営業職とはどんな人材が向いているのか?仕事内容ややりがいについて解説

はじめに

さまざまな仕事の中でも、よく見かけるのが営業職という仕事です。

これはとにかくモノを売るというイメージで捉えられがちなのですが、実際はそればかりとは限りません。

営業職とはどういう仕事なのでしょうか、具体的に見ていきましょう。

【営業職とは】営業職とはどんな職種か

営業職とは、平たくいえばモノを売る仕事です。

お客様に商品を提示することやサービスを提案して、それを購入してもらうための契約を取るところまでが仕事となります。

たとえば商品を知らない人のために、これこれこういう商品やこういう商品がありますと伝えることも仕事の内です。

また、どういう人が商品をほしがるかわかりませんから、どういう商品があるかをさまざまな人に知らせるのも仕事の内という企業もあります。

また、契約後のお客様に契約を続けるように促す場合や契約後のお客様のサポートまで行う企業もあります。

営業職については特にどのような企業でも必要とするため、営業のスキルがあったらさまざまな企業への需要が大きくなるでしょう。

その一方で仕事がハードな場合やノルマの存在なども見られるようです。

さまざまな企業に行くため、人の良さやビジネスマナーなどに通じている必要があるでしょう。

【営業職とは】営業職の種類

営業職にもさまざまな種類があります。

いくつかの種類を見ていきましょう。

1つ目は『法人営業』と呼ばれるものです。

これは法人格、つまり会社やNPO、なんらかの集団の集まりに対して営業を行い、ほしがる人に対してモノやサービスを売るのが基本的な仕事となります。

大きな収益が得られる一方で、大きな企業になるとさまざまな細かい契約やルールがあり、面倒なことも出てくるでしょう。

いわゆるBtoBなどがこれに当てはまります。

2つ目は『個人営業』と呼ばれるもので、こちらは個人を対象としています。

一般家庭や個人を対象にしているもので、個人宅を訪問することや生活に関係する商品を提案して売るなど、かなりさまざまなものを扱います。

情や感覚的なものをある程度理解できる人向けとなっている側面があり、細やかなサービスを必要とする場合もあるでしょう。

いわゆるBtoCはこれに当てはまります。

また『飛び込み営業』『新規営業』と呼ばれるものもあります。

これは個人・法人に限りませんが、新しく需要がありそうなところに行って商品やその魅力を伝える仕事です。

提案営業ともいわれ、これまで契約がなかったところにもいきますので、かなりプレッシャーもかかる一方で、契約に結び付くことや新たな需要を掘り起こす楽しみは出てくるでしょう。

とはいえ、これは営業職の基本的な方法となっています。

そして『ルート営業』というのもあります。

これは既存の顧客に対してサポートや新しい商品の提案をする、サービスの改善を行うなどの仕事です。

ルート営業は比較的心理的な負担が軽くなる一方で、顧客との関係維持のためにさまざまなサービスを提供する必要がある場合もあります。

こちらについては営業の根本的な方法ではなく、営業のサポート的な立ち位置に付く場合もあります。

【営業職とは】営業職で求められること

営業職を行う場合、いくつか求められるポイントがあります。

一つは、強いメンタルです。

よく営業で求められる飛び込み営業や提案営業などは断られることが基本となっている側面がありますから、何度断られてもくじけない強いメンタルが必要になります。

特に心が強くない人が営業職に就くと精神的に疲れてしまうこともあるようですので、仕事を忘れるようなストレス解消法をいくつか持っている人やメンタルが強い人向けとなっています。

次に、ある程度の見た目です。

これは清潔感があることが大前提で、特にさまざまなオフィスや会社、学校、個人と会いますので、なんにせよ見た目の清潔感やさっぱり感は必要になります。

なお、これは美醜とはまったく違った問題ですので、顔立ちがよいことや美形である必要はありません。

ですが、髪を整えるとか口元の手入れをする、服をいつもきれいにしておくなどの細かい気遣いは必要になります。

また、コミュニケーション能力は必要にです。

最低限相手がどういうものを求めているか、どういうものを提案できるかという知性や知識は必要になります。

最低限こういうものがあり、こういうメリットがありますと伝えられるほどの一般的な会話が必要になる場合が多いでしょう。

特に人の話を聞くスキルは重要で、きちんと話を聞ける人ではないと需要を掘り起こすことができない場合もあります。

多弁である必要はありませんが、さまざまな人と話をして関わることになりますので、それは覚えておきましょう。

さらに、ビジネスマナーも求められます。

営業職はさまざまな企業に行きますので、それぞれの企業できちんと振る舞えるようなビジネスマナーは重要な点になるでしょう。

その一方で企業ごとのローカルマナーや業界ごとの個性的な雰囲気にも親しむ必要があるでしょう。

ある程度この会社やこの家はこういう感じ、というのを知っておくと、商品をより売りやすくなります。

最後に、目標を達成する根性です。

営業職の場合、欠かせないのがノルマというものです。

ノルマは基本的にどの営業職でもあり、訪問先や売上数などで最低限の条件があります。

このため、この目標を達成できるように工夫する根性がないと、目標を達成するための自覚や覚悟ができなくなるでしょう。

【営業職とは】営業職に向いている人

営業職はハードな一方で、いくつか向いている人というのも存在します。

まず、メンタルが強いことです。

基本的に断られることが多い営業職なので、心が強い方が圧倒的に有利です。

断られても他のところに提案できることや商品のメリットを的確に伝えられることが求められます。

また、人との交流が嫌いではない人や誰かに積極的に話ができる積極性がある人なども向いています。

次に、体力があることです。

営業職はさまざまな場所に出向きますので、体力があることが求められる場合も少なくありません。

歩き回るので体力が必要な場合や重い商品を運ぶ必要がある場合も体力が必要になります。

女性営業でもこういったものを運ぶ場合がありますので、やはり体力が必要になる場合も見られるようです。

また、コミュニケーション能力がある人にも向いています。

とにかく人に商品を売る場合やサービスを団体に売る必要がありますから、当然コミュニケーション能力は求められます。

人と関わることが得意な人やある程度話をすることが嫌いな人などによく、愛想笑いなど笑顔が多い人にもよいでしょう。

そして、ずっと椅子に座っている内勤が向いていない、外勤のほうがよい人は圧倒的に営業職向きでしょう。

営業の仕事は外に出て仕事をすることが多く、ただ机に向かう仕事ばかりとは限りません。

このため、ただ机に向かうだけのことが苦痛な人であれば、外に出て歩き回れる営業職などは向いています。

最後に、細かい部分に気を遣えることも大事なポイントです。

というのも、営業の仕事は会社の顔となる仕事ですので、やはり会社の知名度やイメージに影響を与えます。

このときに細かい部分に気を遣って仕事をすることは、会社のイメージアップにも向上します。

顧客との契約を続け、関係改善をずっと続ける点でも細かい部分に気を遣うのは営業上必要なことです。

【営業職とは】営業職のやりがい

営業職はハードな一方で、かなりやりがいもあります。

いくつかのやりがいを紹介しましょう。

まず、商品が多く売れればそれだけやりがいがあります。

このやりがいについてはさまざまなやり方がありますが、特に営業系の仕事は成績という形で表に出やすく、営業の仕事はそれなりに収益を上げていればきちんと仕事ができているとみなされます。

このため、やはり多く売ることやきちんと商品を売ること、お客様との間で起きたトラブルをきちんとケアすることなどが重要な点になるでしょう。

次に、商品が売れることやノルマを達成したことが、そのまま成績や評価につながり、給料などに反映されます。

他の仕事と違い、営業職は自分の頑張りがそのまま成績や評価につながりますし、場合によっては収入にもつながります。

特に太いルートを発掘することやたくさんの商品を売ることで多くの収入を得られるかもしれません。

高額な商品を売ることやたくさん商品を売ることによって、大きな利益を狙える場合も少なくないのです。

また、時間的な制約や内容も少ない場合が多いのです。

というのも営業の仕事の場合、商品を売って利益を上げ続けていれば、ある程度仕事はできていることになります。

このため、きちんとやることさえやっていれば休みも取りやすい、などのメリットがあります。

ただしお客様からクレームが多い人や顧客から契約が減ったとたん待遇や会社からの扱いが冷たくなる場合もありますので、きちんと仕事ができていることが大前提となります。

最後に、この仕事には明確に男女の差はなく、売ることや契約をしっかり取ることがきちんとできていれば、男女の違いはありません。

特に女性にとって向いている商材やあえて細かい気遣いを求めるために女性営業のほうが有利な顧客というのはいます。

このため、女性営業だからといってデメリットばかりとはいいづらく、さまざまな商品の売り方や営業方法があります。

営業職は男性が有利といわれ、体力面についてはやはり男性の方が有利ですが、一概にそうとはいえない商材も少なくありません。

【営業職とは】まとめ

ハードだといわれやすい営業の仕事ですが、実際はあまり大変ではないルート営業などもあります。

また、女性のほうが向いている場面や人の話を聞くほうが有利になる営業というのもいます。

このため、営業職だからハードで大変、と最初から思い込まず、条件や待遇によっては営業職も選択肢に入れてみるとよいでしょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ