総合商社志望必見!総合商社の基礎から日本の有名企業まで徹底解剖

はじめに

就活で総合商社を目指している学生なら、当然、業界研究も企業研究もかなり進んでいることでしょう。

なぜなら総合商社の実態は掴みにくく、漠然と就活を進められる目標ではないからです。

具体的な仕事内容がどういうものなのか、やりがいも厳しさも知らなければ内定にはたどり着けません。

ここでは総合商社の仕事を理解するために、業務について詳しく解説します。

【総合商社の仕事内容とは】総合商社とは

大前提として、総合商社という言葉の定義は明確にはありません。

よく聞く表現に「ラーメンからロケットまで」というものがありますが、何でも幅広くトレードする事業形態をよく表している言葉といえるでしょう。

元々トレーディング事業をメインとする業界であり、食品はもとより、金融まで含めてさまざまな業界を横串に刺すような多彩な業務を行っています。

事業内容はとても一言で言い表せるものではないため、質問されて明確に答えられないとしても無理もないことです。

あえてまとめるなら、「トーレディング」と「事業投資」という2柱がビジネスモデルのメインに据えられることが多いでしょう。

大手総合商社もこうした事業モデルを掲げていますので、まずはビジネスモデルから理解を深めるのもよい手段です。

【総合商社の仕事内容とは】総合商社の主な仕事内容

総合商社の主な仕事内容を、トレーディングと事業投資という2つの局面から解説します。

まずトレーディングですが、これこそが商社の礎となる業務です。

商社というビジネスの大元は、卸売業が発端でした。

商材を仕入れて二次卸売業者に売る、もしくは小売業者に売ることで利益を得るという卸売業が、地域から日本全国へと広がり、世界へと広がっていったのが始まりです。

海外からの仕入れには貿易業としてのノウハウも必要とされ、現在の総合商社ビジネスの基礎が築かれました。

現在は国を超えた取引が日常的に行われ、商売相手は世界中に広がっています。

こうしたことで商社が実際の商品を仕入れて売る形ではなく、ネットワークを駆使した仲介業としての事業も確立されました。

国際取引をスムーズに行ううえで非常に重要な役割を占め、現地での生産から国内での消費まで、すべての流れに携わるビジネスモデルが確立されたのです。

一方で事業投資というビジネスが生まれた背景は、マーケットそのものを開拓するという考えからです。

生産されたものを仕入れて売るという単発的な発想ではなく、将来性のあるマーケットへ投資し、市場ごと買って育てるという大規模な発想といえます。

投資手段は決まっていませんが、現地企業を買収したり子会社化したりするなどして経営に参入する形もよく見られるでしょう。

製品だけでなくあらゆるノウハウやネットワークも含めて取得し、他の事業や地域へ転用することで大きな利益を生むのが目的です。

総合商社と専門商社の仕事内容の違い

総合商社と専門商社の仕事内容ではどこに違いがあるかまとめておきましょう。

総合商社はその名の通り、すべての商材を取り扱う大企業体を指します。

ここまでの大規模になると自ずと企業数も限られ、どの名を聞いても見知っている有名企業が名を連ねます。

特に旧財閥系総合商社は戦前の日本で経済に大きな力を持っていた財閥が母体で、戦後財閥が解散された後に、金融や多くの業界で企業として活動している企業体となります。

一方、専門商社は仕事内容は総合商社と変わらないものの、取り扱う商材の範囲が限定され、特定の商材のみを専門に取り扱っているのが特徴です。

たとえばプラスチック製品などに限定した化学系専門商社や鉄鋼、繊維、日用品など、特定の分野を手掛ける専門商社などがあります。

主に売上比率の50%以上がなんらかの特定商材である場合、専門商社に該当すると理解すればよいでしょう。

いずれもBtoBの事業形態であり具体的な仕事内容は変わりませんが、唯一大きく違うのがその数です。

先に触れた通り総合商社は数が限られますが、専門商社は会社数が圧倒的に多いのが特徴です。

企業研究を進めるうえでは、総合商社とあわせて専門商社の研究も行っておくと、より業界の理解が深まるのでオススメです。

【総合商社の仕事内容とは】日本の有名な五大総合商社

総合商社の数が限られることは先に触れましたが、ここでは日本で5本の指に入る有名な総合商社の特徴について掘り下げてみましょう。

いずれもその名を聞いたことのない人はいないくらいの大企業ですが、数が少ないから手当たり次第に就活すればよいという考えは誤りです。

それぞれの企業のどこに魅力を感じ、入社したいと考えるのか、自分なりの志望動機を見つけ出す必要があります。

三菱商事

三菱商事株式会社は、本店を東京都千代田区丸の内にある三菱商事ビルディングに置く総合商社です。

こちらにコーポレートスタッフ部門、ビジネスサービス部門、エネルギー事業グループがあり、丸の内パークビルディングには地球環境・インフラ事業グループなどがあります。

また全国に27店、海外に194店の拠点を持つ業界売上第1位の大企業です。

非常に幅広い分野において事業展開を行っており、資源や機械、化学品や食品などでは草分け的な存在です。

社員の出身大学も慶應大学、東京大学、早稲田大学が多く、ライバルも多い環境といえるでしょう。

伊藤忠商事

伊藤忠商事株式会社は、東京都港区北青山に東京本社、大阪府大阪市北区梅田に大阪本社を置く総合商社です。

拠点は国内9店、海外103店を持ち、非常に純利益率の高い経営を行っています。

みずほグループに属する企業であり、近年特に中国でのビジネスに対して投資を多く実施しているのが特筆できるでしょう。

特化した分野はなく、利益構造の構築がうまいのが特徴です。

傘下にファミリーマートがあり、広く経営手腕を発揮している会社です。

社員の出身大学は慶應大学、早稲田大学、東京大学などの他、京都大学や神戸大学です。

大阪にも本社機能があるため、関西の大学からも狙いやすい環境といえます。

三井物産

三井物産株式会社は、本店を東京都千代田区丸の内の日本生命丸の内ガーデンタワーに置く総合商社です。

拠点は国内12店、海外125店で、2016年に一時赤字決算となったものの翌年には回復し、業界上位に食い込んでいます。

資源ビジネスに重点を置き、鉄鉱や原油、天然ガスは業界トップの生産権益量を誇ります。

社員の出身は慶應大学、早稲田大学、東京大学に続き、一橋大学や京都大学などが多い傾向です。

住友商事

住友商事株式会社は、東京都中央区晴海の晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーY棟に本店を置いています。

拠点は国内22店、海外108店で、2015年の経営不振から脱却し、回復を遂げています。

商社ならではのトレーディング事業やメディア関連ビジネスを堅実に運営し、銅や金などの資源ビジネスにも強みを見せます。

社員の出身大学は慶應大学、早稲田大学が多く、東京大学や京都大学、上智大学なども名を連ねています。

丸紅

丸紅株式会社は、東京都中央区日本橋の東京日本橋タワーに本店を構える総合商社です。

国内12店、海外57店の拠点の他、海外現地法人を29社持ち、現地法人の拠点として62ヶ所を所有します。

丸紅といえば穀物の取扱高で有名ですが、世界規模でも有数の大手企業として評価を受けるほど優秀な業績が特徴です。

他にもパルプや電力において強みがあり、資源ビジネスも堅固です。

社員の出身は慶應大学、早稲田大学、東京大学に続けき、京都大学や一橋大学が多くなっています。

【総合商社の仕事内容とは】総合商社で身につくスキル

総合商社のビジネスマンといえば、世界を股にかけて飛び回るイメージでしょう。

その通り総合商社の仕事で英語を使わないことはありませんし、他にも中国語やスペイン語、ポルトガル語などの勉強を各社が研修制度を設けて推奨しているのが一般的です。

そのため語学スキルは身に付きますし、英語は間違いなくビジネスレベルになります。

三井物産では1年間現地で語学研修を実施していますし、伊藤忠では中国語の語学研修にかなり力を入れていることで有名です。

事業投資部門では、営業部門で財務会計や税務法務の知識、M&Aなどのスキルが身に付くため、いずれ自分で独立して会社設立する夢も近づくでしょう。

当然、取り扱う商材に関する専門知識も身付きますし、貿易実務や交渉術も身に付きます。

営業部門ではなくバックオフィス部門なら、グローバルな視点で財務会計のスキルや税務法務などのスキルが身に付くでしょう。

ただ当然ながらしっかり自分で勉強しなければなりませんし、毎日なんとなく仕事をこなしているだけでは成長は難しいです。

本気で成長する気なら、成長スピードは非常に速い業界です。

ワークライフバランスが重視されるようになり、長時間労働も減っていますので、スキルを身に付けるためには自分で努力が必要です。

OJTに頼るより周りからノウハウを盗むスタンスですので、自立心を強く持つ必要があります。

【総合商社の仕事内容とは】総合商社に向いている人材

総合商社に向く人材は、何より語学に長けている人です。

特に英語は公用語と考えたほうがよいくらいで、電話もメールも英語ですし、会議もプレゼンテーションも英語なので、英語を使うことに抵抗や苦痛を感じるなら避けたほうが賢明です。

また学歴が高いほうが有利ではありますが、前向きな好奇心があり、頭脳の回転が速い人が受かりやすいというのが事実です。

各社とも有名大学の出身者が多いですが、これは採用試験にSPIやテストを受け、求められるレベルの知識がないと足切りされてしまうことが理由です。

事前に対策を打つことで対処はできますので、あきらめずに受かる努力をした人が生き残ると考えるべきでしょう。

そして何より、商社マンになるならコミュニケーションがうまいことが必須です。

ただしこれは話が面白いとか、誰とでも仲良くなれるといった類のことではありません。

商社で求められるコミュニケーションスキルは、正確な情報を、伝えるべき相手に正しく伝えるという能力を指します。

国をまたいで、さまざまな業種、さまざまな立場の人と交渉し、商談を成立させるためには、情報を正しく適切に伝達するスキルが必須なのです。

性格としては、自立心が強く、ホスピタリティを持っている人が適性を持つでしょう。

商社の仕事は何より信用が大事ですので、自分でしっかり考えて行動し、周りの人と協力しながら気持ちよく仕事を回せる人になってください。

【総合商社の仕事内容とは】まとめ

総合商社の仕事は、大きく分けて「トレーディング」と「事業投資」です。

いずれにしてもBtoB事業であり、商談相手は国をまたいで全世界となりますので、語学とコミュニケーションスキル、専門知識やノウハウを活かして交渉を成立させるのが仕事です。

語学に長け、好奇心があり、コミュニケーションがうまい人なら適性がありますが、ホスピタリティも忘れずに持ちましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ