これで完璧?!履歴書に書く自己PRの作り方

多くの学生が企業への就職を志望してエントリーする中で、内定を獲得するためには、まずは書類選考に通らなくてはなりません。

企業のレベルや難易度に応じて、同じようなレベルの学生が集まってきます。

つまり、学歴や専攻した学部などだけでは差別化ができず、定型的な情報だけで選ばれることは基本的にありません。

その人がどんな人物なのか、どんなことを得意としているのか、どのように会社に役立ってくれそうかをポイントに、企業の担当者は書類に目を通しています。

つまり、履歴書の自己PRはとても重要な選考ポイントになります。

自分というものをアピールし、他の就活生と差別化して選ばれるために、どのように自己PRを書けばいいのか、3つのポイントや構成の仕方や書き方についてご紹介します。

履歴書に自己PRを書く際の3つのポイント

履歴書で自己PRを書く際にはどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

履歴書による選考は多くのエントリー者から面接へとステップを踏む方を取捨選択する、最初の関門になります。

ここを通過しないことには、面接でアピールすることもできず、内定への道は進めません。

書面上でいかに印象を残し、多くのエントリー者と差別化して選ばれるようにできるのか、3つのポイントをご紹介します。

冒頭で結論を述べる

志望動機や短所、長所を問われた際にも書き方は同じですが、自己PRにおいても、まずは何を伝えたいのか結論から述べましょう。

「自分の強みは〇〇です。」、「自分のアピールポイントは〇〇です。」と端的に結論からスタートさせます。

多くの履歴書をチェックする必要がある専攻担当者にとって、冒頭で何が述べられるのか知ることはとても大切なポイントになります。

長々とした文章の最後に行きつかないと自己アピールのポイントがわからない、すべての文章を読み切っても何がアピールポイントだったのかわからないでは選考にもひっかかりません。

自分がアピールしたいポイントをまずは最初に述べて、選考担当者の心を掴みましょう。

企業が求めている人物を把握する

いかに結論から述べても、それが選考担当者の心を掴むのか、印象を残すことができるかは、何をアピールするかにもよります。

ほとんどのエントリー者は、履歴書の書き方ノウハウを踏まえて、結論から伝えてきます。

そこで印象を残せるか、いいなと思わせるには、企業が求めている人物像を把握し、それに見合った自分の強みをアピールすることが大切になるのです。

たとえば、企業が求める人物像が「次世代を切り開くチャレンジ精神旺盛な人」であったとしましょう。

にもかかわらず、「私の強みは周りの歩調に合わせられることです。」と求める人材とは逆方向のアピールをすることや「チームの和を乱さないことです。」と的外れのことを伝えても、選考担当者の心にはひっかりません。

自社には向いていないなとか、今求めている人材とは違うなと思われて終わりです。

もちろん、自分の強みでない嘘を書く必要はありません。

複数の企業にエントリーする場合に、その企業ごとに求める人物像を分析し、その企業ごとにマッチした自分の強みをアピールすることがポイントです。

自己PRの根拠となるエピソードを具体的に記載する

企業が求める人物像が「次世代を切り開くチャレンジ精神旺盛な人」だから、「自分の強みはチャレンジ精神です。」と書くことは誰にでも可能です。

企業が求めているのは表面的なことではなく、本当にその強みを発揮できる人物であるのかです。

そのための証拠として、強みの根拠となる具体的なエピソードを書いて、絵に描いた餅ではないことを伝えなくてはなりません。

履歴書の自己PRの構成

履歴書で自己PRを構成する際には文字数や指定の内容に基づき、結論から述べ、エピソードを伝え、それが企業にどう役立つのかを伝えることです。

具体的に見ていきましょう。

始め方

冒頭の一文は自分の強みやアピールしたい点を端的に述べることです。

まずは結論から述べることで、相手に興味を持ってもらい、選考外にされずに、内容をしっかり読んでもらえるようにします。

エピソードを話す

次に自己アピールポイントが絵に描いた餅ではなく、本当に自分の強みであることが伝わるよう、それを根拠づけるエピソードを述べましょう。

学生時代のことやアルバイトでの経験、ボランティア活動でのエピソードなど何でもかまいません。

ただし、最終的にはエントリーした企業の業種や志望している職種などと結びつくようなエピソードがベストです。

締め方

締め方は、その強みがエントリーした企業や仕事にどう活かせるのかで締めます。

その企業で活躍し、貢献してくれる人物を選ぶための書類選考ですから、強みが企業にどう活かせるのかが伝わらないと、会ってみたいとは思ってもらえません。

履歴書に書く自己PR例

では、どのように書けばいいのか、構成の仕方を踏まえて例をご紹介します。

例を参考に、志望する企業に合わせ、自分の強みを検討して構成していきましょう。

より詳しくは、「https://shukatsu-ichiba.com/article/11865」の記事も参考にしてください。

①チャレンジ精神が自己PRの例

私の強みはチャレンジ精神が旺盛なところです。

高校時代、ヨット部で部員が足らず、盛んに勧誘を受けたことがありました。

ヨットに乗ったこともなければ、水泳も得意ではなかったので最初は自分には関係ないと思いました。

ですが誘われて、実際に見学したところ、大きな湖を爽快に走る姿に惹かれ、やってみたいとその場で入部したのです。

それからは部活動に加えて、空き時間には近くのプールで泳ぎもマスターしました。

大会出場という目標を最初に掲げ、一から学んで一つずつコツを掴み、2年時には県大会で準優勝を遂げるレベルまで達することができたのです。

何事も興味を持つことや勧められたら物怖じせずに果敢に取り組み、目標を明確にして努力できるのが自分の強みであり、次世代を切り開く人材を求める御社で貢献できるとエントリーしました。

②チーム調整力が自己PRの例

私の強みはチームを調整するのが得意なことです。

チームリーダーがいても、時に問題が生じてチームにまとまりがなくなることや目標に向けて挫折してしまうことがあります。

そうした際にチームをまとめ、モチベーションを高めるのが得意です。

学生時代のバスケット部で県大会で負けたことがキッカケで、チーム内で次に向かいたい人ともうあきらめた人と温度差が生じました。

その際になぜ負けたかの分析を行い、こうした練習をすれば今度こそ勝てるとチームメンバーを鼓舞し、全体のまとまりを回復させた経験があります。

再びチームが同じ方向を向けたことで、次の試合では見事、大きな得点差で勝つことができました。

私が志望している商品開発職はチームワークが求められます。

同じ目標に向かって常に最適な状態になるよう、持ち前の調整力やメンバーを鼓舞できる力で、縁の下の力持ちになりたいと考えております。

履歴書に自己PRを書く際の気になる質問

履歴書に自己PRを書くにあたって、就活生から寄せられる気になる質問について、どう対応すればいいか見ておきましょう。

文字数はどのくらい書けばいいの?

一般的な履歴書の自己PRの文字数は300文字程度です。

ですが、企業によっては何文字程度とか、何文字以内と指定することも少なくありません。

その際にはその文字数に従います。

何文字程度である場合には、多少の文字数オーバーは問題ありません。

また、多少足りなくても大丈夫です。

たとえば、400字程度の場合は380文字から430字ほどを目安に書くようにしましょう。

400文字なのに300文字しか書けない、逆に500文字も書くのでは、指示に従えない人と思われたり、まとめるのが下手な人と思われてしまいます。

何文字程度とある場合には最低でも8割、オーバーしても100文字は超えないようにするのがおすすめです。

一方、何文字以内とある場合にはその文字数を超えないようにします。

指定された文字数の8割から9割を目安に、わかりやすくまとめましょう。

調整はてにをはを変える、接続詞を省くなどでも可能です。

指定の文字数を目指して書いていき、伝えたいことをしっかりと書いたうえで、オーバーした文字数を要約しながら削っていくのがおすすめです。

何度も読み直すと余計なフレーズがあることや重複して同じようなことを書いていることも少なくありません。

余計な部分を削りながら、よりピンポイントで自分の良さが伝わるように校正を行い、文字数と内容を調整していきましょう。

履歴書の内容と面接で話す内容は違うものでもいいの?

基本的に全く違う内容を話すのはNGです。

なぜなら、履歴書の内容は事前に面接官や企業に対して、あなたがどんな人物であるかを伝える資料となっているからです。

企業としては履歴書の内容を確認して、会いたい人物を選び、次の面接の機会を用意しています。

にもかかわらず、全く違う内容や全く違う自己PRをされては面食らってしまいますし、これが強みなら自社には合わない、求めている人物像とは違うと思われてしまう可能性もあります。

もっとも、一言一句同じ内容を伝えることや履歴書に書いた内容以外のことを話してはいけないわけではありません。

文字数の制限などもありますし、文章で書いて伝えることと実際の言葉で会話として伝えることでは伝えられる内容も異なります。

履歴書に書いた自己PRをベースに、それを補う内容やより伝わりやすい言葉で表現することはもちろんOKです。

履歴書では書ききれなかった内容や上手く表現できなかったことを、実際に面接で自分の言葉でわかりやすく伝えましょう。

もちろん、冗長に長々と話すのはNGです。

履歴書の内容に少し肉付けをして、よりわかりやすく、より具体的に伝えるくらいがベストです。

まとめ

履歴書の自己PRは選考を突破するうえで、重要なポイントになります。

企業はどのような人物かを知りたいと思っており、自社の社風や業種、職種などにマッチする人物を自己PRなどを通じて見極めているからです。

この人に実際に会ってみたいと思わせる自己PRの書き方のポイントを押さえ、自分を明確かつ具体的にアピールできる内容や構成を考えましょう。

単に自分の強みなどをアピールするのではなく、その会社にどう貢献できる人物であるのかを伝えることが大切です。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ