就活中に知っておこう!あなたの今後に関係するキャリアチェンジとは?

キャリアを考えるうえで意識することの一つが、キャリアチェンジです。

とはいえまだ就活中の人にとってはピンと来ないかもしれません。

将来的に起業することを考える、会社が合わないと考えるのならキャリアチェンジを考えるのも方法といえるでしょう。

キャリアチェンジとは

キャリアチェンジというと、これまで積み上げてきたキャリアを転換させることやまったく違う未経験の職種・業種へ進むことを指します。

この場合は転職をすることもありますし、同じ会社のまったく別の専門分野に進むことも考えられるでしょう。

とある分野で活躍している人がより高い職種や技能、よりよい待遇を目指して転職するキャリアアップとは違い、キャリアプランを大きく変化させることを伴うことが多いのです。

とはいえ、キャリアチェンジといってもそれまでのキャリアを捨てるとは限りません。

まったく違う分野や職種・業種に身を置くからといってこれまでのキャリアがまったく通用しないということはありませんし、すべての仕事や社会人に共通するような常識や職能というのもあります。

これらを活用することによって、よりよい立場や自分の理想に近づけるかもしれません。

キャリアチェンジをするメリット・デメリット

キャリアチェンジについてはさまざまな考え方があります。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットに特化して、どういうよい点や気を付けなくてはならない点があるかを見ていきましょう。

キャリアチェンジのメリット

キャリアチェンジを行うとなると、いくつかのメリットがあります。

一つは、より良い労働環境を得られるかもしれないということです。

今の会社や業界が合わないと感じているのならほかの会社に移る、もしくはそもそも業界自体の特性や個性が合わないという場合はほかの業界に移ったほうが幸せになれるかもしれません。

また、会社は好きだけれどやっている仕事に魅力を感じない場合、会社を変えずに職種を変えるだけでもかなり気分が変わるでしょう。

もう一つは、待遇が上がるかもしれないということです。

キャリアチェンジを行う場合はこれまでの職歴があるものですから、仕事に応じて待遇が上がるかもしれません。

また、より自分に合った企業や業界なら高いパフォーマンスを発揮できるので、もしかしたら今以上の成果を上げられるかもしれませんし、待遇を得らえる可能性も高いでしょう。

キャリアチェンジのデメリット

その一方で、確実にデメリットもあります。

一つは、思っていたのと違ったとか、イメージと違うというようなものです。

自分がきっとこうだろうと思って転職したのにまったく違うとか、給料が思ったほど高くなかったとか、休みが不安定だと感じる場合もあります。

このため、事前にその転職先の企業や業界について事前に調べておいたり、実際にそこで働く人たちと交流することによって自分のイメージを固めたり、理想との差を意識する必要があるでしょう。

次に、未経験者の場合はやはり待遇が下がる場合やどうしても給料面で劣る場合があります。

もちろんその後に待遇が上がることを想定できる場合やある程度働いた経験次第では待遇面や給料面を補える場合もありますが、必ずしもそうだとは限りません。

待遇面は特に事前によく調整し、給料が下がる場合やボーナスが出なくなることも考えておきましょう。

最後に、場合によっては年下の上司ができるなどの働きにくくなる可能性もあります。

このため、キャリアチェンジに伴うデメリットは見えないところで意外と大きく出る場合もあるようです。

これはそれぞれの場所によって違いますが、気にしない人はまったく気にしませんし、逆に気にする人はとても気にするものです。

就労環境がどうなるかは確実にチェックしておきましょう。

20代と30代でのキャリアチェンジの違い

実は世代によってキャリアプランの違いは大きくあり、特に若年層といわれる20代と30代ではまったく感覚やキャリアプランの変化によるリスクが違ってきます。

企業からの見られ方も変わりますので、それぞれのプランを考えてみましょう。

20代でのキャリアチェンジ

20代の場合、基本的にどの企業も若い世代を歓迎する傾向があります。

まだ素直でしっかり働けますし、まだ人物的な素養を見て採用するケースも見られますので、比較的採用される可能性は高いでしょう。

20代の場合、多くの企業が見るのがそのポテンシャルです。

あなたの意欲や人柄をチェックしたうえで採用するかどうか、その企業で働けるかどうかを見極めますので、比較的経歴やスキルがなくても採用されやすい傾向があります。

その一方で、その人が本当にその企業で長く働けるかをチェックする例も見られます。

たとえば新卒で就職して3ヶ月で退職したという人の場合、明確な理由がないか説明できないと、キャリアチェンジとしての転職ではないと見られる可能性もあります。

20代であれば即戦力として見られることよりも、長く働くことや安定して働けることをメリットと考えるケースが多くあります。

特に若い世代が欲しい企業は多いので、有利になる傾向が見られます。

また、20代後半になるとある程度働いた社会人経験があることも有利になり、これらが採用にプラスに働くことも少なくありません。

20代後半の場合はそれなりに社会人経験があるため、それを活かしたキャリアチェンジも有効となるでしょう。

30代でのキャリアチェンジ

30代でのキャリアチェンジの場合、ある程度職歴があり働いた経験があることが大きく影響するでしょう。

当然関連する企業や業界であれば有利になりますし、その企業の求める人物像にマッチしていれば採用される可能性もかなり高くなるようです。

特にある程度経験があるので、地方へのUターンやIターンも考えられますし、パートや派遣などの経験を活かして正社員への転換を考える人も出てくるのではないでしょうか。

その一方で、まったくマッチしていない業種や職種へのポテンシャル採用や人柄による採用がないわけではないのもこの世代です。

この世代はまだ企業内でもある程度若い世代ですので、まったく未経験の業種や職種への転換もできます。

特に関連する経験や業界経験があることがプラスに働く場合も出てくるでしょう。

気を付けたいのは、30代の場合は完璧なポテンシャルや未経験者の採用は厳しくなってくる傾向がある、ということです。

30代の場合は基本的にある程度の職歴や経歴があることが当然ですので、基本的にどういう職歴や経歴があるかをチェックされることが少なくありません。

逆にいえば、仮にまったく経験がないような業界でも関連する職歴があれば採用される可能性が出てきますし、職歴がまったく違っても業界経験があれば採用される可能性があるということでもあります。

キャリアチェンジをするうえでのポイント

キャリアチェンジについてはさまざまな観点からオススメすることもできますが、その前に自分で考える場合や自分で調べるなどの取り組みが必要になる場合もあります。

後悔しないキャリアチェンジのためにも、最低限のことは考えて行っておきましょう。

自分の将来にどう影響するのかを考える

まず、キャリアチェンジを行う場合は自分の将来にどのような影響があるか、どのような将来になりそうかをしっかり考えなくてはなりません。

これはそもそも今の会社ではできないことなのかどうか、将来的にどう違うのか、キャリアチェンジをした場合としなかった場合ではどう変わるのか、ということを考えなくてはならないためです。

これから自分のやりたいことはなにか、仕事を通じて成功したいことはなにかを考えると同時に、自分がこれからどうやって成功したいか、どういうライフスタイルを送りたいかを考える必要があります。

また、自分のキャリアチェンジがそもそも本当に正しいのか、徹底的に調べてみるのも方法です。

憧れの職種や業界があることはとてもよいことなのですが、その一方でその業界や職種についてただの思い込みや妄想で判断することがないようにしなくてはなりません。

たとえば休日やその業界のキャリアプラン、どういう仕事内容でどういうことをするのか、というようなことを知っておきましょう。

特に古い情報や過去の情報に惑わされず、今の実情や現状がどうで、これからどうやっていきたいのかを明確にすることが重要です。

今のスキルがどのように役立つのかを把握する

キャリアチェンジというと、リセットしてまったくゼロから始めるというイメージを持つ人もいるでしょう。

ですが、残念ながらそうではありません。

キャリアチェンジを行う場合は最低限、これまで自分がなにをやってきたかを棚卸しして、改めて自分のキャリアプランがどういうものなのかを明確に考える必要があります。

実はこれがしっかりできていると自分の売りやスキル、今後の方向性が明確に見えてくるかもしれません。

ただの事務職でも経理の要素が強い事務と総務の要素が強い事務では売りになる経歴や将来のキャリアプランが違ってくるでしょうし、製造業務でもさまざまな仕事があり、どの分野が得意なのかによって採用される可能性が格段に変わってきます。

また、今のスキルが明確にわかることによって、欠けている部分や不足している部分も見えてくるでしょう。

もし今のままではキャリアチェンジにプラスになるものが見つからないというのであれば、資格取得などで補うことができるかもしれません。

さまざまな資格取得によって意欲をアピールできる場合や自分の適性がより見えてくる可能性もあります。

基本的にキャリアチェンジをするからといって、これまでのキャリアがゼロになるということではありません。

職種や業界は未経験かもしれませんが、キャリアそのものは評価される場合があります。

自己分析だけでなく、周りからの評価も聞いておく

その企業や業界のことをもっとよく知るために、また自分のことをよりよく知るためには、周囲の人に評価を聞いておくのも方法でしょう。

というのも、外から見ているだけではその職種や業界のことがよくわからない場合が多いのです。

このため、もしその業界で働く人や希望する職種に近い職種で働いた経験のある人が身近にいれば、ぜひその経験を聞いておくとよいでしょう。

話を聞いていると思ったよりハードそうだとか、思ったより辛そうということもあり得るのです。

業界を変えるとその業界ならではの常識や不文律に関わることになりますので、まったく違う点も考慮しておきましょう。

また、自分がそもそもその仕事や業界に適性があるのかどうかも考えなくてはなりません。

また、自分の売りになるような点や面接でアピールしやすい点はどこかもすぐに思い付かないのなら、友人や親兄弟などの信頼できる人に聞いてみるとよいでしょう。

自分の売りになる点や意外な自分のよさを教えてくれるかもしれません。

同時にその業界や職業への適性があるかどうか、どういう部分が欠けているかどうかを見ることも大事です。

そもそもその業界に向かない人というのもいますので、意外な点に気付くかもしれません。

まとめ

キャリアチェンジは人生でそう何度もあることではないので、慎重に行う必要があります。

特に若い世代は有利になる傾向がありますので、これはとても大きなチャンスです。

事前準備をしっかり行い、そのうえで希望する業界でモチベーションを持って働けるようにしましょう。

キャリアを考えるうえで意識することの一つが、キャリアチェンジです。

とはいえまだ就活中の人にとってはピンと来ないかもしれません。

将来的に起業することを考える、会社が合わないと考えるのならキャリアチェンジを考えるのも方法といえるでしょう。

キャリアチェンジとは

キャリアチェンジというと、これまで積み上げてきたキャリアを転換させることやまったく違う未経験の職種・業種へ進むことを指します。

この場合は転職をすることもありますし、同じ会社のまったく別の専門分野に進むことも考えられるでしょう。

とある分野で活躍している人がより高い職種や技能、よりよい待遇を目指して転職するキャリアアップとは違い、キャリアプランを大きく変化させることを伴うことが多いのです。

とはいえ、キャリアチェンジといってもそれまでのキャリアを捨てるとは限りません。

まったく違う分野や職種・業種に身を置くからといってこれまでのキャリアがまったく通用しないということはありませんし、すべての仕事や社会人に共通するような常識や職能というのもあります。

これらを活用することによって、よりよい立場や自分の理想に近づけるかもしれません。

キャリアチェンジをするメリット・デメリット

キャリアチェンジについてはさまざまな考え方があります。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットに特化して、どういうよい点や気を付けなくてはならない点があるかを見ていきましょう。

キャリアチェンジのメリット

キャリアチェンジを行うとなると、いくつかのメリットがあります。

一つは、より良い労働環境を得られるかもしれないということです。

今の会社や業界が合わないと感じているのならほかの会社に移る、もしくはそもそも業界自体の特性や個性が合わないという場合はほかの業界に移ったほうが幸せになれるかもしれません。

また、会社は好きだけれどやっている仕事に魅力を感じない場合、会社を変えずに職種を変えるだけでもかなり気分が変わるでしょう。

もう一つは、待遇が上がるかもしれないということです。

キャリアチェンジを行う場合はこれまでの職歴があるものですから、仕事に応じて待遇が上がるかもしれません。

また、より自分に合った企業や業界なら高いパフォーマンスを発揮できるので、もしかしたら今以上の成果を上げられるかもしれませんし、待遇を得らえる可能性も高いでしょう。

キャリアチェンジのデメリット

その一方で、確実にデメリットもあります。

一つは、思っていたのと違ったとか、イメージと違うというようなものです。

自分がきっとこうだろうと思って転職したのにまったく違うとか、給料が思ったほど高くなかったとか、休みが不安定だと感じる場合もあります。

このため、事前にその転職先の企業や業界について事前に調べておいたり、実際にそこで働く人たちと交流することによって自分のイメージを固めたり、理想との差を意識する必要があるでしょう。

次に、未経験者の場合はやはり待遇が下がる場合やどうしても給料面で劣る場合があります。

もちろんその後に待遇が上がることを想定できる場合やある程度働いた経験次第では待遇面や給料面を補える場合もありますが、必ずしもそうだとは限りません。

待遇面は特に事前によく調整し、給料が下がる場合やボーナスが出なくなることも考えておきましょう。

最後に、場合によっては年下の上司ができるなどの働きにくくなる可能性もあります。

このため、キャリアチェンジに伴うデメリットは見えないところで意外と大きく出る場合もあるようです。

これはそれぞれの場所によって違いますが、気にしない人はまったく気にしませんし、逆に気にする人はとても気にするものです。

就労環境がどうなるかは確実にチェックしておきましょう。

20代と30代でのキャリアチェンジの違い

実は世代によってキャリアプランの違いは大きくあり、特に若年層といわれる20代と30代ではまったく感覚やキャリアプランの変化によるリスクが違ってきます。

企業からの見られ方も変わりますので、それぞれのプランを考えてみましょう。

20代でのキャリアチェンジ

20代の場合、基本的にどの企業も若い世代を歓迎する傾向があります。

まだ素直でしっかり働けますし、まだ人物的な素養を見て採用するケースも見られますので、比較的採用される可能性は高いでしょう。

20代の場合、多くの企業が見るのがそのポテンシャルです。

あなたの意欲や人柄をチェックしたうえで採用するかどうか、その企業で働けるかどうかを見極めますので、比較的経歴やスキルがなくても採用されやすい傾向があります。

その一方で、その人が本当にその企業で長く働けるかをチェックする例も見られます。

たとえば新卒で就職して3ヶ月で退職したという人の場合、明確な理由がないか説明できないと、キャリアチェンジとしての転職ではないと見られる可能性もあります。

20代であれば即戦力として見られることよりも、長く働くことや安定して働けることをメリットと考えるケースが多くあります。

特に若い世代が欲しい企業は多いので、有利になる傾向が見られます。

また、20代後半になるとある程度働いた社会人経験があることも有利になり、これらが採用にプラスに働くことも少なくありません。

20代後半の場合はそれなりに社会人経験があるため、それを活かしたキャリアチェンジも有効となるでしょう。

30代でのキャリアチェンジ

30代でのキャリアチェンジの場合、ある程度職歴があり働いた経験があることが大きく影響するでしょう。

当然関連する企業や業界であれば有利になりますし、その企業の求める人物像にマッチしていれば採用される可能性もかなり高くなるようです。

特にある程度経験があるので、地方へのUターンやIターンも考えられますし、パートや派遣などの経験を活かして正社員への転換を考える人も出てくるのではないでしょうか。

その一方で、まったくマッチしていない業種や職種へのポテンシャル採用や人柄による採用がないわけではないのもこの世代です。

この世代はまだ企業内でもある程度若い世代ですので、まったく未経験の業種や職種への転換もできます。

特に関連する経験や業界経験があることがプラスに働く場合も出てくるでしょう。

気を付けたいのは、30代の場合は完璧なポテンシャルや未経験者の採用は厳しくなってくる傾向がある、ということです。

30代の場合は基本的にある程度の職歴や経歴があることが当然ですので、基本的にどういう職歴や経歴があるかをチェックされることが少なくありません。

逆にいえば、仮にまったく経験がないような業界でも関連する職歴があれば採用される可能性が出てきますし、職歴がまったく違っても業界経験があれば採用される可能性があるということでもあります。

キャリアチェンジをするうえでのポイント

キャリアチェンジについてはさまざまな観点からオススメすることもできますが、その前に自分で考える場合や自分で調べるなどの取り組みが必要になる場合もあります。

後悔しないキャリアチェンジのためにも、最低限のことは考えて行っておきましょう。

自分の将来にどう影響するのかを考える

まず、キャリアチェンジを行う場合は自分の将来にどのような影響があるか、どのような将来になりそうかをしっかり考えなくてはなりません。

これはそもそも今の会社ではできないことなのかどうか、将来的にどう違うのか、キャリアチェンジをした場合としなかった場合ではどう変わるのか、ということを考えなくてはならないためです。

これから自分のやりたいことはなにか、仕事を通じて成功したいことはなにかを考えると同時に、自分がこれからどうやって成功したいか、どういうライフスタイルを送りたいかを考える必要があります。

また、自分のキャリアチェンジがそもそも本当に正しいのか、徹底的に調べてみるのも方法です。

憧れの職種や業界があることはとてもよいことなのですが、その一方でその業界や職種についてただの思い込みや妄想で判断することがないようにしなくてはなりません。

たとえば休日やその業界のキャリアプラン、どういう仕事内容でどういうことをするのか、というようなことを知っておきましょう。

特に古い情報や過去の情報に惑わされず、今の実情や現状がどうで、これからどうやっていきたいのかを明確にすることが重要です。

今のスキルがどのように役立つのかを把握する

キャリアチェンジというと、リセットしてまったくゼロから始めるというイメージを持つ人もいるでしょう。

ですが、残念ながらそうではありません。

キャリアチェンジを行う場合は最低限、これまで自分がなにをやってきたかを棚卸しして、改めて自分のキャリアプランがどういうものなのかを明確に考える必要があります。

実はこれがしっかりできていると自分の売りやスキル、今後の方向性が明確に見えてくるかもしれません。

ただの事務職でも経理の要素が強い事務と総務の要素が強い事務では売りになる経歴や将来のキャリアプランが違ってくるでしょうし、製造業務でもさまざまな仕事があり、どの分野が得意なのかによって採用される可能性が格段に変わってきます。

また、今のスキルが明確にわかることによって、欠けている部分や不足している部分も見えてくるでしょう。

もし今のままではキャリアチェンジにプラスになるものが見つからないというのであれば、資格取得などで補うことができるかもしれません。

さまざまな資格取得によって意欲をアピールできる場合や自分の適性がより見えてくる可能性もあります。

基本的にキャリアチェンジをするからといって、これまでのキャリアがゼロになるということではありません。

職種や業界は未経験かもしれませんが、キャリアそのものは評価される場合があります。

自己分析だけでなく、周りからの評価も聞いておく

その企業や業界のことをもっとよく知るために、また自分のことをよりよく知るためには、周囲の人に評価を聞いておくのも方法でしょう。

というのも、外から見ているだけではその職種や業界のことがよくわからない場合が多いのです。

このため、もしその業界で働く人や希望する職種に近い職種で働いた経験のある人が身近にいれば、ぜひその経験を聞いておくとよいでしょう。

話を聞いていると思ったよりハードそうだとか、思ったより辛そうということもあり得るのです。

業界を変えるとその業界ならではの常識や不文律に関わることになりますので、まったく違う点も考慮しておきましょう。

また、自分がそもそもその仕事や業界に適性があるのかどうかも考えなくてはなりません。

また、自分の売りになるような点や面接でアピールしやすい点はどこかもすぐに思い付かないのなら、友人や親兄弟などの信頼できる人に聞いてみるとよいでしょう。

自分の売りになる点や意外な自分のよさを教えてくれるかもしれません。

同時にその業界や職業への適性があるかどうか、どういう部分が欠けているかどうかを見ることも大事です。

そもそもその業界に向かない人というのもいますので、意外な点に気付くかもしれません。

まとめ

キャリアチェンジは人生でそう何度もあることではないので、慎重に行う必要があります。

特に若い世代は有利になる傾向がありますので、これはとても大きなチャンスです。

事前準備をしっかり行い、そのうえで希望する業界でモチベーションを持って働けるようにしましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ