キャリアプランとは一体何?考え方や解答例も紹介!

皆さんはキャリアプランという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

面接や履歴書、ESなどで聞かれることのあるキャリアプランですが、一体どのようなものなのでしょうか?

今回はそんなキャリアプランとは何か、キャリアプランの考え方や答えるときのコツなどを解説していきたいと思います。

キャリアプランとは一体何?

就職活動をしていると度々耳にするキャリアプラン。

面接でも問われることの多いキャリアプランとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

キャリアプランとは?

キャリアプランとは自分のキャリア、つまり経歴をどのように歩んでいくのかの計画のことを言います。

自分がこの仕事に就いた時、3年後、5年後、10年後にはどうなっているのかを具体的に考えてみましょう。

最終地点に具体的な目標を見定めることによって、入社して業務に追われていても、そこに向かっていけば自分を見失うこともなく、突き進むことができるため、キャリアプランを定めることは重要になります。

キャリアプランは選考で聞かれることが多い

面接やESでキャリアプランを聞いてくる企業は非常に多いです。

キャリアプランとは言わないまでも「あなたの将来の夢はなんですか?」なんて聞き方をしてくる場合もあります。

この質問により人事は学生の自主性と仕事に対する熱量を見定めているのです。

例えば「特に目標もなく、受け身で仕事をする社員」と「目標に向かってバリバリ働く社員」だったら間違いなく「目標に向かってバリバリ働く社員」を採用したいですよね?

キャリアプランを持っている人は持っていない人に比べて熱意に満ち溢れている場合が多く、積極的に業務に取り組む人だと判断されます。

「前向きな姿勢で業務に取り組めます!」とアピールするためにもキャリアプランをしっかり考えておいた方が良いでしょう。

キャリアプランを立てるメリットは?

キャリアプランを立てるメリットとしては企業とマッチングしやすいということが考えられます。

最終的な目標や通過点を見定めることで自分が将来的にどのような方向に進みたいのかを意思表示することができます。

そんなキャリアプランを示して採用された企業はほぼ間違いなく人生設計の足並みをそろえていくことができ、最終目標に到達するための手助けをしてくれることでしょう。

またキャリアプランを持つことで将来的になりたい役職や人物像がきちんと定まっているので、そこに向かって前向きに業務を行うことができるというメリットもあります。

さらに仕事をしていく上で人生に迷ったとき、入社前に描いていたキャリアプランを再考し、新たなキャリアプランを構築することによって、迷ってもブレにくくもなります。

このようにキャリアプランを持っているだけでかなりのメリットがあるのです。

キャリアプランの作り方とは?

度々面接などで聞かれるため就活生はキャリアプランを考える機会も出てくるでしょう。

しかし、いざキャリアプランを作るとなるとなかなか難しいものです。

そんな就活生のためにキャリアプランの考え方について解説していきます。

自分の過去を振り返る

キャリアプランを立てる時には、まず自分の過去を振り返ってみましょう。

過去には自分の本質を探り出すためのヒントがたくさんあります。

自分はどんな人間なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか、嬉しかったことは何か、興味があることは何かなどを深掘りして、紙に書き出していくと良いでしょう。

そうすると自分を客観的に見ることができ、適性のある仕事、不得意な仕事などが徐々に見えてきます。

現在の自分を客観視する

過去の自分を振り返り、大まかな方向性が決まったら今度は現在の自分に焦点を当てましょう。

過去の自分と比べてみてどのように成長したか、変わったことはあるか、やりたいことはあるかなど考えます。

これにより自分が成長した点、現状について理解することができます。

これはキャリアプランだけでなく、自己PRや志望動機を考える時にも使える方法です。

自分一人で考えるのが難しければ、友人や家族に協力してもらうと良いでしょう。

未来の自分をしっかりイメージする

過去、現在ときたら今度は未来について考えていきます。

将来的に自分はどのような人間になりたいか、どのような役職に就きたいのか考えてみましょう。

最終目標が決まるとそこに至るまでにどのような過程を歩むことになるのかも必然的に考えることになります。

例えば「10年後に営業所の支店長になりたい」という目標を定めるとします。

そうなると「入社1年目には顧客に顔売ってひたすら向き合い、3年目には徐々に売り上げを伸ばす、5年目には社内トップレベルの営業成績を残す」というように、どのような過程で最終目標に到達するのかということが明確になってくるのです。

キャリアプランは未来の自分計画なのでここが一番大事になってきます。

目標をしっかり見定める

キャリアプランで最終目標を決める時、「このような役職になりたい」「偉くなりたい」というような漠然とした目標では意味がありません。

キャリアプランに求められるのは具体性です。

なぜそのようになりたいのか、そうなるためにはどうしたら良いかなどを人事に示すことができなければ合格することはできないでしょう。

必ずしも大きな目標を掲げる必要はないので、しっかり具体的に考えてみてください。

就活エージェントに相談しながら考えるのもオススメ

ここまで見ても自分で考えるのは難しいと思った方は就活エージェントに相談してみてもいいでしょう。

就職活動をする学生を支援してくれる就活エージェントは就活のプロです。

きっとあなたの力になってくれることでしょう。

中には無料で利用できるところもありますので一度リサーチしてみてください。

大学の就職支援科に相談してみるのもおススメです。

キャリアプランを答えるときのポイント

キャリアプランは考えるだけでなくそれをいかにうまく伝えるかがカギとなってきます。

この章ではキャリアプランを面接で答えるときのポイントについて解説していきます。

実現可能な将来

キャリアプランはただ大きな目標を掲げればいいというわけではありません。

低すぎる目標もNGですが、突拍子も無い目標を掲げられても説得力に欠けてしまいます。

例えば「入社1年目で営業成績1位になり、3年後には社長になります」と言われても誰も信用しないでしょう。

現在の自分の力量を理解し、それに見合った現実可能であると考えられるキャリアプランを設定しましょう。

具体的な内容

キャリアプランを話すときは具体性を含んだ内容で話しましょう。

いつまでにこうなって、そのためにはこのような仕事をするというような目標に対しての過程を疎かにしないように注意してください。

その際面接を受ける企業のキャリアプランを調べ、それを自分に当てはめながら話してみても良いでしょう。

有言実行しているか

どんなに素晴らしいキャリアプランを描いていても実際に行動していなければ絵に描いた餅です。

例えば経営のことを何も勉強していないくせに「将来社長になりたい!」と語る人のことをあなたは信頼できるでしょうか?

キャリアプランに説得力を持たせるためには、それに向かって行動しているとアピールすることが重要です。

「海外の営業所の支店長になりたい」という目標を掲げるとしたら、今のうちから英語を勉強するなど、今からキャリアプランを実現させるための行動をしておきましょう。

今自分が出来ることでを積み上げていくことが大切です。

「無い」と答えるのは論外

「あなたのキャリアプランを教えてください」という質問に対して「ありません」と答えるのは絶対NGです。

この時点でこの会社は落選したと思ってください。

もし事前にキャリアプランを考えていなかったとしても、少しは答えようとする姿勢は見せた方が良いでしょう。

面接において聞かれたことに答えられないのは致命的ですので、事前にしっかり準備をしていきましょう。

キャリアプランの解答例

この章ではキャリアプランを聞かれたときの解答例をご紹介していきます。

良い例、悪い例の二つを解説しますので、是非参考にしてみてください。

良い例

「私は5年後までに営業部の支店長になり、より多くのお客様にご満足いただけるような営業になることを目標にしています。

そのために1年目は持ち前の明るさと親しみやすさを生かし、多くのお客様に覚えていただけるような社員になることを目指します。

営業部の支店長になった際には、それまで学んできた知識や技術を生かし、よりお客様にご満足いただけるような企画を提案し、自社の発展に貢献できればと考えております。」

こちらは具体的な目標を掲げながらどのような形で企業に貢献できるかなどを語っています。

自分の強みも同時にアピールできているので、悪くない回答と言えるでしょう。

悪い例

「私の夢は、営業という仕事を極めて、裕福な生活を送ることです。

人生は仕事をしている時間が大半を占めると言われているので、どうせなら一生懸命に打ち込める仕事を選択したいと考えています。

その上で経営が安定している御社で営業職を極め、自分の思い描く将来に一歩でも近づきたいと考えています。」

キャリアプランを聞かれたときはその会社に入っての目標を答える必要があります。

この回答では自分の私生活の目標になっていますので、質問の趣旨からは外れてしまっています。

また自分の希望を伝えているだけで、会社に貢献したいという気持ちが感じられず、「採用するメリットがない」と思われてしまうでしょう。

まとめ

ここまでキャリアプランについて解説してきました。

面接やESでも聞かれることの多いキャリアプランですが考えてみると意外と難しいもので、苦手意識のある学生も多いことでしょう。

しかし結局は自分の将来像を想像することで自分の強みが分かったり、人生の指標が立つのでブレずに行動できるというメリットもあります。

これを機に一度自分の将来について真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ