面接がうまくいかない就活生必見!面接対策すべき4つのポイント!

この記事をご覧の皆さんの中には、面接を上手く乗り切るためにはどのように対策すればいいのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

自身の希望する企業に入社するためには、面接を上手く乗り切る必要があり、そのための対策をしっかりと行うことが重要になってきます。

そこで、今回の記事では、面接を上手く乗り切るためにはどのように対策すればいいのか、について説明していきますので、最後までご覧ください。

【面接がうまくいかない方へ】就活面接とは何か?

「就活面接」とは、採用する企業が、当該人物に自社に入社するに足りる適性があるかの確認を行う面接のことです。

基本的には、就活面接には、

  • 一次面接
  • 二次面接
  • 最終面接

などの3つの面接から構成されていることが多く、これら3つの面接ではあなたに対する評価ポイントが異なっています。

「一次面接」では、ビジネスに関わる人間としての基本ができているかどうかの確認を行うことが行われ、その基本的な内容が実践できている場合には、突破できる可能性が高いようです。

「一次面接」においては、「志望動機」や、「学生時代に何について頑張ったか」などの質問が行われる可能性がありますので、回答をあらかじめ考えておいたほうがいいと思われます。

「二次面接」では、あなたの性格や、能力の高さ、自社の業務への適性の有無の確認を行うことが行われ、それらの点について採用側の基準を満たすことができれば、突破できる可能性があるようです。

「二次面接」においては、「弊社に入社した場合、具体的に何をやりたいか」や、「弊社に入社した場合、どういうキャリアを考えているのか」などの質問が行われる可能性がありますので、回答をあらかじめ考えておいたほうがいいと思われます。

「最終面接」では、一次、二次面接で得た情報を基に、あなたの自社に対しての就職意欲の高さが問われており、最終面接を突破するためには、その企業に入社したいという点について面接の相手にロジカルに訴求していくことが重要になります。

「最終面接」においては、「弊社の新規事業についてあなたならどうしますか」や、「弊社への入社の意思は高いか」などの質問が行われる可能性がありますので、回答をあらかじめ考えておいたほうがいいと思われます。

就活面接とは何かについて考える際には、まずは上記で説明した内容について押さえることから始めるのが重要です。

【面接がうまくいかない方へ】面接がうまくいかない原因とは?

ではなぜ、面接がうまくいかないのか、具体的な原因について説明していきます。

ビジネスに関わる人間としての基本ができていないこと

面接がうまくいかない1つ目の原因としては、ビジネスに関わる人間としての基本ができていないことが挙げられます。

身だしなみが整えられていないことや、面接時にきちんとした敬語を使えていないこと、はきはきとした受け答えができていないこと、などが考えられます。

緊張してしまい、本来の力が発揮できていない

面接がうまくいかない2つ目の原因としては、緊張してしまって力が発揮できていないことが挙げられます。

就活の面接は自分自身の今後の人生に大きな影響を与えることが考えられるので、緊張してまっても不思議ではありません。

しかし、採用側にとってあなたが緊張して本来の力が発揮できないことを考慮する必要がないので、落とされてしまう可能性が高いです。

志望業界や企業に関する情報不足であること

面接がうまくいかない3つ目の原因としては、志望業界や企業に関する情報不足であることが挙げられます。

希望する業界や企業の分析不足であると、面接官に自分自身がどれくらいこの業界や、企業に入社したいのか伝えることができません。

また、情報不足であることによって、面接官にこの人は、基本的な情報の収集や、基本的な分析ができる能力がないという印象を与えてしまいます。

希望する企業の社風に合っていないこと

面接がうまくいかない4つ目の原因としては、希望する企業の社風に合っていないこと

が挙げられます。

いくら自分自身がその企業への入社を希望しているとしても、自分自身の性格などのパーソナリティの部分が志望する企業の社風に合っていないとみなされれば、面接に落ちてしまう可能性が高いです。

【面接がうまくいかない方へ】どうすれば面接がうまくいくようになるか?

ここまでの段落で、就活面接とは何か、面接がうまくいかない原因には何があるのか、について説明してきましたが、ここからは、どうすれば面接がうまくいくようになるか、について説明していきます。

ビジネスに関わる人間としての基本を身に着けること

面接がうまくいくようになるための1つ目の方法としては、ビジネスに関わる人間としての基本を身に着けることが挙げられます。

上記で説明したように、身だしなみや、面接での受け答え、適切な敬語の使い方などはビジネスに関わる人間としての基本であり、これらのものはあらかじめ準備しておくことによって身に着けることができます。

これらのものを適切に行うために就活本や、ビジネスマナー本などで確認し、しっかりと準備しておくことが重要になります。

緊張しないように面接の練習をしておくこと

面接がうまくいくようになるための2つ目の方法としては、緊張しないように面接の練習をしておくことが挙げられます。

基本的に面接で緊張して力が発揮できないのは、あらかじめ十分な面接の練習をしていないことが理由として多いため、あらかじめ十分な面接練習を行っておくことによって緊張を抑えて、あなたの本来の力が発揮できるようになります。

具体的な面接の練習の方法としては、大学の就活課、就活アドバイザー、友達などに相談して面接の相手になってもらい、本番に近い形式で面接の練習を繰り返して行っていくことなどが挙げられます。

あらかじめ希望する業界や企業の分析をしっかりと行っておくこと

面接がうまくいくようになるための3つ目の方法としては、あらかじめ希望する業界や企業の分析をしっかりと行っておくことが挙げられます。

就活活動をしているのは未だ社会人経験のない学生であり、面接時に面接官から調べても分からない業界、企業の内部の情報に基づく事項について質問される可能性はほとんどなく、多くのことは調べれば分かる事項に基づいて質問が行われます。

希望する業界や企業の情報の調査、分析する方法としては、会社四季報、業界四季報などの書籍や、企業のホームページから有価証券報告書などの書類をダウンロードして、それらから得られる情報に基づいて分析することなどが挙げられます。

希望する企業の社風に自分の性格が合っているかを確認すること

面接がうまくいくようになるための4つ目の方法としては、希望する企業の社風に自分の性格が合っているかを確認することが挙げられます。

企業のホームページなどから社風に関する情報は集めることができるので、それらの情報源から集めた社風から、あなたの性格などのパーソナリティの部分と合致するかあらかじめ確認しておくことによって、面接での落選を減らすことができます。

この点について注意しておくことによって、合理的に就職活動を行っていけるのではないでしょうか。

【面接がうまくいかない方へ】面接当日までに準備しておくべきこと

書類選考は通過するのに面接が通らず、なかなか内定が得られないと焦っている方もいるかもしれません。

複数の企業を受ける方も多いので、一度面接を行うと慣れた気分になって、一つひとつの企業の面接前に対策を怠ってしまう方もいます。

これでは他の企業と情報が混在してミスをおかすことやその企業ごとに適した自己PRなどができなくなるおそれがあります。

面接がうまくいかずに悩んでいる方は、面接当日までの準備を今一度しっかりと行いましょう。

選考を受ける企業研究を実施

次の面接が近づいたら、改めてその企業の研究を行いましょう。

複数の企業の選考を次々と受けている間に、企業の情報が混在して整理ができなくなっているケースがあります。

A社の面接の場で、B社の事業の話をしてしまうことやC社の企業理念を持ち出してしまうことがないよう、今一度、確認をし直すことが大切です。

また、これまでの企業研究では気付けなかった魅力や最新の情報をチェックし、企業の目指すところに変更点がないか、新たな事業展開などの動きがないかなども確認しておきましょう。

どんな質問をされるかイメージして対策を実施

面接には定番の質問をはじめ、業種や職種に応じたよくある質問があります。

また、OB訪問やネットの情報などを通じて、その企業での過去の面接でこんな質問をされたといった情報を得ることもできます。

想定される質問を並べて、一つひとつにどんな回答をするかを考えておきましょう。

相手に伝わりやすい話し方で話す

質問に対する受け答えの内容を考えたら、実際に声に出して面接官にきちんと伝わるように話せるか練習もしておきましょう。

どんなに熱意のある内容であっても、小さい声で聞こえない、メリハリがなく感情が伝わってこないなど、話し方ができていないと、面接官によい印象を与えられません。

【面接がうまくいかない方へ】面接の本番時に注意すべき点とは何か?

面接の本番時に注意すべき点には、どのようなものがあるのか、具体的な内容については以下において説明していきます。

面接が始める前にもう一度身だしなみを確認すること

面接の本番時に注意すべき点の1つ目のポイントとしては、面接が始める前にもう一度身だしなみを確認することが挙げられます。

せっかく面接の本番に備えて話す内容などを準備してきたとしても、服装が乱れていたり、髪型に清潔感がなかったり、靴が汚れていたりなどは、面接官に悪印象を与えてしまい、準備してきたことが無駄になってしまう恐れがあります。

面接が始まる前には、きちんとした必ず身だしなみができているか確認してから面接に臨むようにしましょう。

スマートフォンの電源を切っておくこと

面接の本番時に注意すべき点の2つ目のポイントとしては、スマートフォンの電源を切っておくことが挙げられます。

スマートフォンの電源を切っておかないと、面接している最中に着信音などの音が鳴ってしまい面接官に常識のない人物であるという印象を与えてしまい、面接を突破するうえで

不利になる可能性があります。

面接が始まる前には、スマートフォンの電源を切ってから面接に臨む方が無難であると思われます。

採用の応募事項に載っていることなどについて質問しないこと

面接の本番時に注意すべき点の3つ目のポイントとしては、採用の応募事項に載っていることなどについて質問しないことが挙げられます。

採用の応募事項に載っていることなどについて質問してしまうと、この人物は、応募事項に記載されていることをあらかじめチェックしておくというような非常に簡単なことすらできない人物であるのか、という悪印象を面接官に与えてしまいます。

質問する場合には、事前に調べておけば簡単に分かるような事項については、質問しないように注意したほうが無難であると思われます。

上記で説明した3つのポイントについてチェックしてから本番に臨むようにした方が良いのではないでしょうか。

【面接がうまくいかない方へ】面接官が面接中にチェックしている項目一覧

面接官はどの応募者にも平等な審査を行い、あとで面接官同士で協議する場合に一定の基準で比較ができるよう、統一された面接シートを利用して一人ひとりをチェックしているのが一般的です。

どのような項目が並べられているかは、企業によっても異なりますが、基本的な項目は入退室時のマナーや身なりと面接中の態度などです。

入室時のマナーはノックの回数や挨拶の仕方、ドアの閉め方などの基本的なことがチェックされています。

名前を呼ばれたら「はい」と返事をして落ち着いてゆっくりと3回ノックをしましょう。

「どうぞお入りください」と面接官から応答があったら、「失礼します」と言って入室します。

ドアの方に向き直って静かにドアを閉め、面接官に「本日はよろしくお願いいたします」と一礼します。

その後、イスのところまで歩み、イスの横に立った状態で「○○大学〇〇学部から来ました、〇〇です。どうぞよろしくお願いいたします」と伝え、45度のお辞儀をするのが面接の定番マナーです。

「おかけください」と面接官から言われたら、「はい、失礼いたします」と言ってお辞儀をして、着席します。

背もたれにもたれず、浅めに腰かけ、背筋を伸ばして座ります。

こんな細かいこと、いちいちチェックされるのと思うかもしれません。

ですが、面接時のマナーが実践できているかは入社後の取引先や顧客との対応を安心して任せられる人物かの参考材料にもなるので、意外に重要な要素です。

続いて面接中の態度については、話を聞く態度と話し方もチェックされています。

面接官からの質問を受ける際などは、面接官の目を見ながら聞き、説明などが長いときには適度に相槌を打ちましょう。

無言で一点を見つめていては話を聞いているのか、理解しているのかがわからず、コミュニケーション力に乏しい人と判断されかねません。

話の内容とともに重要なのが、話し方です。

面接官の目を見て、しっかりと相手に聞こえるようハキハキと話しましょう。

緊張しているからといって、聞こえない声で話したり、士気が感じられないメリハリのない話し方では印象が悪いです。

面接が終わったからと、ホッとしてはいけません。

見ていないようでチェックされているのが、退室時のマナーです。

面接が終わったら、座ったままで感謝の気持ちを伝えます。

「本日はお忙しい中貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました」と一礼し、イスから立ち上がってイスの横に立ってから、今一度「ありがとうございました」と一礼します。

そこまでするのと思われますが、商談をうまく行かせるために取引先でこうした振る舞いができることは重要であり、ビジネスパーソンとしての素養があるかがチェックされます。

ドアを出る際も、面接官の方に向き直って「失礼いたします」と一礼してからドアを開けましょう。

最後にドアを静かに閉めるまで気を抜かずに行きましょう。

さらに、ドアを出たあとの話し声や笑い声、足音なども、意外に面接官のいる部屋の中に響いてきます。

「終わったー」などと知り合いの学生と話したり、次の面接があるからと走り出すようなことはやめましょう。

【面接がうまくいかない方へ】まとめ

ここまで、面接を上手く乗り切るためにはどのように対策すればいいのか、について説明してきましたが、いかがでしたか。

就職活動の面接は、学生にとっては今まで経験したことのないような事項であるので、上手く突破できるのか不安に感じる人もいて当然のことだと思われます。

そこで、この記事をご覧の皆さんは、今回の記事で説明した内容を参考にして面接を上手く乗り切るためにはどのように対策すればいいのか、についての検討に役立ててみると良いのではないでしょうか。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ