プログラマーとシステムエンジニアの違いは?年収や必要な能力など徹底解説

近年インターネットの発展により注目を集めているIT業界ですが、IT業界の仕事というと代表的な職種がプログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)です。

どちらもプログラミングを行う仕事というイメージがありますが、両者の違いは何なのでしょうか?この記事では、IT業界への就職を目指す方向けに、プログラマーとシステムエンジニアの違いに関して徹底解説します!

プログラマーとシステムエンジニアの違い

プログラマーとシステムエンジニアでは仕事内容が異なります。

プログラマーは新しいシステムやソフトウェアの開発に当たって、プログラムの構築作業を専門的に行うのに対し、システムエンジニアはシステム開発の全般に携わることになります。

両者の仕事の違いに関して、詳しく見ていきましょう。

システムエンジニアの仕事内容

systemエンジニアの仕事は平たく言うとシステム開発の設計を行う仕事だといえます。

システム開発では「要件定義」→「設計」→「製造」→「試験」という流れで進みますが、システムエンジニアは製造以外の全ての工程を担当することが多いです。

要件定義では、まずクライアントからどのようなシステムを必要とするのかヒアリングを行います。

そして、ヒアリングの結果を元に予算や制作期間などを定め、システムの設計を組んでいきます。

システムの設計は「基本設計」と「詳細設計」の2段階です。

基本設計ではシステムに含める機能や操作方法などのユーザーに対しての機能やインターフェースを設計します。

対して、詳細設計では、基本設計で定めた機能を実現するためにどのような仕組みが必要なのか決めていきます。

このようにして定めた事項を仕様書に落とし込んでいくのです。

以上の設計までの工程をシステム開発の上流工程と呼ばれますが、システムエンジニアは主にこの上流工程を担当するのが特徴です。

しかし、ほかにも製造が終わったシステムが正しく動作するかテストを行い、クライアントのアフターケアまで担当することになるので、システム開発全般に幅広く携わることになります。

言うなればシステムエンジニアは開発するシステムのプロデューサーといったところでしょうか。

プログラマーの仕事内容

プログラマーもシステム開発に携われる仕事ですが、その業務内容はシステムエンジニアが作成した設計書に沿ってプログラミングを行うことです。

つまり、システム開発の製造工程を担当することになります。

設計書に記載されているのは最低限の内容のため、その内容を実現するためにどういったコードを使用するのかはプログラマーの腕にかかっていいます。

同じ動作内容が実現できても、使用する言語やコードの組み方によっては動作が遅くなったりバグが発生しやすくなるので、高い技術力が必要です。

また、システムを組んだら終わりではなく、システムが単体試験までがプログラマーの仕事となります。

そのため、自分の組んだプログラミングに最後まで責任を持つことも大切です。

プログラマーはシステムの製造に特化しており、システムエンジニアの担当する上流工程に対して、プログラマーの仕事はシステムの下流工程を担当するという言われ方をします。

システムエンジニアについてもっと詳しく

ここからはそれぞれの職種についてもっと掘り下げます。

まずはシステムエンジニアの年収や必要な能力に関してみていきましょう。

システムエンジニアの年収

システムエンジニアの平均年収は約550万円です(「賃金構造基本統計調査」参照)。

サラリーマン全体の平均年収は約430万円ですので、それよりも100万円以上高いです。

一般的に考えれば高収入の職業と言ってもいいでしょう。

システムエンジニアの年収が高いのは、簡単にいえば仕事が大変だからです。

システムの上流工程を中心にシステム全体に携わることになるのでやらなければならないことが沢山あります。

それゆえ、求められる能力も幅広いものがあります。

システムエンジニアに必要な能力

システムエンジニアでまず求められるのがコミュニケーションスキルです。

クライアントへのヒアリングや社内の担当者で作業内容を説明するなど、社内外の様々な関係者とコミュニケーションを取る必要があるので、コミュニケーションスキルは必須です。

また確実に納期に間に合わせるため、プログラマーやwebデザイナー、コーダーなどの作業担当者の進捗状況を把握したり、構築するシステムは予算の範囲内に収まっているのかなど確認することも多く、マネジメントスキルも必要となります。

また、時には自分でプログラマーだけでなく自分もプログラムを組む必要を迫られることもあるため、プログラミングスキルも持ち合わせておかねばなりません。

さらに、仕様書や設計書の作成、試験の際に必要となる試験項目表の作成も行う必要があるため、ドキュメント作成能力も必要です。

このように、システムエンジニアに求められる能力は様々です。

ただプログラミングを組むだけの仕事だと考えていた方がいたとしたら、それは大きな間違いです。

かなり大変な仕事ですが、先ほども申し上げたように収入は良いので、仕事に見合った待遇は用意されているといえます。

また、一つのシステムを周りと協力して完成に持っていくことが出来た時は達成感を味わえるでしょう。

プログラマーについてもっと詳しく

システムエンジニアは大変な仕事なのが分かりましたね。

それに比べてプログラマーはプログラミングをするだけだから楽なのではないかとお思いでしょう。

確かにそれは事実ですが、プログラマーにはプログラマーの大変さがあります。

ここではプログラマーの年収や必要な能力を見ていきます。

プログラマーの年収

プログラマーの平均年収は約420万円です(「賃金構造基本統計調査」参照)。

システムエンジニアと比べて120万円も低くなっています。

この年収の差はやはり業務内容の違いから来ています。

仕事の内容が幅広いシステムエンジニアと比べ、プログラミングに特化したプログラマーではそれだけ年収が低いのです。

しかし、上述した数字はあくまで平均の数字です。

開発するシステムによって必要なプログラミング言語は異なるので、幅広い言語に対応可能なプログラマーであれば年収を上げることが可能です。

また、プログラマーは正社員以外にも派遣やフリーランスなど様々な働き方が可能な職業です。

フリーランスのプログラマーでは、仕事をした分だけ収入も増えるので、うまくいけば年収1,000万円を達成することも夢ではありません。

このように基本的にはプログラマーの年収はシステムエンジニアよりも低いですが、スキルや働き方によってはシステムエンジニアを超える年収叩きだすことも可能です。

h3:プログラマーに必要な能力

プログラマーに必要となるのは言わずもがな、プログラミングスキルです。

プログラミング言語には「Python(パイソン)」「perl」「Ruby」など様々なものがありますが、複数の言語を習得しておくと、携われることができる案件の幅が広がるので有利です。

また、ただ機械的にプログラムを組むだけでなく、そのシステムに最適なプログラミング言語を使用し、効率的なプログラミングを行うためにアルゴリズムを理解しておくことも大切です。

さらに、デバッグといって作成するプログラムにエラーやバグが無いか確認することも求められます。

性格的なところでいうと論理的思考力や根気強さを持っている人がプログラマーに向いています。

プログラミング言語というのは論理的に構築されているので、それを読み解いたり自分で構築したりするためには論理的思考力を持った人材であることが好ましいです。

また、システム構築途中でバグを発見した場合、前に戻ってやり直す作業も必要となるため、そうした状況に出くわしても最後までやり遂げる根気強さも必要です。

このようにプログラミングというのはとても頭を使う作業です。

システムエンジニアの仕事のように幅広い業務を扱うわけではないですが決して楽な仕事ではないことを知っておいてください。

プログラマーとシステムエンジニアどっちがおすすめ?

IT業界自体が成長を続けており将来性もあるため、プログラマーもシステムエンジニアもどちらもおすすめの仕事ではありますが、どちらかを選択するのならばシステムエンジニアがおすすめです。

上述したように年収が高く、幅広い業務に携われるためやりがいもあるからです。

ただ実際にはプログラマーからシステムエンジニアにキャリアアップするケースが多いです。

業界未経験からいきなりシステムエンジニアになるのは厳しいという事情もあり、まずはプログラマーを経験してからシステムエンジニアにステップアップするというケースです。

プログラマーには「35歳限界説」という説があります。

これは、35歳を迎えたプログラマーはシステムエンジニアになる人が多く、年を取ったプログラマーは若手に比べ扱いづらいので淘汰されてしまうことを意味しています。

ですから、年齢を重ねれば自然にプログラマーからシステムエンジニアに職を変える人が多いです。

ただ人には向き不向きがあります。

コミュニケーションが苦手な方やプログラミングを構築するのが好きな方が、システムエンジニアになってしまうと苦痛を感じるかもしれません。

その場合は、このままプログラマーを続けるのも良いかもしれません。

上流工程にも携わることができるプログラマーになれば、受注できる案件の幅が見つかることでしょう。

まとめ

システムエンジニアとプログラマーでは業務内容が大きく異なります。

システム開発に携わる点では同じですが、主にシステムエンジニアはシステムの設計を、プログラマーは主に設計を担当します。

必要となる能力も大きく変わってくるので、自分に合った職種を選択するよう心掛けましょう。

 

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ