6つの自己分析シート付き!内定に近づく自己分析シート活用法

就活を始めるうえでは、最初に取り組みたいこととして自己分析があります。

なぜ、自己分析が最初に必要になるかのでしょうか。

自己分析が就活で必要となる目的や理由と、どのような方法で自己分析をしていけばいいのかをご紹介します。

自己分析が簡単にできる方法として、就活に役立つ6つの自己分析シートについてもご案内していきます。

【自己分析シートの活用法】なぜ就活で自己分析をするのか

就活で自己分析が必要となる主な理由と目的は、大きく2つあります。

自分に本当に向いている職業や企業を知る目的と、自分が志望する企業に自分の魅力をしっかりとアピールする目的です。

前者は就活の軸と言い換えることもできます。

また、後者は内定を得るためにも重要な目的となります。

2つの目的について、詳しく見ていきましょう。

就活の軸を考える

自分がどの業種やどの職種を中心にエントリーしたい企業を検討していくのか、就活の軸を考えるために自己分析が活用できます。

業種や職種ごとに向いている人や求められる人材は異なっています。

自分の性格や能力などにマッチしない業種や職種を選ぶことになれば、仕事がつまらないと感じたり、仕事がうまくできずに苦しんだり、興味が持てずに早期離職してしまうかもしれません。

就活に時間をかけ、努力をしてきたのに思うような会社ではなく、すぐに辞めてしまうのでは、せっかくの労力も努力も無駄になってしまいます。

無駄な努力をしないための前提として、自己分析をしっかりと行い、自分の得手不得手や性格の特徴などを把握し、自分に向いている業種や職種、企業を選ぶことが就活成功のためのポイントです。

自分の性格や得意なことは自分がよくわかっているという方もいますが、実際には気づけていない秘めた能力や、認めたくない弱点などがあるものです。

自己分析をしてみると自分がやってみたい仕事が実は性格的にあまり向いていないことや敬遠していた分野に適性があることも少なくありません。

自分により合った仕事や会社を見つけるにも役立ちますし、向いていないからあきらめるのではなく、自分がどう変わり、努力をすればその仕事が続けていけるのかを考えるキッカケにもなります。

自己分析は自分が何をしたいのか、何に向いているのかわからないという方から、方向性ややりたい分野は決まっているけれど、具体的な職種選びや働きたい企業に悩んでいるという方にも役立ちます。

たとえば、IT企業に就職したいけれどシステムエンジニアとしてエントリーするか、それともプログラマーとしてキャリアを積んでいくか悩んでいるという方、機械工学を学んだから製造業に進みたいけれど電気、機械、自動車で悩んでいるといった方もなんらかのヒントや気づきを得られるかもしれません。

自己分析を通じて自分の強みや弱み、性格の特徴などを知り、より自分にマッチする仕事や企業を選ぶことが可能となります。

エントリーシートや面接で話す内容を考える

やりたい仕事や就職したい企業が明確に定まっている方にとっても、自己分析は重要です。

自分の強みや弱み、特徴などがわかっていなければ、企業に対して自己アピールができません。

企業は働いてくれれば誰でもいいと採用しているわけではありません。

そうであれば、そもそも時間をかけた書類選考や何度も面接をする必要がありません。

その仕事に合っている人、自社の社風に合っている人、これから欲しいと考えている人を探しています。

そのため、学歴や専門技術だけでなく、どんな人物なのかはとても重要な要素です。

それを知るためにエントリーシートや面接では、自己PRが重視されます。

自分の強みがわからない方、弱みなんてないという方をはじめ、自分の良いところはしっかり把握しているという方も、エントリーシートを書く前に自己分析をしてみましょう。

普段、思っている自分はあくまでも主観的なものです。

自己分析を通じて、自分を客観的に知ることができます。

すると自分では気づいていなかった強みが見つかったり、自分では自信がなかったことが実は意外にできているということがわかったりするのです。

自分のことを褒めてください、自己アピールをしてくださいと言われても、普段から考えていないとなかなか出てきません。

ですが、他人のことを褒めてくださいとか、この人を売り出すためにPR文を考えてくださいというと、どんどん魅力を引き出すことが可能です。

自己分析はそれと同じで、自分のことを客観的に知ることで、自分をより魅力的にアピールできることにつながります。

【自己分析シートの活用法】項目別!自己分析シート6選

自己分析には総合的な性格分析のようなものもありますが、就活で役立てるためには目的別やスタイル別に自己分析シートを使うのがおすすめです。

就活に役立つ自己分析シートを6選ご紹介しますので、ぜひ目的に合わせて活用してみてください。

ここでは6種類の自己分析シートの内容と、どんな目的に役立ち、どんな情報が得られるのかご紹介していきます。

学生生活に関する自己分析シート

学生生活で得たことについて面接で尋ねられることや、大学時代などの経験や学んだことが仕事選びのキッカケとなることもあります。

もっとも、長い学生生活では何をしてきたか、ありすぎて整理ができていない方もいます。

逆に中には学生時代に特別なことは何もなかったと、特別なエピソードを思い出せない方も少なくありません。

学生生活に関する自己分析シートを活用することで、自分がどんな学生時代を過ごし、何をやり遂げてきたか、どんなことが得意だったかを知ることができます。

消極的だと思っていたけれど、実は学園祭でクラスを引っ張ってきたなとか、根性がないと思っていたけれど、意外に部活は頑張っていたなど、自分に対する新たな発見もあるかもしれません。

対人関係に関する自己分析シート

対人関係は仕事をしていくうえでも重要な要素です。

職場での人間関係はもちろん、取引先や顧客など関わっていく人は学生時代に比べても断然多くなります。

対人関係の能力や特徴はどんな社風の企業に合うかや、どんな職業に合うかが変わってくることもあります。

コミュニケーション力が求められる仕事に就きたいのに、対人関係にいまいち自信がないとき、それをどう自己PRするかや、どう克服していけるのかを考えるにも対人関係に関する自己分析シートを活用してみましょう。

自分の将来に関する自己分析シート

面接では将来ビジョンについて尋ねられることが少なくありません。

この仕事がしたい、この企業に入りたいという目先の希望はあっても、その会社でどう成長していくのか、その仕事でどうステップアップし、将来的に何を目指すのか今まで考えられていない方も多いのではないでしょうか。

実際に仕事をしてみないとわからないという面もありますが、企業では自分の将来イメージを持っている人に期待しています。

自分の将来に関する自己分析シートを使って、自分が目指しているものを明確化することや自分に何が向いているのを知り、将来ビジョンを描いてみましょう。

最も大切にしていることに関する自己分析シート

面接では最も大切にしていることは何ですか、と問われることもあります。

大切にしていることがある人でも、最も大切と言われると何が一番かわからないのではないでしょうか。

確固とした座右の銘を持っている人もいれば、なんとなく心がけていることが、その人の考えや行動のベースになっていることもあります。

自分が最も大切にしていることを明確にし、強みや自己アピールとして伝えられるよう、最も大切にしていることに関する自己分析シートを活用してみましょう。

長所や短所に関する自己分析シート

長所と短所もエントリーシートや面接でよく聞かれる項目です。

長所はすぐに出てくるけれど短所がわからないという方、短所ばかりが目について長所がないという方も、長所や短所に関する自己分析シートが役立ちます。

自分の長所と短所くらいわかっているという方も、一度、長所や短所に関する自己分析シートを活用してみましょう。

自分が気づいていなかった長所が発見できることや良いところが意外にたくさん見つかって自信が持てることもあります。

また、エントリーする企業によって社風や求める人物像が異なるため、いくつかの長所を用意して、エントリーする企業ごとに一番の強みを変えて自己PRを作るのにも役立ちます。

過去の経験や行動に関する自己分析シート

過去の経験や行動は自己PRや志望動機を作成する際に必要となる、具体的なエピソードを用意するのにも役立つものです。

その仕事や職種を志望したいと思ったのは何がキッカケになったのだろうかや、どんな経験が役立つのだろうかを知りたいときに活用できます。

エントリーしたい企業を選んだのは、なぜだったのか、どんな理由やキッカケがあったのかも、過去の経験や行動に関する自己分析シートを活用することで思い出しやすくなります。

また、自分の行動パターンや歩んできた歴史などを知ることで、より自分に合う仕事や社風の企業との出会いにつながることも少なくありません。

面接で自己PRをする際にも、過去の経験や行動がその企業に役立つ、貢献できると具体的にアピールするのに役立ちます。

まとめ

就活をスタートさせるには自己分析が欠かせません。

自分のことをしっかりと把握しなければ、自分に合った仕事や業種、企業を見つけることができません。

また、エントリーシートや面接で自己PRをすることや志望動機を語るうえで、自分の強みや弱み、性格やこれまで経験して得てきたことなどを把握していないと、うまく伝えられません。

企業にあなたがどんな人物であるのか、自社とマッチする人間かを具体的にイメージしてもらうためにも、6種の自己分析シートを活用して、しっかり自己分析を行いましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ