介護業界を目指す人必見、メリット・デメリットについてご紹介

介護業界が気になりつつ、「仕事が大変そうだしなぁ…」と二の足を踏んでいる人はいませんか?もしそうであれば、本記事をチェックしてみてください。介護業界ならではのメリットから、介護業界だからこそのデメリットまで包み隠さずご紹介してゆきます。これを読めば、介護業界の魅力がきっと身近に感じられるはずです。さらには介護業界を受ける際の対策ポイントについても解説しています。そちらも併せて参考にしてみてください。

 

実は魅力が一杯の介護業界

介護業界というと大変というイメージがつきものです。確かに体力も必要ですし、責任も重大ということで、大変な仕事であることに間違いは無いのですが、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあります。

 

今回は「介護業界に興味はあるけれど、やってゆけるか不安…」という人に向け、介護業界のメリット・デメリットについてご紹介してゆきたいと思います。

 

介護業界で働く5つのメリット

それでは早速、介護業界で働く5つのメリットについて見てゆきたいと思います。他の業界では体験する事の出来ないものばかりです。

 

直接的に感謝される事でやりがいを感じられる

一つ目のメリットは「自分の仕事に対し、直接的に感謝される」という事です。高齢者をお風呂に炒れれば感謝され、運動のサポートをすれば感謝され、お買い物の手伝いをすれば感謝されます。さらには高齢者の家族にも感謝されるというおまけつきです。

 

一方で一般的なサラリーマンですと、任せられる仕事は大きなプロジェクトの一部分のさらに一部分です。そのため、その仕事が誰かの役に立ったのかという事は全く見えてきません。場合によっては自分の仕事が全く意味が無かったとしても、それすら気付くことはできないものです。自分の仕事が誰かに感謝されるという事が無いため、だんだんとやりがいを失ってしまう人も数多くいます。

 

自分の仕事によって誰かに感謝されるというのは、それだけでかなりの魅力を秘めているものです。

 

おじいちゃん・おばあちゃんの暖かさに触れられる

おじいちゃん・おばあちゃんと触れ合えるというのも介護ならではの魅力です。人生の酸いも甘いも噛み分けた大先輩ですから、包容力が桁違いです。ちょっとしたやり取りから暖かい気持ちになれたり、ハッと人生の真理に気づかされたり、日々の仕事を通じ、知見が広がってゆきます。

 

将来的に安定した仕事である

AIの普及に伴い、多くの仕事が失われるといわれていますが、介護に関しては安心して良いでしょう。高齢化はますます進み、介護にかかわる人材はますます求められます。また、人のお世話ですから、人に頼らざるを得ない部分は必ず残ります。10年・20年と安心して仕事を続けたいという人にとって、将来的に安定しているというのはこれ以上ないメリットです。

 

子育てとの両立がしやすい

子育て世代にとっても介護はおすすめの仕事です。デイサービスなど、拘束されるのは昼間だけといった仕事も多くあります。また介護業界は慢性的に人手不足に陥っているため、少しでも働ける人材を求めています。子供を送った8:30以降から子供を迎えに行く17:00までといった働き方でも十分にやってゆけます。

 

資格取得によるキャリアアップも可能

介護関連の仕事には「介護福祉士」や「ケアマネジャー」といった様々な資格が存在しています。それら資格を取得しますと、資格の手当がつくこともありますし、確実にキャリアアップがはかれます。一般的な会社員ですと、上司の気まぐれな評価のみによってキャリアパスが決まるなんて事もありますが、介護業界では資格取得によって確実にキャリアパスを築くことが可能です。

 


 

介護業界で働くことにデメリットはある?

どんな仕事でも良い面・悪い面が存在しているものです。ここでは介護業界で働くことのデメリットについてご紹介してゆきたいと思います。先ほどご紹介したメリットと比較して、それでも介護に挑戦したいという方は介護の仕事がまさに天職と言えるはずです。

 

体力的にハード

一つ目のデメリットが体力的にハードな仕事であるという事です。高齢者の皆様を時に支え、時に抱きかかえあげといった仕事が続きますから、それなりに力も使います。慣れるまでは筋肉痛で眠れない…なんて人もいるほどです。慣れてきますと、力の入れ方や体勢などコツがつかめるので、疲れはずいぶんと軽減されますが、それでも体力仕事な事に変わりはありません。

 

とはいえ、ポジティブに考えれば仕事を通じて運動ができるという事でもあります。筋トレが趣味という人や、ダイエットを考えている人にとってはメリットと言えるのかもしれません。

 

給与がそれほど良くない

介護の仕事は残念ながら高給取りという訳ではありません。大変な仕事ですし、大切で責任もある仕事なのですから、もっと給与が高くて然るべきだと思うのですが、そうなっていないというのが現状です。

 

介護業界でそれなりの収入を求める場合には資格の取得が欠かせません。「介護福祉士」や「ケアマネジャー」を取得すれば資格手当がつくようになりますし、より良い職場環境を求めて転職するという事も容易になります。簡単な資格ではありませんが、取得すれば一生の財産となり得るものです。ぜひ挑戦してみてください。

 

施設によっては夜勤がある

人の命を預かっているため、当然ではあるのですが、介護の仕事は24時間・365日続きます。シフトによっては夜勤と日勤が入り乱れ、体力を奪ってゆくことになることも。

 

また、週末も稼働しているため、休みは一般人とズレがちです。休みの日にどこへ行っても空いているというメリットはありますが、友人と遊びたいと思ったときに、予定を合わせるのが大変です。

 

介護業界に求められる人物像とは

続いては介護業界で求められる人物像についてご紹介していきたいと思います。

 

明るくハキハキとしている事

一つ目のポイントは「明るくハキハキとしている事」です。高齢者の皆様と直接かかわることになるため、その人が持つ雰囲気も重要です。また、高齢者のご家族にとっても「この人であれば安心して任せられる」と思われる必要もあります。そこでも明るい雰囲気は求められるというわけです。

 

体力があること

二つ目のポイントは「体力があること」です。どうしても力仕事になりがちですから、体力があるに越したことはありません。もちろんタフな体力が無いと働けないという事ではありません。あくまでもタフな方がベターであるということです。

 

コミュニケーション能力が高い

そして三つ目のポイントとして「コミュニケーション能力が高い」という事が挙げられます。介護の仕事は高齢者との対話、ご家族への説明、スタッフ感での情報共有とコミュニケーションが常についてまわります。

 

「明るい雰囲気」で「体力があり」「コミュニケーション能力が高い」人こそ、介護業界で求められている人物像です。

 

介護業界の選考対策

これから介護業界を受けてみようという人にとって、気になることと言えば「選考対策」ですよね。続いては、面接の対策と、面接で必ず聞かれる志望動機への対策をご紹介してゆきたいと思います。

 

介護業界の面接対策

前章でご紹介した通り、介護業界では「明るい雰囲気」と「高いコミュニケーション能力」が求められます。また「体力」もあればベターです。つまりこれらを抑えることこそ、面接通過のカギを握っているという訳です。

 

「明るい雰囲気」ですが、雰囲気なんてどうしようもない…と思うかもしれません。けれど、雰囲気は案外簡単に変化させられるものです。最も手っ取り早いのが髪型です。男性であれば、髪を短くし、もみあげ、襟足を整えるだけで、雰囲気は大きく変わります。女性であれば、前髪を作り、きれいにそろえればずいぶんと明るい雰囲気になるものです。

 

明るい雰囲気を出すには表情と話かたも大切です。喋る時に「口をしっかり動かす」という事を意識してみてください。普段は使っていない筋肉が刺激されるのを感じるはずです。口をしっかりと動かす事によってハキハキとした喋り方になりますし、顔もしっかりと動くため表情豊かな明るい感じを演出でき、一石二鳥です。

 

面接でコミュニケーション能力を演出するためには「面接官の話をしっかりと聞く」という事が肝心です。面接官をするとわかるのですが、面接官の話を聞かず、頓珍漢な回答をする人は案外多いものです。面接という緊張しがちなシーンだからこそ、相手の話をしっかりと聞いて、それに対して答えることが肝心です。

 

体力に関しては、もし何かしらのスポーツを経験しているのであれば、それについてアピールしておきましょう。もしなければ無理して話す必要はありません。

 

介護業界の志望動機

続いては介護業界を目指す際の志望動機について考えてゆきたいと思います。志望動機には「なぜ介護業界を選んだのか」と「なぜこの会社(施設)を選んだのか」の2つのポイントがあります。

 

なぜ業界を選んだのかに関しては、皆様の思いを率直に伝えましょう。「高齢者とのふれあいが好きだから」や「将来性のある仕事だと感じるから」など、何かしらの思いがあるはずです。

 

なぜこの業界を選んだのかを説明した後にはなぜこの会社を選んだのかが必要となります。介護施設は沢山あるなかで、なぜウチなのかという事をきちんと伝えられなければ面接官は「ウチじゃなくても良いのかな…?」と心配になるものです。「サービスの評判の高さ」や「充実した研修プログラム」など、回答にはその施設ならではの特徴を盛り込んでおきましょう。

 

まとめ:魅力の介護業界に飛び込んでみて

介護業界のメリット・デメリットから、選考対策までご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?大変な事も多い介護業界ではありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあります。気になっている人は選考対策を参考に、ぜひトライしてみてください。普通の仕事では得難い、素敵な未来がそこに待っているはずです。

 

介護業界が気になりつつ、「仕事が大変そうだしなぁ…」と二の足を踏んでいる人はいませんか?もしそうであれば、本記事をチェックしてみてください。介護業界ならではのメリットから、介護業界だからこそのデメリットまで包み隠さずご紹介してゆきます。これを読めば、介護業界の魅力がきっと身近に感じられるはずです。さらには介護業界を受ける際の対策ポイントについても解説しています。そちらも併せて参考にしてみてください。

 

実は魅力が一杯の介護業界

介護業界というと大変というイメージがつきものです。確かに体力も必要ですし、責任も重大ということで、大変な仕事であることに間違いは無いのですが、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあります。

 

今回は「介護業界に興味はあるけれど、やってゆけるか不安…」という人に向け、介護業界のメリット・デメリットについてご紹介してゆきたいと思います。

 

介護業界で働く5つのメリット

それでは早速、介護業界で働く5つのメリットについて見てゆきたいと思います。他の業界では体験する事の出来ないものばかりです。

 

直接的に感謝される事でやりがいを感じられる

一つ目のメリットは「自分の仕事に対し、直接的に感謝される」という事です。高齢者をお風呂に炒れれば感謝され、運動のサポートをすれば感謝され、お買い物の手伝いをすれば感謝されます。さらには高齢者の家族にも感謝されるというおまけつきです。

 

一方で一般的なサラリーマンですと、任せられる仕事は大きなプロジェクトの一部分のさらに一部分です。そのため、その仕事が誰かの役に立ったのかという事は全く見えてきません。場合によっては自分の仕事が全く意味が無かったとしても、それすら気付くことはできないものです。自分の仕事が誰かに感謝されるという事が無いため、だんだんとやりがいを失ってしまう人も数多くいます。

 

自分の仕事によって誰かに感謝されるというのは、それだけでかなりの魅力を秘めているものです。

 

おじいちゃん・おばあちゃんの暖かさに触れられる

おじいちゃん・おばあちゃんと触れ合えるというのも介護ならではの魅力です。人生の酸いも甘いも噛み分けた大先輩ですから、包容力が桁違いです。ちょっとしたやり取りから暖かい気持ちになれたり、ハッと人生の真理に気づかされたり、日々の仕事を通じ、知見が広がってゆきます。

 

将来的に安定した仕事である

AIの普及に伴い、多くの仕事が失われるといわれていますが、介護に関しては安心して良いでしょう。高齢化はますます進み、介護にかかわる人材はますます求められます。また、人のお世話ですから、人に頼らざるを得ない部分は必ず残ります。10年・20年と安心して仕事を続けたいという人にとって、将来的に安定しているというのはこれ以上ないメリットです。

 

子育てとの両立がしやすい

子育て世代にとっても介護はおすすめの仕事です。デイサービスなど、拘束されるのは昼間だけといった仕事も多くあります。また介護業界は慢性的に人手不足に陥っているため、少しでも働ける人材を求めています。子供を送った8:30以降から子供を迎えに行く17:00までといった働き方でも十分にやってゆけます。

 

資格取得によるキャリアアップも可能

介護関連の仕事には「介護福祉士」や「ケアマネジャー」といった様々な資格が存在しています。それら資格を取得しますと、資格の手当がつくこともありますし、確実にキャリアアップがはかれます。一般的な会社員ですと、上司の気まぐれな評価のみによってキャリアパスが決まるなんて事もありますが、介護業界では資格取得によって確実にキャリアパスを築くことが可能です。

 


 

介護業界で働くことにデメリットはある?

どんな仕事でも良い面・悪い面が存在しているものです。ここでは介護業界で働くことのデメリットについてご紹介してゆきたいと思います。先ほどご紹介したメリットと比較して、それでも介護に挑戦したいという方は介護の仕事がまさに天職と言えるはずです。

 

体力的にハード

一つ目のデメリットが体力的にハードな仕事であるという事です。高齢者の皆様を時に支え、時に抱きかかえあげといった仕事が続きますから、それなりに力も使います。慣れるまでは筋肉痛で眠れない…なんて人もいるほどです。慣れてきますと、力の入れ方や体勢などコツがつかめるので、疲れはずいぶんと軽減されますが、それでも体力仕事な事に変わりはありません。

 

とはいえ、ポジティブに考えれば仕事を通じて運動ができるという事でもあります。筋トレが趣味という人や、ダイエットを考えている人にとってはメリットと言えるのかもしれません。

 

給与がそれほど良くない

介護の仕事は残念ながら高給取りという訳ではありません。大変な仕事ですし、大切で責任もある仕事なのですから、もっと給与が高くて然るべきだと思うのですが、そうなっていないというのが現状です。

 

介護業界でそれなりの収入を求める場合には資格の取得が欠かせません。「介護福祉士」や「ケアマネジャー」を取得すれば資格手当がつくようになりますし、より良い職場環境を求めて転職するという事も容易になります。簡単な資格ではありませんが、取得すれば一生の財産となり得るものです。ぜひ挑戦してみてください。

 

施設によっては夜勤がある

人の命を預かっているため、当然ではあるのですが、介護の仕事は24時間・365日続きます。シフトによっては夜勤と日勤が入り乱れ、体力を奪ってゆくことになることも。

 

また、週末も稼働しているため、休みは一般人とズレがちです。休みの日にどこへ行っても空いているというメリットはありますが、友人と遊びたいと思ったときに、予定を合わせるのが大変です。

 

介護業界に求められる人物像とは

続いては介護業界で求められる人物像についてご紹介していきたいと思います。

 

明るくハキハキとしている事

一つ目のポイントは「明るくハキハキとしている事」です。高齢者の皆様と直接かかわることになるため、その人が持つ雰囲気も重要です。また、高齢者のご家族にとっても「この人であれば安心して任せられる」と思われる必要もあります。そこでも明るい雰囲気は求められるというわけです。

 

体力があること

二つ目のポイントは「体力があること」です。どうしても力仕事になりがちですから、体力があるに越したことはありません。もちろんタフな体力が無いと働けないという事ではありません。あくまでもタフな方がベターであるということです。

 

コミュニケーション能力が高い

そして三つ目のポイントとして「コミュニケーション能力が高い」という事が挙げられます。介護の仕事は高齢者との対話、ご家族への説明、スタッフ感での情報共有とコミュニケーションが常についてまわります。

 

「明るい雰囲気」で「体力があり」「コミュニケーション能力が高い」人こそ、介護業界で求められている人物像です。

 

介護業界の選考対策

これから介護業界を受けてみようという人にとって、気になることと言えば「選考対策」ですよね。続いては、面接の対策と、面接で必ず聞かれる志望動機への対策をご紹介してゆきたいと思います。

 

介護業界の面接対策

前章でご紹介した通り、介護業界では「明るい雰囲気」と「高いコミュニケーション能力」が求められます。また「体力」もあればベターです。つまりこれらを抑えることこそ、面接通過のカギを握っているという訳です。

 

「明るい雰囲気」ですが、雰囲気なんてどうしようもない…と思うかもしれません。けれど、雰囲気は案外簡単に変化させられるものです。最も手っ取り早いのが髪型です。男性であれば、髪を短くし、もみあげ、襟足を整えるだけで、雰囲気は大きく変わります。女性であれば、前髪を作り、きれいにそろえればずいぶんと明るい雰囲気になるものです。

 

明るい雰囲気を出すには表情と話かたも大切です。喋る時に「口をしっかり動かす」という事を意識してみてください。普段は使っていない筋肉が刺激されるのを感じるはずです。口をしっかりと動かす事によってハキハキとした喋り方になりますし、顔もしっかりと動くため表情豊かな明るい感じを演出でき、一石二鳥です。

 

面接でコミュニケーション能力を演出するためには「面接官の話をしっかりと聞く」という事が肝心です。面接官をするとわかるのですが、面接官の話を聞かず、頓珍漢な回答をする人は案外多いものです。面接という緊張しがちなシーンだからこそ、相手の話をしっかりと聞いて、それに対して答えることが肝心です。

 

体力に関しては、もし何かしらのスポーツを経験しているのであれば、それについてアピールしておきましょう。もしなければ無理して話す必要はありません。

 

介護業界の志望動機

続いては介護業界を目指す際の志望動機について考えてゆきたいと思います。志望動機には「なぜ介護業界を選んだのか」と「なぜこの会社(施設)を選んだのか」の2つのポイントがあります。

 

なぜ業界を選んだのかに関しては、皆様の思いを率直に伝えましょう。「高齢者とのふれあいが好きだから」や「将来性のある仕事だと感じるから」など、何かしらの思いがあるはずです。

 

なぜこの業界を選んだのかを説明した後にはなぜこの会社を選んだのかが必要となります。介護施設は沢山あるなかで、なぜウチなのかという事をきちんと伝えられなければ面接官は「ウチじゃなくても良いのかな…?」と心配になるものです。「サービスの評判の高さ」や「充実した研修プログラム」など、回答にはその施設ならではの特徴を盛り込んでおきましょう。

 

まとめ:魅力の介護業界に飛び込んでみて

介護業界のメリット・デメリットから、選考対策までご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?大変な事も多い介護業界ではありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあります。気になっている人は選考対策を参考に、ぜひトライしてみてください。普通の仕事では得難い、素敵な未来がそこに待っているはずです。

 

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ