人材コンサルタントとはどんな仕事?なる為の資格や今後のキャリアパスは?

おそらく就職活動をしていたら人材コンサルタントという職業を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし実際はどのような仕事をしているか分からないという人が大半でしょう。

そんな方のために人材コンサルタントがどのような職業かについて解説していきたいと思います。

人材コンサルタントとは?

この章ではそもそも人材コンサルタントとは?という人のために人材コンサルタントの基礎情報を解説していきます。

興味がある人はぜひご覧ください。

人材コンサルタントの仕事内容は?

人材コンサルタントの主な仕事は、企業の人事制度や人事評価制度などを設計するのが主な業務となっています。

企業から依頼を受けた人材コンサルタントが、人材や組織についてアドバイスし、企業の経営をサポートしてきます。

外部からアドバイスするだけでなく、実際に企業の人事部を訪問し、現場で指揮をとりながら人事問題の改善を図る場合もあります。

どんなところで働く?

人材コンサルタントの主な職場はコンサルティングファームです。

コンサルティングファームとは企業が抱えている問題をヒアリングし、解決に導いていく企業のことです。

コンサルティングファームにも専門分野があり、その分野に沿った知識や経験が求められます。

また人材コンサルタントは企業の事業に入って仕事をすることもあります。

どんなスキル・資格が求められる?

人材コンサルタントになるには特に必須の資格はありません。

大卒であれば誰でも人材コンサルタントになる資格があります。

しかし人材コンサルタントととして活躍していきたいというのであれば「社会保険労務士」や「キャリアコンサルタント」の資格を取得することをオススメします。

これらの資格を持っていると企業から一目置かれることも多いようです。

「社会保険労務士」や「キャリアコンサルタント」などの資格は取得するのがとても難しく、合格率は5〜10%とも言われています。

そんな難関資格ですので持っているだけで評価されるだけでなく、間接的に業務にも役に立ちます。

年収はどれくらい?

人材コンサルタントの平均年収は400〜500万円と言われています。

中でも外資系のコンサルティングファーム の年収は高く、1年目でも年収400万円以上いくこともあるのだそうです。

人材コンサルタントは専門知識を必要とするため、他の業種よりも給料が高く設定されている場合が多いです。

会社や成果によっては年収1000万円も夢ではないような業界になっています。

人材コンサルタントになるための条件は?

人材コンサルタントの基礎知識を前章で紹介してきました。

この章では人材コンサルタントになるための条件について説明していきます。

人材コンサルタントになりたいという方は自分に当てはまるかどうか考えてみてください。

コミュニケーション能力が高い

人材コンサルタントは依頼元である企業が抱える問題をヒアリングして問題解決に導く仕事です。

そのため様々な人たちと円滑なコミュニケーションを取る能力が必要になっていきます。

企業から様々な問題や反論などが出てくるなかで、いかに角を立てず全てを丸く収めなくてはいけないため、コミュニケーション能力がないと務まらないでしょう。

論理的な思考ができる

人材コンサルタントは企業の意向や現状を汲み取りながら最良の決断をする必要があります。

そのため論理的思考をすることができる人材が求められます。

論理的に根拠や考えを示して説明しないとクライアントの企業役員たちは納得しないでしょう。

様々な意見を聞いて整理し、全員が納得するような決断を下さなくてはいけない人材コンサルタントは論理的思考ができる人でないと務まらないのかもしれません。

経営学・経済学を学んでいると有利になる場合も

人材コンサルタントは基本的に特定の資格を必要としません。

新卒の新入社員を採用するときも学部を指定したりせず、比較的やろうと思ったら誰でもなることができます。

ただコンサルティングファーム の中には経営学や経済学を専攻していた学生を優遇する企業もあります。

どの業界のコンサルタントを担当するかによって募集要項は変わってきますので、事前にしっかりリサーチしましょう。

人材コンサルタントになるメリットは?

ここまで見てみるとかなり大変に感じる人材コンサルタント。

では人材コンサルタントになるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

詳しくまとめてみました。

やりがいを感じやすい

人材コンサルタントはその名の通り、人材を紹介したり、人事問題を解決したりする職業です。

そのため転職などの人の節目に深く関わることができますので、やりがいを感じやすい職業になっています。

企業側と求職者の仲介役になることも多く、双方から感謝されることもあり、その瞬間がたまらなく好きだという方もいます。

とにかく人の役に立ちたいという方にはオススメの職業です。

さまざまな人と話すことができる

人材コンサルタントはその職業柄、様々な人と話すことができる職業です。

時には企業の役員と会議をしたり、求職者を支援したりと人に関わる仕事が主な業務ですので、必然的に会話をすることが多くなってきます。

またクライアントとの会議で、人材の話だけではなく、企業経営や企業戦略などの話をすることもあるそうです。

多種多様な職業の人と話せるので人間としての幅も広がるでしょう。

人脈が広がる

先ほども述べた通り人材コンサルタントは様々な人と話す機会があるので、自然と人脈も広がります。

転職の支援をした人とはその場限りでお別れではなく、その後も関係が続くことも多いそうです。

そのためそこからまた人脈が広がり、普段話せないような人と話す機会が訪れるかもしれません。

他の職種ではできない貴重な体験をできる

人材コンサルタントは様々な業種、業界の人と関わる機会が多いです。

そのため業界の枠を飛び越えた貴重な体験をすることも珍しくありません。

人材コンサルタントに転職した人が口を揃えていうこととしては、「前職より幅広い業種の人と関わることができる」ということのようです。

自分の知らない世界を覗き見る機会も多くありますので、好奇心旺盛な方にとっては天職でしょう。

年収が高くなる可能性も大

人材コンサルタントは1年目から他の業種に比べると給料が高く設定されていることも多いです。

元々高い給料が仕事の成果や実績によってはさらに高くなることも予想されます。

しっかり仕事に取り組んでいけば、年収1000万円も夢ではありません。

人材コンサルタントになるデメリットは?

前章とは逆に人材コンサルタントなると大変なことも多々あります。

そんな人材コンサルタントになるデメリットについて紹介していきます。

休日がなくなることも少なくない

人材コンサルタントの仕事は組織全体のことを常に考えながら取り組む必要があります。

企業をより良い方向に導くために組まれたプロジェクトはかなり大変で、時には休日を返上して業務にあたることも少なくありません。

さらに人材コンサルタントの仕事はデータ分析やプレゼン資料作成、研修の実施など多岐に渡ります。

そのような仕事をしっかり着実にこなして行かなくてはいかないため業務はかなり大変だと言えるでしょう。

プレッシャーが大きい

人材コンサルタントの仕事は基本的にヒアリングの段階で無謀な提案は却下されるので、無理難題がクライアントから押し付けられることはありません。

しかし、仕事自体は成果がでてから報酬が発生する場合もあり、失敗できないというプレッシャーに押し潰されそうになると言います。

常に結果に追われてしまうというのも仕方のないことかもしれません。

優秀な人たちが多い

様々な意見をまとめ、最良な判断を下す人材コンサルタントには必然的に優秀な人材がたくさん寄ってきます。

そんな優秀な人たちと一緒に仕事をすることで、常に劣等感を抱えながら仕事をする可能性も0ではありません。

しかしこれは同時に自分が成長できる可能性もあるということです。

人材コンサルタントに向いている人の特徴は?

ここでは人材コンサルタントに適性がある人の特徴をまとめていきます。

いくつか当てはまるようであれば人材コンサルタントに向いているかもしれません。

人と話すのが好き

人材コンサルタントは様々な人と話すのが主な仕事のため、コミュニケーション能力が求められます。

そのため人と関わるのが好きな人は人材コンサルタントの適性があると言えるでしょう。

逆に人見知りの人には向いていない職業かもしれません。

人の成功を喜ぶことができる

人材コンサルタントは人事に関する仕事がメインとなるため転職や採用など人の転機に関わるような場面に多く出くわします。

求職者が無事に就職先を決めた時、企業の人事問題を解決した時などの他人の成功を自分のことのように喜べる人は人材コンサルタントに向いていると言えるでしょう。

そのような光景を見るのが好きな方であれば天職かもしれませんね。

結果を急ぎ過ぎない

人材コンサルタントは一つのプロジェクトをじっくり進めていきます。

そのため1日2日で成果が出るようなものでもないので、早急に結果を求める人には向きません。

じっくり取り組んだ先に大きな成果が待っていますので、それを楽しみにできる人の方が長続きするでしょう。

人材コンサルタントの今後のキャリアパスは?

人材コンサルタントとして経験を積んでいくと将来的にどのような未来が待っているのでしょうか?

人材コンサルタントのキャリアパスについて解説します。

他の人材コンサルタント会社に転職

まず一つは他の人材コンサルタント会社に転職するという道が考えられます。

これは最初の人材コンサルタント会社で経験や知識を積んでいき、より高収入になるために転職するというパターンです。

また他の業界の仕事を請け負うために転職するということもあるでしょう。

企業の人事

普通の企業の人事として採用されることも十分にあり得ます。

もともと人材に関する仕事をしていたので、企業の採用担当としても十分に活躍できるだけのスキルは身についていることでしょう。

この場合、会社からヘッドハンティングされたりということも考えられます。

まとめ

ここまで人材コンサルタントの仕事について解説してきました。

人材コンサルタントは業務性質上、多くの人と接し、様々な話を聞く必要がある大変な仕事となっていますが、人の転機に関わることができるという魅力もあります。

この記事を読んで人材コンサルタントという職業に興味を持った方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

どんな企業を受ければいいのかわからない?
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ