就活のプロがアドバイス!面接対策講座!

いよいよ面接の予定が決まったら、余念なく準備をして臨みたいところです。

焦ると何をしたら良いかわからなくなってしまいますので、落ち着いて面接の流れやマナーを見直し、想定される質問に対する答えを練りましょう。

ここでは一通り押さえておくべき基礎的なポイントとともに、よくある質問とそれに対して限りなく正解を出せる対策を解説します。

面接の流れ

面接の流れを知っておくと、当日も落ち着いて行動できます。

もちろんケースバイケースですので臨機応変に対応する必要がありますが、新卒採用の場合はそれほど大きく外れることはないでしょう。

全体の流れは以下の通りです。

書類選考→一次面接→二次面接→最終面接→内定

まず書類選考ですが、こちらはエントリーシートで実施されるのが一般的です。

最初に履歴書も一緒に提出を求める企業もありますが、選考資料として使われるのはエントリーシートです。

企業によっては書類での選考は行わず、あくまでも面接の資料として利用するケースもありますが、応募者が殺到するような人気企業や大企業では、この時点で足切りが行われるのが実情です。

一次面接では面接官が人事部の担当者で、志望動機や人となりなど基本的な部分で選考が行われます。

一次面接を通過すると二次面接となり、こちらは採用候補となる部署の担当者が面接官となります。

つまりそこにいる相手は入社後に直属の上司や先輩になる可能性の高い相手であり、志望動機などの他に詳細なスキルや部署とのマッチングなどもチェックされることになります。

そして最終面接では合否判断が行われ、管理職者や社長など上層部が面接官になることが多いです。

高いハードルですが、それをクリアすれば晴れて内定となり、後日正式に採用通知書を書面で受け取り、入社承諾書を提出することになります。

ただし、企業によっては面接回数がもっと少ないところもありますし、逆にもっと多いところもあります。

同じ企業でも部署によって異なる場合もありますので、可能な限り情報を集めておくと良いでしょう。

面接の流れについてはコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

面接前日までに準備すること

面接前日は緊張して普段通り思考しにくい状況かもしれませんが、それだけにしっかり準備しましょう。

すべては面接で伝えるべきことをしっかり伝え、実力を発揮するためです。

人間は何回も同じことを繰り返し訓練しておくと、仮に思考がうまく回らなくても体が自然に動いてくれる可能性が高いです。

緊張のあまり無作法にならないよう、特にマナーは何度も体に叩き込み、意識しなくてもスマートな立ち居振る舞いができるようにしておきましょう。

質疑応答においては、ある程度聞かれることを想定しておくことで、適切な応答ができる確率が上がります。

後は当日忘れ物や遅刻のないよう、持っていくものや道順などの資料をすべて確認し、まとめて準備しておくと安心です。

すべて完璧に準備していたとしても、天候や交通などでイレギュラーな事態はいつでも起こり得ます。

それでも前日に自分ができることはすべてしたという自信があれば、パニックになることなく落ち着いて対処できるでしょう。

行き当たりばったりで会場に駆け込み、汗をぬぐいながらしどろもどろに応答する人を採用しようと考える面接官はあまりいません。

つまらないことでマイナス評価を受けてしまわないよう、できることはすべてやっておきましょう。

面接前日までに準備することについてはコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

面接時のマナー

面接にはいくつかの決まり事があります。

ほとんどは身だしなみや立ち居振る舞いですが、これは社会人として先方に不愉快な想いをさせない心遣いだと認識しましょう。

人の真価は見た目ではなく中身で測るものではありますが、社会はマナーで成り立っています。

スキルを知ってもらうところにたどり着く前に、見た目で落選してしまうようなもったいないことのないようにしてください。

それでは面接に関して押さえておくべきいくつかのマナーを解説します。

まず会場についたら、受付から面接は始まっていると認識してください。

自己都合での遅刻などもってのほかですが、早すぎる到着も迷惑ですので、約束時間の10分前程度に到着するのが良いでしょう。

控え室がある場合は静かに待ち、スマートフォンなどを触るのはNGです。

呼ばれたらドアを3回ノックして「失礼いたします」と断ってから入りましょう。

ドアは向き直って閉め、椅子の横に立ったまま面接官にあいさつをし、名前を名乗ります。

椅子には座るように言われてから座ってください。

ちなみにお辞儀には角度があり、入退室時は30度程度の会釈、お願いやお礼は45度程度の最敬礼となります。

面接中は姿勢を崩さず、明るい表情と声のトーンを守りましょう。

面接終了の声がかかったらお礼を言ってお辞儀をし、立ち上がってドアまで進んで「失礼いたします」と言ってドアを閉めましょう。

身だしなみは基本的に、男女ともにダークスーツであれば問題ありません。

清潔感ある服装で、きちんと体のサイズに合ったものを選んでください。

ヘアスタイルは清潔感があり、誠実で明るいイメージがあれば良いでしょう。

ロングヘアの場合は後ろで一つにまとめるなど、顔がよく見えるようにすっきりしたスタイルにまとめるのが基本です。

カバンは床に置いて自立できるしっかりした構造で、靴は汚れのないシンプルなデザインの革靴風を選びましょう。

面接時のマナーについてコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

面接でよく聞かれる質問

一番重要なのは、面接で聞かれたことに的確に応答することです。

そのためにはある程度質問を想定し、適切な答えを用意しておくのが一番です。

企業によって質問事項は異なりますし、希望部署やシチュエーションによってもケースバイケースではありますが、できるだけたくさん慣れておいたほうが臨機応変に対応できるでしょう。

また、答えを探すということは、自分が本心で考えていることをもう一度洗い出す行為にもなります。

うわべだけでの言葉ではなく、自分が本当に熱意と意欲を持って発する言葉には説得力が生まれますので、ぜひしっかり考えて自分の中から答えを導き出してください。

よく聞かれる質問は以下の通りです。

「自己紹介を兼ねた自己PRをお願いします。」

「なぜ弊社を志望したのですか?」

「あなたの長所と短所を教えてください。」

「入社したらどんな仕事をしたいですか?」

「あたなは周りの人からどのように評価されていますか?」

「弊社以外に志望されている企業はありますか?」

この他にも、希望する年収額を聞かれたり、転勤が大丈夫か聞かれたりすることもあります。

一次面接か二次面接かでも変わってきますし、あまり面接を行わない企業では、最初からかなり突っ込んだ質問がなされる場合もあります。

ただおおむねはエントリーシートに書いた内容をもっと詳しく聞くようなケースが多く、自分が書いて提出した内容とチグハグにならないよう受け答えすることが重要です。

特に一次面接では答えの内容よりコミュニケーション能力を観察することが多く、立ち居振る舞いや表情、声のトーンなどから印象を見られていると意識することも大切です。

意欲を見せようと熱くなるあまり、基本的な姿勢やマナーを忘れてしまわないように注意してください。

面接でよく聞かれる質問についてはコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

面接に関して気になる質問

ここからは、面接に臨むときに抱きやすい疑問の答えを紹介します。

悩んだときにはぜひ参考にしてください。

服装自由の場合の服装はどうすればいいですか?

自由とは言え採用面接ですから、社会人としての常識は守る必要があります。

ただ、「なぜその服を選んだのか」と質問されることもありますので、ポリシーを持って選ぶ必要があります。

あえてスーツを選んでも、「重要な面接なので、社会人としての気構えを現した」ということもできます。

目立つ私服でも、「これが自分の勝負服だ」と主張し、その服で勝ったエピソードなどを用意すれば良いでしょう。

どちらかというと覚えておくべきなのはNG服のほうで、丈の短いパンツ、ジーンズ、露出の多い服装は避ける必要があります。

スニーカーやサンダル、ヒールが高すぎる靴なども適さないので、あくまでも社会人の清潔感を念頭に置いて選びましょう。

「服装自由」と言われた場合についてコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

自己PRがないのですがどうすればいいですか?

自己PRに悩む学生は多いですが、賞を獲ったなど素晴らしい成績がなくてもかまいません。

探すためには過去の自分を全部振り返って、とにかく何でもやったことをリストアップしてみましょう。

旅行でもゲームでもアルバイトでも合コンでもいいので、自分がどんなことに熱意を持てるのか傾向を分析してみてください。

そこから計画性や忍耐力、コミュニケーション能力など、「プラスになる言葉」を当てはめればだんだん見えてくるはずです。

人はしたいことや好きなことのためには知らず知らずのうちに努力や工夫をするものですから、そこに自分の熱意を見出すことができるでしょう。

当てはまる言葉を決めてから、それに合うエピソードを選んで自己PRを組み立てるのが効率的です。

自己PRがない場合の対処についてコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

志望動機がありきたりになってしまうのですがどうすればいいですか?

志望動機を掘り下げるためには、やはり業界研究は欠かせません。

その企業が業界でどの位置にあるかを分析し、魅力を感じる点をピックアップすることができます。

また、ライバルと差別化するためには、自分の実体験を踏まえてアピールするのが一番効果的です。

自分がどのような体験をして、それをその企業のどういった仕事で活かせると思ったかを伝えれば、その企業でなければならない理由になります。

つまり入社後、その企業のどんな仕事でどのように活躍していきたいかを織り込めば、その人にしかない魅力的な志望動機になるでしょう。

自分がその企業に貢献できる人材であるという視点で、組み立て直してみてください。

面接に遅刻しそうな場合はどうすればいいですか?

基本的に遅刻はしてはいけない行為ですが、当人に非がなくても突然のアクシデントは起こる可能性があります。

そうした場合は適切に対処すれば、なんら内定に影響は与えませんので落ち着いて行動してください。

まず、遅刻することが確定したら、すぐに先方に電話を入れてください。

メールやメッセージはもってのほかですので、必ず電話をします。

また電話でのやり取りも社会人としてのマナーを観察されますので、礼儀を忘れず、まず謝罪をしてから理由を述べ、会場への到着見込み時間を明確に伝えてください。

到着したらそのまま面接になる可能性もありますし、順番が入れ替わっている可能性もありますので臨機応変に対応しましょう。

仕事ではトラブル対応能力も必要ですので、高い対応能力が示せれば逆にアピールにもなります。

あきらめたり暗くなったりへこんだりせず、マイナスの気分を引きずらないことが重要です。

面接に遅刻しそうな時に関してコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

面接で「第一志望ですか?」と聞かれたときは嘘をついても大丈夫ですか?

こうした質問は非常に意地の悪い質問であり、そもそも学生に聞くべきことではありません。

ただ、聞かれてしまったら答える必要がありますので、そこは「嘘」ではなく「建前」を駆使すると考えましょう。

正直に違うと言えば落とされるだけですので、笑顔で「もちろんです」と答えて大丈夫です。

先にも触れましたが、「弊社以外に志望されている企業はありますか?」という質問は実は少なくありません。

この場合、嘘をついて「御社一本だけです」などと答える必要はなく、複数社を受けているという事実は伝えれば良いでしょう。

ただし詳細まで回答する必要はありませんし、内容を語る義務はまったくありません。

ビジネスにおいては時に建前を使い、答えたくない事項には無理に答えない選択もありますので、その練習だと考えましょう。

面接での嘘についての情報はコチラで詳しく紹介しておりますので、参考にしてください。

まとめ

就活において面接はとても重要なステップですので、しっかり準備してハードルを超えられるようにしましょう。

事前の準備は大切ですから、流れやマナーをおさらいしつつ、忘れ物や遅刻のないようにしてください。

想定される質問に対する答えを用意しておくことで、当日落ち着いて応答することができます。

現場では臨機応変な対応も必要ですので、自然に振る舞えるよう練習が必要です。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ