面接で超重要、自己紹介のポイントとは?

就活生の皆様、「採用面接の自己紹介っていったい何を喋れば良いの?」であったり「自己紹介のポイントって何かあるの?」など、気になっていませんか?自己紹介は第一印象を決める重要な要素ですから、ポイントはしっかりと抑えておきたいもの。

もし自己紹介のポイントが気になっているのであれば、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

面接の自己紹介で喋るべき項目はもちろんのこと、好印象を与えるためのテクニック、注意すべき点など、就活生に役立つ情報満載でお送りしています。

さらには、「緊張しがちな人へのワンポイントアドバイス」や「自己紹介の練習方法」そして「好印象を与えられる自己紹介の例文」についてもご紹介しています。

そちらも併せて参考にしてみてください。

それらポイントを抑えれば、面接の自己紹介はばっちりです。

面接では第一印象が超重要

採用面接での第一印象は超がつくほど重要な項目です。

そして第一印象には「自己紹介」が大きなカギを握っています。

採用面接での自己紹介のポイントを解説する前に、なぜ第一印象が重要なのか、そしてなぜ自己紹介がカギを握るのかについて考えてゆきましょう。

そもそも採用の面接はどれくらいの時間が費やされるかご存知でしょうか?一次面接の一般的な時間は30分程度です。

「意外と長いな」と感じた人もいるかもしれませんが、よくよく考えてみますとかなり短い時間です。

この30分の中には入室・退室も含まれます。

さらに面接官が喋る時間も含まれていますから、自分が喋る時間としては20分程度となります。

その短い時間で自分をアピールし、採用してほしいという意識と熱意を伝えなくてはならないのです。

しかも伝えた事を面接官が納得してくれなくては意味がありません。

だからこそ「第一印象」が重要になってきます。

意識的にせよ無意識的にせよ、人は初対面の人に対し「第一印象」を持つものです。

大学入学時の事を思い出してみてください。

初対面のクラスメイトに対し「なんかコワそう」であったり「イイやつかも」であったり何かしらを思ったはずです。

そして「コワそう」と思った相手に対し、最初は警戒しながら接していたのではないでしょうか。

そしてその印象が違っていたと気づくまで、それなりの時間を要したはずです。

相手は面接官ですから、極力第一印象に左右されないように、公平なジャッジができるように努めてはいます。

とはいえ面接官も人間です。

第一印象に多かれ少なかれ引きずられながら面接の時間を過ごす事になります。

つまり第一印象で「ぼんやりした感じの学生だな」などと思われてしまっては、面接の最後まで「ぼんやりした学生」扱いをされてしまうという訳です。

このように、採用面接では第一印象が超重要であるという事がわかっていただけたかと思います。

では、採用面接で第一印象が決まるタイミングはいつでしょう?それは「入室した時から自己紹介を終えるまで」です。

だからこそ、自己紹介はしっかりと好印象を与える必要があります。

面接の自己紹介で好印象を与えるための3つのポイントとは

面接の自己紹介ではどうすれば好印象を与えることができるのでしょうか?そこには3つのポイントがあります。

まずはそれらについて解説してゆきたいと思います。

まずは笑顔で

面接の自己紹介と言いますと「何を喋るべきか」という事ばかりに目が行きがちですが、それ以外にも重要なポイントがあります。

それは目から入る情報です。

だからこそ、面接の最初には「笑顔」を浮かべましょう。

それだけで相手側の印象はほぐれ、お互いにリラックスした気持ちで面接がスタートできるという訳です。

面接官に「それでは自己紹介をお願いします」と言われたら、軽く息を吸って笑顔を浮かべ、そこから「〇〇大学××学部の…」と自己紹介を始めるようにしてください。

自己紹介で伝えるべき事はコレ

笑顔を浮かべた後はいよいよ自己紹介について喋りはじめます。

ここで就活生を悩ませるのが「一体何をどこまで喋るべきか」という事です。

面接の自己紹介で伝えるべきは以下の3つです。

・所属と氏名

・軽いアピール

・挨拶

まずは所属と氏名です。

自己紹介ですから自分がどこの誰なのかを言わなくては何も始まりません。

基本体には「大学・学部・学科・学年・氏名」の順番です。

なんで学年?と思うかもしれませんが、就活生の中には大学4年生もいれば修士2年生もいるからです。

場合によっては博士もいます。

続いては軽めのアピールタイムです。

というのも学部と学科の情報だけでは、あなたがどんな人物かが全く伝わりません。

そこで「学業以外では軽音楽サークルに所属し、バンドではベースを弾いています。」であったり「茶道サークル、お茶の茶道です、に所属し、抹茶を立てるのを趣味としています」など、あなたがどんな人物であるのかを付け加えるという訳です。

「バンドでベースを弾いている学生」「趣味でお茶を立てる学生」など、なんとなくではありますが、その人となりがイメージしやすくなりますよね。

修士2年以上であれば「〇〇について研究をしています」と付け加えても良いでしょう。

ただし絶対に専門用語だけで説明してはいけません。

「〇×細胞の□□変性について、△△刺激を与え〇〇との違いを探っています」などと説明されても、誰も理解できないですよね。

それでは「説明が下手」という印象しか残りません。

研究を紹介する際には誰にでも理解できる用語にかみ砕いてから伝えるようにしてください。

アピールが終了したら最後の挨拶です。

「本日は面接の機会を頂きありがとうございます。よろしくお願いします。」と伝えておきましょう。

「よろしくお願いします。」だけでもOKです。

印象をよくするという意味もありますが、コレで自己紹介を終わりますという意味もあります。

最後の挨拶が無いと面接官との間にわずかな沈黙が流れ(面接官)「…、えっと自己紹介は終わってますか?」という突っ込みが入ることになります。

これで良い第一印象は得られません。

自己紹介に余計な情報を詰め込み過ぎない

最後のポイントが「自己紹介に余計な情報を詰め込み過ぎない」という事です。

自己紹介はあくまでも自己紹介で、自己PRする場ではありません。

「私はこんな人物です。よろしくお願いします。」という事だけを伝えれば十分にその役割を果たします。

そのため自己紹介の時間は長くても1分程度です。

面接の自己紹介を成功させるには練習が欠かせない

就職活動の面接は練習が欠かせません。

何せ人生をかけた面接ですからどれだけタフな人でも基本的に緊張するものです。

せっかくしっかりとした自己紹介を考えても、緊張感のあまりすべてをド忘れして、「えーっと、〇山×郎です、…あっ大学は〇〇大学××学部です…。えーっっと、あっあれです。バンドでベースを弾いています。よろしくお願いします。」なんて事になっては目もあてられません。

そこで練習が役に立ちます。

考えた面接文をしっかりと声に出し「〇〇大学××学部△△学科4年、〇山×郎です。ゼミではは△△について研究しています。学業以外では…」と何度も練習しておきましょう。

ポイントはしっかりと口を動かし、声に出すということ。

口が慣れていれば、本番でも口が勝手にしゃべってくれます。

また、練習する際には目の前に面接官が居ることを想像し、自身の表情などについても意識してみてください。

「そこまでするのは気恥ずかしい」と感じる人もいるかもしれませんが、恥ずかしがっていては面接通過はできません。

人生を決める大きなポイントですから、しっかりとした準備が大切です。

面接で緊張しすぎる人はココをチェック

前章では自己紹介の最初に笑顔をと書きましたが、中には「ガチガチに緊張して笑顔どころか顔が引きつるかも…」と今からすでに緊張している人もいるはずです。

ご安心ください。

緊張しすぎるという場合には無理して笑顔を作る必要はありません。

面接官は多くの学生に接しているので、緊張しすぎる学生が居ることも十分に理解しています。

そもそもの面接官が学生だった時、ひょっとすると緊張していた側かもしれません。

優しい面接官であれば「緊張してるでしょ?そんなに緊張しなくて良いので、まずは深呼吸しましょうか?」などと場を和ませるような発言をしてくれます。

そんな時にはそれに従って深呼吸してから「〇〇大学××学部の…」と始めればよいのです。

また、面接の場ではすべての学生が多かれ少なかれ緊張しています。

ガチガチに緊張しているのはあなただけではありません。

リラックスするのは無理だとしても「緊張状態はあたりまえ」と思って面接にのぞんでください。

面接で自己紹介を話す際の例文

〇〇大学××学部△△学科、4年生の〇山×郎です。

研究はまだまだこれからといった状態なのですが、小さな傷がコンクリートの強度にどのような影響を与えるのかについて調べる予定です。

学業以外では大学が海辺という事もあり海岸の清掃活動をするサークルに所属しています。

ゴミ拾いはもちろんなのですが、地域の皆様との交流も清掃活動をする楽しみです。

本日は面接の機会を頂きありがとうございます。

よろしくお願いします。

まとめ:面接の自己紹介でライバルに差をつけよう

面接の自己紹介について、その重要性やポイントについてご紹介してきましたが、イメージはつかめましたか?ご紹介してきた通り面接のカギを握るのは自己紹介と言って過言ではありません。

ポイントをしっかりと抑え、しっかりと練習を重ね、面接に挑むようにしてください。

好印象で面接をスタートできれば、素敵な結果がついてくるはずです。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ