履歴書の短所はどのように書いたらいい?短所の考え方や注意点を徹底解説!

就活をしていて履歴書を書く機会は多々あると思いますが、その中で短所を書くという項目を見たことがあるでしょうか?

長所を面接や履歴書で書いたり話したりしやすいですが、自分の短所を答えるように言われると中々難しいものです。

実は履歴書で短所を書かせたり発表させたりするのには理由があるのです。

今回の記事では履歴書で短所を問われたときの対処法やポイントなどについて解説していきます。

履歴書を書く機会が多い就活生の皆さんは是非参考にしてみてください。

なぜ企業は短所を履歴書に書かせるのか?

なぜ企業は履歴書に短所を書かせるのでしょうか?

実は企業は就活生の考える短所を見て、評価しているのです。

この章では企業が履歴書に書かれた短所から判断していることを詳しく説明していきます。

客観的に自分のことを見ることができているか

企業は就活生に自分の短所を書かせることによって、自分のことを客観的に分析できる人間かどうかを評価しています。

自分の短所を知っているということは、履歴書を書いたり、面接を受けたりするにあたってしっかり自己分析をしてきたという証拠になります。

人間には誰にでも良い部分と悪い部分が存在しており、多くの人は悪い部分から目を背けたくなるものです。

だからこそ良い部分も悪い部分も真摯に受け止め、逃げずに向き合っていくという姿勢があるかが短所から判断することができ、社会人としての適性を試すことができます。

課題を解決する能力があるか

企業は別に就活生一人一人にどのような弱点があるのかを知りたがっているわけではありません。

就活生が短所という課題に直面した時、その課題をどう克服していくか、また課題を解決する能力があるのかということを知りたいのです。

短所を分析し、その短所を克服しようとするということは、向上心・成長意欲を持っているということになります。

そのような意識や姿勢を持っている人は入社後、何かトラブルや弊害が起きても適確に対処し、より効率的に仕事を進めていける人材となりえます。

その結果企業に大きな利益をもたらす存在になる優秀な人材の可能性があるのです。

社風に合っているか

短所を見れば大体どのような人物であるかが判明しますので、企業の社風や職種に合った人材か否かを判断することができます。

例えば営業職を希望している学生の短所に「人と話すことが苦手でいつも緊張してしまう」と書かれていたらどう思うでしょうか?

人と接する機会の多い営業職なのに人と話すのが苦手だと言われてしまっては「本当に大丈なのだろうか?」と思われてしまっても仕方ありませんね。

またそのような就活生が適正のない企業や職種に就職しても、仕事や職場に馴染めず、すぐに辞めてしまうようなことにもなりかねません。

このようなお互いのミスマッチをなくすために短所から判断しているのです。

誠実さはあるか

企業は短所を書かせることによってその人物が誠実な人物であるかを判断しています。

履歴書にどんなに素晴らしい経歴や長所、自己PR文が書かれていても「自分の短所はありません」といった傲慢な人とは一緒に仕事をしたいとは思いません。

基本的に短所は誰にでもあるものですので、それを取り繕って隠したり、ないと答えてしまうとかえってマイナス評価につながります。

良いことばかりを書きたくなってしまう気持ちも分かりますが、短所も正直に書くことをオススメします。

履歴書に短所を書くときのポイントは?

履歴書に書かれた短所一つでもかなり多方面から評価されているということがお分かりいただけたかと思います。

そんな履歴書に書く短所も少し書き方を変えるだけで、企業からの評価も劇的に変化します。

この章では履歴書に短所を書くときのポイントについて詳しくまとめていきます。

周りの人に言われることを挙げる

自己分析をする際に自分一人だけで行なっていると客観性がなく、独りよがりな内容になってしまう可能性があります。

そのため短所を考える際は友人や家族など、普段一緒にいる機会が多い人に自分の短所はどのようなところかを聞いてみましょう。

何人かの人に聞いてみて共通する項目があったら、それが周りの人が思うあなたの短所だということです。

また「私の短所は〜だと思います」と言うよりも「周りの人から〜と言われることが多い」といった方がより客観的な内容になり、説得力もアップします。

長所を裏返す

履歴書や面接で伝える短所の考え方として有効なのが、長所を裏返すということです。

言い換えれば長所を言い換え、短所として伝えるということです。

ものは言いようという言葉がある通り、長所も言い換えれば短所になり、短所も言い換えれば長所になります。

例えば自分の長所を「柔軟性がある性格」と伝える場合、逆に言い換えれば「優柔不断な性格」というような捉え方もできます。

また「几帳面」という長所を言い換えれば、「神経質」だと言うこともできます。

このように長所と短所は表裏一体で、視点を変えれば良くも悪くも捉えられます。

この考え方で長所・短所を決めれば、この二つに矛盾が生じないので自分の短所に悩んだときはこの考え方を試してみてください。

前向きな言葉で書く

履歴書で短所を書くときは後ろ向きな言葉を使わないようにすると良いでしょう。

自分の欠点である短所を書くときについついマイナスイメージのある言葉で伝えてしまいがちです。

例えば「チームワークを尊重できなくて仲間と衝突してしまう」と「我が強いので仲間と衝突してしまう」という2種類の言い方をした時かなり印象が違うことでしょう。

「チームワークが尊重できない」というマイナス表現を使ってしまうと「社会人としてやっていけるのだろうか?」と思われてしまいます。

同じ内容でも伝え方によってかなり印象が違ってきますので履歴書に短所を記入する際は言い方にも注意してみてください。

短所を認識し、改善しようとしている行動を書く

前章でも説明しましたが、企業は就活生一人一人がどのような短所を持っているかを知りたいわけではありません。

自分の短所とどのよう向き合い、改善しているのかを評価しています。

そのため自分の短所を履歴書に書く際は、具体的にどのような方法で短所を改善しているのかを合わせて記入するようにしましょう。

この時エピソードを交えながら書くと説得力が増しますので、エピソードをある程度語れる短所を選ぶことをオススメします。

履歴書に書いてはいけない短所は?

自分の短所を正直に書いた方がいいからと言ってどんな短所でも書いて良いというわけではありません。

どんなに付随するエピソードや改善策が素晴らしくても、短所の選び方を間違えてしまうとマイナス評価になってしまいます。

履歴書に書いてはいけない短所を詳しくみていきましょう。

嘘の短所

一切嘘を書いてはいけないとは言いませんが、自分の短所を捏造するのは避けた方が良いでしょう。

前章でも説明した通り企業は短所を見ることで、企業とのマッチングするかを判断しています。

嘘をついて書類選考や面接を突破しても後々困るのは自分です。

また企業の人事課は数多の就活生を見てきていますので、嘘を書いてもバレてしまうでしょう。

多少エピソードを持ったり、誇張表現をするのは問題ありませんが、やりすぎには注意しましょう。

社会人の資格がないような短所

社会人の資格がないと思われてしまう、もしくは人としてどうかと思う短所は絶対履歴書に書いてはいけません。

社会人の資格がないような短所とは「時間にルーズ」「責任感がない」「協調性がない」といったようなものです。

このような短所について具体的なエピソードを付け加えたり、改善するように努力している旨を伝えても「この人は採用して大丈夫か?」と思われてしまいます。

皆さんが逆の立場に立ってみてもそう思うことでしょう。

このような短所を持つ人たちと一緒に仕事をしたいとは誰も思いません。

身体的短所のような仕事と何も関係がない短所

基本的に問われている短所とは内面的なものです。

そのため身体的、金銭的な短所を答えてしまうと、企業側の意図とは反した回答になってしまうのです。

例えば「太っている」「障害がある」「貧乏」など。

仕事に影響を及ぼしそうな障害や病気を持っていたら事前に企業に知らせておく必要はありますが、それは短所ではありません。

本人の努力で改善が困難な短所は履歴書に書かないようにしましょう。

短所はないという回答は論外

短所を問われていて「短所はない」と答えるのは論外です。

人間皆完璧ではありませんので、何かしら短所はあるはずです。

それをキッパリ「ない」と答えてしまうと、自分のことを客観視できていないと判断され大幅なマイナス評価につながります。

自分で短所はないと思っていても自己分析をして、しっかり短所を記入するようにしましょう。

履歴書に書く短所の例文紹介

ここまで履歴書に書く短所のポイントなどについて解説してきました。

この章では実際に履歴書でも使える短所の例文をいくつかご紹介していきます。

短所を考えるときの参考にしてみてください。

短所例文1

私の短所は優柔不断なところだと考えています。

複数の物事を一つにまとめきれず、判断に時間がかかることがあります。

サークルで会議を行った際にも、参加者みんなの意見を検討してしまい、時間内に結論が出せなかったことが数度ありました。

それ以来、会議などで何かを決める機会には何分で結論を出すと決めるようにしています。

すぐに結論が出せない場合は自分の中で「何分で決める」と時間を定め、それまでには必ず決めるように努めてきました。

短所例文2

私はよく周りからマイペースだと言われており、何か物事に夢中になると周りが気にならなくなるほど集中してしまいます。

アルバイトをしている時でも何か一つの作業に集中してしまうと、長時間その作業に時間を割いてしまうということがよくありました。

そのため、その仕事に割く時間をあらかじめ決めておいたり、先に他のスケジュールを確認しておいたりするなどの工夫をしています。

まとめ

ここまで履歴書に短所を書く際のポイントや企業が評価している点などについて解説してきました。

就活をしていると自分の長所や短所を発表する機会が多く、特に短所はどのようなことを伝えれば良いのか迷ってしまいがちです。

是非この記事を参考に改めて自分の短所はどのようなところかを考え直してみてはいかがでしょうか?

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ