企業へのラブレターであるエントリーシート!エントリーシートで落とされないための対策とは?

エントリーシートは企業へのラブレターだとよくいわれます。

実際に心を掴むものもあれば、ろくに読んでもらえないものもあるわけですが、その差はどこにあるのでしょうか。

この記事ではエントリーシートの書き方を項目別に解説し、落とされないエントリーシートづくりを案内します。

エントリーシートと履歴書の違い

いざエントリーシートを書こうと思ったときに、もう一つの提出書類である履歴書との違いに困惑する人は少なくありません。

エントリーシートは学生が就活のときに企業に提出するものですが、履歴書は学生に限らず求職者には必要な書類ですし、アルバイトの応募のときにも求められるのが一般的です。

どちらも応募書類という点では変わりありませんし、面接へ進んだときには参考資料として活用されます。

ただエントリーシートは応募者の多い企業の1次選考書類の役割も果たすため、就活ではより重要性の高い書類といえるでしょう。

つまり履歴書は個人の経歴や人物の特徴を明らかにするための証明書類であり、エントリーシートはそのものが選考に使われる資料という大きな違いがあります。

内容も採用選考で参考にするものに限られますし、志望動機や自己PRなどを存分に書けるスペースが設けられています。

いずれも相手企業が知りたい項目であり、特に知りたいことに多くの文字数を設定したフォーマットが用意されるのが一般的です。

履歴書にも人物の特徴がある程度掴める欄があるにはありますが、基本的には従業員の人事データという位置づけになるため、選考が終わったあとも企業側が保管するケースが多いです。

こうしたことから履歴書は公的書類とみなされ、記載事項に虚偽があると「私文書偽造」という罪になります。

当然どの段階でも不採用となりますし、入社したあとでも解雇される原因になり得ますので、十分に肝に銘じておきましょう。

ところで、書こうとしたときに悩むのが、両方提出を求められたときに同じ項目に書く内容です。

結論からすれば、内容に重複があってもまったく問題はありませんし、そもそも答えがばらばらなほうがおかしいでしょう。

前述したようにエントリーシートと履歴書とでは使われ方が異なるため、一緒に提出する書類で同じことを聞かれていたとしても、まったく別の書類として割り切り、同じ答えを書くのが正解です。

一方は選考に使う書類、もう一方は従業員の個人データですから、特に気にせず重複する内容を記載してください。

重なりやすいのは、自己PRや志望動機欄でしょう。

ただ書けるスペースや文字数の関係で、ほとんどの場合、履歴書よりエントリーシートほうがしっかり書けるのが一般的です。

順番としては、エントリーシートで納得の行く文章を先に作成し、履歴書にはその内容を要約する形で書くのが効率的でしょう。

タイミング的に内定後に履歴書を提出するよう求める企業も多いため、自分がエントリーシートに書いた内容はちゃんと保管しておくことが重要です。

▼さらに「エントリーシートと履歴書の違い」について詳しくご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
エントリーシートと履歴書はどう違う?書き分け方はあるの?

項目別!エントリーシートの書き方

それでは項目別にエントリーシートの書き方を紹介します。

それぞれのポイントを参考に、魅力的な文章を作成してください。

自己PR

企業が自己PRを求めるのは、その人の強みを知って入社後の活躍度合いを測りたいからです。

また、自己分析が客観的にできているかを知ったり、人柄を掴んだりするためにも活用されるため、好感度を得られる内容にすることも大切です。

自分を売り込んで認めてもらう行為はなかなか勇気がいりますが、ただの自己紹介になってしまうと内定が遠のくおそれがあるでしょう。

自分が入社すればその会社にどんなメリットがあるかをアピールすることが重要なので、応募先企業にマッチする自己PRを作りましょう。

企業が求めるスキルが自分にある場合は、大きな強みになります。

またアピールする以上具体的な根拠が必要ですので、経験からアピールポイントを探し、根拠も踏まえたうえで文章にまとめるのがポイントです。

成功体験から能力や可能性を見つけることもできますので、自己PRは複数用意しておくとよいでしょう。

3点程度あればどれかが採用担当者に引っかかる可能性がありますが、具体的なエピソードは1つに絞って具体的に書くほうがより効果的です。

▼さらに「エントリーシートの自己PR」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
大手内定者は意識している!受かる自己PRの書き方のポイント

志望動機

採用担当者が最も重視するといわれるのが志望動機です。

非常に悩む項目でもありますが、押さえるべきポイントが3つあります。

1つめは、その企業に心が動かされた理由をはっきり書くことです。

そのため志望動機は使い回しの文章は避け、1社ごとに誠心誠意書くようにしましょう。

また、単にその企業の商品やサービスが好きだからという程度では通りません。

なぜそこでなければならなかったのか、説得力のある内容を書きましょう。

2つめは、自分がなぜその企業で仕事をしたいかを具体的に書くことです。

どんなに素晴らしい企業であっても、自分がそこに職場を求めるかどうかは別問題です。

商品やサービスの提供を受ける側ではなく、なぜ提供する側を目指しているのか、その理由が動機になります。

できれば具体的にどう活躍する予定なのか、イメージして落とし込めればベストです。

そして3つめが、これら書いた内容の根拠を明記することです。

口先だけで聞こえのよいことだけを並べるのは誰にでもできますが、そこに根拠が示されていれば俄然説得力が生まれます。

前述した1つめのポイントでは、徹底した企業研究から答えを見つけることができますし、2つめのポイントについては、自分の実体験や価値観、性格やスキルから見出すことができます。

採用担当者が納得し、この人物なら入社後に活躍が期待できそうだと感じてくれれば、素養のある人材としてチェックしてもらえるでしょう。

▼さらに「エントリーシートの志望動機」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
志望動機の書き方を徹底解説!活用できるフレームワークと例文

ガクチカ

ガクチカを知ることで、採用担当者は人となりを知ろうとしています。

入社すればともに同じ目的を持って働く仲間ですから、仲間として一緒にやっていけるかどうか知りたいと考えるのは当然でしょう。

また、入社後にどんな活躍が期待できるかを測るためにも利用できます。

企業にとって魅力的なガクチカにするためには、自己PRの要素も踏まえた実体験を選ぶことが重要です。

説得力を得るためには具体的な実体験とエピソードを書くことがセオリーですが、大きな大会で優秀な成績をおさめたような輝かしいエピソードがない場合もあるでしょう。

その場合は、アルバイトやサークル、ゼミや日常生活で一番時間を費やしたことから自分の強みを見つけ出すのが一番です。

たとえば、仲間内で遊んでいただけでも協調性やコミュニケーション能力などは強みになりますし、趣味に熱中していたなら向上心や忍耐力が見出せるかもしれません。

その企業が求める要素が含まれていれば、大きな成績でなくても十分強みになることはあります。

なにもしてこなかったとあきらめるのではなく、自分は毎日なにをしてきたかに目を向けましょう。

▼さらに「ガクチカの作り方」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
【例文付き】内定に近づくためのガクチカの書き方とは

長所・短所

長所・短所を聞く理由は、思考や行動パターンを知るためです。

そこからその人の特徴や傾向を知り、入社後にポテンシャルを発揮できる適所があるかどうか探ろうとしています。

長所・短所は表裏一体ですから、まずは良し悪しは置いておいて、自分の性格を言葉にして書き出してみましょう。

いくつかリストアップした中で、ポジティブなら長所、ネガティブなら短所として分けてみます。

なかなか長所が見つからない場合は、見る方向を変えてネガティブをポジティブに言い換えてみてください。

たとえば飽きっぽいのは短所ですが、好奇心旺盛でいろいろなことにチャレンジすると言い換えれば長所になります。

優柔不断で決断力がないといえば短所ですが、なにかを決めるときは慎重に物事を判断するといえば長所でしょう。

とはいえ、どの方向から見ても長所には変換しにくい特徴もありますので、そういうものは選ばないのが一番です。

自分からわざわざ足切り候補に手を挙げるような内容を書く必要はありませんので、基本はすべての特徴を長所に挿げ替えられるようなテクニックを身に付けるのがオススメです。

最初に特徴を書き、その後にそれを具体的に示すエピソードを書くと説得力が生まれるでしょう。

▼さらにを紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。

就活の軸

就活の軸を聞く理由は、その人が明確な基準を持って企業選びに臨んでいるかどうかを知るためです。

ひいては、仕事を選ぶ「基準」を持る人材かどうかを測りたいとも考えています。

周りが就活を始めたから自分もなんとなく始めた、有名な大手企業ならどの業界でもいいといったように、浅い考えで仕事を選ぶような学生は困るわけです。

冒頭でエントリーシートは企業へのラブレターだと書きましたが、多くの場合、外見やイメージだけで付き合いたいと言われても、OKする人はあまりいません。

そのための企業研究ですから、自分なりにしっかりした価値基準を答えなければ相手は納得しないでしょう。

またこの質問は、表面的な答えでは良しとされないことが非常に多いです。

たとえば、社会貢献ができる企業、人を幸せにする企業、好きな商品やサービスを提供する企業というような回答では、残念ながら日の目は見ないことになります。

答えるべきは、自分が仕事においてなにを一番重視するかということですから、相手企業に求めるもの、人生において仕事に求めるものがわかる答えが必要です。

また消費者側の視点ではなく、自分が提供する側として、やりたいことに基づいた軸を探す必要がありますので覚えておきましょう。

▼さらに「就活の軸」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
就職活動で必ず聞かれる企業選びの軸に対する面接対策の例文のご紹介

挫折経験

挫折経験は、単に挫折したエピソードを知りたいわけではなく、そこからどのように立ち上がったかを知るための質問です。

辛い体験を乗り越える、高い壁を乗り越えるということは容易なことではありません。

仕事が始まっても当然困難な状況は生まれますし、ストレスを感じることもあります。

そんな状況でも頑張れるのか、どう頑張れるのかを知るためですから、具体的なストレス耐性や精神的な強さ、負けない気力をアピールしましょう。

流れとしては、挫折した経験を書き、なぜそれが辛かったのか具体的な状況を書きます。

それを乗り越えるにあたって採った具体的な行動や努力と、その結果変わった状況や経験で得たものを書いてください。

そしてその経験が企業でどのように活かせるかを書けば優秀な文章になります。

▼さらに「挫折経験」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
就活の挫折(辛いこと)を乗り越えた経験について聞かれたときの回答法

やりたい仕事

やりたい仕事は志望動機に通じるものですので、チグハグにならないよう一貫性のある答えを書いてください。

企業研究をしていないと書けませんし、長期的な目標も見据えて書くことが大切です。

入社して本当にすぐに実行することばかり書いても魅力はありませんので、企業の将来を背負うくらいの意気込みで組み立ててください。

海外へ駐在して国のインフラを整備する仕事でもよいですし、日本中を余すところなく活性化させる仕事でもよいでしょう。

ただし、企業はこの質問で、自分がやりたいことだけを書く学生を望んではいません。

なぜその仕事をその企業でやりたいのか理由が必要ですし、だからといって企業を褒めるような内容になっても評価されません。

あくまでも企業で働く社会人として、ビジネス視点でやりたいことを書くことがこの項目の骨子と心得ましょう。

▼さらに「入社後やりたい仕事」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
【例文】入社後にやりたいことはなんですか?回答する際のポイントや例文を紹介

ゼミ・研究内容

ゼミ・研究内容は、単にどんな研究をしたか内容を聞く項目ではありません。

実はゼミや研究が就職してすぐ役立つ可能性はほとんどなく、経験を得られた人材であることのほうがよほど重要です。

研究内容をただ説明するのは避け、活動を通した自己PRを書きましょう。

なぜそのゼミを選び、活動でどんなことが学んだか、課題はどう解決して最終的に成果を出すことができたかどうか、そうしたエピソードを交えて書くようにしてください。

また、専門用語は避ける配慮が必要です。

企業に提出する書類は、誰が見てもわかりやすい書類であるのが鉄則ですから、読みやすい構成に工夫することも大切です。

▼さらにを紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。

エントリーシートの郵送方法

さっそくできた渾身のエントリーシートですから、間違いのないように郵送しましょう。

必要なものは、厚手の角2封筒とA4 の透明ファイル、そして送り状です。

切手はグラムによって変わりますので、郵便局へ持ち込むのが間違いありません。

送り状には郵送した年月日と自分の大学、氏名、電話とメールアドレスを書き、「エントリーシートの送付につきまして」などのタイトルを付けましょう。

書き出しには拝啓、末尾に敬具を付け、簡単に感謝の気持ちを書くのが基本です。

宛名は会社名や住所は省略せず正しく書き、敬称も間違いなく書くことが重要です。

封筒裏面には左下に自分の情報を書きますが、郵便番号や住所のほか、大学名と学部・学科名も忘れずに記載してください。

▼さらに「エントリーシートの郵送」に関してご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
宛名から添え状まで!エントリーシートの郵送方法のポイント

エントリーシートの証明写真はどうする?

エントリーシートや履歴書の証明写真は、少々お金をかけてもスタジオでカメラマンに撮ってもらうのがオススメです。

とにかく人は印象が重要ですから、男女とも清潔感やフレッシュ感のあるイメージに整えてください。

また、面接に進めば当然その場の参考書類となりますので、同じ格好や髪形にしておくほうがより効果的です。

盛りすぎると後々大変なことになりますので、自然体でさわやかな印象になるよう努力しましょう。

▼さらに「証明写真」についてご紹介しておりますので、ぜひコチラも参考にしてください。
意外と重要な証明写真!エントリーシートの写真をよく見せるポイントとは?

まとめ

エントリーシートは就活で非常に重要な書類です。

応募者が多い大手企業では1次選考書類として使われますので、単体でアピールできる書類として全力で作成しましょう。

各項目の質問事項には相手企業の意図が必ずありますので、それをしっかり理解したうえで的確な回答を書くことが重要です。

事前に企業研究を行い、自信を持って書けるよう取り組んでください。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ