【ベンチャー企業の特徴】中小・スタートアップとは何が違う?ベンチャー企業の特徴とは

はじめに

ベンチャー企業は、就活の際の選択肢の1つです。

そのため、ベンチャー企業についてよく知っておくことは大切です。

ベンチャー企業には大企業にはない魅力がたくさんありますので、その特徴を踏まえた上で、自分に向いているかどうかを把握しておきましょう。

【ベンチャー企業の特徴】ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業の定義についてみなさんは詳しく知っていますか。

ベンチャー企業というのは、新しい商品を提供する企業です。

非常にザックリと説明しましたが、ベンチャー企業のくくりは、このくらい曖昧な方が良いです。

なぜなら、新しいチャレンジをしている若い会社は、すべてがベンチャー企業になりえます。

そのため、あまりしっかりとくくってしまうと、ベンチャー企業の本質を見失ってしまうかもしれません。

設立して5年以内という分け方もありますが、この年数を超えても、若いベンチャー企業と変わらないような取り組みをしている企業はたくさんあるのです。

このことからも、あまりしっかりと区切ってしまわない方が良いことがわかるのではないでしょうか。

【ベンチャー企業の特徴】中小企業・スタートアップ企業との違いは?

ベンチャー企業のことをよく知りたいなら、ベンチャー企業とその他の企業を比較してみると良いです。

よく比較されるのがスタートアップ企業になっていて、この2つは特徴がとても似ています。

しかし、厳密には、スタートアップ企業とベンチャー企業は違いますので、それぞれの特徴を把握した上で、しっかりと理解しておきたいところです。

また、中小企業との比較もオススメで、これらを比較することでよりベンチャー企業を知ることができるでしょう。

中小企業との違い

ベンチャー企業と中小企業との違いは、比較する対象からして違っています。

中小企業と比較するのは大企業などです。

そして、ベンチャー企業の中には、中小企業もあれば、そうでない企業もあります。

中小企業の中にも、既存商品を取り扱って、安定した利益を求めているような企業もありますし、逆にベンチャー企業のように新しいチェンジをどんどんして、リスクを取っていくような企業もあるのです。

また、中小企業というくくりは、中小企業基本法により、資本金額や従業員数が定められてしまっていますが、ベンチャー企業にそういった厳格な区切りはありません。

スタートアップ企業との違い

スタートアップ企業とベンチャー企業は非常に似ています。

しかし、スタートアップ企業とベンチャー企業は、それぞれ目標にする部分が違うのです。

ベンチャー企業は、継続的にリスクを取って、新しいチャレンジを続ける特徴を持ちます。

一方、スタートアップ企業は、短期間で利益を出すことを求められる企業なのです。

新たな市場開拓という意味では一致する部分も多いのですが、短い期間で結果を求められるという部分は、スタートアップ企業とベンチャー企業の大きな違いとなります。

また、スタートアップ企業は、起業して2年、3年程度の若い会社を指して、そう言われることもあるのです。

【ベンチャー企業の特徴】何が違う?ベンチャー企業の特徴を解説!

ベンチャー企業を知りたいなら、ベンチャー企業の特徴を把握しておくと良いです。

ベンチャー企業に厳密な定義はないのですが、ベンチャー企業は大企業などと比べると、かなり特徴的です。

採用する人材の性質も違ってきますし、お金の集め方も特徴的になります。

このような特徴を把握すれば、ベンチャー企業のことをより知れるのではないでしょうか。

基本的に定義はない!

ベンチャー企業の特徴で大きなものは、新しい商品にチャレンジするというものです。

そのため、定義はあってないようなものです。

一般的には新しい商品にチャレンジしている会社で設立から5年以内の会社を指すとも言われますが、あまりこの定義にこだわらない方が良いでしょう。

5年間、ベンチャー企業として新商品開発にまい進してきた会社が、6年目以降にその特徴をなくしてしまうかと考えれば、決してそうではないことがわかるはずです。

そのため、6年目、7年目とベンチャー企業と同じようなことをしている会社もありますし、10年を超えても、チャレンジ精神を忘れずに、新しい分野を開拓している会社もあります。

また、新しい商品を開発する企業なので、常にリスクを取っていくという特徴はあります。

新しい概念や革新的なサービスの提供をする

ベンチャー企業の定義は、そこまで厳密に定まっていないことがわかりました。

しかし、強いて定義するとしたら、新しい概念や革新的なサービスを人々に提供することが目的の会社と言えるのではないでしょうか。

ほぼすべてのベンチャー企業は、新商品を世の中に提供することによって、多くの人々が恩恵を受けられるようになるという大きな目標を持っています。

また、ベンチャー企業かどうかは、世の中の移り変わりによっても異なるのです。

少し前までは、インターネット関連サービスを扱う会社は、その多くがベンチャー企業と呼ばれていました。

しかし、現在、インターネット関連のサービスを扱う場合、そのほとんどが既存の商品と言えるでしょう。

そのため、ベンチャー企業とは見なされないことも多いのです。

やりがいやビジョンに共感する人を中心に求人・採用する

ベンチャー企業の特徴は、その人材にもあります。

ベンチャー企業が採用するような人材は、大企業が採用する人材とはずいぶん違ってきます。

ベンチャー企業が人材を採用する際に重視するのが、会社が持っているビジョンに共感してくれるというものもあります。

さらに、仕事にやりがいを求める人が採用されやすいのもベンチャー企業の特徴と言えるでしょう。

逆に、安定を求めるような人は、ベンチャー企業が求めている人材とはかけ離れています。

どちらかと言えば、リスクをどんどん取って、成長を続けるようなタイプの会社なので、自分が会社を成長させるくらいの気持ちの人材の方が、採用されやすくなっているのです。

マニュアルのない仕事を行う

ベンチャー企業の特徴には、マニュアルがないという点も大きいです。

また、考え方によっては、ベンチャー企業とはマニュアルを作る会社とも言えるでしょう。

新規分野を開拓して、後続が入りやすいように、マニュアルを整備するのです。

そのため、ベンチャー企業が入り込む分野にはマニュアルがありません。

さらに、マニュアルと同様に、研修制度なども準備されていないことも多いです。

ベンチャー企業では、仕事を通じて能力アップしていくのが基本なので、毎日がチャレンジの連続だと言えるでしょう。

マニュアルのない仕事をするということは、柔軟性が求められたり、チャレンジ精神が求められたりします。

これもベンチャー企業で通用するための重要な要素です。

金銭面の有利性がある

ベンチャー企業は、金銭面での有利性があると言えるでしょう。

ベンチャー企業は、ベンチャーキャピタルからの出資を受けられます。

ベンチャーキャピタルは、出資した会社の売却や上場によって、利益を出す、経営支援サポート組織です。

ベンチャーキャピタルからの出資は、銀行からの融資に比べると、確実性の高いものになります。

中には、ベンチャー企業に対してかなり積極的な出資をしてくれるベンチャーキャピタルもありますので、ベンチャー企業の特徴には金銭面の有利性があるとも言えるのです。

年功序列ではなく成果主義である

ベンチャー企業は従来までの年功序列ではありません。

基本的には成果主義であって、成果を出している人は、どんどん上に上がっていく特徴を持っています。

また、ベンチャー企業は上限関係というよりかは、1つの組織に人が横並びでつながっているというようなイメージの会社です。

そのため、ベンチャー企業では、それほど上下関係がうるさく言われるようなこともありません。

中には、社長と社員が同じ目線で意見を出し合ったりする会社もありますし、社長の意見に対して、その他の人たちが反論することも珍しくありません。

このようにベンチャー企業は、成果主義であると同時に、若手社員にも成果を出しやすい環境が整っているとも言えるでしょう。

大手よりも給料が多い場合がある

ベンチャー企業と大企業を比べると、大企業の方がたくさんの給料をもらえると思っているかもしれません。

しかし、ベンチャー企業の給料には侮れないものもあり、一般の社員が大企業の重役クラスの給与をもらっていることもあるのです。

これはベンチャー企業が実力主義の世界だからこそで、一般の社員であっても、成果を出し続ければ、どんどん給料がアップしていく可能性があります。

ただし、給料が一般的な大手よりも多いことがある反面、実力がない人には厳しい世界なので、かなり安くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、実力に応じて給料のベースアップをしてもらいたいと考えているような人にとっては、ピッタリの会社なのです。

社員一人ひとりが経営陣との距離が近い

ベンチャー企業には、一般の企業とは違った距離感があります。

特に経営陣と一般社員の距離が近いというのが特徴的です。

ベンチャー企業の経営陣の中には、自分も社員の1人という考え方の人もいて、日々、社員と同じ目線で仕事をする人も多いのです。

経営陣との距離が近いということは、普通の会社では養えないいろいろな感覚が養えます。

まず、一般企業では、経営陣と接する機会が少ないです。

そのため、経営陣がどんなことを考えて、どんな決定を下しているのかという点を把握しにくいです。

しかし、ベンチャー企業では、それがわかりやすいので、会社組織というものをワンランク上の目線から見る術を身につけられます。

【ベンチャー企業の特徴】最後に!ベンチャー企業に向いている人の特徴とは?

ベンチャー企業に向いている人の特徴は、第一に新たな環境やサービスを作りたい人というものがあるでしょう。

これはベンチャー企業の存在意義そのものなので、当然必要になってくる素養です。

また、日々アイデアを考え、それを世に放ちたいと考えている野心家やアイデアマンの方も向いています。

自分のアイデアの良さを試すために、ベンチャー企業ほど良い場所はないでしょう。

また、ベンチャー企業では経営陣との距離が近いので、自分が将来経営に携わりたいと考える、起業意識の高い人にも向いています。

さらに、安定よりもやりがいを求める人にも向いていると言えるでしょう。

日々チャレンジの連続なので、チャレンジ精神旺盛な人にとっては、良い刺激になるはずです。

ベンチャー企業では、こういった特徴を持つ人を積極的に採用しますので、ベンチャー企業の就活対策をするなら、これらの特徴を踏まえるようにしましょう。

まとめ

ベンチャー企業の特徴がかなり理解できたはずです。

ベンチャー企業には、しっかりとした特徴があり、その特徴と自分との相性が良いと感じているなら、思い切ってベンチャー企業に飛び込んでみるのも良いかもしれません。

若いうちにベンチャー企業で、いろいろなことを吸収できれば、中堅社員になってからも必ず役立ってくれるはずです。

ベンチャー企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ