【キャリアチェンジ】キャリアチェンジとは?キャリアアップとの違いや転職例を紹介

はじめに

転職の際に、よくキャリアチェンジやキャリアアップなど、これまでの気キャリアをベースにして考える転職スタイルも目にしますよね。

このキャリアチェンジやキャリアアップについては、多くの場合は「これまでのキャリアを踏まえてどういう風になりたいか」を中心として考えることが多いでしょう。

このキャリアチェンジとキャリアアップでは明確に違いがあります。

この二つの違いや、どっちを重視した転職の方が幸せになれるのか、見ていきましょう。

【キャリアチェンジ】転職=キャリアチェンジ?

まず、よく誤解する人がいるのですが、転職そのものはキャリアチェンジではありません。

そもそも転職自体には「キャリアチェンジ」「キャリアアップ」この二つの側面があります。

とはいえ、仮にまったく畑違いの業界に入ったとしても、これまでの社会人経験や社会常識は有効活用できます。

昔の仕事の人脈や知識が意外なところで役に立つシーンなど、まったく珍しくありません。

このため、完璧にどちらかに特化した天職というのはあまりないと考えてください。

必ずしも100%どちらかに入る、というわけではなく、どちらかに重きを置く転職が多いのです。

また、これらのキャリアを考えた転職は若い世代に多いのですが、年齢が高くなっても可能性はあります。

このため、どちらが有利なのかなどの違いはあるものん、あまり過敏に考えすぎない方がいいでしょう。

【キャリアチェンジ】キャリアアップとの違い

とはいえ、キャリアアップとキャリアチェンジには明確な違いがあります。

まず、基本的には「これまでやってきた仕事やそれに関連するか」ということです。

キャリアアップ転職の場合は基本的にもっと高い地位や収入、関連する高度な仕事を期待して転職を行うものです。

一方、キャリアチェンジはこれまでやったことがない仕事に応募するスタイルです。

もう1つが「職種は同じだが業界を変える」場合もキャリアチェンジと言えるでしょう。

キャリアアップ転職の場合は管理職や上級工程など、基本的には同じような仕事で出世や待遇アップを望みます。

ですが、同じ仕事でも求められる場所や業種が違うと常識も変わるので、業界を変えることもキャリアチェンジという場合があるのです。

【キャリアチェンジ】キャリアチェンジの種類

キャリアチェンジ転職の場合、いくつかの種類があります。

まずはまったく業界も職種も未経験の転職です。

これはずっとやりたい仕事があったけどこれまでそういう仕事の経験がないから思い切って、という場合や、これまでやりたかったことを趣味でやってきたけれどある程度目算が立ったので本業にするケースが多いでしょう。

次に、業界は違うけれど職種は同じという場合です。

この場合、やる内容や仕事内容にあまり大きな差はないのですが、扱うものや業界の常識、法律やマナーなどが大きく違う場合があります。

最後に、業界は同じだけど職種が違う例です。

この場合はやる内容がまったく関係がない場合もあれば、関係がかなり深い仕事に就く場合もあるのです。

キャリアチェンジ例

これらのキャリアチェンジ例は、とくに業界と職種で分けて考えるので、人によっては自分がどちらに入るか迷いを感じるかもしれません。

ただ、業種が同じなら上級職になりキャリアアップ転職と言えるケースもあるので、ケースごとにどちらと言えるかは違ってきます。

このため、パターンごとにどういうものなのか、詳細を紹介しましょう。

意外と思っていたよりも、キャリアチェンジを志す人は多くなっているのです。

・業界も職種も未経験のキャリアチェンジ例

まず、業界も職種も違うケースです。

この場合、たとえば貿易会社の貿易事務から工場の工員さんへの転職、塾講師から花屋さんでのフラワーアーティストへの転職などは、大体はこちらになるでしょう。

基本的にはキャリアチェンジ転職というとこのスタイルをイメージする人が多いのではないかと思われます。

このケースはまったく違う職種にも業界にもなりますので、比較的大変なことも多く、業界の常識なども一から覚えなくてはなりません。

ただし、ずっとやりたい仕事だからやりがいが大きいとか、意外と自分に向いていたと転職に満足する人もいて、思い切った転職やまったく違うところへの転職が多いでしょう。

今の仕事に不満や疑問があり、他の仕事を希望する場合はこのスタイルが多いようです。

・未経験の業界へ経験のある職種へのキャリアチェンジ例

次に、未経験の業界へ経験のある職種で転職するというパターンです。

たとえば、ドリンクの販売をしていた人が携帯電話の販売をしたり、警備会社の経理をしていた人が大手総合商社での経理を担当したりする、製薬会社の営業が食品の営業をしたりするようなケースが当てはまります。

こちらは基本的な働き方やスタイル、それまでの仕事で得た資格などは無駄にはなりません。

ただし、業界が変わるので常識などが変わり、比較的ハードになりやすいとか、知らない間は効率よく仕事をするのが難しいとも言われています。

専門的な仕事や技術を必要とする仕事の場合はこの限りではありませんが、新しい会社や業界に慣れるのが苦労します。

ただし、業界に水が会えば一生働き続けられるでしょう。

・経験のある業界で未経験の職種へのキャリアチェンジ例

最後に、経験のある業界で未経験の職種へのキャリアチェンジというのも考えられます。

この場合は介護施設で働く介護士が介護施設の看護助手をするとか、Web制作会社のWebデザイナーがIT系企業でエンジニアをやるようなパターンです。

この場合はキャリアチェンジだけではなくキャリアアップのニュアンスを含む場合もあります。

というのも、上級職と呼ばれる高度で専門的な仕事の場合、ある程度は関連性のある仕事で経験を積まないとできない仕事というのがあるのです。

たとえばITプログラマの経験がないとITエンジニアは務まりません。

より高度な仕事の場合、何らかの仕事経験を活かしてプラスになり転職するというパターンも見られます。

【キャリアチェンジ】キャリアチェンジをする人の特徴

ここまでは転職のスタイルについて解説してきましたが、実は転職を考える人にはいくつかの特徴があります。

とくにキャリアチェンジ転職の場合は若い世代が多く、キャリアアップ転職になると今度はある程度の年齢で職歴がある人の方が多いのです。

また、キャリアチェンジ転職の場合はこれまでのキャリアなどにこだわらない人も少なくありませんが、一方でこれまでの経験を活かした転職を希望する人もいます。

それでもキャリアチェンジと言える場合もあるのです。

これらの事情から、キャリアチェンジ転職を意識していたとしても、一筋縄ではいかない場合があります。

主な特徴を紹介し、そのうえでどういう部分を重視しての転職なのか、改めて考えてみてください。

今の仕事が向いていないと感じる

まず、今の仕事が向いていないと感じる人がかなりいます。

たとえば、まったく社交的ではないのに販売をしたり、新規営業の仕事を行ったりしているとか、黙ってモクモク作業するのが大嫌いなのにプログラマをやっているとか、そういう場合が多いでしょう。

個性的な仕事の方が個性を大事にする人が多い一方で、その中に入ると意外と自分は向いていないのでキャリアチェンジ転職を希望する、という専門職の人もいます。

この場合、実はよくよく話をすると業界の特性が向いていないとか、似たようなほかの仕事に転職した方がいいケースなども見られます。

どちらにせよ、今の仕事に何らかの形で不満を抱いており、とくに適性や業務内容などをとくに重視する人に多いでしょう。

新しいことにチャレンジしたい

次に、新しいことにチャレンジしたい人もいます。

たとえば今の仕事に飽きたとか、今の仕事ではもう新しく得られるものがないとか、今の仕事が向いていないので他の業界に行ってみたいとか、そういう人が多いでしょう。

好奇心旺盛な人の場合はジョブホッパーといっていろいろな仕事を渡り歩く場合もあり、それもこちらの理由に当てはまるでしょう。

この新しいことにチャレンジしたい場合、業界よりも職種を変えることが多いかもしれません。

また、一部の専門職の人が関連する仕事や隣接するキャリアや知識、技術を身につけたいので転職するケースもこちらに当てはまるかもしれません。

どちらにせよ、新しい仕事をしてみたいという意欲のある人です。

20代〜30代のキャリアチェンジが多い!

キャリアチェンジ転職の特性とも言えるのが、若い世代の転職です。

とくに20代や30代でまったく違う分野に転職する場合は、このキャリアチェンジ転職の人が多いでしょう。

というのも、20代ならまだ十分その熱意やこれからの向上心を買ってもらい、企業も採用しやすくなります。

また、30代でも類似する仕事や経験のある仕事で他の業界に、というのもかなり当てはまります。

ただ、だからと言って40代以上のキャリアチェンジ転職がまったく成功しないかというと、そうでもありません。

長年やってきたことや趣味を仕事にする人、思い切って転職するケースなどはよく見られます。

ただ、この場合は適切なアピールやどういうことができるかをしっかり考える必要があるでしょう。

【キャリアチェンジ】キャリアチェンジのメリット・デメリット

キャリアチェンジ転職の場合、必ずしもいい転職ばかりとは言えませんが、悪い転職とも言えません。

憧れの業界に入ってみるとなんだか思ったのと違ったとか、同じ職種なのにまったくやることが違う、というケースも見られます。

その一方で、夢を叶えたりすることやりたいことを毎日できてハリがあるとか、技能が深まったりするなどのメリットもあります。

当然、給料や待遇にも影響を与えます。

キャリアチェンジ転職のメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

まず、メリットは「やりたいことができる」という場合です。

これはずっと長年憧れていたり副業で頑張ってきた業界へ入ることができるので、やはり夢を叶えたりやりたいことをして毎日を楽しく過ごせる、というのが大きなポイントです。

次に「待遇アップや新しいポジションを得られる」という場合もあるでしょう。

これは職種は同じで業界を変えた場合、能力の高さを買われて良いポジションに入るかもしれません。

当然ですが、待遇やお給料にも影響します。

最後に「大きな活躍ができるかもしれない」という部分も大事です。

やりたいことをやり適性があれば、早い段階から大きな活躍もできるでしょう。

一生涯の仕事として、長く快適に働き続けられるかもしれません。

デメリット

デメリットについても、きちんと考えたいところです。

よくあるのが「これまで積み上げてきたものを捨てる」という点です。

職種も業種もまったく違うので、これまでの資格やスキル、常識などが通用しません。

とくに職場の常識や業界の常識はよそに行くと非常識となることもあります。

また「待遇ダウン」も考えられるところです。

未経験者やスキルのない人、下積みから始める場合は待遇なども大きくダウンします。

人によっては部下や年下からため口を聞かれたり、時にはとてつもなく落ち込んだりすることもあるかもしれません。

最後に「必ずしも成功するわけではない」という点でしょう。

仕事を始めてみて思ったのと違ったとか、入った会社が良くない会社だったという場合もあります。

まとめ

キャリアチェンジ転職は少々リスクが伴い、人によっては失敗したり思っていたのと違ったりした人もいます。

ただし、その一方でキャリアチェンジによってやりたい仕事に近づいたり、やりたいことをできたりするようになったという人もいるのです。

このため、キャリアチェンジ転職にはある程度リスクはあるので、計画性や自己分析などは必要になります。

ただ、やりたいことがあって挑戦してみたいとか仕事を変えたいという人にはおすすめです。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ