履歴書のアピールポイントはどこ?企業にアピールするためのポイント

履歴書審査を行ってから面接をする企業も増えており、履歴書の内容や書き方について今一度見直す必要性が出てきています。

忙しい就活生にとっては履歴書を書くのも一苦労ですが、自分をアピールするための重要な書類です。

内定につながる魅力的な履歴書作成についてのポイントを紹介します。

【履歴書のアピールポイント】履歴書は企業との一番最初の接点

人事の人にとって、応募者との最初の接点となるのが履歴書です。

履歴書に目を通すことで、応募者に関するさまざまなことがわかります。

もしも人事担当者が、手抜きで内容が薄い履歴書だと感じた場合、同封している職務経歴書まで見てもらえないことだってあるのです。

それほど履歴書は重要で、就活には欠かせない審査書類といえます。

面接官に良い印象を与えるためには、用紙選びから準備しなければいけません。

正しい履歴書制作は、常識やマナーの有無の見極め材料にもなってきます。

企業によっては、使用する履歴書や制作方法について応募条件にて指示されているところもあります。

たとえば「JIS規格履歴書使用」と書かれてあるならば、必ずそれを使用するようにします。

「手書き制作のみ」と指示されているならば、パソコンでの作成はNGです。

こうした応募条件が守られていなければ、きちんと説明を読んでいないとして履歴書審査にて落とされてしまうでしょう。

求人や応募要項に関しては、細部までしっかりと読むことが基本です。

最近ではさまざまな種類の履歴書が販売されています。

JIS規格履歴書を使わなければいけないと指示がない場合は、自分がアピールしたい欄のスペースが広いものを選ぶと良いでしょう。

またパソコンで作成する際には、プリントアウトする時に写りが悪くならない配慮も必要です。

上質紙を使用して、読みやすい美しい仕上がりにしたいものです。

【履歴書のアピールポイント】項目別!アピール方法

履歴書にはいくつかの記入項目があります。

種類によって多少異なりますが、一般的な履歴書の記入項目についてそれぞれのアピール方法について見ていきましょう。

自分の強みを表現しやすい欄については、特に力を入れてしっかりと書いていきます。

各項目の書き方ポイントを抑えることで、自分らしい魅力的な履歴書に仕上げることができるはずです。

自己PR欄

自己紹介と自己PRは違います。

ただの自己紹介で終わってしまうのではなく、志望する企業が求める能力に合うような自己PRをすることが理想です。

自己PR欄を書くにあたってまず行うべき作業は、応募先企業が求めている人材がどのようなものなのかを把握することです。

そして自分の性格と照らし合わせて、リンクしそうな強みを選びます。

そしてその強みをいかに仕事に活かすことができるかを、しっかりアピールしましょう。

さらに書き方も重要です。

自己PRを書く際には、まずは結論から明確に記します。

「私は、コミュニケーション能力に自信があります」というふうに書き出します。

次にその強みを立証できるエピソードを1つ書きましょう。

エピソードはたくさん書くのではなく、1つに絞って具体的かつ簡潔にまとめます。

部活動やボランティア活動、アルバイトの経験などから、長所につながる体験事例を出すとわかりやすい内容になります。

志望動機欄

企業にとって、応募者の意欲の有無やミスマッチがないかを見極める重要箇所となるのが、志望動機欄です。

志望動機は面接でも必ずといって良いほど聞かれます。

しっかりと自分と向き合い、なぜその会社に入りたいのか、入社後何をやりたいのかビジョンを定かにさせましょう。

志望動機を書く際には、「企業に応募した理由」と「入社後に活かせること」、そして「入社後どうしたいか」の3点についてまとめるようにします。

ただ単に、「御社に非常に魅力を感じています」というのでは、志望動機になりません。

またどの会社にも通じるような動機ではなく、その会社でなくてはダメというものを書くことがポイントです。

濃い内容の志望動機にするためには、できるだけ具体的な文章にすることも大切です。

受ける企業が取り組んでいるプロジェクトや扱っている商品サービスを取り上げて、それらに関する興味や意欲を書くと良いでしょう。

具体的に書くためにも、企業研究は欠かせません。

学歴・資格欄

今や資格の時代ともいわれ、たくさんの資格を取得している人も増えてきました。

たくさん資格を持っている人は、その中から受ける企業の業務に役立つものを選んで書くようにします。

あまり資格がないという人は、仕事には直接関係なさそうなものでも記入しておきましょう。

自動車免許については、どんな企業を受ける際でも記して無駄にはなりません。

また資格名は略さず、正式な名称を書くことも大切です。

いくつか羅列するならば、取得年度が古いものから記す書き方もありますが、企業の応募条件に当てはまる資格があるならばそれを最初に書いてしっかりアピールすると良いでしょう。

中には、受けたい企業で役立つようにと今現在資格取得に向けて勉強中という人もいるかもしれません。

まだ資格は取れていなくとも、勉強している姿勢はきっと評価してもらえるはずです。

意欲を見せるためにも、現在勉強中の資格についても書いておきたいものです。

自由記入欄

履歴書には、自由記入欄、もしくは本人希望記入欄と呼ばれるスペースが設けられているものも多いです。

本人の希望を書くことにはなっているものの、いろいろと待遇についての希望などを書くのはよくありません。

だからといって空白にしてしまうのも避けましょう。

無難な書き方としては、いろいろな職種求人があるならば「営業職を希望します」などと再度書いておくとわかりやすいです。

また会社に従うという意味で、「貴社規定に従います」と一言だけ埋めておくのも良い書き方です。

もしも身体障害などを持っているならば、この欄にその旨について説明書きをしておきます。

その他、審査結果などの連絡方法について、「在職中のため、平日17時までは電話に出られません。

留守番電話にご伝言いただければ折り返しご連絡いたします」というような説明にも使うことができます。

【履歴書のアピールポイント】履歴書を書く際の注意点

せっかく意欲があっても、読めないような字や誤字があるようではルーズな人柄だと思われてしまいます。

履歴書は丁寧に相手の気持ちになって書くことが大切です。

履歴書は、内容だけでなく見た目の美しさも重要であることを頭に入れておきましょう。

細かいことですが、たとえばまったく改行がされておらず、読点もない長文がぎっしりと書かれてある履歴書では、読む手はどんな気持ちになるでしょうか。

読みにくくて疲れてしまうはずです。

そういった文章の書き方をする応募者に対して、人への気遣いが足りないとみなされても仕方がありません。

見やすい履歴書を作成することは、相手への配慮にも関係するのです。

配慮のない人は、仕事をするにあたっても問題が出てきます。

履歴書を書く際にはどのような点に留意して書くべきなのかを説明します。

字は丁寧に書く

字のうまい下手は、人によって差があることはどうしようもありません。

履歴書をきれいに書くために、ペン習字を習う必要もないのです。

どんなに字が下手な人でも、丁寧に書こうという心掛けがあればそれなりの文字が書けるものです。

雑な文字は、その人の印象を悪くしてしまうので注意しましょう。

また乱れた文字は、文章の誤解を呼ぶこともあります。

特に履歴書審査の場合は、できる限り明確に自分の言いたいことを伝えたいものです。

字が読みにくいせいでうまく伝わらないのは残念な限りです。

読みやすい書き方の方法として、文章の末を「ですます調」で統一し、数字は算用数字を使うようにします。

年号に関しては和暦で揃えるのが一般的です。

統一感を持たせるだけで、見やすい履歴書になります。

何行かにまたがる場合には、段落ごとの改行も必ず行いましょう。

誤字脱字は新しく書き直す

誰しもうっかり書き損じることはあるものです。

せっかく丁寧に書いていたのに、後少しというところでミスをしてしまうと悔しいものです。

しかしながら履歴書では、修正テープや修正液を使うことはNGです。

ましてや、ペンで黒く塗りつぶして書き直すなどはもってのほかでしょう。

大変ではありますが、もう一度最初から書き直さなくてはなりません。

誤字脱字に関しては、自分では気付かない場合もあります。

履歴書が仕上がったら、家族や友人にチェックしてもらえば安心です。

ミスをして書き直すのを防ぐ方法として、鉛筆で薄く下書きをしておくという手もあります。

下書きの上からボールペンで書いて、乾いたら消しゴムで鉛筆の下書きを消します。

ただししっかりと乾かしておかなければ、消しゴムで擦った時に滲んでしまうので気を付けましょう。

書き終わった履歴書はコピーしておく

履歴書はコピーをしておけば、新しく次の履歴書を書く際に学歴などが書きやすくなります。

また面接前にコピーしたものを見直すことで、自己PRや志望動機などを再確認できてちぐはぐな答えを言わずに済みます。

しかしながらコピーした履歴書を、他の企業の提出用として使い回すのはやめましょう。

そもそも受ける会社によって志望動機は違うはずですし、コピーだとわかると、意欲がないとみなされてしまいます。

内定をもらうための重要書類ですから、コピーで済ませるのではなく気持ちを込めて書きたいものです。

まとめ

就活は、1社受けて見事にそこに決まるという人はなかなか少ないものです。

何回も履歴書を書くのは手間がかかりますが、その努力は必ず報われますし、何枚も書いているうちに書き方も慣れてきます。

納得のいく完成度の高い履歴書を作成し、しっかりと自分をアピールしていきましょう。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ