事務職の志望動機が書けない?その理由と解決策は?

はじめに

事務職を志望する際、その志望動機はどのように書けばいいのか悩みますよね。そこで今回は意外と難しいと思われている事務職の志望動機やその例文、などについて紹介します。

先輩方の事務職を志望した理由を紹介

先輩方が事務職を志望した理由は

・未経験でも働きやすい

・休みがとりやすい

・仕事を続けやすい

・力作業が少ない

・転勤・残業が少ない

の5つがあります。

未経験でも働きやすい

事務職では専門的な知識があまり必要なく、ある程度パソコンのスキルがあれば仕事をすることができます。特に事務職の中でも最もメジャーな一般事務の場合はコミュニケーション能力や相手への気配りができれば問題ないため、人気があります。

事務職の中でも一部であ専門的なスキルが必要となりますが、それでも技術職や士業のような専門性はないため、やはり未経験でも働きやすいというメリットがあります。

休みがとりやすい

事務職は休みが決まっており、基本的に休日出勤をすることがありません。一般的な企業ででは取引先の関係でどうしても出勤する必要があることがありますが、事務職はないので休日に予定を入れやすいです。

土日や祝日はほぼ確定で休みになっているため、プライベートで週末のイベントに参加することも可能です。このように事務職は、ワークライフバランスを保ちやすいです。

仕事を続けやすい

事務職は仕事を続けやすいです。結婚や妊娠をした場合も退職することはなく、仕事を続けることができます。他の職種ではなかなか復帰が厳しいところもある中で事務職は復帰が容易であるため、手厚いです。

力作業が少ない

事務職の特徴として、力作業が少ないという点があります。基本的にデスクワークで、ずっと椅子に座っています。そのため年齢や性別、体力に左右されずに作業ができるという点が魅力です。

力作業といっても机を移動させたり荷物を片付けたりする程度なので、運送業や引っ越しのような重いものを延々と運ぶということはありません。

転勤・残業が少ない

事務職は一般職で募集されていることが多いため、転居を伴う転勤や残業がほとんどありません。どうしてもその地域を離れたくなという人に対しては大きなメリットです。

また、正規だけでなく非正規でも募集されており、いわゆるパートタイムで働くことも可能です。パートナーの収入に少し足したいということであればパートタイムで働くことで、さらにワークライフバランスを良くすることができます。

このメリットは現在家庭を持っている人に対して特に魅力的です。

【事務志望だが志望動機が書けない】そもそも事務の仕事とは?

事務といっても幅広い業務内容があります。ここでは主な4つの事務職ついてそれぞれ紹介します。

・一般事務

・営業事務

・経理事務

・総務事務

の4つです。

一般事務

一般事務は先述の通り、事務職の中でもっとも募集数の多いメジャーな職種です。主に書類作成やデータ入力、備品の管理やメール応対など幅広く行います。専門性も必要ないため、基本的なパソコン操作ができれば業務に支障をきたすことはありません。

裏方の仕事で、企業全体のサポートの面を担っており、日々同じことを繰り返すため単純作業が好きな人にはおすすめの職種といえます。

一方、仕事が地味であったり努力が必要とされる場面が少ないために成長を実感できる場面が少なかったり、クリエイティブなことよりもミスなく仕事をこなせたりすることが重要なので、自分でどんどん仕事を取って新しいことをしたいという人には不向きです。

スペシャリストというよりはゼネラリストを育む職種で、技術よりもコミュニケーション能力が問われます。数ある事務職の中で入り口とも言える職種なので、事務自体が未経験ということであればまず一般事務を目指してみることがおすすめです。

営業事務

営業事務は一般事務同様書類作成やデータ入力をしますが、電話や来客対応などをしてサービスやモノを売るためのサポートをします。

具体的には、営業活動に必要な書類を作成します。それが見積書や契約書、発注書に納品書、受領書や請求書などです。見積書はモノやサービスの料金などを示しており、それをもとに顧客との取引をするというものです。

契約書は双方が合意したということを法的に証明するために交わす書類です。発注書は

本来顧客が作成するものですが、顧客の手間を省くために売り手の方で準備することがあります。そうすることで顧客は押印するだけで済みます。

納品書は納品したことを証明するためにある書類です。それを商品とともに顧客に提出し、それに間違いがなければ受領書を発行します。受領書は顧客が受け取りを証明するために発行する書類で、納品書とともに提出し、サインをして返送してもらいます。

請求書は代金の支払い先などが書かれている書類です。期日を明記しており、営業事務は企業の定めた期日に確実に間に合うように請求書を送付します。

これらの書類を扱う営業事務は企業の売り上げに直結しており、とてもやりがいのある仕事です。

経理事務

経理事務は企業のお金の流れについて管理する仕事です。日々の現金取引の記録や伝票の管理、帳簿の作成やお金の振り込み、預金や引き出しなどを行います。場合によってはより大きな規模の業務を行うこともあり、月次決算補助や月次・年次決算なども担当します。

特に資格が必要になるということはありませんが、簿記を取っていれば財務諸表や損益計算書などで出てくる専門用語を事前に知ることができ、さらにその後の理解も早くなります。そういった意味では簿記の資格を取っておくのがおすすめです。

総務事務

総務事務は一般事務と内容が重なる部分がありますが、違いとしてはその他に人事や労務管理、法務等の仕事をすることがあります。そのため、一般事務よりは専門的な作業が必要となります。

経理事務同様、企業全体を回す職種です。もちろんすべての企業で実際に行われる業務が同じではなく、その企業の規模や業種によって内容は様々なので実際に就職しなければ見えない部分もあります。

【事務志望だが志望動機が書けない】なぜ事務職の志望動機が書けない?

事務の志望動機が書けない理由は、実際にする仕事が具体的に分からないことが原因になっていることが多いです。

例えば、営業職であれば顧客に商品やサービスを販売して売上を伸ばす達成感を味わいたい、技術職であればこれまで学んできた技術を仕事でも活かしたいという志望動機が挙げられます。ところが、事務職は業務の幅がかなり広いためこれと言った志望動機が書けないということがあります。

他にも、実際に就職はしたいものの福利厚生や働きやすさに対して魅力を感じていたり、他の職種に就きたくない等の理由から事務職を選んだりという消去法など、正直に書けない原因があります。

【事務志望だが志望動機が書けない】事務の志望動機が書けない場合の対処法

志望動機が書けなかった場合の対処法として、その業務を行うことで自分にどのような利点があるのかを考えるといいアイデアが湧いてきます。

例えば、営業事務を志望するといった場合手際よく書類を作ったり、電話やメールの対応などで臨機応変な振る舞いを身につけたりすることができます。また、企業にとって売上につながる最も重要な役割を担うことができます。このように自分が得られる利点を挙げてブラッシュアップすることにより、志望動機を書けるようになります。

【事務志望だが志望動機が書けない】事務の志望動機を書く際のポイント

志望動機を書くポイントとして、より書きやすくするためには自分がこれまで学んできたこととリンクさせることが大切です。

例えば、大学生活でマーケティングを学び、商品やサービスの販売戦略・経営戦略について携わりたいのであれば営業事務で営業職のサポートをしてみたい、という風に書けます。

これまで学んだことと実際に働いて得られる利点を組み合わせて書くことにより、志望動機としての形が整います。

【事務志望だが志望動機が書けない】事務の志望動機例文

経理事務に従事したい場合の例文を挙げます。

私が経理事務を志望する理由として、会計のゼミに所属していたことが大きな要因となっています。のゼミでは簿記や企業内外におけるお金の動き、監査報告などについて学びました。

基礎知識をある程度付けなければ専門知識を身につけることが難しいため、基本的に座学がメインの活動でした。ところが実際に企業へ行き経理の仕事を体験する機会もありました。

私が特に興味を持ったのが連結決算で、連結決算では数人で協力し、間違いがないか何度も確認して完成させているというお話を聞きました。決算の時期は特に大変ですが、その分やりきると深い達成感を味わえるとのことでした。

私は御社で経理事務の業務を行い、チームで児湯力しながら企業を支えられるこの職種に魅力を感じたため志望します。

このように実体験を元に話を組み立てると書きやすく、更に読みやすい文になるためおすすめです。

【事務志望だが志望動機が書けない】事務職の志望動機は次の要素を加えると良い

事務職の志望動機では

・自分が得られる利点

・今まで学習してきたこと

の2点を盛り込んだ文を書くといいと書きましたが、さらに企業側に対する利点も書くと良いです。

もしあなたがパソコン操作に詳しいのであれば、基本的なソフトの使い方の部分に関してはおおよそ分かるということを伝えます。すると、企業側も余分な箇所にコストを割かずに済むため、好印象を与えることができます。

なので事務の志望動機が書けないという場合はこの3要素を加えると書けるようになります。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ