

成功しやすいのは、自分が得意なことと不得意なことをリストアップし、そこからキーワードを導き出す方法です。

ただし、不得意なことが必ずしも弱みになるわけではないため、強みや弱みは一旦忘れてシンプルに進めて行くのがコツになります。

できるだけたくさん書き出すことで内容が豊かになるでしょう。

身近な人に聞いてみるのもよい方法です。

ガクチカ

ガクチカの主題はエピソードです。

受賞や留学など特殊な経験を聞いているわけではなく、アルバイトやサークル活動、ゼミなどで力を注ぎ、なんらかのプロセスを経て一定の成果を上げたことを書きます。

自分が情熱を注いだといえることならなんでも該当しますが、情熱を注いだ意識がなくても、一番時間を費やしたと感じているものから導き出すことができます。

企業側はその中で掴んだその人なりの価値観を重要視していますので、そこで何を得たかもまとめておきましょう。

成功・挫折経験談

成功や挫折は、何かに向けて必死に努力を重ねたことがあるかを知るための項目です。

頑張ったことが報われたのが成功、報われなかったことが挫折ですから、そこには必然的に目標があり、情熱や努力があります。

特に挫折経験を聞くことは、そこからどのように立ち直ったか、そこで何を得たかで人間性や思考プロセスを探ることが企業側の目的です。

失敗するのが悪いことではなく、問題や課題から逃げずに克服するためにもがく姿を知ることで、入社後にどのような働きをしてくれるかイメージしようとしています。

どのような経験でもよいのでなるべく具体的に情報をまとめ、そこから得たメンタルの強さやリーダーシップ、努力する姿勢などをアピールしましょう。

自己PRで話すときのポイント

 

面接で自己PRをする場合、先に提出したESの内容と食い違いのないように注意しましょう。

文章を書くのと異なり、話す場合は時間制限があることが一番の注意点です。

限られた時間で、いかに簡潔にわかりやすく情報を伝えることができるかも問われますので、頭の中を整理して臨みましょう。

相手に与える印象も重要ですので、明るく清潔感のある声のトーンや話し方もマスターする必要があります。

結論から先に言う

論理的に話すためには、まず結論から先に述べるのがセオリーです。

端的にアピールするために、最初に強みを伝えましょう。

「私には~という強みがあります」「私の強みは~です」といった端的な言葉が冒頭になります。

エピソード

続いて、なぜその強みが備わっているか、どのように発揮されているか具体的なエピソードを続けます。

最初に行ったことを裏付ける説得力を持たせるためには、具体的でわかりやすい経験が必要です。

なんらかの経験の中で直面した課題、それを強みによってどう乗り越えたか、結果どのような成果を得たかを簡潔に述べることで、根拠のある強みにすることができます。

企業の業務とつなげる

最後にその強みを仕事にどう活かせるか、入社後のビジョンとともにアピールしましょう。

企業側が強みを知りたいのは、自社で活躍できる可能性を知るためだということを忘れずに、自分が入社して活躍するイメージを具体的に伝えることがポイントです。

そのためには自己分析だけでなく、業界分析や企業分析も重要になることはもちろんです。

自己PRで企業はどこを見てる?

それでは、企業が学生の自己PRのどこを見ているか、改めて整理しましょう。

冒頭でも解説したように、企業は自己PRを通じて自社に必要な人材かどうかをチェックしています。

具体的にどのような人材を求めるかは千差万別ですが、間違いなくいえるのは、企業の業績アップに貢献できる人材を求めているということです。

つまり、合格するためにはその企業の利益に貢献できる人材であることを知らしめなければなりませんし、そのために企業研究が必須となります。

面接官も採用担当者も自分たちの職場にマッチする若い才能を心から求めているわけですから、面接で共感を呼べるアピールができるようにすることがポイントです。

実は、求める能力はESの中にすでに込められていますので、設問の意図を一つひとつよく考えて、企業がどんな人を求めているかを考察しましょう。

すでに答えは出されていますので、企業はその答えに気付いてくれたかどうかを見ています。

入社後どのように活躍ができるか

自己PRで自分が入社後にどのように活躍したいかをきちんと述べられる人材は、企業にとってとても期待の大きい存在です。

どこでもよいからとにかく入社することだけを望むような人では、どうしてもお断りしたいのが当然でしょう。

具体的にどう働きたいかを言える人は働く意欲の高い人ですし、本気度が伺えます。

当然、企業としては自社に利のある人材が欲しいわけですから、活躍してくれそうな人なら採用したくなります。

ライバルに差をつけるなら、より具体性を持って入社後の自分の活躍をアピールできるようにしましょう。

そのためには企業をよく研究し、どのような事業を手掛けているか、今後どういった方針を打ち出しているかも理解したうえで考えることが重要です。

どんな仕事をやりたいのか

入社後の活躍をより具体的にアピールするためには、自分がどのような仕事に就きたいか、どのような仕事なら適性があるかをアピールする必要があります。

もちろん希望する部署に配属されるかどうかはわかりませんが、どんな仕事をやりたいからその企業に応募したかがわかる内容であれば、強い説得力を生むことができます。

たとえばグローバルな展開を打ち出している企業なら、強みである語学力を活かしてトップセールスマンを目指すというのもよいでしょう。

世界中旅した経験や肉体的・精神的タフネスを活かして、世界各地の現地から面白い商材を仕入れるマーケターになりたいというのも頼もしい限りです。

また、業界や企業の研究はもちろん必須ですが、やりたい仕事は今ある業務だけに捉われる必要はありません。

これからIoTに乗り出すという中長期計画があるなら、開発部署で新しい製品設計の立ち上げに関わりたいというチャレンジング精神をアピールしてもよいでしょう。

いずれにせよ企業側としては、自社の事業や将来の方針を本当によく理解してくれている学生なら、とても頼もしく感じます。

ただし、Webサイトに掲載されている表面的な内容に浅く触れる程度では、百戦錬磨の採用担当者ならすぐに見抜いてしまいますし、好感度は逆に下がる一方です。

本気で入社したい、その企業の一員となって活躍したいという強い熱意を持つことがとても大切なのはいうまでもないことです。

自己PRまとめ

pixta_53646616_M

自己PRを作成する際には、まず企業側がどのような意図を持っているかを理解することが第一です。

そのうえで自己分析をしっかり行い、自分の強みを導き出しましょう。

面接では立ち居振る舞いにも気を付け、結論をまず伝え、それを裏付ける具体的なエピソードを添えて説得力を付けることがポイントです。

最後にその強みを活かして入社後に活躍する自分像を具体的に伝えることで、とても魅力ある自己PRになるでしょう。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ