今流行の長期インターン!いったい長期インターンとはなんなのか?

はじめに

インターンを取り入れる企業が増えてきましたが、同時に長期インターンを開催する企業も多いです。

どんな意図で開催されているのか、また学生によってメリットになる点はあるのかと疑問に感じる方も多いでしょう。

またこれから参加しようと思っているので予習をしておきたいという方も、長期インターンについて理解を深めましょう。

長期インターンとはいったいなんなのか、よくわからないという方も参考にしてください。

長期インターンとは?

インターンですが、1日や1週間ほどの短期間のインターンもあります。

そして、1ヶ月から数か月や長ければ1年以上開催されているインターンを長期インターンと呼んでいます。

長期インターンは短期インターンとは違い、長く行われるため先輩社員と接する機会が確実に増えます。

短期インターンは企業説明会をより詳しく行う時間、工場などの社内見学ツアーなどがよく行われています。

時間があれば、グループワークも行われるでしょう。

長期インターンでは、短期インターンで経験できることと加えて実務経験が増えます。

短期インターンでは簡単な実務経験しかできなかったが、長期インターンでは正社員と同じ仕事をすることができます。

長期インターンは予備正社員のようなもので、社会人と同じ責任を求められることとなります。

そしてその企業に本採用されると、即戦力として活躍することができます。

基本的に3ヶ月以上のインターンを長期インターンという

各企業、インターンを開催する期間が異なります。

基本的に3ヶ月以上のインターンを長期インターンと呼んでいて、平均して半年ほどです。

1ヶ月と短い場合もあれば、1年と長い企業もあるので確認しましょう。

1日から1週間ほどの短期インターンであれば、気になった企業のインターンにいくつか参加する方も多いです。

また短期インターンに繰り返し、自身の目指したい分野を見極めるという方もいます。

その点長期インターンは、基本的に3ヶ月以上は拘束されることとなります。

学校の単位に余裕はあるか、インターンに専念しても問題ないか、卒論を仕上げることができるかなど学業と両立させる必要があります。

短期インターンで目指したい分野や企業が決まった、長期インターンで活躍し正社員になった際にスムーズに働きたい、学業とも両立ができるという方に向いているでしょう。

3年生4年生だけでなく、全学年が対象

長期インターンは学業と両立しながら参加する必要があるため、比較的学業に余裕がある3年生や4年生が参加対象となることがあります。

しかし必ずしも3年生や4年生だけということではありません。

全学年が対象ですので、1年生や2年生のうちから長期インターンへの参加を検討しても良いです。

半年以上となると学校にも通いながらになりますが、1ヶ月などの長期インターンの中でも比較的短い期間のインターンであれば、夏休みなどの長期休暇を利用して参加することができます。

テスト休みや夏休みなど長期休暇を狙って、長期インターンシップを開催する企業もあります。

1年生や2年生のうちから、短期インターンだけではなく長期インターンの情報集めをしましょう。

給料が発生するものが多い

長期インターンについてですが、アルバイト枠として採用するケースが多く、ほとんどの企業で時給が発生します。

就活中は就活に専念するため、アルバイトを控える方もいるでしょう。

しかし事情がありアルバイトが必要な場合、長期インターンをしながら稼ぐという方もいます。

アルバイトをすることが1番の目的ではありませんが、時給が発生することから正社員と同じように働く、責任を持って仕事に取り組む姿勢を見せることがたやすくなります。

時給はアルバイトと同程度と考えると良いでしょう。

時給はいくらか、そもそもお給料が発生するかといった情報も事前に仕入れましょう。

実際に長期インターンシップでは何をするの?

長期インターンシップは数ヶ月から1年など長期的に職場体験ができる制度です。

長期にわたって拘束されるわけですので、どんなことをするのか気になります。

実際に長期インターンシップでは何をするのか、ご案内します。

企業によって詳細は変わるが、社員と同じ仕事をする

企業によって内容は異なるため、一概には言えません。

ですが、長期で職場の体験をさせることや、企業によっては即戦力として優秀な人材の採用につなげたいという目的も有しています。

そのため、力量を試す場合や入社前から経験を積ませるためにも、社員とほぼ同じ仕事が与えられるケースも多いです。

もちろん、いきなり同等のレベルを求められるのではなく、研修期間があったり、先輩社員のサポートがあったり、先輩社員のアシスタント的な仕事に従事するケースもあります。

責任や立場などは、あくまでも学生インターンであり、大きな責任を押し付けられることや仕事の失敗などの責任を負わされることはありません。

時に失敗をした経験やうまくいかない経験なども含めて、インターンシップ期間中に成長していくことを期待されています。

もっとも、その間も常に仕事ぶりや取り組み方、仕事に向き合う姿勢や先輩や同僚などとのコミュニケーション力や関係性、マナーなどもチェックされているので、心してかかりましょう。

目標を与えられることもある

社員が行う通常業務とは別に特別な仕事が用意される場合やインターン生だけで取り組むプロジェクトなどを与えられる場合もあります。

インターンシップの期間を通じて達成すべき目標を与えられることや新商品の開発などのプロジェクト遂行などを課されることも多いです。

目標を明確にして、それに向けてどのように仕事を進めていけばいいのか、計画を立てて実行していくことが求められます。

目標達成力や計画力、実行力や行動力、思うようにならない時の対応力、思わぬトラブルなどが生じた時のリスク管理力などがチェックされています。

実際に長期インターンシップに参加した方の話を聞いてみよう

企業によっても内容は異なり、実施時期によっても内容が変わることがあります。

状況をより詳しく知りたい場合には、インターンを予定している企業で実際にインターンシップに参加した人を探して話を聞いてみましょう。

ゼミの先輩などをはじめ、同じ学年の友人でも、先に参加している方もいます。

知人や対面で会えなくても、ネット上の情報交換サイトなどを通じて情報を仕入れることや体験談などの投稿をチェックすることも可能です。

【長期インターンのメリット・デメリット】長期インターンのメリット

長期インターンは学校の授業がない日や授業が終わった後の時間などを活用して、数ヶ月や数年といった長い時間をかけて、企業の業務を実際に経験したり、職場を知れたりする機会です。

もっとも、長期にわたるだけに参加するかを決める際や、どの企業の長期インターンに応募するかは慎重に決めなくてはなりません。

長期インターンに応募するか検討するにあたり、参加することのメリットを知り、大学生活の大切な時間を使って参加する価値があるかを検討しましょう。

内定との関係

長期インターンに参加すると内定がもらいやすいらしい、という話はよく聞くのではないでしょうか。

実際のところはどうなのでしょうか。

この点、長期インターンに参加したことで内定が確約されるわけではないので、その点は誤解のないように理解しておきましょう。

長期インターンで活躍できなかったり、仕事ぶりの評価が得られたりしなければ、むしろ内定から遠ざかるリスクもあります。

一方で、長期インターンに参加することが内定に有利に働くのも事実です。

企業によっては長期インターンに参加した学生向けに、選考のプロセスを1つ省略するなど、特別な優先コースを設けているケースもあります。

通常どおりの選考となる場合も、長期インターンとしての評価が良ければ、内定につながりやすくなります。

中小企業やベンチャー企業のような小規模な企業では、長期インターンに参加して、そのまま就職という例も少なくありません。

面接で話せる

長期インターンで実務を経験したエピソードは、面接でのアピール材料になります。

長期インターンに参加したことで得た経験やスキル、能力などを活かして企業に貢献したいとアピールすることが可能です。

実際にエントリーした企業で長期インターンに参加できた場合には、志望動機のキッカケとしてアピールすることもできますし、インターンを経験したことで、より入社意欲が高まったなど熱意を伝えることができます。

長期インターンの経験は、長期インターンに参加した企業を問わず、面接で使えます。

たとえば、第一志望の企業ではインターンを実施していなかったり、選考に漏れてしまい、同業他社でインターンをしたりした経験などをアピールすることが可能です。

ESに書ける

面接で話すアピール材料になりますから、もちろん、ESでのアピール材料にもなります。

志望動機の理由やキッカケとなったエピソードとして挙げる、自己PRや長所、ガクチカとして使うことも可能です。

面接で話す場合と同様、長期インターンに参加した企業でなくても、ESに書くことができます。

書き方のポイントは、ただ長期インターンに参加したことだけをアピールしないことです。

インターンに参加したことがアピールポイントになるのではなく、インターンに参加したことで得たことを具体的に挙げ、それをエントリーした企業でどう活かせるかをアピールしなくてはなりません。

自己成長につながる

短期インターンの場合、ちょっとした職場体験で終わってしまったり、他の大学の学生と仲良くなって、みんなで盛り上がった思い出が残って終わりになったりしてしまう方もいます。

ですが、長期インターンは期間も長いうえ、イベント的なインターンとは異なり、他の社員などと混ざって実際の実務を行ったり、一定の期間に成し遂げるべき課題を与えられたり、プロジェクトなどを任されることになります。

そのため、目的を持って取り組めば、自己成長につながることは間違いありません。

アルバイトのように気軽な気持ちで取り組むのではなく、就職後の自分を思い描き、将来の自分のために役立つ成長を遂げられるように取り組みましょう。

新しい学びがある

長期インターンに参加するということは、会社の内部に入り込め、実際に働く社員とも触れ合うことができます。

会社説明会やホームページの事業内容での表面的な情報や、採用サイトの社員のインタビュー記事、OB訪問だけではわからないことを体感できるのもメリットです。

社内の雰囲気や人間関係をはじめ、仕事の進め方などその企業ならではの流儀を学ぶこともできます。

また、業界のイメージや職種や企業に対する自分が思い描いていたイメージが、実際には違うことを発見できることも多いです。

自分が考えていた仕事は違ったなど、実際に知ることで、意欲が高まることもあれば、適性がないかもしれないなど、就活を始める前に学べます。

周りと差がつく

長期インターンに参加するためには大学の授業との両立はもちろんですが、友人と遊ぶ時間が少なくなったり、サークルや部活を控えたりするなど制約も伴うものです。

内定につながる評価が行われているかもと考えれば、アルバイトのように気軽にシフトを変更してもらったり、簡単に休んだりするわけにもいきません。

サークルや学園祭、飲み会や合コンに旅行と遊ぶことに力を入れている同級生に比べ、長期インターンに参加した方は就活を始めようという段階で落ち着いて見え、一回り大人になっているケースが少なくありません。

学生気分が抜けないままの就活スタートより、ビジネスパーソンとしての素養やわきまえを身に付けてからの就活スタートでは大きく差がつくはずです。

【長期インターンのメリット・デメリット】長期インターンのデメリット

では、長期インターンに参加することによるデメリットはあるのでしょうか。

就活で有利に働く、内定につながるかもしれないとなれば、メリットだらけではと考える方もいるかもしれません。

ですが、少なからずデメリットもあります。

デメリットについても把握したうえで、長期インターンに参加すべきか、参加するとすれば、どの企業を選ぶべきなのかをよく検討しましょう。

アルバイトよりも責任が重い

長期インターンではお給料がもらえるケースも多いですが、アルバイトと同等に考えてはいけません。

長期インターンでは正社員の補助的な仕事をはじめ、正社員と同等の仕事を任されることも少なくありません。

また、長期インターンの学生同士でプロジェクトチームなどを組み、達成すべき課題や仕事を与えられることもあります。

補助的な業務や単純な作業を中心にしたアルバイトとは異なり、仕事に対する責任も増します。

雇用契約を結んでいるのではなく、あくまでも学生だからと軽い気持ちで取り組んではいけません。

ミスを犯したり、クレームを得たりした際の対応などを求められることもあり、アルバイトのように上司や正社員の責任にはできないので、しっかりとした目標を持ってのぞむことが大切です。

時間の使い方が難しい

長期インターンでは大学の長期休暇中だけでなく、授業がある日も含めて週に3回程度は出社して、業務を行うといったケースが少なくありません。

業種や職種により、土日に仕事をするケースもあれば、オフィスワークの場合には平日が中心です。

土日が中心の場合には平日は大学の授業があり、土日は長期インターンとなって、自由な時間が少なくなる可能性があります。

また、大学の授業を終えた後や、授業をとっていない日を中心に長期インターンに参加する場合も、大学の授業が終わったらすぐに出社しなくてはならないなど、時間をうまくコントロールしないと、遅刻ばかりになってしまうので注意しなくてはなりません。

学業に支障が出る

長期インターンに参加する場合、企業側でも授業優先や試験前は休みが取れるなどと案内がなされますし、本人も大学を卒業できないことになれば就活どころではないので、うまく両立させようと思っているのが基本です。

ですが、長期インターンに参加して仕事が面白くなってきたり、責任感が出てきたりすると、学業よりも仕事優先になってくる方も少なくありません。

期限がある仕事や、繁忙期で忙しくなると、大学の授業を休んで取り組みたくなったりする人もいます。

また、お互いに慣れてくると、企業側でも繁忙期などに「無理でなければ、手伝ってほしい。」などニーズが出ることもあります。

期待されていると思うと断れなくなり、大学の授業を休み、出席が足りなくなる、試験に支障が出るといった方もいるので注意しなくてはなりません。

長期インターンで身につく能力とは

長期インターンにせっかく参加するのであれば、能力を身につけたいものです。

専門分野に関しては、長期インターンとはいっても期間が短く能力を身につけることが難しいケースもあります。

しかし基礎的なことであれば、長期インターンにて十分身につきます。

事務作業を行う場合、Word・Excel・PowerPointといった事務の基本能力が身につきます。

事務職として即戦力になるため、良い社会人生活がスタートできるでしょう。

社会人として必要なビジネススキル

日頃学生同士でしか交流がなく、社会人との交流がない学生も多いです。

社会人になったらどう人と接する必要があるのか、先輩社員に対して、営業先のお客様に対してなど、マナーを学ぶことができます。

時給が発生することが多いことから、責任感も求められます。

社会人としての責任を日々感じながら、社会人としてのマナーを学ぶことで、正社員としてスタートするときに戸惑いなく溶け込んでいけます。

就活で話せるエピソード

長期インターンに参加することで、就活で話せるエピソードができます。

たとえば本採用の面接時に、長期インターンに参加しこんなことを学びましたなどと話せます。

面接ではこれまでの経験を語ることがありますが、長期インターンの参加経験があるという点はメリットに見られます。

長期インターンに参加するべき人と参加しないほうがいい人

長期インターンに参加するべき人と、参加しないほうがいい人について見ていきましょう。

自身が長期インターンにするべきか悩んでいるときにも参考になります。

参加するべき人の特徴

まず、参加するべき人についての特徴を紹介します。

目指したい分野が決まっていて、自身の力が発揮できるかどうか確認したい人は参加すべきです。

長期インターンは実務経験が積めるので、実務経験を通じて自身の力が発揮できるか、また高い貢献ができるか見極められます。

そして早く社会人経験を積むことで、学生気分を取り除くことができます。

就活時はずっと学生気分でいるわけにはいきません。

ずっと遊びほうけてていいのだろうかなどと、学生気分が抜けない人は長期インターンに参加してみましょう。

参加しないほうがいい人の特徴

続いて参加しないほうがいい人の特徴についてですが、時給を目的としている人です。

時給だけ目的にしていると、正社員のように働いているのに時給が割に合わないと仕事に不満を持つキッカケになります。

その他、なんとなくインターンに参加したいと考えている人は避けましょう。

自身が目指したい分野や目標などが決まっていないところに参加すると、責任感を求められて辛くなります。

長期インターンを探す基準

長期インターンを行う企業が増えてきました。

自身がどの企業の長期インターンに参加すべきか、探す基準について考えましょう。

志望業界で選ぶ

たとえば金融業界に勤めたいなど、自身の志望業界で選ぶ方法があります。

自身の目指している分野で、自身の力が通用するかまた発揮できるかと見極める良い機会となります。

また目指している分野や企業について、より理解を深めることができます。

仕事内容で選ぶ

自身のやりたい仕事や、興味がある仕事内容で選ぶ方法があります。

3ヶ月以上参加をすることはほとんどなので、途中で仕事が辛くなることや飽きることがないよう考慮しましょう。

興味のある仕事であれば、多少辛いことがあっても乗り越えられます。

条件面で選ぶ

1ヶ月のみ、半年など期間から選んだり、土日も参加可能の企業を探したりと、条件面から選ぶのもおすすめです。

特に1年生や2年生は平日は学業に専念したいという方も多いでしょう。

土日のみなど、学業と両立させやすい条件の企業は魅力です。

長期インターンの探し方

長期インターンの探し方はさまざまあります。

いろいろな探し方があるので、自身にとって便利な方法を選択する、それぞれ併用しながら探すなど活用しましょう。

大学の就職支援課に聞く

大学の就職支援課に聞く方法があります。

各企業の短期から長期インターンまで、情報を持っていることがあります。

まずは大学の就職支援課に聞いて、情報がなければ他の方法で探す学生も多いです。

先輩OB・OGがいる企業の情報には強いなど、偏りがあるケースもあるので注意しましょう。

長期インターンを募集しているサイトで探す

長期インターンを募集しているサイトがあります。

就活サイトをはじめとして、各サイトで長期インターンの情報を入手できます。

自身で分野を絞って探すこともできますし、担当者が付いて担当者より紹介してもらえるケースもあります。

学業も行いながら、就活やインターンも探すと忙しい学生が多いでしょう。

頼れるところは頼り、効率よく長期インターンの情報を探してください。

長期インターンに参加したい企業に直接連絡する

長期インターンに参加したいと、企業に直接連絡する方法があります。

企業のホームページに、長期インターンの情報が掲載そして募集されていたため、企業に連絡するという学生もいるでしょう。

電話やメールフォームなど、さまざまな方法で連絡できます。

連絡する際は、社会人としてのルールを守りましょう。

もし企業のホームページに情報が掲載されていなければ、長期インターンが開催されるか、開催されるのであればいつかと質問しても良いです。

前年度などこれまで長期インターンが開催されていた実績があれば、また今年度以降も開催される可能性があります。

直接企業に連絡することで、その企業に対して興味を持ってくれていると良い印象を持ってもらえます。

長期インターンに関するよくある質問

長期インターンに参加するにあたって、学生さんからよくある質問をまとめてみました。

参加したいインターンの時期や日数、時間帯、内容などによっても異なりますが、参考にしてください。

授業との両立はできるか?

授業との両立はできるかではなく、インターンに参加したいなら両立しなくてはなりません。

一方、理系などで授業が忙しくて、時間の余裕がないといった時には長期インターンではなく、短期インターンシップを検討したほうがいいでしょう。

インターンシップを優先して授業に出なくなるというのは一番避けたいことです。

大学側も学業に支障がないよう、企業側に求めており、企業側も学生インターンを採用する以上は、学生のスケジュールにも配慮しなくてはなりません。

授業に出られないほどインターンのスケジュールを入れることや授業そっちのけで企業に入り浸りになることがないようにしましょう。

授業に出られず、単位が取れないということになれば、仮に就職が内定しても卒業ができず、本末転倒です。

アルバイトと長期インターンは両立できる?

アルバイトと長期インターンの両立も、インターンのスケジュールによっては難しい場合があります。

もっとも、インターンはお給料の額も少なめで、学費や家賃、生活費を自分で賄う必要がある学生さんにとっては経済的につらい状況になります。

親からの支援が限られているなどでアルバイトで稼ぐ必要がある方は、勤務日のバランスに気を付け、体力的にも無理せず、学業にも支障が出ないように調整を図りましょう。

たとえば、インターンは平日2日、アルバイトを土日に入れる、残り3日は大学の授業や休養日に当てるといった具合です。

インターンを複数同時にできるか

インターンを同時並行的に行うことは、選考に通り、スケジュール的にも問題なさそうなら可能です。

アルバイトとの両立をする方もいるので、物理的には可能です。

ただし、経済的な目的から両立させたいアルバイトとは異なり、インターンの複数同時参加はオススメできません。

企業によって、仕事の内容や進め方などが異なるため、仕事中に混乱しかねません。

どれも中途半端になることや記憶が混在して、仕事でミスをするなど思わぬトラブルを招くこともあります。

インターンとしての自分の評価も下げかねないので、インターンは1つに集中することがオススメです。

まとめ

長期インターンとは何か、自身によってどんなメリットがあるのか、また自身は参加したほうが良いのかと悩むことがあるでしょう。

これからさらに長期インターンを開催する企業が増加傾向にあります。

社会人経験を早く積むことができるチャンスです。

せっかく参加するのであれば有意義な時間となるよう、自身の方向性や目標をしっかり持って参加しましょう。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ