最終面接は他の面接と何が違う?最終面接徹底解説!

最終面接は内定を得るための最終関門です。

一次面接や二次面接とどう違うのか、どのような点に気を付ければ、面接官に採用したいと思わせることができるのか、押さえておきたいポイントをご紹介します。

最終面接と一次面接・二次面接の違い

企業規模や募集人数などによっても異なりますが、大手企業や応募者が多い中小企業においては、書類選考の後の面接が3ステップ設けられていることが少なくありません。

3回の機会が設けられる面接は企業によって異なるものの、大まかには次のような特徴があります。

書類選考後の最初の面接となる一次面接は、主に人事担当者や総務スタッフによって行われるのが一般的です。

エントリーシートや履歴書に書かれた内容を中心に質問がなされ、入社意欲の確認や社会人としてのマナーが整っているか、受け答えの良さや雰囲気、コミュニケーション力などがチェックされます。

人事担当者は過去の経験も含め、数多くの応募者をふるいにかけてきたエキスパートです。

3回かけて優秀な人材を絞り込めばいいという認識で選考を行っているわけではありません。

自分が最初に選んだ人材が、最終的に入社する可能性があるので、とても責任あるポジションであり、厳しい目で選んでいるのが特徴です。

次の面接に進めて各担当者から不満が出ないよう、会社にふさわしい人材を選ぶ最初の砦となります。

一次面接で選考に通った人だけが、二次面接に進めます。

二次面接を担当するのは、志望する職種や部署の統括者や、課長や主任クラス以上の経験豊富な社員が中心です。

いわゆる、業務の現場を担う人が面接官となっており、エントリーシートなどに書かれた能力やスキルなどが本当に活用できそうかを現場の視点から確認することや受け答えのコミュニケーション力などから一緒に働きたいと思える人材かをチェックしています。

部署や職種ごとに欲しい人材のカラーや、その時点で必要としている人材が異なり、必要な人材と思われた人だけが最終面接へと残ります。

最終面接は社長をはじめとする役員などマネジメント層が行うのが一般的です。

能力面については二次面接までで確認ができている前提なので、スキルや経験などを問い直すのではなく、採用予定人数への絞り込みの場となります。

最終面接に残った人材は、現場の担当者からは欲しい人材だと認められた人物です。

現場が欲しいと所望した人材を、会社として採用したいと思うかを見極める最後の砦となります。

最終面接は将来について求められることが多い

新卒社員は今はまだ学生にすぎませんが、入社すれば会社の将来を担っていく存在になります。

会社の継続的な成長や新しいチャレンジを担い、最終的には現場の責任者やマネジメント層まで育っていく人材です。

そのため、入社後まず何をしたいのかではなく、将来、どのようになりたいのか、その企業でどう成長しようと思っているかを問われることが多くなります。

一次面接や二次面接では大学時代やアルバイト経験などを踏まえたエピソードを話すことや大学で学んだ知識や技術をどう仕事に活かしていくかなどを具体的に問われたことでしょう。

最終面接では目先の話ではなく、就職して企業で長く働くことを前提にどう成長していくかのキャリアプランや、目指している将来像などを具体的に話す必要があります。

その企業での目標や目的を明確にし、どのような活躍をしながら成長をしていきたいかを明確にまとめておきましょう。

入社意欲の確認を行うことが多い

最終面接を通過すれば内定を出すことになります。

企業としては内定辞退者を避けたいため、入社意欲があるかを面接のあらゆる質問を通じてチェックされています。

いかに御社を志望しているとアピールしても、企業としてもほとんどの就活生がいくつもの企業にエントリーしていることは百も承知です。

当然ながら、エントリーシートなどを見ても第一志望かどうかはわからず、本人に尋ねたところで第一志望だと口を揃えるに違いありません。

さまざまな角度から受け答えを見極め、入社意欲の高さを測っています。

なぜこの会社でなくてはいけないかを重要視する

多彩な企業があり、同じ業種や同じ職種に就ける企業も山ほどある中で、なぜ、自社を選んだのかは最終面接での要注目ポイントです。

最終面接を担当する経営者層は社内の中でも会社への思い入れが強く、将来を託せる人材なのか厳しい目で見ています。

創業理念や会社の沿革やこれまでの業績や創業者のエピソード、近年の事業傾向や将来ビジョン、中長期計画、提供している商品やサービスに至るまで、しっかりと企業研究をしたうえで臨まないといけません。

中途半端な理解や表面的な情報で、この会社でないといけない理由を述べても通用しないので注意しましょう。

最終面接の3つの対策ポイント

最終面接はこれまでの集大成だから、志望動機などを書いたエントリー書類から一次面接や二次面接で答えた内容を取りまとめておけば、どうにかなると思っていませんか。

ここまでたどり着く過程で情報も得られたし、自分の考えもまとまってきたし、受け答えや話の構成にも慣れてきたから大丈夫と油断してはいけません。

最終面接では最終面接ならではの対策を講じておく必要があります。

これを突破しなければ内定は得られませんので、3つのポイントに留意して対策を講じておきましょう。

将来のビジョンを再確認する

将来ビジョンは最終面接で重視される重要なポイントになります。

もっとも、就活生の中には、将来ビジョンはエントリーシートの段階から考えてきたし、一次面接や二次面接でも問われたので、回答を準備していたから準備万端と思う方もいるかもしれません。

ですが、もう一度、最初に用意していた将来ビジョンを振り返ってみましょう。

2回の面接を経て企業の内部を知ったり、面接官との話を通じて、自分の将来ビジョンがより明確になったり、具体的にイメージできるようになっていないでしょうか。

最初に立てた将来ビジョンは、会社のホームページなどから得た表面的な情報や、先輩社員のインタビュー記事などを読んで考えたものではないでしょうか。

実際に会社を訪れ、面接官などとやり取りをしたり、他の企業での面接などを通じて、自分のやりたいことがより明確になったり、別のビジョンが見えてくることもあります。

せっかく、より明確化して深まっているのですから、練り直しが必要です。

基本的なビジョンが変わっていない方も、2回の面接経験や最終面接までの就活経験を通じて、より具体的なビジョンが思い描けるはずですので、今一度、見直しと練り直しをしておきましょう。

将来のビジョンを再確認の必要性について詳しくは、「https://shukatsu-ichiba.com/article/12816」もチェックしてください。

あらためて、自己PRや志望動機の準備をする

将来ビジョンはもちろん、自己PRや志望動機も現時点で得られた実体験や考え方の変化などを通じて練り直しをしておきましょう。

一次面接や二次面接で、自分の認識の甘さを痛感した経験はありませんでしたか。

自己PRの内容について詳しく問われ、うまく答えられなかったとか、突っ込まれて困った経験などを踏まえ、今一度、自分の強みや志望動機を練り直す必要があります。

中には一次面接や二次面接に通らなかった企業もあることでしょう。

その企業での自己PRに何か問題があったかなどを検討し、最終面接まで残った企業については失敗がないように見直しが必要です。

企業のビジョンとあなたの志望動機がマッチしてるか確認する

エントリーシートへの記載や一次面接、二次面接を受けるにあたって何度も確認してきたという方も、最終面接に臨む前には、必ず企業のビジョンと志望動機がマッチしているか最終確認をしましょう。

まずは、企業のビジョンをしっかりと確認し、理解します。

何社も受けて他の企業の面接も控えている方は、他の企業のビジョンや事業内容と混雑させないよう気を付けましょう。

多くの企業を受けるほど情報量も多くなり、自分では正しいつもりが、他の企業の話が混じってしまうケースも少なくありません。

最終面接の前には、その企業だけに集中し、もう一度、企業のビジョンを確認します。

そして、一次面接や二次面接を通じて得られた情報や企業のイメージなども加味し、自分の志望動機が企業ビジョンによりマッチするように構成のし直しや、文章の変更などを行うことも大切です。

よりわかりやすく、より具体的に、より明解に伝わるように構成し直しましょう。

最終面接の結果はいつくる?

最終面接が終了すれば、後は内定の結果を待つばかりです。

大手企業を中心とした就活協定では10月以降に内定通知を出すことになっていますが、基本的には最終面接から3日から1週間内にはなんらかの連絡がくるはずです。

電話またはメール、郵送での通知が基本ですが、企業によって方式は異なります。

最終面接の後、人事担当者などから通知方法や結果が出る時期などについて案内される場合もあります。

複数の企業の面接時期が重なるなどして結果が気になる際には、最終面接の後に人事担当者などにいつ頃、どのような形で結果が通知されるかを確認しても失礼ではありません。

いつまでも不安を抱えながら待つのは辛いという就活生の気持ちは汲んでもらえます。

最終面接の結果がいつ頃、どのような形で伝えられるパターンが多いかは、以下の記事でも確認ができますので、参考にしてみてください。

まとめ

最終面接は企業のマネジメント層によって行われるパターンが多いです。

人事担当者による一次面接での素養や雰囲気など基本事項のチェック、現場担当者がメインの二次面接における能力チェックや一緒に働きたい人物かのチェックをクリアした後、最終面接では将来ビジョンやなぜその企業なのかをより重視して尋ねられます。

これまでの書類選考や面接で準備してきた内容であっても、最終面接の前には再確認や練り直しが必要です。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ