これで完璧!好印象な履歴書の証明写真を撮影するポイント

はじめに

就活の採用試験で利用される履歴書写真は、採用担当者にとって最初に飛び込んでくる応募者の第一印象です。

清潔感が感じられる写真はやはりよい印象を与えることができます。

接客業や営業などのような対人関係が関係する職種では、より見た目を重視する企業が多くなります。

今回は、より第一印象をよく魅せるための履歴書写真の撮影方法や履歴書写真の基本ルール・いろはについてご紹介しましょう。

履歴書の証明写真の3つの基本ルール

証明写真のサイズは40mm×30mm

履歴書で使用する写真はサイズが決められており、一般的に縦40mm×横30mmとなっています。

写真の裏にボールペンを使って名前を記入しておくとよいです。

写真館で撮影する場合は、履歴書用の写真と撮影したいということを伝えておけば、規定サイズに合った写真にカットして作成してもらえるので安心です。

スピード写真では、履歴書用のサイズを選択したうえで撮影しましょう。

パスポート用のサイズで撮影したものを自分でカットして調整したうえで、再利用することは絶対に避けましょう。

パスポート用の写真も履歴書用の写真もそれぞれサイズに合わせてバランスよく撮影されているため、自ら調整してしまってはバランスが悪いので先方にもわかってしまいます。

証明写真は撮影して3ヶ月以内のものを使用

学生時代のアルバイトの面接で使っていたなど、1年以上前に撮影したような証明写真を再利用するのは、大きなタブーです。

証明写真では撮影して3ヶ月以内のものを使用するのがマナーです。

1年前と現在では顔の印象が変わっていることも多いものですので、あくまで残っているものを利用するならば、あまり印象が変わらない3ヶ月以内のものにしましょう。

3ヶ月以内でも太った場合や見た目が変わっている場合は、3ヶ月以上前の古い写真を使っているのではないかと勘違いされるケースがあります。

見た目が大きく変わってしまったら、撮り直しをするのがよいでしょう。

背景色は青・グレー・白を選ぶ

証明写真に使用する背景色は、一般的に青・グレー・白が選ばれています。

青の背景は、どちらかというと清潔感を引き出すことができ、顔もはっきりと見せることができる効果があります。

グレーは、薄いグレーですと顔色をよく見せることができるためオススメです。

また白は、明るい印象を与えることができる効果があります。

青と同様、清潔感を与えられます。

絶対にこれではなければならないという決まりはありませんが、見た目の清潔感は非常に重要ですので、無難な3色のいずれかを使用するとよいでしょう。

履歴書の証明写真をきれいに撮影するコツ

やはり履歴書の中でも自分の鏡となり得る証明写真は、採用担当者によりよい印象を与えられるようにきれいに撮影できるよう心掛けましょう。

証明写真は、必ず就活の際に着用するスーツ姿で撮影をします。

いくら暖かい、暑い季節であってもYシャツのみのノージャケットはタブーです。

男性の場合は、スーツにネクタイを着用します。

Yシャツがボタンダウンタイプのものがありますが、ボタンダウンはそもそもネクタイを着用せずに着られるシャツです。

カジュアルなシャツとして着用されるものですので、就活用に着用するのは好ましくありませんので避けましょう。

髪は、程よい短髪が爽やかな印象を与えられるため好まれます。

女性の場合は、髪が肩に付く方は後ろへ一つに束ねましょう。

前髪は長い方は分けるようにして、髪の毛が目にかからないようにしましょう。

髪が目にかかっていると清潔感を感じられませんし、少し暗い印象を与えてしまいます。

額を出したくない方は、前髪をこの際カットしてしまうのも一つです。

メイクも普段とは異なる就活用の清潔感溢れるナチュラルメイクを行います。

アイメイクは日本人の肌に馴染みのよいブラウン系がオススメで、リップやチークは、ピンクとベージュの中間色のような色を選ぶとよいです。

表情も大切です。

企業へ出す写真だからといって真面目さを演出するために、無表情な写真を貼付してしまうと、暗い印象を与えますのでNGです。

口は閉じたまま、口角を上げるよう心掛けた写真を撮りましょう。

また、熱意を伝えるためには目力を入れて撮影するとよいです。

写真ではいつも以上に目に力を入れて撮影しましょう。

また、あごは程よいくらいに引いて撮ります。

あごが上がりすぎても見下してるような印象になりますし、あごを引きすぎると上目遣いになってどちらも印象がよくありません。

正面をいつもより少し目に力を入れて見つめ、あごを適度に引き、口角を上げて軽く微笑むとよい写真の仕上がりになります。

履歴書の証明写真はどこで撮影するべき

スピード写真

履歴書の写真を撮る場所は、スピード写真を利用するか写真館で撮影するかの二択が一般的に選ばれています。

スピード写真の魅力は、コストが安いこと、自分で撮影するだけですので、5分~10分程度あれば簡単に仕上がります。

スピード写真では写真館に比べると、極端に暗くなることや明るい写真になってしまう恐れがあります。

これはそれぞれのメーカーにより個体差があるのでさまざまです。

写真館ではレフ板を用いて、光を反射させて影を作らないようにコントロールすることや肌を明るく見せることができます。

スピード写真の場合はレフ板がないため、膝の上に白いハンカチや紙を広げておくだけでも違いが出るのでオススメです。

写真館

スピード写真でも問題ありませんが、できれば写真館で撮影しておいたほうが安心です。

かつての写真館は、写真を撮影して当日受け取りではなく、後日受け取りというケースも多かったことでしょう。

近年では、当日受け取りでき、なおかつ最短で10分仕上げなど短時間で受け取ることが可能な写真館も多くあります。

手間もかからずに美しく撮ることができるためオススメです。

また、写真館で撮影した場合は、肌荒れやシミなどを消すことができるレタッチが可能なため、就活生からも人気が高くなっています。

スピード写真に比べれば倍以上のコストはかかりますが、第一印象をよくして第一選考に受かるためにも、コストをかけてきれいな写真を撮っておくというのも決して無駄にはなりません。

履歴書の証明写真のNG例

まず、髪型は前髪が目や眉にかからないように注意しましょう。

前髪が長いと重く、暗い印象になってしまうからです。

女性の場合であれば、長い髪をそのままおろしているとだらしない印象を与えるため、髪の毛が肩より長い方は一つに結います。

男性の場合も、ワックスやスプレーでがちがちに固めすぎはNGです。

ワックスを付ける場合も程よく軽めにワックスをかけて整える程度にとどめるとよいです。

寝癖が付いている写真などは接客業などは特に問題外となりますので髪はきれいに整えてきましょう。

また、服装について、受験する企業や団体が私服で仕事をしている会社などもあります。

だからといって、私服で臨むのはNGです。

必ずどの企業や団体であってもリクルートスーツを着用しましょう。

表情については、無表情はもちろんのこと、明るい印象を与えたいからといって歯を出して笑顔を作ることや満面の笑みで笑顔を作っては社会人としてのあまりよい印象を与えられません。

また、前述でも表情のポイントに目力と伝えましたが、いくら力を入れたといってもきつくならないように、目をいつもより大き目に見開いてできる限り少し柔らかい表情を作るとよいでしょう。

また、写真の裏に名前が書かれていないのもあまりよくありません。

取れてしまったときに名前が記載されていないとどの応募者の写真なのかがわからなくなります。

名前はボールペンできちんと記載しておきましょう。

さらに不採用となった企業で使った証明写真をはがして、再利用するのはもっての外です。

さすがに貼り直しているのは第三者から見ても気付いてしまうものですので注意しましょう。

履歴書の証明写真のQ&A

履歴書の証明写真は選考のどこで使われるの?

履歴書の証明写真は、履歴書に添付するものです。

就活では、基本的に面接を行う前に、第一選考として書類選考が行われます。

事前に書類を送付して、ふるいにかけるのです。

この書類選考の時点で使われる写真だと思ってください。

つまり、書類選考の時点ではまだ直接会うことができません。

つまり、自分を映す鏡こそが証明写真になります。

採用に見た目は9割程度重要といわれていますので、この証明写真でまずは左右されると考えてくとよいでしょう。

履歴書を確認する際に、一番に採用担当者の目に飛び込むのがまさに証明写真です。

見た目で印象が悪い人物となると、その先の経歴や志望動機やPRがどんなによくてもぼやけてしまいます。

よりよい印象を与えるためにも、明るく清潔感があり、知性を感じられるような写真を用意して添付しましょう。

写真一つでも失敗したNG写真を使って送れば、落とされてしまう可能性があります。

まだ会ってもいないのに、アピールもできていないのに落とされるほど悔しいものはありません。

スピード写真は使わないほうがいいの?

スピード写真はできれば使わないほうがよいのかという点ですが、もちろん多くの企業ではスピード写真を使用したからといって選考から落とすということは決してありません。

ただし、業種や職種によってはスピード写真の使用が不可とされるケースもありますので要注意です。

写真館では適度な写真のレタッチができることで、補正をできるため、顔の印象を上げることができるというメリットはあります。

レタッチをすれば印象が明るくなったというケースもあり、あえて写真館を利用する就活生もいるほどです。

まとめ

もちろん証明写真だけで落ちるというわけではありませんが、見た目が悪いとせっかくの評価が採用担当者も気付かぬ内に減点評価している可能性があります。

就職先は基本的に一生の内の大半を過ごす場所でもあります。

悔いのないように選考に臨みたい方は、ぜひよりきれいな写真を用意しましょう。

品質面だけでなく、もし多くの企業に応募したい方であれば、焼き増しなどのコストや仕上がりも含めて写真館での撮影が大変オススメです。

証明写真で抑えるべきポイントは◯◯
!1人の就活はもう終わり!これからはプロがあなたのパートナーに​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ