【例文あり】履歴書でライバルに差をつける!自己PRのポイントとは?

履歴書の自己PR欄、自分を良く見せようと盛ってみたもののなんだかしっくりこないし、かといってあっさり書きすぎても自分をPRできないし…なんてお悩みではありませんか?そんな悩める皆様のため、自己PR作成のポイントを徹底解説してゆきます。さらには「サークル活動」「学業」「アルバイト経験」という3つの切り口で作成した例文もご紹介!履歴書の自己PRに手がつかない…なんて方は是非本記事をチェックしてみてください。何を書けばよいのか、きっと見えてくるはずです。

履歴書の自己PRって何を書けばよいの?

そもそも履歴書の自己PR欄には何を書けば良いのでしょう?履歴書ですから基本的には「私はこんなタイプです、絶対に役に立ちますから、ぜひ貴社で働かせてください」という内容になっていなくてはなりません。

けれど、社会人経験がない皆様にとってどんな事を書けば「絶対に役に立つ」と思われるのか、なかなか想像もつかないですよね。そこでまずは自己PR欄作成のポイントについて見てゆきたいと思います。

例文に入る前に、履歴書の自己PRのポイントを確認

それでは早速、履歴書の自己PR作成で意識すべき3つのポイントについて見てゆきましょう。ポイントを意識する事で書きやすくなりますし、面接官など読む側にとっても分かりやすい内容となってくれます。

履歴書全体の一貫性を意識する

自己PRを書き始める前に、履歴書全体の一貫性を意識しましょう。履歴書には「自己PR」以外にも「志望理由」であったり「長所・短所」であったり、あるいは「趣味」であったりと様々な事を記載します。

例えば志望理由の中で「持ち前の粘り強さを発揮して、一つの事を極められるように努力したい」と書いているにも関わらず自己PRでは「切り替えが早く、すぐに新しい事に挑戦できます」なんて事を書いたとします。「粘り強い」と「切り替えが早い」ことが必ずしも矛盾するとは言い切れませんが、なんだかチグハグな印象を与えてしまいます。

それよりは志望動機に合わせ「粘り強さ」を意識した自己PRを作成する方がベターです。もちろん長所・短所についても一貫性を持たせるようにしましましょう。

このように自己PRを作成する前に、まずは履歴書全体のトーンをどうするかを考えてみてください。そもそもどんなトーンで履歴書を書くべきか迷ったら、募集要項や企業HPに書かれている会社の理念などをチェックしてみましょう。「社員一人一人が自ら考え…」など、ヒントになるワードが隠されているはずです。

具体的な話題を盛り込む

自己PRには「具体的な話題」が欠かせません。具体的な例を挙げず「体力には自信があります」と書かれていても、それが本当なのか読んだ側にはわかりません。一方「大学ではラグビー部に所属しています。体力には自信があります」と書かれていれば、体力自慢であることは疑いようもありません。体力を求める職場であれば、「この学生が欲しい」という事にしっかりと繋がります。

また自己PR内に具体的エピソードを記載する事で、自己PRの内容が伝わりやすくなるという効果もあります。上記の例であれば「ラグビー部」というワードだけで、読んだ側は様々な事を想像できます。面接官は体力面でなく気力面でも優れていそうと考えるかもしれませんし、体育会系で扱いやすそうと思うかもしれません。それは「ラグビー部」というワードがあってこそです。

面接で質問されることを意識する

履歴書は面接でも使われるもの。面接をスムーズに進めるポイントは会話のキャッチボールですから、自己PRにはキャッチボールがうまくゆきそうな話題を盛り込む方がベターです。

例えば超がつくほどのマイナースポーツ経験を自己PRの話題にするのであれば「部活で○○というスポーツを経験しています。○○は■■と××を使って得点を競い合う、体力と瞬間的な判断力を必要とするスポーツです。その経験から決断力が身につきました。」と軽くスポーツに関する説明を入れておきましょう。

面接官としては、ちょっとした説明があるだけで「○○って1試合どれくらいの時間なんですか?」とか「〇〇をしてきた中で最高のプレイはどんなものでしたか?」など質問がしやすくなるものです。

「〇〇ってなんですか…?」という質問からでは、会話はなかなか盛り上がりません。

例文でチェック、履歴書の自己PR

続いては履歴書の自己PRについて例文をチェックしてゆきましょう。「サークル活動」「学業」「バイト経験」と大学生であれば必ず経験しているであろう内容から例文を作成しています。

例文①:サークル活動からアピール

私はリーダーシップがあるほうだと思っています。大学2年の春に海岸清掃のボランティアサークルを立ち上げ、以降ずっと代表を続けてきました。SNSで発信を続けたおかげで、人数は増え、今では30人以上のボランティアスタッフが集まるようになりました。ただし、人数が増えた分、チームとしての一体感を感じにくくなる事もありました。その打開策として考えたのがチームTシャツの作成です。

海岸沿いのお店や会社がスポンサーについてくれたおかげで、Tシャツ作成の費用は最低限に抑える事ができましたし、我々の活動が地域でより知られるようになりました。何より良かったのが、そのTシャツを着て作業をする事でチームに一体感が生まれた事です。またお揃いのTシャツを着ている事でスタッフの責任感が高まったようにも感じています。

例文②:学業からアピール

地道な作業をまじめにコツコツと続ける事が私の強みです。大学時代に英語をマスターしたいと思い、大学1年の春より、毎朝30分の英語学習を続けてきました。初めは最も初歩的なラジオ英会話から始めたのですが、当時はそれすら上手く聞き取れず、苦労の積み重ねでした。

けれど続けているうちに、聞き取りのコツがわかるようになってきました。ある程度の聞き取りができるようになると、実践したくなるもので、留学生を見つけては積極的に話しかけ、アメリカ・イギリス・カナダとネイティブの友人も増える事につながりました。そこで出会った数人は、彼らが本国に帰った今でも付き合いが続いています。

彼らの協力もあり、今では英語力に自信を持っています。先日海外の先生が研究室を訪れたのですが、問題なく会話をする事ができ「君はどこに留学していたの?」と聞かれたほどです。

小さな努力でも続けているうちに大きな成果につながったという経験は、社会人になっても役立つものと考えています。

例文③:バイト経験からアピール

気が利くということが私のアピールポイントです。大学1年から小さな飲食店でアルバイトを続けています。小さなお店で、メインとなるのは常連のお客様です。それゆえに、店主とお客さんの間には阿吽の呼吸のようなものがあり、店主が「今日は魚をメインに」といった日には不思議と魚の注文ばかりが出ています。

アルバイト当初はその感覚がわからず、お客様からは「あの子はイマイチ気が利かない」なんて事も言われたものです。けれど店主から「お客さんの好みを把握し、お客さんの気持ちで考える」と教えられ、それを実行してゆくうちに、「今日は○○さんがお見えになるかも」といった事がなんとなくですがわかるようになりました。

すると「○○さんにはこのメニューが気に入ってもらえるはず」といった事も考えるようになり、今では「おすすめをちょうだい!」と言ってもらえるようになりました。

この経験を活かし、社会人となっても、お客様のニーズにいち早く気付き、気が利く提案ができる人材になりたいと考えています。

履歴書の自己PRは他人の目でチェック!

履歴書の自己PR、書き上げたら他人の目でチェックしてもらいましょう。自分がアピールしたいポイントが文章中に本当にアピールできているのか、自分ではなかなか見えてこないものです。また文章の読みにくさ・伝わりにくさも他人の目だからこそ気付ける部分です。

人気企業ですと、採用担当者は驚くほど大量の履歴書をチェックしなくてはなりません。そのため一人の履歴書に割ける時間はごくわずかです。わかりにくい部分があったからといって、しっかりと読み込むなんて余裕はありません。わかりにくい履歴書があれば、即不採用ボックス行きとなってしまいます。

せっかく時間をかけて自己PRを作成するのですから、そく不採用なんて事の無いように、最後の最後、ブラッシュアップまでしっかりと行いましょう。

なお大学にはキャリアセンターなど、就職サポートのための組織があるはずです。そこでは履歴書のチェックも行ってくれるはずです。それらを上手に利用してください。

まとめ:自己PRでライバルに差をつけよう

自己PR作成のポイントや、例文について見てきましたが、履歴書の自己PR欄に書くべき内容は見えてきましたか?具体的に文書を作成する前に、今回ご紹介した「履歴書全体の統一感」「具体的な話題」「面接での会話」を意識して、書くべき事の概要をしっかりと考えておきましょう。それさえできれば、具体的な文章に落とし込むのは難しい作業ではありません。

なお、自己PRを含め、作成した履歴書は必ず誰かにチェックしてもらいましょう。またコピーを取っておくこともお忘れなく。面接直前になって「自己PRにどんな事書いてたっけ…」なんて事になっては目もあてられません。面接前にコピーを読み返し、しっかりと深呼吸しておけば、面接対策だってばっちりです。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ