内定を獲得に近づく!面接で第一印象を良くする服装のポイント3選

面接では第一印象が非常に重要です。

きちんとした身だしなみをすることも評価の対象となるので、手は抜けません。

スーツを着ればそれで良いというわけでもなく、着こなし方も大切になってきます。

どのような点に気を付けて服装を選べば良いのか、具体的に男女別に見ていきましょう。

面接の服装で見られてる3つのポイント

面接では、服装に関してもビジネスマナーが守られているかがチェックされます。

その人が仕事ができるかどうかや社会人としての覚悟があるかどうかなども、服装に表れるのです。

ここでは大きく3つの押さえるべきポイントについて解説します。

清潔感があるかどうか

清潔感の有無は、面接では大切なポイントです。

特に事務職や営業職、接客サービス業となると、不潔に見える身だしなみでは相手に失礼です。

仕事の成績にも関係してくる重大な点といえます。

いくら高級なスーツを着ていても、シワが寄っていては台無しです。

靴の汚れも不潔に見られてしまいます。

面接の前日にはシャツやスーツにきちんとアイロンをかけて、靴も磨いて爽やかな服装で挑みたいものです。

服が身体に合ったサイズかどうか

痩せている人が、明らかに大きなサイズのスーツや靴を身に着けていると、どこかだらしなく見えてしまいます。

この人はルーズなのかなと思われても仕方ありません。

自分に合ったサイズの服を着ることは、きちんとした性格であるかどうかの判断基準にもなるでしょう。

また窮屈な服を無理して着ていると、本人も肩に力が入り汗もかきますしリラックスして面接を受けることができないはずです。

自分に合った大きさの服装をすることが面接では大切です。

最低限のマナーを心得ているか

ビジネスマナーがあれば、TPOをわきまえた服装ができます。

面接でおかしな格好をしているのに、いざ働き始めて取引先の人と会うときにきちんと常識ある服装ができるとは思われないでしょう。

すでに社会人としての自覚を持った服装を、面接でも心がけたいものです。

この点から考えて、転職の場合にはリクルートスーツは避けたほうが良いかもしれません。

転職の就活者は社会人経験があるのですから、ビジネスマンが着用している通常のスーツを着て行きましょう。

男女別!面接で印象の良い服装とは?

男女それぞれ、面接の服装で心がけるべき点は多少異なります。

面接用の服装のコーデに悩む人もいますので、詳しく各アイテムについておすすめ品やNG品について説明していきます。

男性編

まずは男性の印象が良い服装を見ていきましょう。

スーツ

男性用のスーツは、カラーはダークグレーやネイビーが主流です。

ダブルではなくシングルで、ボタンはいくつでもかまいませんが一番下のボタンは開けておくようにします。

ズボンやスラックスに関しても、上下お揃いにするほうがきれいに見えます。

シワがないようにアイロンがけを忘れないようにしましょう。

転職者は、リクルートスーツは控えたいものです。

シャツ

白無地のワイシャツを着ていくのが常識です。

面接では緊張して汗をかくので、シャツの手首や襟部分は汚れやすくなります。

黒ずんでいると清潔感に欠けるので、しっかり洗濯してアイロンもかけた状態のものを着用しましょう。

柄が入ったデザインやカラーボタンのシャツは、カジュアルに見えてしまいます。

「服装自由」と言われていない場合は、できる限り落ち着いた地味なものを選ぶようにします。

ネクタイ

面接の際に着けるネクタイは、特にカラー選びにおいての決まりはありません。

けれどもピンクやオレンジなどあまりにも派手なカラーは、どこかチャラチャラして見えるので気を付けたいものです。

ネクタイのカラーによって、印象も変わってきます。

たとえばエンジのネクタイは、情熱的な印象を与えることができます。

青系は落ち着いた爽やかな好青年に映ります。

自分の良さがアピールできるようなカラーを選ぶと良いでしょう。

靴はレザー素材の革靴が無難です。

レザーと言えども合皮やスウェード素材になるとカジュアルに見えてしまいます。

あまりにも光沢のあるものも避けましょう。

あくまでビジネスシューズの範囲で選びたいものです。

カラーは、黒色かこげ茶が一般的です。

靴とベルトのカラーを合わせるようにします。

靴下は、黒白か濃紺が面接にはふさわしいです。

靴に関しては、面接までに丁寧に磨いて汚れのない状態にしておくことを忘れてはいけません。

足元もしっかりとチェックされています。

バッグ

色は、黒か濃紺もしくは茶系を選びます。

面接には文房具やメモなどを持参しますし、当日に何か資料をもらう可能性もあります。

カバンのサイズはA4がベストです。

落ち着いた雰囲気のビジネスバッグを持っていきましょう。

中にはカジュアルなリュックやトートバッグなどを持参する人もいますが、面接向けとはいえません。

良い印象を持ってもらうには、きちんとした紳士らしいビジネスバッグを用意したいものです。

髪型

普段からあまりヘアスタイルを気にしない男性の場合、髪が伸びてボサボサで寝起きのように見えてしまうことも多いです。

長髪やボサボサヘアは不潔に見えてしまうので、きちんと整えるかカットしたいものです。

カラーリングに関しても、あまりにも茶髪ではそれだけでマイナスの印象を持たれます。

染めるのであれば黒にしたいものです。

女性編

では女性の場合はどのような服装が良いのでしょうか。

スーツ

女性のスーツは、スカートでなければいけないというわけではありません。

パンツスーツでも問題ないですが、上下セットアップにすることが望ましいです。

パンツスタイルは、テキパキと活動的な印象を持たれます。

営業職などはパンツスタイルが向いているのではないでしょうか。

あまりワイドパンツやカジュアルに見えるスーツは控えましょう。

色は、グレーか濃紺が一般的です。

トップス

白のシャツをスーツのジャケットに着ることが一般的ですが、その際には透けない素材のアイテムを選ぶようにします。

暑いときにジャケットを脱いで下着が透けては大変です。

女性の場合、インナートトップスは襟なしのカットソーでもかまいません。

レースフリルのシャツは普段着の雰囲気があるので、できるだけ清楚な雰囲気で派手すぎないものにしましょう。

パンプス

靴は黒やグレー、濃紺のパンプスにします。

ヒールの高さは3~5㎝ほどが良いですが、ピンヒールは面接向きとはいえません。

ピンヒールは歩く度にコツコツと音もしますし派手なイメージがあるので、避けたほうが安心です。

あまり光沢がないパンプスにしましょう。

バッグ

男性はビジネスバッグが良いのですが、女性の場合はトートバッグでもカジュアルすぎないデザインであればNGというわけでもないです。

けれども金具部分が光っていたりラメ入りのデザインであったりすると、あまり良い印象は持たれないでしょう。

またバッグにチャームが付いているのも外すようにします。

サイズはA4が理想的です。

髪型

男性同様、茶髪は避けたいものです。

女性の場合はロングヘアの場合にハーフアップくらいにまとめたほうが清潔感があり派手にも見えません。

前髪が長すぎると、目つきが悪く見えたり暗い印象を与えたりすることがあります。

前髪が長い人はピンで留めるのも良い方法です。

アクセサリー

ピアスをしている場合は、揺れない控えめなものにします。

ブレスレットやファッションリングは外すべきです。

時間が気になる人は腕時計をするのは問題ありません。

メイク

女性の場合は、メイクによっても印象が大きく変わってきます。

あくまでもナチュラルメイクを心がけて、チークやリップの色もベージュピンクを基準に派手になりすぎないことが大切です。

だからといってすっぴんも、あまり良くはありません。

すっぴんは顔色が悪く見えてしまいますし、アパレル関係や事務職などは少し華やかな雰囲気があるほうが良いケースもあります。

ネイル

面接の間、両手は膝の上で重ねるようにしますが、その際に爪先もチェックされています。

爪はきれいに切り揃えて、ネイルは透明や薄いナチュラルピンクが許される範囲です。

デコレーションデザインのネイルなどは論外です。

面接で服装自由と言われた場合はどうすればいい?

ビジネスカジュアル化を取り入れた会社やアパレル業界などは、「面接にはご自由な服装でお越しください」と言われる場合もあります。

その意図として、おしゃれのセンスなどをチェックしたい会社もあるので、自身が受ける会社がどんな社風で何を求めているかを把握しておくことが大切です。

そのうえで、自分なりの常識のある範囲で服装を決めなければいけません。

男性と女性によって、それぞれ望ましい服装も異なります。

男性の場合

紳士服などのアパレル店やクリエイティブな業種を受ける際に「リラックスした服装で」と言われた場合は、個性をアピールする必要も出てきます。

自由な服装というのがスーツが絶対ダメというわけではないので、スーツの上下でも問題ありません。

ただしおしゃれなセンスや個性を出すために、ネクタイにはこだわって少し遊び心のあるものを着けても良いでしょう。

しかしながら、スーツのジャケットとチノパンといったチグハグな組み合わせは控えたほうが無難です。

また、カジュアルスタイルと言われても、スニーカーやスポーツブランドの靴は避けたいものです。

白や薄いブルーなどの襟のあるシャツにテーラードジャケットを羽織り、チノパンと合わせるといったコーデであれば清潔感もあり落ち着いて見えます。

帽子やアクセサリー類は装着しないほうが良いです。

いずれにせよ、その業種に合う服装を考えたいものです。

女性の場合

女性はアパレル店舗での販売や美容系の仕事などで、服装のセンスをチェックするために服装自由と言われることもあります。

自分のセンスの良さをしっかりアピールできる服装を心がけたいものです。

シャツは襟があることが基本ですが、白以外にも上品なパステル系やモノトーン系であればかまいません。

タイトスカートや細身のスラックスパンツに、キャリアウーマンぽく見えるジャケットを羽織るときれいに決まります。

清楚な雰囲気のカーディガンでも良いので、何か1枚羽織ると良いでしょう。

デニム生地のアイテムやロングスカートはあまりふさわしくありません。

靴もサンダルやスニーカーは控えたいものです。

まとめ

面接にきちんとした服装をしていくことで、自分に自信も持てて慌てることなく落ち着いて面接に挑むことができます。

ビジネスマンとして胸を張れる服装をすることは、内定をもらうために不可欠なのです。

面接準備の一つとして、服装に関しても余裕を持って揃えておきましょう。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ