初心者がシステムエンジニアになるには?

システムエンジニアを目指したいという皆様、準備は着実に進んでいますか?システムエンジニアを目指したいけれど何をすれば良いのかわからない…という場合には、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

システムエンジニアを目指すためのポイントや、システムエンジニアに求められるスキル、システムエンジニアを目指すのであれば今すぐやっておきたいことなどをご紹介してゆきます。

システムエンジニアの具体的な仕事内容についてもご紹介していますので、そちらもお見逃しなく。

初心者でもシステムエンジニアになれるの?

「システムエンジニアって仕事に興味はあるけど、プログラムなんて書いたこともないし…初心者でもなれるの?」なんて疑問をお持ちの方、いませんか。

結論から言えば、パソコン初心者からでもシステムエンジニアは目指せます。

実際、インターネットとメールでしかパソコンは使っていなかったという人がシステムエンジニアになり活躍するという例は沢山あります。

システムエンジニアに文系・理系は関係ある?

システムエンジニアというと「理系の仕事」といったイメージもあるかと思いますが、文系・理系は関係あるのでしょうか?実は文系・理系は関係ありません。

文系出身でシステムエンジニアとして活躍している人も数多くいますし、理系でもシステムエンジニアに向いていない人も多いものです。

システムエンジニアになるには資格は必要?

システムエンジニアになるには、特別な資格は必要なのでしょうか?システムエンジニアになるために資格は必要ないのですが、取っておくと有利な資格はあります。

それら資格についてご紹介してゆきたいと思います。

おすすめ資格①:ITパスポート

まずおすすめな資格がITパスポートです。

ITに関連する知識を幅広く学べる試験で、大きく「ストラテジ系」「マネジメント系」「テクノロジ系」から出題されます。

試験実施は随時ですから、ある程度勉強ができれば、とりあえずチャレンジしてみるというのもおすすめです。

ストラテジ系

ストラテジ系では、企業活動・法務・経営戦略マネジメント・技術戦略マネジメントといった、「IT技術をどのように使うか」といったところに焦点を当てた問題が出題されます。

業界を問わずIT技術は企業活動に欠かせないものとなっています。

IT技術の使われ方を学ぶことで、技術がより深く理解できるようになるという訳です。

マネジメント系

システムエンジニアの現場では、チームでプロジェクトとして開発を進めることがほとんどです。

そのプロジェクトの現場では、いかにプログラム開発をすすめるのか、どのようにプロジェクトを管理するのかなど、IT技術者ならではのマネジメント能力が求められるもの。

そんなマネジメント手法を学べるのがこのジャンルです。

いきなりプロジェクトを管理する側になることはありませんが、これら情報をしっかりと理解しておくことで、技術だけでないシステムエンジニアへと成長する事ができるようになります。

テクノロジ系

このジャンルでは文字通りテクノロジに関する問題が出題されます。

コンピュータ構成要素・システム構成要素・ハードウエア・ソフトウエア・ネットワーク・セキュリティなど、IT技術に欠かせない基礎知識が問われます。

システムエンジニアとしては確実に理解しておきたい知識ですので、しっかりと勉強してのぞみましょう。

おすすめ資格②:基本情報技術者

ITパスポートに合格したら、次に目指したい資格が「基本情報技術者」です。

出題範囲は「ストラテジ系」「マネジメント系」「テクノロジ系」という事で、ITパスポートと同様となっています。

ITパスポートと基本情報技術者、いったい何が違うの?言いますと、難易度です。

基本情報技術者の方が難易度が高く設定されています。

また、基本情報技術者では実際にプログラムを作成する問題が出題されます。

アルゴリズムといったことの理解も欠かせません。

基本情報技術者の試験は春と秋の年2回、4月と10月の第3日曜日に実施されます。

申し込みはそれぞれ1月中頃と7月中旬から開始されます。

受験を考えている方は申し込みモレのないようにお気をつけください。

システムエンジニアの現場とは?そこで求められるスキルは?

システムエンジニアというと「技術力」に目がゆきがちですが、それ以上にコミュニケーション能力が問われることも多くあります。

そもそもシステムを開発する際にはそれを発注したクライアントがいます。

当然クライアントとの打ち合わせが欠かせません。

そこでクライアントの要望をしっかりと汲み取る必要があります。

時にはクライアントの発言からその裏にある要望を見つけ出し、提案する能力も求められます。

一般的には「要件定義」と呼ばれる作業です。

当然ながらコミュニケーション能力が必要です。

要件が定義できれば、それをベースとして現実的なプログラムを作成してゆくことになります。

一人でプログラムを完結させるという事は通常無いので、チーム内で要件をしっかりと共有する必要があります。

やはりコミュニケーション能力が問われる部分です。

また、要件を大まかな設計図に落とし込むのですが(基本設計と呼ばれます)、わかりやすい設計図を書けるのも、ある種のコミュニケーション能力と言えます。

書きあがった設計図をベースとしてクライアントと再度チェックが行われます。

設計資料にあいまいな箇所があると、クライアントの納得は得られませし、そこで作業がストップしてしまいます。

基本設計が出来上がれば、それをベースとして詳細設計が行われます。

詳細設計で出来た資料がそのままプログラムに翻訳されるため、わかりやすい資料が求められます。

また詳細設計資料を基にそのまま外注するなんて事も良くある話です。

社外で密にコミュニケーションが取れない人が読んでも内容を理解できて、思った通りのプログラムを作ってくれる。

設計資料位を通じてやり取りをする、システムエンジニアならではのコミュニケーション能力が必要とされるシーンです。

なお、基本設計資料や詳細設計資料はシステムをメンテナンスしてゆく上で大切な情報源となります。

常に最新情報にアップデートしておくことやバージョンをしっかりと管理しておくことなど、マメで地道な作業ができることも大切です。

システムエンジニアになるために今からやっておくべきこと

システムエンジニアを目指したいというのであれば、まずはパソコンに触れなくてはなりません。

パソコンの仕組みを理解するために自作してみるというのもおすすめです。

ハイスペックなマシンが比較的安価に組みあがります。

作成する上でいくつかの疑問が出てくるかと思いますが、それを一つ一つ調べて行くことによって、ITに関する知識も深まってゆくものです。

システムエンジニアの世界ではシステムのバグやその解決方法をネット上で共有するという文化があります。

それら情報を「うまく調べることができる」という能力も欠かせません。

出来れば英語を読む能力も欲しいもの。

ITの世界に国境はなく、インターネット上には世界中から様々な情報がアップされています。

英語が読めるだけで、圧倒的に多くの情報にアクセスできるようになります。

海外のサイトでも臆せず目を通してみてください。

読むだけなら案外なんとかなるものです。

もちろんIT関連の勉強も欠かせません。

まずは先ほどご紹介したITパスポート合格を目指して、勉強をスタートしてください。

合格できれば基本情報技術者試験にチャレンジです。

社内SE(システムエンジニア)を目指すのもおすすめ

システムエンジニアというと、それを専門にしている会社にばかり目が行きがちですが、世の中には「社内SE(システムエンジニア)」と呼ばれる仕事もあり、それを目指すのもおすすめです。

社内SEの仕事は、文字通り社内で使うシステムを開発する部門。

簡単なシステムであれば社内SEのチームで作成しますし、大掛かりなシステムであれば、社内SEチームが窓口となり、外部のシステム開発会社へ発注することも。

基本的に社内のシステム開発に限られているため、最新技術に触れるというよりも、昔ながらの技術をしっかりと受け継ぐといった形になります。

そのため一般的なシステムエンジニアと比較しますと比較的仕事が安定している傾向にあります。

システム開発時のトラブルで連日徹夜なんて事は基本的にありません。

しっかりと目標を立て、システムエンジニアを目指そう

システムエンジニアの目指し方についてご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?システムエンジニアは文系・理系や学部学科など関係なく、誰もが目指すことができる仕事です。

少しでも気になったら、まずはITパスポート試験の合格を目指して勉強を開始してみましょう。

また、良いシステムエンジニアになるためには、IT技術を知ることだけでなく、ITをどのように使い、どのように活かしてゆくかというアイデアも欠かせません。

そのためには社会の仕組みに目を向けてみることも必要になってきます。

システムエンジニアを含めIT技術者は様々な業界で求められる人材です。

ITパスポート試験をはじめ、しっかりと目標を定め、システムエンジニアを目指してください。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ