これで完璧?!履歴書に書く自己PRの作り方

多くの学生が企業への就職を志望してエントリーする中で、内定を獲得するためには、まずは書類選考に通らなくてはなりません。

企業のレベルや難易度に応じて、同じようなレベルの学生が集まってきます。

つまり、学歴や専攻した学部などだけでは差別化ができず、定型的な情報だけで選ばれることは基本的にありません。

その人がどんな人物なのか、どんなことを得意としているのか、どのように会社に役立ってくれそうかをポイントに、企業の担当者は書類に目を通しています。

つまり、履歴書の自己PRはとても重要な選考ポイントになります。

自分というものをアピールし、他の就活生と差別化して選ばれるために、どのように自己PRを書けばいいのか、3つのポイントや構成の仕方や書き方についてご紹介します。

履歴書に自己PRを書く際の3つのポイント

履歴書で自己PRを書く際にはどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

履歴書による選考は多くのエントリー者から面接へとステップを踏む方を取捨選択する、最初の関門になります。

ここを通過しないことには、面接でアピールすることもできず、内定への道は進めません。

書面上でいかに印象を残し、多くのエントリー者と差別化して選ばれるようにできるのか、3つのポイントをご紹介します。

冒頭で結論を述べる

志望動機や短所、長所を問われた際にも書き方は同じですが、自己PRにおいても、まずは何を伝えたいのか結論から述べましょう。

「自分の強みは〇〇です。」、「自分のアピールポイントは〇〇です。」と端的に結論からスタートさせます。

多くの履歴書をチェックする必要がある専攻担当者にとって、冒頭で何が述べられるのか知ることはとても大切なポイントになります。

長々とした文章の最後に行きつかないと自己アピールのポイントがわからない、すべての文章を読み切っても何がアピールポイントだったのかわからないでは選考にもひっかかりません。

自分がアピールしたいポイントをまずは最初に述べて、選考担当者の心を掴みましょう。

企業が求めている人物を把握する

いかに結論から述べても、それが選考担当者の心を掴むのか、印象を残すことができるかは、何をアピールするかにもよります。

ほとんどのエントリー者は、履歴書の書き方ノウハウを踏まえて、結論から伝えてきます。

そこで印象を残せるか、いいなと思わせるには、企業が求めている人物像を把握し、それに見合った自分の強みをアピールすることが大切になるのです。

たとえば、企業が求める人物像が「次世代を切り開くチャレンジ精神旺盛な人」であったとしましょう。

にもかかわらず、「私の強みは周りの歩調に合わせられることです。」と求める人材とは逆方向のアピールをすることや「チームの和を乱さないことです。」と的外れのことを伝えても、選考担当者の心にはひっかりません。

自社には向いていないなとか、今求めている人材とは違うなと思われて終わりです。

もちろん、自分の強みでない嘘を書く必要はありません。

複数の企業にエントリーする場合に、その企業ごとに求める人物像を分析し、その企業ごとにマッチした自分の強みをアピールすることがポイントです。

自己PRの根拠となるエピソードを具体的に記載する

企業が求める人物像が「次世代を切り開くチャレンジ精神旺盛な人」だから、「自分の強みはチャレンジ精神です。」と書くことは誰にでも可能です。

企業が求めているのは表面的なことではなく、本当にその強みを発揮できる人物であるのかです。

そのための証拠として、強みの根拠となる具体的なエピソードを書いて、絵に描いた餅ではないことを伝えなくてはなりません。

履歴書の自己PRの構成

履歴書で自己PRを構成する際には文字数や指定の内容に基づき、結論から述べ、エピソードを伝え、それが企業にどう役立つのかを伝えることです。

具体的に見ていきましょう。

始め方

冒頭の一文は自分の強みやアピールしたい点を端的に述べることです。

まずは結論から述べることで、相手に興味を持ってもらい、選考外にされずに、内容をしっかり読んでもらえるようにします。

エピソードを話す

次に自己アピールポイントが絵に描いた餅ではなく、本当に自分の強みであることが伝わるよう、それを根拠づけるエピソードを述べましょう。

学生時代のことやアルバイトでの経験、ボランティア活動でのエピソードなど何でもかまいません。

ただし、最終的にはエントリーした企業の業種や志望している職種などと結びつくようなエピソードがベストです。

締め方

締め方は、その強みがエントリーした企業や仕事にどう活かせるのかで締めます。

その企業で活躍し、貢献してくれる人物を選ぶための書類選考ですから、強みが企業にどう活かせるのかが伝わらないと、会ってみたいとは思ってもらえません。

自己PRを作る際の構成

履歴書に記載する自己PRは、自分の人間性や魅力を知ってもらうことができ、内定獲得のチャンスを掴めます。

自己PRで自分の魅力を上手に選考担当者に伝えることができなければ、自己紹介だけで終わってしまい、意味がありません。

ここでは、皆さんが憧れの企業の内定を得るチャンスを掴むために、履歴書に書く自己PRの作成方法について解説していきます。

早速、知っておきたい構成方法と、重要なポイントをチェックしてみましょう。

結論:私の自己PRは◯◯ができるところです(アピールポイント)

自己PRは、最初に自分の強みをアピールします。

選考担当者に知ってほしい自分の強みや魅力を、自信をもって伝えていきましょう。

企業側は、就活生一人ひとりの人柄や仕事へのモチベーションを、履歴書に記載されている自己PR文を見て見極めています。

将来、自社で活躍できるスキルや長所をもち合わせている人物であるかという点を重要視しているのです。

そのため、自分の強みや魅力をアピールする際は、ただの自己紹介や自慢話で終わってしまうことがないように、将来像まで明確に伝えていかなければいけません。

自己PRの最初の部分となる結論は、自分が最も選考担当者に伝えたい自信のある強みをわかりやすく簡潔にアピールしてみてください。

理由:なぜならば、〇〇で〇〇ということがあったからです

結論を述べたら必ず、その理由がなければ具体性がありません。

自身の話に信ぴょう性をもたせ、相手を納得させるために、理解を得られる理由を述べていきましょう。

理由を述べる際は、その事実がわかりやすくなるように、数字などデーターを用いることも有効です。

ただ言葉だけを並べていっても抽象的になってしまい、具体的な理由として述べることは難しくなります。

数字をプラスし、どれくらいの結果や成果を上げることができたのかを理由として伝えていくと、より明確なエピソードとして選考担当者を納得させることができるでしょう。

自分の強みや魅力を知ってもらうためには、どれだけ説得力のある自己PRを作成できるかがカギになります。

エピソード:私は〇〇で、〇〇をしていました

自己PRを作成するうえで多くの方が頭を悩ませてしまうのが、どのような経験を通して自分の強みや魅力を実感することができたのかというエピソードを述べる部分です。

自分をアピールするような自慢できるエピソードを見つけることができないという方も多いかもしれません。

そんな方は、できるだけたくさんの自身の過去の出来事を思い出してみてください。

多くの就活生は大学時代の経験に注目しがちですが、幼少期や中高生時代に遡ってみても構いません。

自分の強みにつながるエピソードは、これまでの経験を振り返ってみると、意外にも多く見つかるはずです。

まずは、紙に自分の強みにつながる経験を書き出してみることからはじめてみましょう。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

自己PRは、ただポジティブな内容だけを並べて作成するのではなく、直面した問題に関するエピソードも付け加えると、自分の強みや魅力につながりやすくなることをご存知でしょうか。

ただ一言で「私の強みは〇〇です」「〇〇を経験して○○と感じたからです」と述べただけでは、企業側の理解を得たり、説得力をアップしたりすることはできません。

一見、直面した問題を述べることはマイナスイメージを与えてしまうのではと思いがちですが、「その経験で〇〇という問題に直面しました」という内容から、それを解決する行動力をアピールすることができれば、社会人としての高いスキルを上手に自己PRすることにつながります。

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

次に、問題を解決した行動力をアピールできるような一文を加えていきましょう。

社会人として必要なチャレンジ精神やチームワーク、行動力を上手にアピールできる内容にすると効果的です。

たとえば、目標を設定し思わぬ問題に直面しても、確実に最後までやり遂げる行動力があるということを伝えられるとベストです。

「困難な問題に直面したが諦めずに結果を出すことができた」「今抱えている問題にしっかりと目を向けて、計画性をもちながら行動力を発揮することができた」といったポジティブな内容で、自己PR文を盛り上げていきましょう。

社会人は、実行力や問題解決能力、計画力のほかにも、行動力や状況を把握する力をもち合わせていることが大切です。

これらのスキルを兼ね揃えているということを、上手にアピールしてみてください。

結果:その結果、〇〇となり、〇〇に大きく貢献しました

次に、自分の強みを発揮してどのような結果や成果を得ることができたのかをわかりやすく伝えることも忘れてはいけません。

結果を伝える際は、理由を述べるときと同様に、数字を用いると効果的です。

たとえば、試験のエピソードを述べる際は、「1ヶ月で〇〇点アップした」という数字を並べてみると、結果がわかりやすくなります。

また、問題解決に向けて行動した結果、どのように以前と状況が変わったのかを伝えてみるといいでしょう。

考え方や行動にどのような変化が生じたのかを述べると、その人の成長を感じることができます。

選考担当者の印象に残る自己PR文を作成できるように、数字や問題解決に向けて行動した前後のエピソードを入れてみると、具体的にわかりやすく相手に伝えられます。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

自己PR文の最後に、自分の強みや魅力を活かして仕事でどう貢献していきたいのかを作成してみると、入社後のあなたの姿を、選考担当者がイメージしやすくなります。

ここでは、企業の仕事内容を把握したうえで、入社後の意欲を伝えなければいけません。

自分の強みや魅力を、自社の仕事でこんな風に貢献していきたいという気持ちを素直に書くだけで、高評価を得ることにもつながります。

企業研究を行い、「貴社の○○で貢献していきたいです」というように志望した意欲にもつながるような文章を最後に書き、自分の目標や希望をアピールしてみるといいでしょう。

自分の強みを、しっかりと仕事に活かすことができるという点に意識し、選考担当者を納得させられる自己PRを作成してみてください。

履歴書に書く自己PR例

では、どのように書けばいいのか、構成の仕方を踏まえて例をご紹介します。

例を参考に、志望する企業に合わせ、自分の強みを検討して構成していきましょう。

より詳しくは、「https://shukatsu-ichiba.com/article/11865」の記事も参考にしてください。

①チャレンジ精神が自己PRの例

私の強みはチャレンジ精神が旺盛なところです。

高校時代、ヨット部で部員が足らず、盛んに勧誘を受けたことがありました。

ヨットに乗ったこともなければ、水泳も得意ではなかったので最初は自分には関係ないと思いました。

ですが誘われて、実際に見学したところ、大きな湖を爽快に走る姿に惹かれ、やってみたいとその場で入部したのです。

それからは部活動に加えて、空き時間には近くのプールで泳ぎもマスターしました。

大会出場という目標を最初に掲げ、一から学んで一つずつコツを掴み、2年時には県大会で準優勝を遂げるレベルまで達することができたのです。

何事も興味を持つことや勧められたら物怖じせずに果敢に取り組み、目標を明確にして努力できるのが自分の強みであり、次世代を切り開く人材を求める御社で貢献できるとエントリーしました。

②チーム調整力が自己PRの例

私の強みはチームを調整するのが得意なことです。

チームリーダーがいても、時に問題が生じてチームにまとまりがなくなることや目標に向けて挫折してしまうことがあります。

そうした際にチームをまとめ、モチベーションを高めるのが得意です。

学生時代のバスケット部で県大会で負けたことがキッカケで、チーム内で次に向かいたい人ともうあきらめた人と温度差が生じました。

その際になぜ負けたかの分析を行い、こうした練習をすれば今度こそ勝てるとチームメンバーを鼓舞し、全体のまとまりを回復させた経験があります。

再びチームが同じ方向を向けたことで、次の試合では見事、大きな得点差で勝つことができました。

私が志望している商品開発職はチームワークが求められます。

同じ目標に向かって常に最適な状態になるよう、持ち前の調整力やメンバーを鼓舞できる力で、縁の下の力持ちになりたいと考えております。

履歴書で避けるべき自己PRとは

これまで自分のイメージを植え付け、書類選考を突破し面接への切符を手に入れるための自己PRの書き方についてお伝えしました。

ここからは、避けるべき自己PRの書き方として3つのパターンを紹介します。

根拠が抽象的な自己PR

自己PRのポイントでは、まず結論を述べて次に結論を裏付けるエピソードを紹介し、そしてそれを企業や仕事にどう活かすかを伝えることが重要でした。

せっかくしっかりとした結論を最初に述べていても、その裏付けとなるエピソードに具体性がなければ、アピールポイントとしてのインパクトが小さくなってしまいます。

また協調性、積極性など、○○性と付く言葉を使う場合は、エピソードに重みを持たせることが難しいケースもあるため注意が必要です。

そして「いろいろな」や「さまなざまな」という表現を入れてしまうと、具体性が薄まるので使わないようにしましょう。

根拠が抽象的なNG例文を紹介します。

私の強みは社交性があることです。

私は、大学ではたくさんの友だちを作りたいと思い、いろいろなイベントに参加してきました。

平日だけではなく、土日も大学主催のイベントに参加したおかげで、入学当初は5人しかいなかった友だちが、今では他大学の友だちも含めて85人になりました。

イベントを通して留学生の友だちもでき、私の親友はイギリスからの留学生です。

私はいろいろなイベントに参加したことで、多くの友だちを得ることができました。

私には社交性があります。

御社では社交性を活かして、社内、社外を問わず、たくさんの人と関わりながら学びたいと思います。

なにがアピールしたいのかわからない自己PR

自己PRの中には、最初の結論と次の具体的なエピソードがかみ合っていないケースがあります。

また最初に述べた結論とそれを仕事でどう活かすかという最後の締めくくりにズレが生じることもあり、これでは一体何を伝えたいのかがわかりません。

たとえば、最初に積極性をアピールしているのに、エピソードでは忍耐力に関して記している場合や積極性が強みであると最初に述べたものの、仕事ではフットワークを活かしたいなどと締めくくったりするケースです。

このような自己PRを一読するだけでは、採用担当者は文章を理解することができず、何度も読み直すことになってしまいますし、読んだ後もすっきりとしません。

何がアピールしたいのかわからないNG例文を紹介します。

例文

私の強みは積極性があることです。

学生時代はサッカー部に所属していました。

サッカー部は大学の体育会の中でも、最も厳しいことで知られており、私は練習を一日も休むことなく耐え抜いてきました。

また、自主練習の日もなるべく休まないように心がけました。

おかげで、補欠からレギュラーになることができ、大きな自信となっています。

私の強みは積極的にどんなことに取り組むことができることです。

御社では、サッカーで培ったフットワークを活かして全国各地を飛び回る営業マンになり、成績で貢献します。

アピールしたい項目が複数ある自己PR

自己PRを作成するための自己分析を進めていくと、改めて自分の特徴を認識できるようになります。

自分では特に意識していなかったポイントに初めて気付き、アピールしたい項目が複数あることもあるでしょう。

ですが、アピールポイントが複数ある場合でも、自己PRに記入すべきポイントは一つにするのが原則です。

なぜならいくつかのポイントを詰め込んでしまうことにより、それぞれのポイントの魅力がぼやけてしまい、人物像の見えにくい履歴書になってしまうからです。

たとえば気配りとホスピタリティなど、似通ったものであればまだ伝わるものもありますが、粘り強さとスピードなど全く違う特徴を述べてしまうと、人物像がぼやけてしまいます。

あれもこれもと詰め込みたくなるところですが、グッとこらえて一つのポイントを深く掘り下げてアピールをしましょう。

とはいえ、アピールしたい項目が複数あるのは素晴らしいことです。

項目ごとに自己PRを作成し、履歴書の提出先が求める人物像などに合わせて使い分けると良いでしょう。

アピール項目が複数入ったNG例文を紹介します。

例文

私の強みは、粘り強さとスピードです。

私が大学に入学して初めて受けたTOEICの点数は450点でした。

そこで私は大学3年生までにTOEICの点数を800点以上にしようという目標を立て、毎朝必ず30分の勉強することを決めました。

実際に毎朝勉強することは難しく、帰宅が遅くなった日の翌日は、早く起きることができず勉強ができない日もありました。

しかし勉強できなかった日の分は、その日の夜か次の日に必ず埋め合わせをしています。

そして大学3年生の10月の試験で、念願のTOEIC800点を突破することができました。

また私は喫茶店のホールでアルバイトをしていました。

私が特に心がけていたことは、淹れたてで香りの立ったコーヒーをスピーディーに提供することです。

私は一人で、注文からコーヒーの用意やデザートづくりなども担当していたことから、どのような順番で業務をこなすのが一番早いかを、頭の中でシミュレーションすることにより、スピーディーに動けるようになりました。

私の強みは粘り強さとスピードです。

営業事務の仕事では、粘り強く細かい数字と向き合い、スピードを意識した業務を行います。

履歴書に自己PRを書く際の気になる質問

履歴書に自己PRを書くにあたって、就活生から寄せられる気になる質問について、どう対応すればいいか見ておきましょう。

文字数はどのくらい書けばいいの?

一般的な履歴書の自己PRの文字数は300文字程度です。

ですが、企業によっては何文字程度とか、何文字以内と指定することも少なくありません。

その際にはその文字数に従います。

何文字程度である場合には、多少の文字数オーバーは問題ありません。

また、多少足りなくても大丈夫です。

たとえば、400字程度の場合は380文字から430字ほどを目安に書くようにしましょう。

400文字なのに300文字しか書けない、逆に500文字も書くのでは、指示に従えない人と思われたり、まとめるのが下手な人と思われてしまいます。

何文字程度とある場合には最低でも8割、オーバーしても100文字は超えないようにするのがおすすめです。

一方、何文字以内とある場合にはその文字数を超えないようにします。

指定された文字数の8割から9割を目安に、わかりやすくまとめましょう。

調整はてにをはを変える、接続詞を省くなどでも可能です。

指定の文字数を目指して書いていき、伝えたいことをしっかりと書いたうえで、オーバーした文字数を要約しながら削っていくのがおすすめです。

何度も読み直すと余計なフレーズがあることや重複して同じようなことを書いていることも少なくありません。

余計な部分を削りながら、よりピンポイントで自分の良さが伝わるように校正を行い、文字数と内容を調整していきましょう。

履歴書の内容と面接で話す内容は違うものでもいいの?

基本的に全く違う内容を話すのはNGです。

なぜなら、履歴書の内容は事前に面接官や企業に対して、あなたがどんな人物であるかを伝える資料となっているからです。

企業としては履歴書の内容を確認して、会いたい人物を選び、次の面接の機会を用意しています。

にもかかわらず、全く違う内容や全く違う自己PRをされては面食らってしまいますし、これが強みなら自社には合わない、求めている人物像とは違うと思われてしまう可能性もあります。

もっとも、一言一句同じ内容を伝えることや履歴書に書いた内容以外のことを話してはいけないわけではありません。

文字数の制限などもありますし、文章で書いて伝えることと実際の言葉で会話として伝えることでは伝えられる内容も異なります。

履歴書に書いた自己PRをベースに、それを補う内容やより伝わりやすい言葉で表現することはもちろんOKです。

履歴書では書ききれなかった内容や上手く表現できなかったことを、実際に面接で自分の言葉でわかりやすく伝えましょう。

もちろん、冗長に長々と話すのはNGです。

履歴書の内容に少し肉付けをして、よりわかりやすく、より具体的に伝えるくらいがベストです。

まとめ

履歴書の自己PRは選考を突破するうえで、重要なポイントになります。

企業はどのような人物かを知りたいと思っており、自社の社風や業種、職種などにマッチする人物を自己PRなどを通じて見極めているからです。

この人に実際に会ってみたいと思わせる自己PRの書き方のポイントを押さえ、自分を明確かつ具体的にアピールできる内容や構成を考えましょう。

単に自分の強みなどをアピールするのではなく、その会社にどう貢献できる人物であるのかを伝えることが大切です。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ