履歴書の写真をアプリで撮影する際のオススメアプリ3選

はじめに

履歴書用の写真を撮影するには、プロのカメラオフィスや自動証明写真撮影機に出向いて、高い料金を払って発行しなければいけないものだと思っていませんか。

最近では、スマホ写真撮影技術の発達により、写真屋まで出向かずとも簡単に履歴書用の証明写真が撮影できるアプリが登場しています。

このアプリで撮影した写真を、コンビニなどでプリントアウトすれば、撮影コストは印刷代だけで抑えることができるので、就活費用を大幅に節約することも可能です。

本コラムでは、そのような履歴書写真撮影アプリのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

履歴書の写真をアプリで撮影するメリット・デメリット

履歴書の写真をスマホアプリで撮影する場合には、費用削減など一定のメリットがある一方で、十分に活用しきれない場合にはデメリットが発生することもある点に、注意する必要があります。

利用するアプリごとに細かいメリットやデメリットは変わってきますが、一般的に当てはまるメリットとデメリットは、以下のようになります。

メリット

スマホアプリで写真撮影することの最大のメリットは、やはり価格のお手頃さでしょう。

自分で写真を撮影することになるため、プロに撮ってもらう場合や撮影機で撮影を行う場合に比べると、発生するのはプリント価格のみです。

したがって、写真を用意するのにかかる費用を大幅に抑えることができます。

また、アプリにもよりますが、撮影機などでは自動的に補正される美肌や明るさなどを、ご自身の好みに合わせて手動で調整することが可能な点も、大きな魅力の一つです。

証明写真は身分証明に用いられるものですが、適度に美肌などの加工を行うことによって、書面上での第一印象をよりよいものにすることができます。

人は見た目で決めるべきではないというのが理想だとはいえ、容姿に恵まれた人の方が生涯収入は平均すると高い、という厳然たる統計的事実もあります。

エントリーの際も、なるべく容姿もきれいに見せておいたほうが人事の印象がよくなるのは確かですので、これらの加工技術は十分に有効活用するべきです。

さらに、オンラインでの履歴書提出を受け付けている企業の場合、スマホ写真はそのまま使えるというメリットがあります。

撮影機などで撮影した写真も、あるいはデータ化することも可能かもしれません。

しかしその場合でも、これらの有料写真は基本的にアナログでプリントアウトされるものですから、データ取得のためにはひと手間を追加でかけることが必要になります。

デメリット

アプリを使えば、価格をお手頃な範囲に抑えつつ、自分の好きなように写真をよりよく見せる加工もできると聞けば、一見メリットばかりであるように思えますが、必ずしもそうだとは限りません。

自分で加工を調整できるということは、裏を返せば自分で最もよい加工を探さなければならないということでもあります。

加工に失敗した場合、明らかに不自然でかえってマイナス印象になる写真が生まれるリスクもあることを忘れてはいけません。

また、スマホ画面上で見た色味と実際に印刷された写真の色味の間のズレを修正できないことも弱点です。

プロのカメラマンが撮影を行う場合は、プロの方がベストの色味が出せるように現像結果を調整することが可能です。

また、証明写真発行機の場合も、すでに最適な色味になるようにする調整は済んでいます。

このため、これらの場所で写真撮影をする場合は、それほど色味がおかしくなることはありません。

しかしながら、スマホ撮影の場合は、印刷するプリンターとの相性などによって生じる色味のズレの結果、できあがった写真の色がおかしくなってしまうリスクが常にあります。

このことを念頭に置き、使うプリンターでの配色がベストになるためにはどうすればよいかを、加工の際には込みで考えなくてはいけません。

履歴書の写真を撮影する際のオススメアプリ

このように、履歴書写真をスマホで撮影することには、メリットもあればデメリットもあります。

しかし、これはあくまで良質なアプリを選んだ場合のお話で、質の悪いアプリを選んでしまった場合は、画質が悪くて使い物にならなかったりなど、デメリットしかないでしょう。

そのようなアプリに出会ってしまわないよう、ここでは、オススメのアプリを厳選して、3つピックアップしました。

証明写真アプリ

証明写真アプリは、履歴書、免許証、パスポート、国際免許証、ビザの5つのサイズに対応した写真を撮影したり、アルバムから作成したりすることができる、共同印刷株式会社が提供しているアプリです。

撮影面での機能はシンプルで、スマホで撮影した写真やアルバム内の写真を、設定したサイズに応じてトリミングすることに絞られています。

このため、他のアプリに見られるような美肌などの加工技術も、顔の位置の目安を表示する補助機能もありません。

しかしながら、履歴書のオンライン提出用QRコードを読み取って、写真を自動送信する機能が付いていますので、オンライン応募に対応した企業へのエントリーには役立つ可能性があります。

また、他の多くのアプリと違い、過去のアルバム写真の編集が可能であるという強みがあります。

アプリを含む各種アプリで撮影した証明写真用画像を、そのままトリミング・リサイズして別の書類用の証明写真に使いたい場合には、大いに役立つことでしょう。

とはいえ、Play Storeの公式説明で記載されている推奨機種がAndroid版では2種類だけであるなど、全体的に機能が限定的です。

このため、現実にはより多機能な他のアプリを使ったほうが、さらに質の高い写真を撮れる可能性が高いでしょう。

ただ、Android版では、今回紹介している3つのアプリの中では一番古い4.0から対応していますので、古い機種のお持ちの場合などには、役に立つこともあるかもしれません。

履歴書カメラ

履歴書カメラは、人材業界で長年の実績を誇るリクルートが出しているアプリです。

画面上に、写真撮影におけるアドバイスなどが画面上にきめ細かく表示されることと、撮影した写真を同じリクルートが作成した履歴書作成アプリ、レジュメに転用できることが、大きな特徴になっています。

撮影できる写真は履歴書・TOEIC用、運転免許証用およびマイナンバーカード・住基カード用の三種類です。

撮影画面では、顔の上限、下限と中央線が補助線として表示され、レイアウト上バランスのよい写真の撮影をサポートする機能が付いています。

また、撮影後は、スクロールバー式のクマ消しと数パターン用意された肌加工によって、健全さや華やかさなど、アピールしたいイメージに沿った写真に加工することが可能です。

印刷の際には、写真そのものに加えて、写真付きの履歴書の印刷をすることもできます。

履歴書印刷には、履歴書作成アプリのレジュメをインストールして連携を行っておくことが必要です。

しかしながら、連携済みであれば、オンラインの履歴書提出に対応している企業向けの履歴書写真を自動で用意しておけるなどのメリットもありますので、必要に応じて有効活用するとよいでしょう。

また、コンビニの他、自宅用のプリンターからの印刷も可能ですので、場合によってはコンビニ印刷以上に費用を抑えられる可能性があります。

総合的に見ると、リクルート社の提供だけあって、多機能を有し、就活に際しては非常に便利なアプリだといえるでしょう。

ただ、一方で、多くのアプリがパスポートサイズに対応している中、パスポートサイズの扱いを断念していることが、就活を越えて使い続ける場合には、弱点になるかもしれません。

パスポートに関しては、適宜他のアプリも併用することをオススメします。

Bizi ID

Bizi IDは、2008年に創業したITベンチャー企業のBusicaが提供しているアプリです。

アプリの正式名称のサブタイトルにはコンビニ証明写真という文言が含まれており、コンビニでの印刷を想定した設計になっています。

Bizi IDの長所は、撮影できる写真の種類が非常に多いことと撮影画面の補助線の案内や編集機能が非常に充実していることです。

Bizi IDでは、デフォルト画面で履歴書用写真とマイナンバーカード用写真の撮影用画面への案内が出ますが、その他から、国内の多数の資格用などに特化した写真を撮影することもできます。

また、2cmから7cmの指定幅の中ではフリーサイズ撮影も可能であるため、珍しい規格サイズの証明書写真であっても、この指定幅に収まる限りは、手動設定によって撮影できることも特徴です。

撮影画面では、顔の上下と中央線に加えて、おおよその顔の輪郭配置も補助線として表示されるため、案内に従うことでバランスの取れた構図の写真を撮影できます。

この際、画面の向きに気を付けないと、一部のスマートフォンでは画面が上下さかさまになってしまうこともあるようです。

可能ならあらかじめ画面の回転をロックして、回転が起こらないようにしましょう。

また、加工機能が非常に充実しており、美白や明暗の他、フォーカスや照明、赤目補正なども用意されているため、うまく加工すれば3つのアプリの中で最も美しい写真が撮れるでしょう。

ただ、加工機能の中には、行き過ぎた加工になって証明書には不向きなものもあるため、適切な機能を選んで加工することが必要になります。

また、マイナンバーカード向け写真については、一切の加工ができない仕様になっていますので、この点は注意が必要です。

弱点としては、写真の保存期間が最大6ヶ月に限られていることと自宅でのプリントができないことが挙げられます。

とはいえ、本来であれば証明書用写真はなるべく最新のものを撮影するのがマナーですから、保存期間が過ぎたら撮影し直せばよいだけで、実用性は十分に高いといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

現在では、上記3つ以外にも、Google PlayやApp Storeで入手できる撮影アプリは増えつつあります。

それぞれのアプリにできることとできないことがありますので、互いに比較しながら、場面ごとにベストになる証明書写真を撮影するようにするとよいでしょう。

証明写真で抑えるべきポイントは◯◯
!1人の就活はもう終わり!これからはプロがあなたのパートナーに​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ