学歴フィルターを把握して、効率的に就活を進めよう!

はじめに

基本的に就活は皆に平等であるべきものです。

誰もがエントリーを行え、かつすべての人に内定のチャンスが与えられるようにするべきでしょう。

もちろん、力仕事が求められる職業ではどうしても男性を雇ったほうが効率化は図られます。

一方で、こうしたフィルタリングが一見すると不合理な理由に基づいて行われているケースもあります。

たとえば学歴フィルターと呼ばれるものもその中の一つでしょう。

今回はこの学歴フィルターに関して紹介していきます。

学歴フィルターとは

学歴フィルターとは、特定大学以外の就活生のエントリーをあらかじめ省いたうえで選考を行っていく方法を指します。

元々はインターネットなどで就活がうまくいっていない人々が使い始めた言葉でした。

自分の就活はうまくいっていない、なぜかといえば自分の学歴があまりよくないからだ、という理由でこの言葉を使いだしたのです。

もちろんこの段階ではまだまだ妄想の域を出ません。

しかし、徐々に就活生の間で体験談が集まり始めます。

あの大学の就活生は内定を貰えたのに、うちの大学の就活生は内定を貰えなかった、という報告がいくつか寄せられたのです。

次第に学歴フィルターという言葉はリアリティを帯び始めました。

やがてこの言葉はメディアでも取り上げられるようになり、選考を行っている企業に疑惑が向けられるようになります。

実際に就活業界に携わってきた人によるルポルタージュも出版されました。

学歴フィルターがどういった基準で成り立っているのかは不透明です。

優秀な学歴を持っている就活生を優先的に選考しているとして、どこまでの学歴ならばフィルターから弾かれずに済むのでしょうか。

会社によっては東京大学や京都大学のようなエリートが集まる大学生しか採らないところもあれば、MARCHのような名門と呼ばれる大学生を優先するところもある、と基準はまちまちです。

いずれにせよ、就活生の肌感覚では学歴フィルターは間違いなくあると思われているようです。

もっとも、本当に学歴を基準にしたうえで就活生を間引いているかというと、疑わざるを得ません。

実際にこの企業で学歴フィルターが使われているという報告は出てきませんし、それを就活生が目撃したという例もないからです。

とはいえ、実際に学歴フィルターを使っていると露見してしまえば、企業のイメージは悪くなってしまうでしょう。

採用を担当する人事課の社員が、わざわざ社外に向けてうちは学歴フィルターを使っています、とアナウンスするメリットはありません。

学歴フィルターについては、今後も真偽が明らかになることはないでしょう。

学歴フィルターをかける企業の意図

ここからはあくまで学歴フィルターがあると仮定しながら話を進めていきましょう。

実際のところ、学歴フィルターを企業が使うメリットはどこにあるのでしょうか。

学歴フィルターを通すことによって企業が選考する学生は少なくなります。

もしフィルターによって弾かれた学生の中に優秀な人材がいたとしたら、かえって損失になりかねません。

それでも学歴フィルターを使うことの意義はどこにあるのでしょうか。

応募者が多いため、学歴フィルターで効率化するため

人気のある企業には就活生が必然的に多く集まってきます。

時には企業が雇おうと思っている人数の何倍もの就活生がエントリーシートを送ることもあるでしょう。

仮に100人の定員を設けた企業に、300人の学生がエントリーしてきたとしましょう。

とてもではないですが、すべての学生に対応するのは不可能です。

面接を行うのも一苦労ですし、いざ面接を終わった後も誰に内定を出すかの選考が待ち構えています。

すべての学生を平等に選考しようと思ったら、途方もない費用がかかってしまうでしょう。

よって大手企業であるほど学歴フィルターを使って選考過程をスムーズにすることは十分に考えられます。

就活生にとっては低学歴でも平等に扱ってほしい、と思いたいところです。

しかし、こうした理由でフィルターが使われているならば学生にとってもメリットは十分にあります。

倍率が高い企業にエントリーしても内定が得られる確率は極めて低いといわざるを得ません。

そんな企業にエントリーして時間やコストをかけるよりも、確実に内定を貰える企業にエントリーしたほうが効率的です。

会社全体が学歴にこだわっている

会社の重役を務める人々は大体60代から70代くらいの年代が占めています。

そのくらいの年代の人々には、高学歴であるほどよい、という固定観念が根付いています。

では、なぜこうした固定観念が生まれてしまったのでしょうか。

今でこそ日本の大学進学率は50%を超えており、2人に1人が大学に行ける時代です。

しかしながら、今の60代から70代の人が大学に行っている頃は20%から30%の人しか大学に行けませんでした。

当然大学も今と比べて少なく、名門と呼ばれる大学にばかり人が集まっていたのです。

そんな時代を過ごした人々にとって、名門大学に行ける人ほど優秀である、という考えを抱くのはいたって自然なことでしょう。

何より自分がかつて青春時代を過ごした大学の後輩を会社に迎えれば、大学に恩返ししたことにもなります。

そうした人々の考えが会社全体の考えとなり、学歴にこだわる風潮ができているのは否めません。

高学歴=優秀という風潮があるため

実際に高学歴の学生に共通することといえば、受験の際に高得点を得たということが挙げられます。

受験の点数は一つに目安にすぎませんが、見逃せない要素ではあるでしょう。

受験は基本的にランダムに選出された問題を解いていくものです。

そのため、あらゆる分野において努力した学生しか高得点は取れません。

そこで高得点が取れたということは、集中して勉強したということを意味するのです。

その集中力は仕事にも活かしやすくなるでしょう。

どうしたらこの問題が解けるか、ということは、どうしたらこの仕事をこなせるか、ということへの応用にもなります。

そのため、企業にとっては勉強ができる学生は仕事もできるだろう、という認識になりやすいのです。

とはいえ、受験は高校3年生のときに行うものです。

一方で就活を行うのは大学4年のときですから、そこには4年のタイムラグがあります。

学歴フィルターを使ってしまえば、その4年で頑張った学生を採用できません。

また、高校のときは勉学に励んでいたけれど、大学になってから勉学を疎かにした高学歴の就活生を採用してしまうケースもあります。

この辺りは一長一短あるので、企業側も学歴フィルターを使うのは慎重になるべきといえるでしょう。

企業の学歴フィルターを理解するメリット

ここまでは企業の立場になって学歴フィルターについて考えてきました。

では、就活生にとってこの学歴フィルターがあると仮定した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

あまり学歴がよくない学生にとってはデメリットが多いようにも見えます。

一方で、高学歴の学生にとって果たしてフィルターはメリットといえるのでしょうか。

学歴フィルターはあくまでも土俵に立てるだけ

まず高学歴の人にとっては学歴フィルターはありがたいと感じるでしょう。

他の学生が採用過程から除外されるということは、ライバルが減ることを意味します。

その分内定を得られるチャンスが生まれやすくなるでしょう。

もっとも、だからといってすぐさま内定が確約されたわけではありません。

先ほども見たように企業側は、あくまでも採用過程を効率化するために学歴フィルターを使うことがあります。

しかし、100人を雇用する予定だとして、すぐさま100人にエントリーを絞り込むわけではないのです。

高学歴の学生といえど、必ずしも楽に就活を行えるわけではありません。

あくまでも学歴フィルターは、高学歴の学生を土俵に上げるための方便にすぎないのであって、そこからは結局実力が物を言う世界になってくるのです。

期待値が高い分、採用のハードルも上がる

先ほど企業は高学歴の学生は優秀であると見積もっている、という話をしました。

もっとも、こうした固定観念が実態に即しているかといえば必ずしもそうとは言い切れないでしょう。

高学歴の学生といえど、大学4年間を怠惰に過ごしたあまり優秀でなくなってしまった学生もいるのです。

そんな学生が学歴フィルターを頼みに大手企業の面接に臨んだら、一体どうなるでしょうか。

企業側はきっと優秀な学生が来てくれるものだとばかりに待ち構えています。

しかしながら、実際に面接にやってきた学生は質問にもまともに答えられないし、大学時代にも特別業績を上げたようでもないとわかったら、がっかりしてしまうでしょう。

このように、学歴フィルターは高学歴の学生にとってかえってプレッシャーになってしまいかねません。

また、倍率が低くなることは必ずしも採用の可能性が高くなることを意味しないのです。

なぜかといえば、学歴フィルターによって絞り込まれた学生もまた、高学歴の学生だからです。

集団面接に臨み、グループディスカッションで何人かの就活生と話をすることになったと仮定してみましょう。

周りはいずれも名門大学から面接にやってきた学生ばかりです。

そんな中で採用担当者にアピールできるような存在感を示すことが、果たしてできるでしょうか。

学歴フィルターは採用のハードルを上げてしまうことにもつながるのです。

学歴フィルター:まとめ

学歴フィルターは確かに望ましくないものです。

本当ならなくすべきでしょう。

しかしながら、企業側もやむにやまれず学歴フィルターを使っていることもあるのです。

就活生としては、あそこはフィルターを使っている、あそこは使っていない、と一喜一憂することなく、自分のペースで就活を行うに越したことはありません。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ